FXがはじめての方へ

収益構造とは

収益構造とは
株式 11 時間前 (2022年06月08日 15:30)

メインエネルギーTBS、再生可能エネルギーと電気自動車の事業成長のための資本を強化

メインエネルギーTBS、再生可能エネルギーと電気自動車の事業成長のための資本を強化

TBSエネルギ・ウタマ副社長、パンドゥ・パトリア・シャハリール。(ディディ・クルニアワン/VOI)

ジャカルタ - PT TBS Energi Utama Tbk(TBS)は本日、6月8日(水)に年次株主総会(AGMS)を開催し、臨時株主総会(EGMS)を継続しました。

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)

自動車の販売店はデジタルとフィジカルが出会う場になれるのか

Passionate about manufacturing, mobility and disruption. Champion 収益構造とは for women and diversity & inclusiveness in the Advanced Manufacturing & Mobility industries.

EY Global Mobility Solutions Leader

Focused on business 収益構造とは transformation. Passionate about cars and exploring the world.

EY India 収益構造とは GSS CS&A Knowledge GDS Advanced Manufacturing and Mobility Industry Market 収益構造とは Leader

Passionate about mobility disruption. Helping share the auto industry narrative in this disruptive landscape.

Akshi 収益構造とは Goel,

Menaka Samant

EY Japan 自動車・モビリティ・運輸・航空宇宙・製造・化学コンサルティングリーダー EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 パートナー

関連資料を表示

自動車の購入者は、まだ完全なオンライン購入プロセスを受け入れてはいませんが、一部の分野では普及が進んでいます。

  • 販売店での対面の説明が、引き続き消費者の情報収集の過程において主要な役割を担うであろう。
  • オンラインでの自動車購入は利便性が高いものの、多くの消費者にとっては、依然として技術や知識が必要なものである。
  • 最終的な購入決定は、対面であるとしても、オンラインでの手軽な情報収集もニーズが高まっている。

EY Japanの窓口

早瀬慶

自動車の購入者は、販売店を見放し、直接オンラインで購入する準備ができているのでしょうか?自動車メーカー(OEM)は相次いでオンライン・ダイレクト・チャネルへの取り組みを実施していますが、EYの最新調査によると、その答えは「いいえ」、あるいは少なくとも「まだ」であると考えられます。この調査結果は、EYの調査担当者が隔年で実施しているグローバル調査「EY Mobility Consumer Index」によるものです。調査の目的は、モビリティ全般、特に自動車購入に関する消費者心理の急速な変化を調査し、消費者の考え方の変化とそれがOEMやディーラーの今後の事業運営にとって何を意味するのかを理解することです。

自動車旅行を楽しむ家族

鍵となる変化の4つの領域

ローンと事務手続き

製品の感触

価格の透明性と分離

販売店で自動車購入を検討している若いカップル

4つの主な顧客グループ

サステナビリティが注目を集める

マルチチャネルの台頭

全てを考慮する消費者のEVに対する考え方

販売店信奉者

車の後部から物を取り出そうとするアジア人男性のシルエット

ディーラーおよびOEMへの影響

直近のEY Mobility Consumer Indexの調査結果によると、自動車購入者の大部分は、自動車購入の全プロセスをオンラインに移行する準備はできていませんが、オンラインのマルチチャネル化に向けた未来に歩みを進めていることが分かります。ディーラーは、それに対応し信頼できるアドバイザーとなり、意思決定の道を共に歩む伴走者となる必要があります。

この記事について

EY Global Advanced Manufacturing & Mobility Leader

Passionate about manufacturing, mobility and disruption. Champion for women and diversity & inclusiveness in the Advanced Manufacturing & Mobility 収益構造とは industries.

EY Global Mobility Solutions Leader

Focused on business transformation. Passionate about cars and exploring the world.

EY India GSS CS&A Knowledge GDS Advanced Manufacturing and Mobility Industry Market Leader

Passionate about mobility disruption. Helping share the auto industry narrative in this disruptive landscape.

Akshi Goel,

Menaka Samant

EY Japan 自動車・モビリティ・運輸・航空宇宙・製造・化学コンサルティングリーダー EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 パートナー

EY 収益構造とは 収益構造とは | Assurance | Consulting | Strategy and Transactions | Tax

About EY

EY is a global leader in assurance, consulting, strategy and transactions, and tax services. The 収益構造とは insights and quality services we deliver help build trust and confidence in the capital markets and in economies the world over. We develop outstanding leaders who team to deliver on our promises to all of our stakeholders. In so doing, we play a critical role in building a better working world for our people, for our clients and for our communities.

EY refers to the global organization, and may refer to one or more, of the member firms of Ernst & Young Global Limited, each of which is a separate legal entity. Ernst & Young Global Limited, a UK company limited by guarantee, does not provide services to clients. For more information about our organization, please visit ey.com.

© 2020 EYGM Limited. All Rights Reserved.

This material has been prepared for general informational purposes only and is not intended to be relied upon as accounting, tax, or other professional advice. Please 収益構造とは refer to your advisors for specific advice.

EY.comへようこそ

本ウェブサイトを運用する上で不可欠なクッキーに加え、利用者の利便性とEYのサービス向上のために、次の種類のクッキーを使用しています。機能性クッキー:利用者の操作性を向上させるために使用します(例:選択した設定の記憶)。パフォーマンスクッキー:ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、利用者のサイト上での利便性を向上させるために使用します。広告/ターゲティングクッキー:広告キャンペーンを行う第三者の広告サービス提供者により設定されるもので、利用者に関連性の高いコンテンツを提供することができます。 収益構造とは

ベルシス24 Research Memo(3):CRM事業を中心に事業を展開、経営資源を集中する体制を整える

株式 11 収益構造とは 時間前 (2022年06月08日 15:30)

ベルシス24 Research Memo(3):CRM事業を中心に事業を展開、経営資源を集中する体制を整える

© Reuters.

1. セグメント
同社グループは、持株会社であるベルシステム24ホールディングス (TYO: 6183 )と、(株)ベルシステム24、CTCファーストコンタクト(株)、(株)ベル・ソレイユの子会社3社で構成されており、コールセンター業務を中心とするCRM事業を主たる事業として、全国で事業展開している。
同社グループの報告セグメントは、CRM事業とその他事業の2つである。
なお、2019年2月には事業再編に伴い、100%子会社であった(株)BELL24・Cell Productを売却した。
2019年3月には子会社の(株)ビーアイメディカルからCSO(Contract Sales Organization:医薬品販売業務受託機関)事業を譲渡し、2019年11月にはビーアイメディカルをベルシステム24が吸収合併している。
また、2022年3月には、占い、気象予報、映像制作などの事業を展開していたポッケもベルシステム24が吸収合併した。
このように、事業再編によってグループのコア事業であるCRM事業に経営資源を集中する体制を整えている。

(1) CRM事業
ベルシステム24(同社100%子会社)によるCRM事業には、クライアント企業の商品やサービスに関する質問などに対応するカスタマーサポート業務、クライアント企業の商品・サービスなどの販売促進をサポートするセールスサポート業務、クライアント企業のIT製品などの操作方法などに関する質問に対応するテクニカルサポート業務、クライアント企業のデータ入力やWeb制作などを請け負うBPO(Business 収益構造とは Process Outsourcing:業務プロセスの外部委託)などがある。
いずれも電話での対応を軸に、Webやメールのほか、近年は成長が著しいソーシャルメディアやチャットにも対応している。
また、2020年10月には、凸版印刷が51%、同社が49%出資した(株)収益構造とは TBネクストコミュニケーションズが、コンタクトセンター業務を中心とするアウトソーシングサービス、コンサルティングサービス業務を開始した。

海外にも事業展開をしており、2017年7月にはベトナムのコンタクトセンター最大手であるHoa Sao Group Joint Stock Companyへ出資し(49.0%保有)、社名をBellsystem24-Hoa Sao Joint Stock Company(以下、Hoa Sao)に変更した。
Hoa Saoは、ベトナム国内8拠点でコンタクトセンター事業を展開している。
さらに、2020年1月にはタイのコンタクトセンター事業者大手のTrue Touchに出資し(49.99%保有)、2020年2月には台湾最大手の総合通信会社である中華電信の子会社と業務提携契約を締結するなど、CRM事業の海外展開を活発化している。

(2) その他事業
a) CTCファーストコンタクト
BPO分野でのビジネス拡大を目的に、CTC(伊藤忠テクノソリューションズ (TYO: 4739 ))の100%子会社でサービスデスクやコンタクトセンターなどのアウトソーシングサービスを担うCTCファーストコンタクト(以下、CTCFC)を2017年7月より合弁会社化し、同社はCTCFCの51%の株式を取得した。
ITに関する専門的な知識を有するCTCFCは、これまでHDI国際認定に準拠したサービスデスク/コンタクトセンターの運用サービス、教育・研修やマニュアル作成を含めたバックオフィスサービスなどを多数展開している。

b) ベル・ソレイユ
同社の100%子会社。
「障がい者の雇用の促進等に関する法律」による特例子会社の認定を受け、ベルシステム24にも多く人材を紹介している。

売上収益及び営業利益の大部分を占めるCRM事業
2. 収益構造
同社では、主力のCRM事業(継続業務とスポット業務の合計)が売上収益及び税引前利益の大部分を占めている。
売上収益全体に占めるCRM事業のシェアは、2016年2月期の92.7%から年々拡大を続け、2022年2月期には99.3%を占めている。
一方、同期間にその他事業のシェアは、7.3%から0.7%に縮小している。
また、税引前利益では、同期間にCRM事業が一貫して利益を計上しているのに対し、その他事業は小幅の利益から小幅損失に転じている。
2020年2月期の医薬関連事業再編に伴い、従来はその他事業に分類されていたビーアイメディカルがベルシステム24に吸収合併されたことから、CRM事業のシェアが拡大した。
また、2023年2月期には、その他事業のポッケがベルシステム24に吸収合併されたことで、CRM事業のシェアがさらに大きくなると予想される。

(1) CRM事業内のセグメント別内訳
CRM事業の中で契約期間が1年以上の案件を指す継続業務の売上収益シェアは、2016年2月期の68.0%から2022年2月期には80.6%に拡大しており、同社のコア事業といえる。 収益構造とは
一方、スポット業務は、1年未満の契約のものから、リコールなどの際にクライアント企業の要請により数日で対応窓口を開設するものなど様々で、比較的小さい案件が多いものの、利益率は比較的高いと見られる。
スポット業務の売上収益シェアは、2016年2月期以降は6%~9%台で推移していたが、2022年2月期は、政府によるコロナ禍対策の一環であるワクチン接種や給付金など、各種支援に関する案内対応業務の増加に伴って大幅増収となり、売上収益シェアは18.7%に拡大している。

(2) CRM事業の業種別売上収益
CRM事業における2022年2月期の売上収益上位300社の業種別構成比を見ると、サービスが27.6%、運輸・通信が24.8%、金融・保険が15.5%、卸売・小売が14.7%、製造が12.0%、電気・ガス・水道等が2.6%、その他(行政機関等を含む)が2.8%となっている。
通信系の大型クライアントが加わったことで、運輸・通信の構成比が2017年2月期の10.2%から、大きく拡大している。
また、凸版印刷との連携業務が増えたことで、2019年2月期まで減少傾向にあった製造業の構成比も徐々に増加している。
2022年2月期は、卸売・小売と金融・保険が前期比で減少したのを除き、他の業種は増加となった。
製造が前期比38.4%、サービスも同7.1%、その他も同13.0%増加しているのは、主にコロナ禍関連のスポット業務拡大(家賃給付やワクチン申込み処理の案内など)によるものだ。
また、運輸・通信で同7.4%増加したのは、携帯会社が新料金プランを発表したことに伴う案内業務拡大によるものであった。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる