海外FXの始め方とは

トレンドとは

トレンドとは

引用:<withコロナで変化する「働くこと」に関する調査④>コロナ禍で顕著になった”企業と従業員の関係希薄化” 会社に愛着が湧く理由トップは「特になし」 31.3%

トレンドの意味・使い方や例文|ファッション/経済/ツイッター

「トレンド」という言葉は、最近よく耳にするようになりました。いろんな場面で「トレンド」と出てきます。ファッションや映画、経済などでも「トレンド」という言葉が使われていますが、そもそもどういう意味なのか、今さら聞けないことをここで、例文を交えて紹介します。 「トレンド」の意味とは、時代の流行のこと。ファッションや経済でもこの「トレンド」という言葉が使われます。実は、「トレンド」という言葉自体はバブル期に出てき始めました。 トレンディドラマやトレンディ俳優。流行りのドラマ、売れている俳優さんという事でしょうか。「トレンド」はいろんな分野で使われる言葉です。

ファッション編

「今年のトレンドアイテムとは?」や「ファッショントレンドを先取り」などは、雑誌やテレビで使われる言葉です。 髪型や髪の色、靴や服、小物もトレンドが季節によって毎回トレンドがあります。これからは、春や夏のトレンドが特集で組まれ、流行りものに敏感な方ならもうすでにチェック済みなところでしょうか。 2018年の春夏、何がトレンドなのか、もう予測されているそうです。これまでは、ゆったりとした服装が主流でしたが、これからはピタッとしたフィットする服が多く出てくるでしょう。また、刺繍デザインやレイヤードスタイルもトレンド予測されています。ボトムスも、ワイドなもの、スカートはミニ丈が復活する予測です。

トレンドの意味・使い方や例文|ファッション/経済/ツイッター

ツイッター編

最近では、ツイッターをしている人は多いんではないでしょうか。ハリウッド俳優や芸能人、企業もツイッターを使って情報を発信しています。 まず、ツイッターを開けば、「トレンド」も出てきます。今、何が流行っているのか、誰が何をつぶやいたか、リアルタイムで情報が分かります。 ツイッターは、今起きている事を発信します。これが、世界規模で行われている事ですから、色々なトレンドも分かります。 SNSやツイッターの面白さとは、自分がフォローしている人や企業の最新情報を見れる事です。アプリを開けば、好きな芸能人のコメントだったり、芸能人の私服をチェックできたり、化粧品は何を使っているとか、企業の新商品を早くチェックできたり、お得に買うこともできます。

「医療は日々進歩している」とよく言いますが、進歩している陰には最新技術を使った医療機器があるからこそ。最近では、遠隔操作による手術が行われるほどです。昔なら、とても想像できませんでした。 今は、ゲームで「VR(バーチャルリアリティ)」が注目を集めています。このVRを医療で活用しようという動きがあります。その活用法とは、患者の疾患体験や治療に生かす事です。 「疾患体験」とは、空間認知能力が低下している状態とはどんな状態なのか、それがVRで体験できます。また、感覚を失った手足が痛む幻肢痛の治療に活かされたり、医療の現場では手術の可視化に活かされています。医者の目の前に患者の臓器が映し出されます。 こうした、拡張現実や複合現実の市場規模が今後大幅に増える見通しだということです。

金融業界の今のトレンドは、「フィンテック」でしょうか。このフィンテックの意味は、金融の「Finance」と技術の「Technology」を組み合わせた造語。「ITを活用した金融サービス」を指します。 電子マネーやスマホやパソコン・タブレットなどで行うクレジット決済などもこれに当たります。より早く、そして便利になりました。もうすでに、フィンテックにお世話になっている事でしょう。 フィンテックは、仮想通貨・決済システム・投資・家計簿・融資の代表的な5つのサービスから成り立っています。このフィンテックによって、現金を持たなくて済んだり、外貨の両替が必要ない事、また個人間での決済が可能なため、新しい働き方や起業をする人も出てくるでしょう。

株やFXのトレンドの意味は、一見難しそうですが、これも同じ意味です。がある通貨とがない通貨があり、売る取引と買う取引の2つの取引方法があります。=流行は買われる通貨であり、不=売られる通貨ということです。 その売り・買いの値の動きを「トレンド」と言います。上昇トレンドの意味は、相場が上がっていく事で下降トレンドの意味は、相場が落ちている状態を言います。 相場のトレンドの特徴としては、一度がでた通貨は強いという事です。そのため、トレーダーは何ががあるのかを素早く察知してそのトレンドを意識した取引をします。

Y2Kファッション考察|Z世代のレトロブームとトレンド近況

+ethical

平成のギャルファッションは、異性にモテるためというより、自分のためのファッション。
ギャルのファッションは自分の好きな色、好きなアイテム、そしてスタイルが良くみえる、自分の好きな自分を表現する傾向がありました。日焼けしたような小麦肌のスレンダーボディでミニスカートやタイトなカットソーで肌見せし、メイクもつけまつげでバッチリ派手に盛る、いわゆる「ギャルメイク」が広がりました。(ガングロ、ヤマンバ、などギャルの道を極めきった人たちもいましたね。)
大人や男性からは、コンサバファッションに比べて良い印象を持たれにくいギャルメイクやギャルファッションでしたが、周りからの目や批判に臆することのない、ギャル魂がそこにはありました。

Y2Kファッションの特徴

Z世代、Y2Kファッション、厚底、ルーズソックス、平成ギャル、ギャルファッション、トレンド、オリジナルグッズ,ノベルティ、企画,製作

鮮やかなグリーンやブルーのカラーボトムもトレンドで、GUなどのファストファッションブランドでも鮮やかなカラー展開がされているのがわかります。
厚底ブーツやルーズソックスを選ぶ理由は、当時の女子と同じ「足が細く、スタイルが良く見えるから」という人も多いようです。

Z世代、Y2Kファッション、厚底、ルーズソックス、平成ギャル、ギャルファッション、トレンド、オリジナルグッズ,ノベルティ、企画,製作

平成の女子高生ファッションのイメージ

90年代後半に大流行したルーズソックスは、長さ100~150㎝のソックスをふくらはぎで留めて足元にたゆませることで足が細く見える。
ソックスのたゆみはあればあるほど良いとされ、中には200㎝超のソックスも出ていた。ふくらはぎでソックスを留めるための肌用ノリ「ソックタッチ」も一緒に売れていた。(今でもソックタッチは販売されてる)
この流行は、当時東京ではわずか1年半ほどで落ち着き、その後20年以上、ルーズソックスは(コスプレ需要は別として)ファッショントレンドからすっかり姿を消していた。

20年前の流行との違いは?

流行先取り!韓国発のZ世代推し活グッズ「フォンタブ」

》あわせて読む

流行先取り!韓国発のZ世代推し活グッズ「フォンタブ」

「平成レトロ」ブームとは何が違う?

Z世代、Y2Kファッション、厚底、ルーズソックス、平成ギャル、ギャルファッション、トレンド、オリジナルグッズ,ノベルティ、企画,製作

レトロブームは、数年周期で起きます。大正レトロ、昭和レトロなどは定期的にブームが起き、その際には古き良き時代のもの、として古いものや昔ながらのもの、建築などの価値が見直されます。
そんな中で2020~2021年に注目された「平成レトロ」は、80年代後半~90年代の頃のグッズやアニメに由来するものでした。
淡いピンクやブルーのパステルカラー、オーロラ生地、写ルンです(レンズ付きフィルムカメラ)などのレトログッズが登場し、アナログなものにあまり馴染みのないデジタルネイティブなZ世代がアナログレコード盤や、紙焼き写真風に写真を加工できるスマホアプリを通して平成レトロのテイストを楽しんでいました。
この「平成レトロ」は、韓国発の「ニュートロ(ニューレトロの略)」と呼ばれるトレンドと合わさって、レトロブームとしてZ世代の間でブームなりました。

平成レトロブームとY2Kファッション、似て非なるこの2つのキーワードの大きな違いは、
平成レトロが「レトロでかわいい」「アナログで新鮮」と捉えられたのに対して
Y2Kファッションは「実用的なトレンド」「新しいファッション」として捉えられている、
という部分ではないでしょうか。

レトロブーム|Z世代が取り入れるレトロ要素とは?

》あわせて読む

レトロブーム|Z世代が取り入れるレトロ要素とは?

Y2Kファッショントレンドの本質

Z世代、Y2Kファッション、厚底、ルーズソックス、平成ギャル、ギャルファッション、トレンド、オリジナルグッズ,ノベルティ、企画,製作

ファッションのトレンドは20年周期、とも言われています。
昨今の平成レトロブームや、Z世代の推し活事情などとも合わせて考えていくと、Y2Kファッションは、ブームというより、主流のファッショントレンドのひとつといえるでしょう。

一過性のブームと違い、ファッションとして他のトレンドの潮流とも合わさり、
「懐かしい」だけで終わらない、新しい潮流として捉えることができます。
実際、SHEINやDHOLIC、など若者向けのファッションECを覗けば、「Y2K」とは書いていなくとも、先述したような要素を持つファッションアイテムがズラリと並び、 Instagramでもハッシュタグ「#Y2Kファッション」では、たくさんのY2Kコーデを見ることができます。

関連コラム

Z世代の推し活定番アイテム「コレクトブック」

Z世代の推し活定番アイテム「コレクトブック」

推し活事情⑨推しキーホルダー研究

推し活事情⑨推しキーホルダー研究

Y2Kファッションについて調べるにあたり、90~00年代頃の自分自身を振り返ってみました。
当時は全く意識していませんでしたが、
トレンドは雑誌やブランドが作る時代から、街の若者が無意識に作る時代になりつつあり
そんな当時の女子は、ゆとり世代、プレッシャー世代、Y世代、など呼ばれていました。

不動産投資の今後のトレンドとは?値動きを分析

不動産投資の今後のトレンドとは?値動きを分析

投資のポートフォリオや不動産投資についてご興味ある方必見!TimesLoungeへの会員登録で 有益な情報をメール配信!

不動産市況の現在

バブル経済とは

「バブル(“Bubble”)経済」とは

1980年代後半のバブル経済「平成バブル」

バブル崩壊

バブル崩壊後の値動き

近年の不動産価格の動向

不動産価格指数の推移

東京の中古マンション市況の推移

都内の中古マンションの市場価格が上昇し続けている理由としては、
①諸外国(中国など)からの投資資金の流入
②低い水準で推移している住宅ローン金利
③タワーマンション購入による相続税対策の浸透
④2015年以降の相続税の増税
などが指摘されています。

TimesLoungeへの会員登録で e-bookをプレゼント中!

今後の見通し

専門家の声

不動産価格の下落要因に関する懸念

少子高齢化による人口減・人口減少時代の到来

全ての地域で人口が減少するわけではない

日本の人口が減ることは、「全国どこでも人口が減る」ことを意味するわけではありません。当然ながら、日本においても、今後人口の減少が見込まれるエリアもあれば、逆に増加が見込まれるエリアもあります。重要なのは、人口が減少しないエリアあるいは人口減による不動産価格への悪影響が小さなエリア・物件への投資を心がけることです。

人口減による影響を受けないエリア

世帯数の増加

世帯数増加の背景には、核家族世帯や単身世帯、またいわゆるDINKS(ダブル・インカム・ノー・キッズ)の増加があると考えられ、そのような世帯をターゲットとしたワンルームや1K、1LDKなどの賃貸物件の需要はむしろ高まっているといえます。

オリンピック

現状まだ活気がある

投資のポートフォリオや不動産投資についてご興味ある方必見!TimesLoungeへの会員登録で 有益な情報をメール配信!

今後の市況を踏まえたオススメ物件とは

1LDKなどの使い勝手の良い間取りが狙い目

従来からの人気エリアを

LINE登録

①セミナー紹介

経済と市況 / ニュースの最新記事

  • 2022.03.28 【2022年】公示地価・東京23区上昇エリア!数値の読み解き方
  • 2022.03.01 なぜ東京?不動産投資の有望エリアとは?データから解説!
  • 2021.11.トレンドとは トレンドとは 30 オリンピック後の不動産価格はどうなった?市場変化からみる不動産投資の可能性
  • 2021.11.26 コロナ後のインフレ加速?「投資なし・預貯金だけ」に降りかかる恐ろしい現実
  • 2021.09.14 【2021最新】プロ投資家が狙う!東京・再開発で資産価値UP!

RECOMMEND こちらの記事も人気です。

一棟所有と区分所有はどっちが儲かる?成功・失敗の明暗を分けるポイントを解説

【ワンルームマンション投資をこれから始める人必見】知っておきたい特徴とメリッ…

不動産投資を始める前に!初心者向けのポイントを徹底解説

不動産投資家であれば知っておきたい、資産管理会社の仕組みと設立方法

かんぽ、ゆうちょで起こった「リスク隠し」に要注意!不動産投資会社選びで失敗し…

自主管理と管理委託、どっちがいいの?物件の管理方法について解説

サラリーマンが不動産投資を始めるとき、知っておくべきこと

【PAレポート】不動産オーナーに直接質問できる!オーナー座談会

ABOUT この記事をかいた人

「不動産投資TIMES」は、不動産による資産運用サポートを提供しているプロパティエージェント株式会社が運営するメディアです。 投資向けマンションデベロッパー満足度調査で3年連続総合No.1、入居率99.5%以上を実現している東証プライム上場のプロパティエージェントだからこそ発信できる情報をお届けします。 不動産投資の初心者から経験者に至るまで、欲する情報は様々ではありますが、基礎知識から、疑問・不安解決、オーナー体験談、法制度、市場、最新トレンドなど、幅広く網羅的に情報を提供していきます。グレーなイメージを持たれがちな不動産投資ですが、不動産投資Times編集部は、読者の皆様の不動産投資をサポートできる真の情報を発信し続けます。

トレンドとは

法律的に義務付けられている「法定福利厚生」

法定福利厚生の種類

企業が独自に設定している「法定外福利厚生」

法定外福利厚生の種類

福利厚生の変遷

なぜ福利厚生が大切なのか?

2020年の就活生は1番に待遇(給与・福利厚生)を重視

大学生が企業選びで最も注目するポイントの1位は「福利厚生の充実」

新卒が3年以内で退職する理由トップ3に「福利厚生に対する不満」がランクイン

2018年にアデコグループが実施した、「あなたが新卒として所属した企業もしくは団体を、 3年以内で退職した理由は何ですか? 」という質問調査。

退職理由としてもっとも多く挙げられた理由のトップ3は、「自身の希望と業務内容のミスマッチ」(37.9%) 「待遇や福利厚生に対する不満」(33.0%) 「キャリア形成が望めないため」(31.5%)でした。

3つの調査から分かった福利厚生の特性

福利厚生ランキング


引用:<withコロナで変化する「働くこと」に関する調査④>コロナ禍で顕著になった”企業と従業員の関係希薄化” 会社に愛着が湧く理由トップは「特になし」 31.3%


引用:<withコロナで変化する「働くこと」に関する調査④>コロナ禍で顕著になった”企業と従業員の関係希薄化” 会社に愛着が湧く理由トップは「特になし」 31.3%

2022年のトレンドは、D2CからD2A(Direct To Avatar)へ。アバター経済を巡る覇権争い

消費者にダイレクトに製品やサービスを届けるD2Cから、ダイレクトにアバターとつながるD2A(Direct To Avatar)へ。AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)、メタバースなどの技術が普及することで、デジタルの世界におけるアイデンティティも重視される時代がやって来ます。すでに米国ではテクノロジートレンドとして注目されているD2A。リアルとデジタルの世界をつなぐ新しいコマースにより、小売りをはじめとするビジネスはどのように変化をするのでしょうか。

2022年のトレンドは、D2CからD2A(Direct To Avatar)へ

スタートアップ企業やベンチャーキャピタルなどの動向を調査・分析する米国の調査会社CB Insightsが、2022年の12大テクノロジートレンドの一つに挙げているのが「D2A(Direct To Avatar)」です。デジタルシフトタイムズの読者にとっては、消費者にダイレクトに製品やサービスを届ける「D2C(Direct To Consumer)」はお馴染みだと思いますが、今年はこれからD2Aという言葉をよく耳にするようになるかも知れません。

ナイキがいち早く、D2Aに参入。アバターを巡る戦いはすでに始まっている

スポーツアパレル大手としていち早くD2A市場に参入したナイキは、2021年12月にNFT(※1)スタジオ「バーチャルアパレル」を手掛けるデザイナーグループの 「RTFKT(アーティファクト)」 を買収しました。買収金額は非公開ですが、この買収により同社のさらなるデジタル化が進むでしょう。ナイキはゲーム「Fortnite(フォートナイト)」内でスニーカーのデザインを提供するなど、近年はゲーム分野での進出にも力を入れています。

NFT(※1)
「非代替性トークン」を意味する「Non-Fungible Token」の略。ブロックチェーン技術を用いることで、複製が容易だったデジタルデータの唯一性が証明可能となり、アートをはじめとする多くのデジタル資産が高額で取引されるようになった。

Robloxは2021年3月にNYSEに上場し、当時4兆円を超える時価総額を記録しました。トップページにはいろいろなゲームが並んでいて、自由に遊ぶことができます。さらに、ITゲームのリテラシーがあればオリジナルのゲームを作って公開することもできます。そこから収益を得ることも可能で、それが「ゲーム版 トレンドとは YouTube」と呼ばれる由縁です。簡単にアバターを作り、パーソナル化もできて、ゲームでも遊べる。同社はゲームで使うアバターの衣装で収益を得ており、アメリカでは「メタバースの本命」とも言われている企業です。ビジネスモデルは「エンタメ × ゲーム × ソーシャル」の組み合わせから成り立っています。

アップルの新端末リリースが起爆剤となり、今年はVR/AR実用化元年に

VR/AR・メタバースも、エコシステムの覇権争いが鍵に

アバター経済拡大の鍵は、デジタルアイデンティティを重視するスナップチャット世代にあり

RELATED ARTICLES

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

「ユニコーン企業」――企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は人気オンラインゲーム「フォートナイト」を運営する「Epic Games(エピック ゲームズ)」を紹介する。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

ナイキ、ディズニー、グッチも注目。大人気のゲーム版YouTube「Roblox」とは?

ナイキ、ディズニー、グッチも注目。大人気のゲーム版YouTube「Roblox」とは?

2021年3月10日に時価総額、約4兆円でニューヨーク証券取引所に上場したゲームプラットフォーム「Roblox(ロブロックス)」を知っているだろうか。月間ユーザーは1.6億人を超え、世界で大流行中のゲームプラットフォームだ。特に子どもたちに絶大な人気を誇り、アメリカでは16歳未満の子どもの約半数がプレイしていると言われている。 Robloxとは、なぜそれほどまでの人気を誇り、なにが魅力なのか。 Robloxの人気の秘密と、企業が今Robloxに注目すべき理由について、EntertainmentxFinancialをコンセプトに、投資を通じたエンタテインメント事業開発を支援する、EnFi株式会社の代表取締役 垣屋美智子氏にご説明いただいた。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

ARTICLE TAGS

超高齢化社会・日本のAgeTechスタートアップ。「認知症による資産凍結対策」に挑む、ファミトラ。

超高齢化社会・日本のAgeTechスタートアップ。「認知症による資産凍結対策」に挑む、ファミトラ。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

メタバース覇権を握る、最有力候補!? フォートナイトを運営する「Epic Games」 〜海外ユニコーンウォッチ #6〜

「ユニコーン企業」――企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は人気オンラインゲーム「フォートナイト」を運営する「Epic Games(エピック ゲームズ)」を紹介する。

『メタバースとWeb3』著者・國光 宏尚氏が語る、Web3時代に勝つ企業の条件

『メタバースとWeb3』著者・國光 宏尚氏が語る、Web3時代に勝つ企業の条件

「ブロックチェーン技術(※1)を中核とした非中央集権的なインターネット」として定義されるWeb3(3.0)。2021年以降、急速に注目を集めるようになったフレーズですが、全貌を理解している人は多くない、曖昧な概念であることも事実です。今回お話を伺ったのは、3月に上梓した『メタバースとWeb3』がベストセラーになり今やWeb3のエバンジェリストとして知られる、株式会社Thirdverse、株式会社フィナンシェ代表取締役CEO/Founderの國光 宏尚氏。「Web3時代に勝ち残る企業」をテーマに、 デジタルホールディングスのグループCIO(最高投資責任者)を務める石原 靖士氏がお話を伺いました。 ※1 ブロックチェーン 取引履歴(ブロック)を暗号技術によって1本の鎖のようにつないで記録することによって、データの破壊や改ざんを極めて難しくしたデジタルテクノロジーのこと。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

自動車大国・日本がついに中国EV車を輸入。脅威の中国EVメーカー最新事情・前編 【中国デジタル企業最前線】

自動車大国・日本がついに中国EV車を輸入。脅威の中国EVメーカー最新事情・前編 【中国デジタル企業最前線】

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

ただの激安通販アプリじゃない。AmazonにもマネできないWishの戦略 ~デジタルシフト未来マガジン〜

ただの激安通販アプリじゃない。AmazonにもマネできないWishの戦略 ~デジタルシフト未来マガジン〜

中国・アリババの「デジタル百貨店」に行って驚いた、そのヤバい実力 日本の百貨店、復活のヒントもあった!:田中道昭氏 中国レポート

中国・アリババの「デジタル百貨店」に行って驚いた、そのヤバい実力 日本の百貨店、復活のヒントもあった!:田中道昭氏 中国レポート

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

出版不況へ挑む講談社のデジタルシフト戦略

出版不況へ挑む講談社のデジタルシフト戦略

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

ヤマハのリモート合奏サービス「SYNCROOM」。在宅で愉しめる音楽セッションとは?

ヤマハのリモート合奏サービス「SYNCROOM」。在宅で愉しめる音楽セッションとは?

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる