FXを始めよう

暗号資産の必ずもうかるに要注意

暗号資産の必ずもうかるに要注意

「ここでしか販売していない」「今だけの限定価格」といった、販売場所や購入金額に限定性を持たせ、購入を促すパターンです。

仮想通貨は儲かる?仕組みや投資するメリットと稼ぐ方法を徹底解説!

仮想通貨は儲かる?仕組みや投資するメリットと稼ぐ方法を徹底解説!

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた 東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社 暗号資産の必ずもうかるに要注意 が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの 大手にはないアルトコイン が取引できるのが最大の特徴です。

BITPOINTの基本情報

BITPointキャンペーン情報

  • 3種の暗号資産BTC・ETH・IOSTがもらえる口座開設キャンペーン ※1
  • 100,000JMY以上の入金で10名様に10万円相当のJMY(ジャスミー)をプレゼント! ※2

※1 期間:2022年4月28日(木)16時 ~ 2022年5月31日(火)16時まで。期間中に、口座開設が完了した方。1,000円相当のBTCか、ETHか、IOSTの合計で3,000円相当をプレゼント

bitFlyer

bitFlyer

  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1 ※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは 「 株式会社bitFlyer」 によって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、 「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」 ※1 となっています。

bitFlyerでは 1円から仮想通貨を購入することが可能 です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、 7年間1度もハッキング被害に遭っていません。 利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

bitFlyerの基本情報

bitFlyerキャンペーン情報

  • 毎日最大 10 名様に 1,000 円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム ※1

※1 2020 年 7 月 1 日(水)午前 00 時 00 分~ 終了期間未定

GMOコイン

GMOコイン

  • 取扱銘柄数国内No.1 ※1
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは 「GMOインターネットグループ」 によって運営されている仮想通貨取引所です。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、 取扱銘柄数は国内No.1 ※1 となっています。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できる 「 つみたて仮想通貨」 を提供しています。

つみたて仮想通貨は 毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれる ので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

GMOコインの基本情報

GMOコイン キャンペーン情報

  • 暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる!※1
  • 暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる※1

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

儲かるだけではない!仮想通貨に投資するメリットとは?

仮想通貨の魅力は儲かることだけではありません。資産の分散や海外への送金・決済手段としても利用できるのです。この章では 仮想通貨に投資するメリット について解説していきます。具体的には以下のようなメリットが挙げられます。

    暗号資産の必ずもうかるに要注意
  • いつでも取引が可能
  • 海外への送金・決済が簡単にできる
  • 資産を分散できる

いつでも取引が可能

仮想通貨に投資する最大のメリットとしては、いつでも取引が可能だということでしょう。仮想通貨は 24時間365日、いつでもどこでも利用できる ので、自分の生活に合わせて取引を行うことができます。

海外への送金・決済が簡単にできる

仮想通貨のメリットとして 海外への送金・決済が簡単にできる ということが挙げられます。仮想通貨を利用すればいつでもすぐに海外に送金することができます。手数料がかからない仮想通貨も存在します。

資産を分散できる

仮想通貨に投資することで資産を分散できるというメリットもあります。投資の基本は資産を分散することです。1箇所に集中して投資をしてしまうと、 投資対象が暴落した時、大きな損失を被る可能性 があります。

仮想通貨に投資する際の注意点は?絶対儲かるわけではない?

仮想通貨のみならず、投資にはリスクを完璧に避けることはできませんが、軽減することはできます。この章では 仮想通貨に投資する際の注意点 を解説していきます。これから解説する点には要注意です。

  • 余剰金を投資する
  • 最初は少額から始める
  • 仮想通貨・取引所を分散する
  • 金融庁が認可している取引所を利用する
  • 詐欺には要注意
  • リスクがあることを理解する

余剰金を投資する

余剰金を超えて投資してしまうと、 余裕がなくなり正常な判断ができなくなってしまいます。 そうなると儲けるのは難しいでしょう。

最初は少額から始める

仮想通貨への投資で儲けるには、 仮想通貨取引の仕組みなどを理解する 必要があります。初心者が大金を投じてしまうと、大きな損失を被る可能性がありますので、初心者はまず少額から始めましょう。

仮想通貨・取引所を分散する

仮想通貨に投資する際は、仮想通貨・取引所を分散することをおすすめします。資産を分散して投資することによって、 利益が出やすくなり、リスクを回避する ことにも繋がるのです。

金融庁が認可している取引所を利用する

金融庁の認可を受けていない「みなし業者」でも取引は行えるのですが、 何か問題があると営業停止処分が下されます。 そうなると仮想通貨の取引を行えなくなってしまうので、要注意です。

詐欺には要注意

怪しげなメールや知人から紹介された出来すぎている仮想通貨の投資話 などに安易に乗らないようにしましょう。

  • 消費者ホットライン:188
  • 警察相談専用電話:#9110

リスクがあることを理解する

これらのリスクを完璧に防ぎ、 100%儲かるなんてことはあり得ません。 そのことを踏まえて投資を行いましょう。

仮想通貨が儲かるかに関するよくある質問

今回は 仮想通貨は本当に儲かるのか について解説してきました。結論から言ってしまえば、必ず儲かるとは言い切れません。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

こんな暗号資産(仮想通貨)は怪しい?初心者が始める前に知っておくべき注意点

暗号資産は怪しい


「自分は大丈夫!」そう思っていても、「気づいたら騙されていた…」という場合もあります。

1. 自分だけは騙されないと思っている人

2. はっきりと断れない人

3. 限定品や流行物が好きな人

「絶対儲かる暗号資産セミナー」は注意!

暗号資産は怪しい


「自分の買った暗号資産の情報をさらに詳しく知りたい」「価格が上がりそうな暗号資産を知りたい」など、暗号資産に関わるセミナーへの参加を検討している方や、どのセミナーを受講するか迷っている方にも注意が必要です。

クローバーコインとは?強制捜査が日経新聞で報道

クローバーコインの手口や特徴について

  1. 日本にビットコインを持ち込んだ中田義弘がプロデュース
  2. 今、クローバーコインを購入すれば、購入額の20%分の暗号資産リップル(XRP)をプレゼント
  3. クローバーコインを他の人に紹介し、その人が購入したら、購入額の60%分のクローバーコインを運営から配布

ビットコイン(BTC)はインターネット上の通貨

ビットコイン(BTC)


1についてですが、ビットコイン(BTC)はインターネット上の暗号資産なので、「日本に持ち込む」ものではありません。

リップル(XRP)は暗号資産の取引所で購入が可能

リップル(XRP)


「ここでしか販売していない」「今だけの限定価格」といった、販売場所や購入金額に限定性を持たせ、購入を促すパターンです。

マルチ商法について

暗号資産を用いた情報商材にも注意

暗号資産の情報商材


続いて、情報商材詐欺にも注意しましょう。情報商材詐欺は、いわゆる「儲かるノウハウを教える」といった詐欺です。

怪しい暗号資産で騙されないためのポイント

暗号資産の情報商材


暗号資産詐欺では、セミナーを開いて勧誘してくるケースが多いようです。

金融庁・消費者庁・警察庁から、暗号資産に関する投資トラブルへの注意喚起!詐欺被害多発の手口に要警戒!

金融庁HPより

金融庁HPより

一つ目は、「暗号資産交換業者は、金融庁・財務局への登録が必要です。 利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください」です。

二つ目は、「マッチングアプリ等で知り合った人から投資の勧誘を受けても安易に投資しないようにしましょう」です。

会ったこともない相手から「国内の暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設しよう!」と言われたら、詐欺を疑ってください。

お金は必ず戻ると、安心させたところで、騙す!

ここまでは女性の被害ですが、男性も多く騙されています。

貯金がないと知った外国人の男性から、手元の値打ちのある商品を売るようにいってきたり、借金させるため国内の消費者金融のURLを送ってくるケースが目立ちます。

「借金してでも、投資しろ!」の言葉が出たら、詐欺濃厚です。

海外の投資サイトといっても様々

もし「トラブルに遭ったかもしれない」と不安になった時には、暗号資産を含む「金融サービス」に関する相談先として、金融庁 金融サービス利用者相談室 0570-016811(※IP電話・PHS からは、03-5251-6811)があります。

不審な電話を受けた時には、消費者ホットラインの188(いやや)、詐欺被害に遭ったと思った時には、警察相談専用電話 ♯9110、または最寄りの警察署まで連絡をお願いします。

この瞬間も、被害が起こり続けている

この辺り、初めて投資をしている人が勘違いしがちなのですが、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所は登録されていますので、大丈夫なのですが、問題なのは、その先にある海外の投資サイトです。相手の業者が海外であっても、日本人に対して投資勧誘をするには、金融商品取引業の登録が必要になります。それゆえ、登録されているか否かの確認が必要となります。

被害者の声が積み重なることの大切さ

しかし、それでも多くの方が勇気を持って、記事の取材に答えて下さったり、SNSなどを通じて、被害の声をあげ続けたことにより、被害状況がしだいに明るみに出て、今回の金融庁・消費庁・警察庁からの注意喚起につながったと考えています。

仮想通貨で「儲ける」方法は?取引の仕組みやリスクも解説

暗号資産(仮想通貨),ビットコイン投資,買う,には

2021年10月現在、日本国内で取り扱っている暗号資産(仮想通貨)(暗号資産)の種類が多いのはコインチェックだ。コインチェックは17種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの有名なものに加え、知名度の低いアルトコインも数多く取り扱っている。また、アプリダウンロード数No. 1という実績を持つことや、マネックスグループの傘下に入りガバナンス体制やコンプライアンス体制を強化し続けていることなどから、信頼できる取引所であると言える。

coincheck

これから暗号資産(仮想通貨)投資を始めるなら、複数の投資先から最適な選択肢を選ぶためにも、コインチェックで口座開設しておくといいだろう。スマホアプリでは、それぞれの暗号資産(仮想通貨)別に投資家同士が対話できるチャット画面も用意されている。このような場を活用して情報収集し、投資先を見極めることも大切だ。

コインチェックが向いている人

コインチェックが向いてる人

コインチェックが向いている人はいろいろな通貨の購入を考えている人だ。取扱い通貨数は国内最多の17種類で、マイナーなアルトコインまで揃っているので上級者も満足できるだろう。

コインチェックが向いていない人

コインチェックが向いてない人

コインチェックが向いていない人はレバレッジ取引をしたい人だ。コインチェックでは現在、レバレッジ取引に対応していないため、現物取引のみとなっている。

ビットコインの過去の価格推移|2009年から2021年までの動きを徹底解説!

ビットコイン 推移 データ

引用:CoinMarketCap

上記は2014年から2021年のビットコインの取引をグラフ化したものです。 2014年、2015年、2016年とほとんど変化なく推移 しています。そして2017年から上下はあるものの、ほぼ上昇し続けています。

ただ細かくチャートを見ていくと、ビットコインの高騰・下落の幅が大きいことがわかります。価格の変動をボラティリティと呼びますが、ビットコインは円やドルに比べて 「ボラティリティが大きい」つまりそれだけ、リスクもあるしベネフィット(利益)もある と言えます。

2017年ビットコインの最安値と最高値

2017年 ビットコイン チャート

  • 最安値:84,950円(1月に記録)
  • 最高値:2,332,385円(12月に記録)

12月に入ると当時のビットコイン史上最高値となる2,332,385円を記録しています。

2018年ビットコインの最安値と最高値


ビットコイン チャート

  • 最安値:350,853円(12月に記録)
  • 最高値:2,000,620円(1月に記録)

2019年ビットコインの最安値と最高値

暗号資産 価格 推移

  • 最安値:361,516円(1月)
  • 最高値:1,473,564 円(6月)

2020年ビットコインの最安値と最高値


ビットコイン チャート 2020

  • 最安値:402,022円(3月)
  • 最高値:2,121,606円(12月)

2021年のビットコイン推移

ビットコイン チャート 2021年

2021年11月9日には、 ビットコインは史上最高値777万円 をつけています。要因としては世界的なインフレ予測と、金融緩和の結果法定通貨への不安が高まったためと言われています。

このように、 ビットコインは1年ごとに見ても価格変動が上下 しており、その時々の世界中でおきた様々な出来事による影響はもちろん、憶測や風評による影響を受けることも時折見受けられます。

ビットコインの「マイニング」とは

ビットコイン マイニングとは


暗号資産はブロックチェーン技術によって信用性を担保しています。

ブロックチェーンでは、ビットコインの取引データを一定量まとめて「ブロック」にしています。ブロックには「いつ、誰が、どれくらい取引したか」といった情報が書き込まれていくわけですが、その情報を第三者が確認して承認します。この 承認する作業がマイニング 暗号資産の必ずもうかるに要注意 です。

ビットコインの推移と「半減期」

ビットコイン 半減期とは


半減期とは、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)のマイニング報酬が半減するタイミングのことです。

ビットコイン市場では大きな出来事であり、価格にも影響を与えます。 実際に過去の半減期では、ビットコインの価格が半減期前後で上下 しています。

ビットコインは価格変動が大きいことに注意しよう

ビットコインはボラティリティ(価格変動率)が大きい傾向があります。 大きな利益を得ることもあれば、大きな損失をすることもあることについて十分に理解 しておきましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる