FX初心者が稼ぐために

決算書の読み方 損益計算書

決算書の読み方 損益計算書
損益計算書は、売上高から始まり、最終的には当期利益を計算します。

決算書の見方と決算書を分析する5つの視点

株主資本は、株主が出資した金額の合計である「資本金」「資本剰余金」などで、もう1つは会社ができてから決算までに稼いだ利益を蓄積した「利益剰余金」です。
資本金として表示される金額は、あくまで元手をあらわしているだけでその分の現金がまだ会社にあるとは限りませんし、資本金の大小が会社の規模をあらわしているわけでもありません。
一方、利益剰余金は、過去の利益の蓄積で株主の取り分をあらわします。とは言っても、稼いだ利益をすべて配当する必要はありません。使わなかった分は「繰越利益剰余金」という形で表示されます。

資本金:株主から集めたお金のうち、会社が資本金とした部分
資金剰余金:株主から集めたお金のうち、資本金に繰り入れられなかった部分
利益剰余金:会社が設立されてから、現在までに蓄積された儲けの合計額

(4)貸借対照表の注目ポイント

損益計算書の見方

損益計算書とは、会社の1年間の経営成績をあらわしたもので、5つの利益に分かれています。会社の利益と損失が分かるため「Profit & Loss statement(略してP/L)」と呼ばれます。
なぜ5つの利益に分けて表示しているかというと、会社の業績を段階的にあらわすためです。つまり、一定の期間に会社が生み出した収益から、それを確保するために要した費用・損失を差し引いて、期間損益を表示しているのです。
したがって、損益計算書はこの5つの利益を分解して、「どうやって利益を出したのか」を読み取っていくことが必要です。

(1)損益計算書①「売上総利益」

売上総利益=売上高-売上原価

(2)損益計算書②「営業利益」

営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費

また、ここで注意が必要なのが、販管費は売上原価と違って、売上が減れば販管費も減るというわけではないことです。
たとえば、会社の家賃は売上が減少したからといって減らすことはできません。
したがって、販管費を見る場合には、会社を維持するためにかかる最低のコストはどれくらいかを読み取ることも大切です。

決算書のチェック項目-読み方・使い方・見方の基礎知識|月次で面談・監査|税理士検索ならfreee!

決算書の作成は、さまざまな経営分析指標であるという以外にも、作成すべき理由があります。決算書の作成は法律上の義務であり、個人事業主でも法人でも確定申告の際に決算書を必ず税務局に提出しなければならないとされているのです。
なぜ法律で決算書の作成を義務づけているのでしょうか。
それは、会社の利害関係者(株主や銀行の債権者、取引先、従業員など)に、会社の業績を伝える報告書が決算書だからです。
会社は、経営者が経営の結果を判断するためだけでなく、利害関係者に会社の業績を報告するために、決算書を作成しているのです。
つまり、 決算書は経営者のみならず利害関係者が「会社がきちんと利益を得ているか」「健全な状態で運営しているか」などを判断するために、重要な報告書 といえるのです。

決算書の基本構造

決算書のなかで最も重要なのが、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書の3つです。
「貸借対照表」は財務状況をあらわし、「損益計算書」は儲けをあらわし、「株主資本等変動計算書」は利益の行方をあらわし、「キャッシュフロー計算書」は、お金の流れをあらわします。
そして、これらの書類を総称したものが「決算書」と呼ばれます。

○損益計算書(P/L)
収益と費用の区分によって、一事業年度の経営成績をあらわします。
英語ではProfit and Loss statementと言い、略して「P/L」と呼ばれます。

損益計算書とは

損益計算書とは、会社の一定の会計期間における経営成績を表す書類です。
「一定の期間に会社が生み出した収益から、それを確保するために要した費用・損失を差し引いて、期間損益を表した決算書」で、会社が会計期間においてどれだけ「成果」をあげられたかを示します。
なお、ここでいう「一定の期間」は、通常は会社が事業年度として定めた1年間のことをいいます。

損益計算書は、売上高から始まり、最終的には当期利益を計算します。

利益の見方

売上高は、損益計算書の一番上に記載される項目で「売上収益」をあらわします。
注意すべきなのは、 「売上収益」であって、売り上げて得られた利益を示しているわけではない というところです。
ただし、本業の状況の良し悪しを判断する項目のひとつとなる重要な項目です。

売上総利益

売上高から売上原価を差し引いた利益が「売上総利益」です。
売上原価とは、仕入や外注費など、売上をあげるために直接かかった原価のことで、会計上、計上される売上高に対応する原価を指します。
「売上高-売上原価=売上総利益」となるので、この 売上原価が小さければ小さいほど、売上総利益(粗利)は大きい ということになります。

決算書の読み方 損益計算書
売上総利益=売上-売上原価

売上総利益から、販売費及び一般管理費を差し引いた利益が「営業利益」です。
営業利益は、本業で稼いだ利益で、事業の収益力を表す項目です。
基本的には、 売上総利益から販売費及び一般管理費を引いたものとして計上 されます。

決算書の読み方 損益計算書
営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費

営業利益から営業外損益を差し引いた利益が「経常利益」です。「ケイツネ」と呼ばれたりします。正常な企業活動による利益を示します。
前述した営業利益は事業の収益力を表しますし、経常利益は会社の本来の経営力を示します。
これらが マイナスである場合には、経営のどこかに問題点がある ということになりますので、早急に改善施策を検討しなければなりません。

経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用

税引前当期純利益

税引前当期純利益=経常利益+特別利益-特別損失

※特別利益・特別損失
特別利益・特別損失とは、臨時的に発生した費用や、過年度の修正損益などです。
たとえば、臨時的な収益を経常利益と一緒に計上してしまうと、企業の収益力が過大に評価されてしまう可能性があります。したがって、別途項目を分けて計上します。

当期純利益

決算書の読み方 損益計算書
当期純利益=税引前当期純利益-法人税等

なお、損益計算書を見る際の大前提として知っておきたいのが、 「キャッシュフローと損益計算書の利益は別もの」 という点です。

つまり、損益計算書上では利益がたくさん出ていたとしても、実は会社に全くキャッシュが残っていない…という状態もありうるのです。
いわゆる、利益を出しているのに、現金が残っていない「勘定あって銭知らず」のケースです。
経営者は、「損益計算書で利益が出ているから」と損益計算書の数字を頼りにし過ぎず、お金の流れ(=キャッシュフロー)をしっかりと理解することが大切です。

貸借対照表とは

貸借対照表とは、一時点における会社の財政状態を表します。
一時点において、会社がどこから財産を得て、どのように事業に使っているかを示す諸表となります。
会社は、利益を得るためにさまざまな営業活動を行っていますが、この営業活動を行っていくうえでは、さまざまな資産を取得し利用するなどしています。
そして、この営業活動を行うために会社が持っている資産と負債を把握するための計算書類が貸借対照表なのです。

固定資産とは、建物や機械、長期貸付金など「現金化するのに、1年以上を要する資産」を指します。
なぜ、流動資産と固定資産を区別するかというと、会社が永続的に存続し続けるためには、資金が安定していることが必要なので、その判断を貸借対照表から容易に把握する必要があるからです。
したがって、貸借対照表では、資産のなかでも短期間に受払が発生する資産や負債と、ある程度先に受払が発生する資産や負債のバランスを見ることができるため、「その会社が、将来まで資金的に安定しているか」が判断できるようになっています。

「負債の部」と「純資産の部」

自己資本比率について知っておこう

そして、この自己資本と他人資本の割合が、その会社の経営状態を把握するうえで、ひとつのチェックポイントになります。
会社を経営していくうえでは、他人から集めるより自分で集めたお金が多い方が、経営は安定します。そこで、この 自己資本が大きいほど安定している会社ということになります。
これを自己資本比率といい、負債の金額を負債+自己資本で割り100で掛けて計算します。

自己資本比率(%)=自己資本÷(自己資本+他人資本)×100

資金繰り(流動資産と流動負債)

キャッシュフロー計算書

これまで繰り返し述べてきたように、キャッシュが尽きれば、会社は倒産してしまいます。
つまり、損益も大事ですが、それ以上にキャッシュの流れに着目した経営を行うことが大事です。
キャッシュフロー計算書は、中小企業では作成が義務づけられていませんが、むしろ中小企業にこそ必要な計算書といえるのはないでしょうか。余力があればぜひ作成して経営分析に活かしたい計算書です。

営業キャッシュフロー

損益計算書の「税引前当期純利益」の数字が、キャッシュフローの一番初めの数字になり、そこから計算を始めて、キャッシュに関する増減項目を加減して計算することになります。
営業キャッシュフローは、会社を経営する以上、絶対にプラスにすべきものです。
もし何年も営業キャッシュフローのマイナスが続くようであれば、その会社はいずれ資金繰りで行き詰まり、倒産する可能性が高いと考えることができます。
原因を分析し早急に改善するか、事業そのものの存続を見直す必要があると言わざるを得ないことになります。

投資キャッシュフロー

投資キャッシュフローとは、資産運用によるお金の出入りです。つまり、会社の投資によるキャッシュの流れをあらわしています。 直接営業にかかわる内容ではありませんが、投資を行い、営業を補助する取引を行った場合に計上されるので、資金運用を見るうえで重要です。
よく出てくる取引としては、固定資産の購入などがあります。
会社が成長するためには、ある程度の投資は必要なので、投資状況はマイナスでもよいことになります。投資状況がプラスになっている原因としては、資産の売却や貸付金の回収が行われたケースなどが考えられます。

財務キャッシュフロー

財務キャッシュフローは、資金調達がらみのお金の出入りです。つまり、会社の財務(資金調達)活動の結果としてのキャッシュの流れをあらわしています。 資金調達方法といえば、銀行からお金を借りるか、社債を発行するか、株式を発行する方法があります。
たとえば、新規の運転資金や投資のために現金を借りた場合にはプラスになり、株主に配当した場合にはマイナスで表されます。

決算書を経営に活かすには

クラウド会計ソフトfreee会計 で銀行やクレジットカードと連携させれば、日々の取引がほぼ自動で反映され、決算書をリアルタイムで確認することができます。そして、問題点が見つかれば早急に必要な対策を講じることができます。


freee会計

税理士へ相談

経営者の業務は多岐にわたります。
本業はもちろん、コンプライアンス経営にも注力する必要があります。
そして、それに加えて財務面の分析を行ないながら適切な意思決定を行う責務を担うのは、非常に難しい時もあるでしょう。

だからこそ、そういう時こそ、 信頼できる会計や税務の専門家に依頼をし、自社の経営を財務的な側面から管理してもらうことは非常に重要です。

損益計算書(P/L)とは?項目別の見方やポイント一覧・事例をわかりやすく解説

損益計算書(P/L)とは?項目別の見方やポイント一覧・事例をわかりやすく解説

損益計算書は、 その企業における1年間の収益性・成長性などの経営成績を示す決算書 です。英語では「Profit and Loss Statement」と言い、日本でもしばしば「P/L」と表記されています。損益計算書は会社の経営状況を把握する財務三表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書)のうちの1つに位置づけられ、収益性・成長性を示します。損益計算書に記載されている構成要素は、大きく分けて以下の3つです。

一方、貸借対照表は会社が保有している資産(固定資産、のれんなど)、負債(借入金など)及び純資産について記載したものです。損益計算書と貸借対照表は別のものですが、両者には密接な関係があります。損益計算書には会社の収益や費用が書かれており、 会社が1年間でどれだけ利益を出したか がわかります。貸借対照表は、決算時における会社の財政状態を示したものになります。
損益計算書の「当期純利益」は、貸借対照表の純資産の部の「利益剰余金」を構成します。そのため、 損益計算書の当期純利益が増えれば、会社の純資産が増えます。 なお、当期純利益がマイナス表記の場合には「当期純損失」となり、会社の純資産が減ることになります。

営業損益の部

冒頭の損益計算書の事例で最初に出てくるのが営業損益の部です。営業損益の部でわかることとは、 その会社が本業によってどれだけの利益(または損失)を出したか ということです。
売上高から売上原価(売り上げた商品を準備するためにかかったお金)を差し引いたものが、売上総利益(粗利)となります。そして、売上総利益から販売費(営業部門の人件費等)及び一般管理費(間接部門の人件費等)を差し引いたものが営業利益となります。
たとえば、トヨタなどの自動車メーカーが、 本業の自動車製造によって儲けた利益が営業利益 ということです。売上高に占める営業利益の割合(売上高営業利益比率)が適正かどうかにより、企業の収益力をチェックします(後述)。

  • 売上総利益(粗利)=売上高-売上原価
  • 営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費

営業外損益の部

営業外損益の部でわかることとは、 その会社の本業以外の活動から生じる収益や費用として、どんなものがいくらくらいあるか ということです。
営業外収益としては受取利息、受取配当金、有価証券利息などがあります。余剰金を使って投資を行って利益を得ている場合なども該当します。営業外費用としては支払利息、社債利息などがあります。

  • 営業外収益 = 受取利息 + 受取配当金+有価証券利息など
  • 営業外費用 = 支払利息 + 社債利息など

経常利益でわかることとは、 本業による営業活動、本業以外の財務活動を含め、1年間でどれくらいの利益(または損失)が出たか ということです。

  • 経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 – 営業外費用

経常利益は、営業利益に営業外収益を足して、営業外費用を差し引いたものです。本業で利益をたくさん出していても、借入金の返済等の負担が大きければ、経常利益は少なくなります。

特別損益の部

特別損益の部では、会社の特別利益と特別損失がわかります。特別利益、特別損失とは、 会社の通常の活動では発生しないような臨時の利益・損失 になります。
特別利益に該当するのは、不動産などの固定資産売却益、長期間保有している株式の売却益、債務免除による債務免除益などです。特別損失には、固定資産除却損、株式の売却損、自然災害による損失などが含まれます。

    = 経常利益 + 特別利益 – 特別損失

当期純利益

経常利益に特別損益を加味したものが 税引前当期純利益 です。税引前当期純利益から法人税、住民税、事業税を差し引きして出されるのが、 当期純利益 になります。

  • 当期純利益 = 税引前当期純利益 – 法人税等

損益計算書の見方とチェックポイント

「売上高総利益率(粗利率)」は企業が優良かをチェックできる

売上高総利益率が高ければ、 収益性が高い商品やサービスを提供している優良企業である と判断できます。逆に、売上高総利益率が低い企業は、 商品やサービスの収益性が乏しい と言えます。なお、売上高総利益率が低い場合には、過度の安売り、仕入の金額が適正でない、在庫管理がきちんとできていないなどの理由も考えられます。

売上高総利益率の目安は、業種によって違います。例えば、 製造業では22~24%程度ですが、飲食店では55~70%程度 になります。

「売上高営業利益比率」で本業の収益力をチェック

売上高営業利益比率が高いほど、 本業で利益を生み出す力のある収益力の高い企業である と判断されます。売上高営業利益比率が低ければ、 収益力の低い企業 ということになります。

売上高営業利益率は業種により異なりますが 2.8%~15.2% となっております。10%を超えれば優良水準です。例えば、オリエンタルランドの2020年3月期の売上高営業利益比率は20.9%となっています。

「売上高経常利益比率」企業の収益性をチェック

売上高経常利益比率が高い企業は、 営業収益だけでなく、資産運用などによる営業外収益があり、理想的な経営状態である ことがうかがわれます。なお、 売上高経常利益比率が売上高営業利益比率より低い企業は、営業外損益がマイナスであり、借入金の利息の負担が大きい ことが考えられます。

よく使う損益計算書の項目・勘定科目一覧

損益計算書の項目勘定科目勘定科目の説明
決算書の読み方 損益計算書
販売費及び一般管理費
地代家賃事業経営のために必要な家賃や駐車場代
給与従業員に支払う給与
減価償却費固定資産の取得原価を期間配分した金額

営業外収益
受取利息銀行などから受け取った預金利息等
受取配当金投資会社から受け取った配当金
有価証券利息社債等から生じたクーポン利息等

営業外費用
支払利息借入金の利息など
社債利息会社が発行した社債の債権者に支払う利息

特別利益
固定資産売却益不動産など固定資産を売却して得た利益
投資有価証券売却益投資用の有価証券を売却して得た利益

特別損失
固定資産除却損事業で不要になった固定資産を廃棄した場合、固定資産の帳簿価額を損失として計上
減損損失事業の収益性が低下した場合に計上
火災損失火災により失った帳簿価額や後片付けに要した費用

損益計算書の作成には「マネーフォワード クラウド会計」

企業の会計業務に活用したいのが、会計ソフトです。会計ソフトを使うと、日々の仕訳入力を効率化できるだけでなく、損益計算書などの決算書も自由に作れるというメリットがあります。
マネーフォワードクラウド会計 は、損益計算書作成に対応した会計ソフトです。マネーフォワードクラウド会計を使うことで、会計業務にかかる時間を約2分の1に削減できたという声もあります。業務効率化のためにも導入をおすすめします。

財務諸表とは?財務三表の読み方や分析方法は?財務の基礎知識を簡単にわかりやすく解説します!

財務諸表とは?財務三表の読み方や分析方法は?財務の基礎知識を簡単にわかりやすく解説します!

財務三表


財務三表といわれる貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書はそれぞれつながりがあり、以下のように作成の目的や把握できる内容が異なります。

財務三表貸借対照表(B/S)損益計算書(P/L)キャッシュフロー計算書(C/F)
作成する目的資産、負債、純資産を管理収益と費用を管理キャッシュの出入りを管理
わかること財政状態経営成績キャッシュのフロー
何を表しているか資産―負債=純資産収益―費用=利益期首のキャッシュ残高+期中のキャッシュ増減額=期末のキャッシュ残高
期間年度(四半期)年度(四半期累計額)年度(四半期累計額、ただし、第1・第3四半期については作成省略可)

財務三表の関係

  • 貸借対照表:企業が保有する財産の状況を示す
  • 損益計算書:一会計期間の損益を示す
  • キャッシュフロー計算書:一会計期間のキャッシュ(現預金等)の流れを示す

財務三表とは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書で構成されます。財務三表が重要なのは、分析することで企業の経営状況などを客観的・数値的に把握できるためです。

損益計算書(P/L)は利益を見る財務諸表

財務諸表のうち損益計算書は、 収益から費用を差し引いた「利益」を把握したり、利益の発生原因を把握したりするための書類 です。英語では「Profit & Loss Statement」というため「P/L」とも呼ばれます。

5つの段階に分けて計算し、最終的な「当期純利益」(または当期純損失)を求める構造になっています。

損益計算書で何がわかる?

損益計算書でわかるのは「 企業がどのような理由で、どれだけ儲けているか 」です。
営業利益では企業の中心的な事業でどれだけ儲けているかがわかりますし、経常利益では中心的な事業以外の通常発生する範囲の収益と費用を含めどれだけ儲けているかがわかります。利益の大きさや発生理由から、企業の経営状況を分析できるのが損益計算書という財務諸表なのです。

損益計算書の見方

損益計算書

損益計算書の5つの重要な項目は以下の通りです。
(1)売上高−売上原価=売上総利益
(2)売上総利益−販売費及び一般管理費=営業利益
(3)営業利益+営業外収益−営業外費用=経常利益
(4)経常利益+特別利益−特別損失=税引前当期純利益
(5)税引前当期純利益−法人税、住民税及び事業税(±法人税等調整額)=当期純利益

(1)売上高−売上原価=売上総利益

(2)売上総利益−販売費及び一般管理費=営業利益

販売費及び一般管理費は、給料や賞与などの人件費、水道光熱費、旅費光熱費、消耗品費など、仕入以外の営業上必要な経費です。売上総利益から差し引いて、営業による利益(営業利益)を計算します。

(3) 営業利益+営業外収益−営業外費用=経常利益

営業外収益は、金融機関での現金預け入れに対する受取利息や有価証券の配当金、雑収入などです。営業外費用は、借入金などの支払利息、営業以外の雑費などが該当します。いずれも、本来の事業以外で生じた収益や費用です。これらを加減して、通常発生すると考えられる経常利益を出します。

(4) 経常利益+特別利益−特別損失=税引前当期純利益

特別利益や特別損失は、固定資産や投資有価証券を売却したときの利益または損失などを表します。通常の事業では経常的に発生しない、一時的に発生したものなどが該当します。これらを加減した額が、税引前当期純利益です。

(5)税引前当期純利益−法人税、住民税及び事業税(±法人税等調整額)=当期純利益

貸借対照表(B/S)とは「企業の財政状態」を表す

貸借対照表は 企業の財政状態を見るための書類 です。英語では「Balance Sheet」というため、「B/S」とも呼ばれます。資産、負債、純資産の3つのカテゴリに分かれた構造になっています。

貸借対照表で何がわかる?

貸借対照表で 経営の財政状態 がわかります。
損益計算書は利益の大きさや発生原因で企業の経営状況を分析する財務諸表でした。対して貸借対照表は「どのように資金を調達し、調達した資金をどのような資産として運用しているか」という財政状態を分析するための財務諸表です。

貸借対照表の見方

貸借対照表

こちらが貸借対照表の概念図です。資産の運用状況を示す「資産」の数値は、「負債+純資産」と常にイコールの関係にあります。

資産」パートは、現金や預金のほか、商品や原材料などの棚卸資産、建物や機械などの有形固定資産、M&Aなどで取得した企業の企業価値である「のれん」、商標権のような権利、子会社や関連会社株式など、 集めたお金を何に使っているのか、企業が調達した資金の運用状況 を示します。

向かって左側に表示する「負債」は、借入金や社債など、企業の資金調達源がどれだけ他人から借り受けたお金で成り立っているのかという、 企業の他者からの資金の調達状況 を示します。ただし、負債には将来費用や損失になり得る引当金などが含まれることがあります。

そして、資本金や資本準備金などの株主からの払込、当期純利益の加算額など、 どれだけ自前のお金で経営をしているのか を示すのが「純資産」パートです。
それぞれのパートの具体的な内容は下図のようになっています。

貸借対照表

キャッシュフロー計算書とは「お金の流れを見る財務諸表」

キャッシュフロー計算書は 「お金の流れ」に着目して、「営業活動」「投資活動」「財務活動」の3つの分類で企業の経営を分析するための財務諸表 です。

キャッシュフロー計算書で何がわかる?

わかりにくいイメージのあるキャッシュフロー計算書ですが、キャッシュフロー計算書からは、会社の状態、戦略、経営者の意思などいろんなことが読み解けます。

とボナ・ヴィータ コーポレーション代表取締役であり日経ビジネススクールの講師も務める國貞克則氏は言っています。
損益計算書や貸借対照表とともに、うまく使いこなして経営分析の武器にしましょう。

キャッシュフロー計算書の見方

キャッシュフロー

(1)営業活動によるキャッシュフロー」とは 企業が中心に据えている事業によって生じたお金 のことです。このパートはプラスになるのが基本ですが、プラスの値が大きいほど企業の運転資金が豊富であるという証明になります。逆にマイナスであればその企業はかなり不安定な状況にあると言えるでしょう。

(2)投資活動によるキャッシュフロー」は 企業の投資資金の流れ を指します。ここがプラスであるほど固定資産や有価証券の売却を積極的に進めて資産効率を再検討していることがわかり、マイナスであれば設備投資に積極的であるという判断が可能です。成長期の企業であれば、投資活動によるキャッシュフローがマイナスに転じることがよく見られます。 決算書の読み方 損益計算書
資金調達と返済の流れ を示すのが「(3)財務活動によるキャッシュフロー」。ここがプラスの場合は借入や社債発行、新株発行等によって調達しているお金が返済しているお金よりも多いことを示し、マイナスの場合は資金調達したお金よりも返済額の方が多いことを示します。

キャッシュフロー計算書

財務諸表の分析方法は5つの手法がある

財務諸表

  • 収益性:稼ぐ力はあるか(営業利益などの経営成績と自己資本などを使って分析)
  • 安全性:支払能力はあるか=倒産リスクはないか(主に貸借対照表を活用して分析)
  • 生産性:生産性は高いか(従業員数など主に貸借対照表を活用して分析)
  • 成長性:企業は成長しているか(売上や経常利益など、主に損益計算書を活用して分析)
  • 効率性:資本を効率良く回転できているか(売上高や期首期末平均売上債権などを活用して分析)

いずれも企業を理解するための重要な指標です。中でも、見るべきポイントは、財務情報(貸借対照表や損益計算書などから読み取れる情報)を使って分析できる、企業の収益性や安全性です。一般的によく使われる指標であり、財務諸表を読めるようになるためには理解しておくと良い指標ですので、ぜひ覚えておきましょう。

財務諸表の作り方はツールを使うと簡単で便利

財務諸表 ツール

財務三表を構成する貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書は、エクセルでも作成可能で、管理もできます。テンプレートを活用すれば、一から作成する手間を省くこともできるでしょう。

しかし、エクセルによる作成や管理は、課題があるのも事実です。関数を使ってある程度は自動で計算できるように設定していても、必要な箇所は入力が必要となります。貸借対照表や損益計算書を分析しようとするとさらに手間がかかるため、人件費にも影響するでしょう。

このような決算書の作成を手間なく行うには、専用のツールを使用するのがおすすめです。ツールなら、 自動取得や自動計算で作成の手間を減らせる ほか、 ヒューマンエラーも防ぐことができます人件費削減 になるのも魅力です。

マネーフォワードのクラウド会計 なら、貸借対照表や損益計算書のほか、販売費及び一般管理費の明細書や株主資本等変動計算書なども簡単に作成できるようになっています。レポート機能を活用すれば、任意の期間でキャッシュフローを確認することも可能です。

財務諸表とは、金融商品取引法の対象になる企業の決算書を表します。財務諸表の作成目的は、企業の利害関係者へ必要な情報を開示することです。
財務諸表が重要な理由は、企業の決算情報を利害関係者に開示することで、それぞれが適切に意思決定をできるようにするためです。財務諸表のうち貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書を財務三表といいます。損益計算書は「経営成績」を、貸借対照表は「財政状態」を、キャッシュフロー計算書は「企業の状態・戦略・意思」を読み取れる重要な書類です。情報を組み合わせることで経常状況の詳細な分析もできます。
財務諸表の分析は、他社だけでなく自社の分析にも活かせますので、財務諸表の作成・提出だけ終わらず、社内でも経営状況を分析してみてはいかがでしょうか。

損益計算書とは?貸借対照表との違いや見方、収益性を測る指標

経常利益
経常利益は、営業利益に営業外収益を加算して営業外費用を控除して算出します。企業が通常の営業活動から得られた利益と本業以外で得られた利益を合算したものです。例えば、受取利息などは本業による利益ではありませんが、いくら儲けたかを知る上では、これらの収益も加味して分析しなければなりません。「経常」は「けいじょう」と読みますが「計上」と間違いやすいので実務では「けいつね」と呼ぶことがあります。

(2)特別損益の部

特別利益
特別利益は、通常は生じないような突発的な収益です。具体的には、会社保有の不動産を売却した場合の不動産売却益や債務免除による債務免除益などがあります。

特別損失
特別利益は、通常は生じないような突発的な損失です。具体的には、自然災害により倉庫が消失した場合の損失や、裁判で負けて損害賠償請求を受けた場合などです。主なものとしては、火災損失や損害賠償金などが挙げられます。

税引前当期純利益
税引前当期純利益は、法人税などの税金を支払う前の利益です。経常利益に特別利益を加算して、特別損失を控除して算出します。純粋にその企業が得た利益を示すものです。

法人税、住民税および事業税等 決算書の読み方 損益計算書
法人税、住民税、事業税などは、企業が得た利益に対して課税されるものです。税引前当期純利益が計算された後に「法人税、住民税および事業税等」として計上します。

税引後当期純利益
税引後当期純利益は、「税引前当期純利益」から「法人税、住民税および事業税等」を控除して算出します。「税引後当期純利益」ではなく、単に「当期純利益」と表示する方が一般的です。企業が税金を支払って、最終的に得た利益のため真の利益額といえます。

損益計算書から会社の収益性を評価する指標

売上高総利益率(粗利率)
売上高総利益率(粗利率)は、売上高に占める売上高総利益(粗利)の割合を表す指標です。算式で表すと「売上高総利益率(粗利率)=売上高総利益(粗利)/売上高×100」となります。売上高があっても原価の割合が高く十分な利益を出していない場合にはこの値が低くなります。できるだけ売上高総利益率(粗利率)が高くなるような経営が理想的です。

売上高営業利益率
売上高営業利益率は、売上高に占める営業利益の割合を表す指標です。算式で表すと「売上高営業利益率=営業利益/売上高×100」となります。

売上高経常利益率
売上高経常利益率は、売上高に占める経常利益の割合を表す指標です。算式で表すと「売上高経常利益率=経常利益/売上高×100」となります。

損益計算書はデータ保存も可能

電子帳簿保存法は、一定の要件を満たす場合には、税務署長の承認を受けた上で、損益計算書のデータを保存することを認めた法律です。電子データの保存要件としては、「真実性の確保」と「可視性の確保」があります。

真実性の確保は、「訂正・削除履歴の確保」、「相互関連性の確保」、「関係書類等の備付け」3つの要件からなります。訂正・削除履歴の確保とは、改ざんされないように削除や訂正がなされた場合にはその履歴が残るようにすることです。相互関連性の確保とは、帳簿などの関係書類が相互に関連していることを確認できることを指します。関係書類等の備付けは、システムの仕様書やマニュアルなどを備え付けて誰でも見られるようにしておくことです。

可視性の確保は、「見読可能性の確保」、「検索機能の確保」2つ要件からなります。見読可能性の確保とは、すぐに確認できるようにしておくことを指します。検索機能の確保とは、日付や金額などで検索できるようにしておくことです。

損益計算書は、電子データとして保存することが可能です。これを機会に「電子印鑑GMOサイン」を導入して契約書の電子化について検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる