よくあるご質問

フィボナッチリトレースメントとは何ですか

フィボナッチリトレースメントとは何ですか
この分析を実際の取引で使う際に有効な方法は以下の4点です。

■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。外国為替保証金取引『選べる外貨』のスプレッド実績は、当社のホームページに掲載されています。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。 フィボナッチリトレースメントとは何ですか ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

フィボナッチについて何を知っていますか?

フィボナッチ

一見すると、この名前、フィボナッチはあまり教えてくれないかもしれません。 しかし、それがレオナルド・デ・ピサの名前であると言えば、もう少し理解し始めるでしょう。 フィボナッチリトレースメントとは何ですか そして、このキャラクターがイタリアの有名な数学者であり、 ナンバリングシステム 現在、XNUMX進数ベースの位置番号付けで使用されていますが、今後はより明確になる傾向があります。 投資の世界、より具体的には株式市場と非常に緊密な関係にあります。

歴史的人物のこの宗派の起源を検討した後、それがどのようにできるかを考慮に入れる必要があります あなたの投資に影響を与える あなたが最初から考えるよりもはるかに効果的で決定的な方法で。 事実上、フィボナッチはイタリアを彷彿とさせる単なる好奇心の強い名前ではありません。 とりわけ、さまざまな投資戦略を実行するために扱うことができる数字です。 あなたがストックユーザーとして提示するプロファイルを超えて:積極的、中級的、または保守的。 それがあなたがこれからたくさんのお金を稼ぐのを助けることができるところ。

この数字は、実行することが強く示されています operaciones 株式市場での取引。 しかし、条件がXNUMXつしかない場合、つまり、金融市場の動きを解釈する方法を知るのに十分な知識を提供する必要があります。 あなたがこれを持っていない場合 学習 それはあなたに善よりも害をもたらす可能性があるので、あなたは試みをあきらめたほうがよい。 当然のことながら、それはあなたが正しくない市場での操作を実行するようにあなたを誘導する可能性があります。 この正確な理由から、これからフィボナッチョが何であるかを明確にすることが非常に重要です。 これからあなたに大いに役立つことができるからです。 あなたはあなたの株式市場文化を拡大する気がありますか?

フィボナッチリトレースメント

間違いなく、テクニカル分析の最も関連性のある側面のXNUMXつは、フィボナッチリトレースメントが実際に何であるかに基づいています。 さて、そもそも教訓的な方法で、あなたはそれが何よりも強力なツールとして構成されていることを知っている必要があります グラフィック分析。 その最も関連性のある目的のXNUMXつは、サポートゾーンとレジスタンスゾーンを確立することです。 フィボナッチリトレースメントとは何ですか このようにして、あなたは株式市場に出入りするための最良の気質になります。 当然のことながら、それはあなたが驚くべき効率であなたの操作を管理するのを助けるでしょう。 あなたが長年操作することに慣れている他の数字の上に。

あなたが見なければならないことのXNUMXつはあなたがこれらの取引パラメータで取引できるように最も人気のあるフィボナッチリトレースメントは何であるかです。 もちろん、最も頻繁なもののXNUMXつは 61,8%および38,2%。 これらのレベルは、株価がどこまで下がることができるかの限界です。 そして、そこからあなたはそれらの瞬間から貯蓄を有益にするためにポジションを開くことができます。 ただし、フィボナッチリトレースメントは、バウンスの可能性の長さを予測するために、ディップ後にも適用されます。 あなたがこの特別であると同時に効果的な戦略を通してあなたのお金を投資しようとしているならば、それはその最も関連する特徴のXNUMXつであるのでそれを忘れないでください。

取引システムを形成する

チャート

テクニカル分析で提示されるこれらのレベルが非常に重要なのはなぜですか? ええと、主に彼らは株式市場でのポジションへの出入りを超えた援助を伴うからです。 これは実際には、フィボナッチレベルが強力で安全な取引システムを構成するのに本当に役立つことを意味します。 他の指標や数値と組み合わせて、この投資戦略を形成することもできます。 このようにして、セキュリティが強化されます。 フィボナッチリトレースメントとは何ですか 株式市場での取引の機会 これから開く予定です。 無駄ではありませんが、株式市場でのエラーは、これまで開発してきた方法よりも少なくなります。 あなたの保護がはるかに大きくなるという点で現れる直接的な効果があります。

一方で、中小投資家の大部分が運用している制度であることも忘れてはなりません。 より多くの経験を持つ このクラスの株式市場運営において。 ほとんどの場合、非常に良い結果が得られます。 それは注目に値する以上の価値観で上向きの旅をするのはユニークな機会だからです。 最大価格と最小価格の差が非常に大きいため、各操作の価格をより柔軟に調整できます。 これは、フィボナッチリトレースメントに他なりません。

シーケンスはどうですか?

シーケンス

別の順序では、数学では、フィボナッチ数列は一連の自然数であり、各項は前のXNUMXつの合計であるということも評価する必要があります。
シーケンスは0で始まり、次に1で始まり、1(0と1の合計)で続き、最後に3、5、8、13…で続きます。 シーケンスが無限であることを知っておく必要がある場所。 さて、この明らかに複雑な方法はに適用することができます 株式市場の運営。 フィボナッチリトレースメントとは何ですか もちろん、このますます頻繁に行われる作業方法を選択するのはあなただけではありません。これにより、今後の運用で多くの成功を収めることができます。 あなたはそれを実行してから数週間以内にそれを見るかもしれません。

安全に運動するために考慮しなければならない側面の62つは、私たちが話したこれらの割合(38%とXNUMX%)がどこから来たものではないということです。 そうでない場合は、逆に、それらは論理的および数学的な配給から来ます。 それは何であるかを見つけようとすることに他なりません 分岐点 挫折で。 しかし、上向きの動きで最良の予測を探すことも。 つまり、価格見積もりの​​すべてのフェーズで役立ちます。 その有用性はXNUMX倍であり、正しいアプリケーションでより大きなメリットがあります。

挫折の大きさ

これらの挫折の大きさ、そしてそれらが実際に何を意味するのかを解読する時が来ました。 さて、この観点から、フィボナッチリトレースメントによって具体化されるこの投資戦略から生成されるレベルに関してさまざまな提案があります。 当然のことながら、それらはあなたにとって非常に役立つので、あなたは株式市場でどんな動きをしても構わないと思っています。 これが貯蓄を収益性の高いものにしたいというあなたの願望であるならば、国内だけでなく海外でも。

  • 100%、つまり全体の場合、 ピークブースト これらのレベルが価格修正で到達できるもの。
  • 61%と何がよりよく知られているのか ゴールデンシリーズ または黄金数であり、いずれの場合も、フィボナッチ数列の要素を分割することによって生成されます。
  • 50%そしてあなたが見ることができるようにそれは言及します ミディアムバランス 前述のシリーズのXNUMXつと、その一方で、すべての観点からセットバックを検出するのに非常に役立ちます。
  • 38%であり、これらすべての規模の中で最も頻繁であり、 基準点 滝を止めるために。 レベルが統合されると、強度が増減する傾向が見られる場合があります。
  • 0%であり、これは 動きの起源。 したがって、その重要性は何よりも重要であり、投資戦略を開発するための特別な関連性を提供するものではありません。

取引に適用されるフィボナッチ

トレーディング

もちろん、フィボナッチ手法に関連するさまざまな種類の取引戦略を開始できます。 それらは、不安定な市場でさらに有効であり、非常に強力な修正を伴う統合の動きから収益性を得ることが可能でした。 事業の収益性がはるかに大きくなるという点まで。 無駄ではありませんが、それはあなたがそのアプリケーションを通して持っている大きな利点のXNUMXつです。 から、任意の金融資産でそれを形式化することができます アイベックス35 米国のダウジョーンズに、通貨、原材料、さらにはますます高く評価されている貴金属の市場を通過します。

そのような印象的な投資戦略の下での運営方法は、いかなる種類の疑いも提供しません。 これは、価格がこの株式市場の数値の約半分の大きさのパラメーターと統合されると、以前の安値を再び攻撃することを目的として上昇運動が始まるという事実に基づいているためです。 言い換えれば、以前の傾向は問題なく続くでしょう。 どのシナリオでも変更されないシナリオで。 そして、それはあなたがあなたの投資ポートフォリオの構成要素を調整するのを助けることができます。 次の取引セッションで新しい目標が達成されることを確信しています。 ポジションが大幅に改善されました。

記事へのフルパス: エコノミーファイナンス » 金融商品 » 袋 » フィボナッチについて何を知っていますか?

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

ゆん

この記事ではフィボナッチリトレースメントを使って利益を出す手法を紹介します。

FX初心者

今回は フィボナッチリトレースメントを使って3ステップで利益を出す手順を紹介します。

フィボナッチリトレースメントとは

①フィボナッチ数列
②リトレースメント

①フィボナッチ数列とは

建築やデザインの現場でも黄金比がよく使われていて、
Apple社のロゴはフィボナッチ数を直径とした円を使っています。

61.8と38.2がどの時間足でも意識される

フィボナッチ数列によって計算された黄金比は1:1.618という比です。

この61.8%と100%から61.8%を引いた38.2%の数値がFXにおいても意識される数値になります。

フィボナッチ38.2

フィボナッチ38.2

↑↑の画像のラインを見てもらうとわかりますが、上の画像のローソク足は、38.2で折り返しています。

フィボナッチ61.8

フィボナッチ61.8

2つ目の画像のチャートは、61.8のところで折り返しているのがわかりますね。

相場の世界なので、必ずその数値までの戻りが入るわけではないですが、61.8と38.2はかなり意識される数値と見ることができます。

②リトレースメントとは

押し目や戻り目を作るというように表現します。

その押し目や戻り目のだいたいの価格帯を測るのが、フィボナッチリトレースメントです。

押し目・戻り目で初心者さんがする失敗例

ローソク足は斜めの直線で上昇したり、下降したりするのではなく、ジグザグと波を作りながら上がったり、下がったりしています。

ローソク足は波を描く

ローソク足は波を描く

フィボナッチリトレースメントとは何ですか 長期足だろうが短期足だろうが、ジグザグと波を作ります。

うまい具合に上昇していきましたが、5分足ではトレンド転換を繰り返すので、上がったと思ったら3分の1くらい押したり、半値押しをしたり、そしてまた上がるというようにジグザグしながら上昇していきます。

微益決済を回避するには、エリオット波動を少しでも理解すると、徐々に利益が伸ばせるようになります。

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3つのステップ

①エリオット波動の1波が出たら、フィボナッチリトレースメントを使って戻りを待つ

②戻りが61.8あたりまで来たら、切上げ、切り下げラインを引いて、ライン抜けエントリー

③フィボナッチリトレースメントを引いて150.0付近に差し値する。

①エリオット波動の1波が出たら、フィボナッチリトレースメントを使って戻りを待つ

フィボナッチリトレースメントの引き方

フィボ引き方

フィボあて方

小さな 赤枠 にカーソルを合わせると「フィボナッチリトレースメントを作成」と出ます。

fiboあて方説明

fiboあて方説明

黒の①から②に向けてフィボナッチリトレースメントを引きます。

フィボ38.2

フィボ38.フィボナッチリトレースメントとは何ですか 2

黒①から黒②をエリオット波動の1波と見て、フィボナッチリトレースメントを引いてみると↑↑上の画像のようになります。

ネックライン

ネックライン

1波の下落をとるのは難しいので、 横ライン(赤) フィボナッチリトレースメントとは何ですか のネックラインや ☆印(赤) の安値を下に抜けたのを確認したら、戻りを待ちます。

②戻りが61.8あたりまで来たら、切上げ、切り下げラインを引いて、ライン抜けエントリー

戻りはなるべく61.8くらいまで待ちます。

そうすると早すぎのエントリーを防ぐことができます。

次の画像のように 切り上げライン(緑色) を引きます。

切り上げライン

切り上げライン

切り上げライン(緑色) を下に抜けたらエントリーです。

③フィボナッチリトレースメントを逆に引いて150.0付近に差し値する。

そうするとローソク足の行き先がほぼわかります。

フィボ150.0

フィボ150.0

①から②にフィボナッチリトレースメントを引いた時は、チャートの下に数値は出てきませんが、 ②から①に引くと、下に数値が出てきます。

フィボナッチリトレースメントを使ってFXで利益を出す3ステップ

フィボナッチリトレースメントを使った手法は、フィボナッチリトレースメントが勝手にラインを引いてくれるので、とってもラクです。

私も最初は「ダウ理論」「エリオット波動」「グランビルの法則」何のことやら?だったんですが、 ちょっとずつ学んでいくうちにだんだんと繋がっていきました。

【テクニカル分析】フィボナッチリトレースメントの実践的使い方!

出所:フィボナッチのうさぎ

という数列が完成します。この数列の法則が、 何故か自然界にある様々なものに対応している んです。

1/1=1、2/1=2、3/2=1.5、5/3=1.666、8/5=1.6、13/8=1.625、
21/13=1.615384、34/21=1.619047、55/34=1.617647
89/55=1.618181、144/89=1.617877、233/144=1.618055…
377/233=1.618025、610/377=1.618037、987/610=1.618032

最終的に 「1.618」という数字に近似 していきます。これを フィボナッチ数列の黄金比 とよび、人が「美しい」「しっくりくる」と思う数字の比率になっています。

驚くべきことに、この「1.618」という数値が歴史的な美術作品や建築物などに反映されているのです。

1/2 = 0.5、2/3=0.67、3/5 = フィボナッチリトレースメントとは何ですか 0.6、5/8 = 0.625、8/13 = 0.615
13/21 フィボナッチリトレースメントとは何ですか フィボナッチリトレースメントとは何ですか = 0.619、21/34 = 0.618…、34/55 = 0.618…、55/89 = 0.618…

最終的に「0.618」という数字に近似していきます。

1/3 = 0.333、2/5 = 0.4、3/8 = 0.375、5/13 = 0.385、8/21 = 0.381

省略しますが「0.382」という数値に近似していきます。これも黄金比率とされています。(※ちなみに0.382+0.618=1.フィボナッチリトレースメントとは何ですか 000になります。)

フィボナッチリトレースメントでは、この 「38.2%」「61.8%」 に加えて半値といわれる 「50%」 を用います。(※23.フィボナッチリトレースメントとは何ですか 6%という数値も用いられることがありますが煩雑になるため、ここでは省きます。)

フィボナッチリトレースメントの使い方

【具体的な使用方法】

  • フィボナッチリトレースメントというツールを選択します。
  • フィボナッチリトレースメントとは何ですか
  • 直近の安値(高値)から最高値(最安値)へ向かってリトレースメントを引きます。
  • 「38.2%」「50.0%」「61.8%」の価格帯で反発することを想定します。

  1. まず、直近の安値である350ドルにカーソル(1)を合わせます。
  2. 直近の最高値である408ドルにカーソル(0)を合わせます。
  3. 最高値をつけてから株価の調整が始まってどこで反発する可能性が高いかというと、ずばりフィボナッチ38.2%、50.0%、61.8%です。

買い増しを検討する時は、このフィボナッチの価格帯まで待つのが非常に有効である ことがわかります。

  • まず、直近の安値である1450ドルにカーソル(1)を合わせます。
  • 直近の最高値である2070ドルにカーソル(0)を合わせます。

ここは明確な正解はないのですが、ひとつは 「誰にでもわかるであろうわかりやすい安値」 がいいです。

  • まず、直近の高値である1.1908にカーソル(1)を合わせます。
  • 直近の最安値である1.1525にカーソル(0)を合わせます。

このように、 フィボナッチリトレースメントは「買い(ロング)」の場面でも「売り(ショート)」の場面でも使うことが出来ます。

ぜひ、皆様もいろいろな銘柄や為替のチャートで実際にフィボナッチリトレースメントを引いてみて下さい。 「38.2%」「50.フィボナッチリトレースメントとは何ですか 0%」「61.8%」の価格帯で反発 している場面が、いかに多いか、実感できると思います。

最後に

そして冒頭でも申し上げましたが、あらゆるテクニカル分析の手法、ツールは 「100%機能するわけではない」 ということを念頭においてください。

リスクリワード比率

投資はお金ではなく期待値を積み重ねる作業である

ここからフィボナッチリトレースメントに加えてダウ理論移動平均線や、ライントレード(水平線、トレンドライン)、さらに上級者向けにはなりますが「マルチタイムフレーム分析」という究極のエントリースキルまでを皆様にお伝えできればと考えています。

FXはフィボナッチ数列で攻略!継続的に利益を出す使い方4と注意点2つ

フィボナッチの黄金比はFXで使われる

単語だけ知っている人も多いと思います。

フィボナッチ数列で計算する

多少数学的な話になりますが、フィボナッチ数列とは、1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21…のように、n項目の数字とn-1項目の数字の和がn+1項目の数字となる数列を指します。

ここで、n+1項目÷n項目の計算結果は0.618に収束し、フィボナッチにおいてこの 0.618 が非常に重要な数字となるのです。

フィボナッチ比率は黄金比

フィボナッチ比率の様々な手法

  • フィボナッチ・リトレースメント
  • フィボナッチ・アーク
  • フィボナッチ・ファン
  • フィボナッチ・タイムゾーン

FXでフィボナッチ分析が重要である理由

黄金比が把握できトレンドの予測が可能

もともとは数学用語として有名ですが、実は FXや株のトレードでも使用 できます。

それは、黄金比がFXのチャート上に現れる傾向にあるからです。

FXのチャートは、トレーダーの心理によって形成されているので、人間が 心理的に美しいと感じる形 が自然とチャートに出現します。

よって黄金比を取り入れて相場の転換点を予測可能で、フィボナッチ分析が重要になります。

フィボナッチを使ったテクニカル指標4つ

フィボナッチ・リトレースメントがおすすめ

初心者にオススメ!リトレースメントとは?

フィボナッチ比率を用いた数ある手法の中でも突出してメジャーなのが、フィボナッチ・リトレースメントであるといえるでしょう。


フィボナッチ・リトリースメントでは23.6%, 38.2%, 50.0%, 61.8%, 76.4% の数値がラインで表示されます。

リトレースメントの特徴と役割

次に紹介するこの手法は、チャートの高値を1、安値を0としたときにフィボナッチ数である0.618などの位置に相当する価格にラインを引く手法です。

リトレースメントがおすすめな理由

さらに、トレードするうえで エントリーや損切りの価格を決めやすい ので非常に使い勝手のよい手法といえるでしょう。

フィボナッチはトレンドで効果的なテクニカル分析

逆張りと相性が良く、トレンドが掴みやすい

この手法は転換のポイントを見極めるのに有効な手法ですので、 逆張りと相性がよい といえます。

とくに、トレンドが発生して一方向に動いているような相場の押し目を拾うときなどは、リトレースメントが有効な場合が多く、便利な手法であるといえます。

フィボナッチ・リトレースメントの引き方3ステップ

フィボナッチを利用する手順

どういう場合にフィボナッチが有効かを理解したら、次にフィボナッチを使う手順を解説します。。

1.トレンドラインとフィボナッチラインを引く

まずは目立った高値(A)と安値(B)を結び、 100%と0%にあたる価格を指定 します。

このとき、適当な価格ではなく、直近で意識されるであろう価格と価格を結ぶ点が重要です。

2.5つの比率に注目する

代表的な数値1:23.6%

高値安値を結んで引いたとき、23.6%は かなり高値に近い価格 になります。

その特性から、トレンドが強いときに、若干の押しが入ったような状況では23.6%のラインがワークする傾向が多いです。

代表的な数値2:38.2%

こちらも上記と同じく小さな逆行が起こったときに機能しやすいです。

23.6%よりも機能する頻度は高く、 よく使用される水準 といえるでしょう。

代表的な数値3:50%

キリのよい数値で よく機能する 水準です。

0%と100%のちょうど真ん中の位置になるため、視覚的にも見やすく、多くのトレーダーが気づきレートが反転しやすい水準になります。

代表的な数値4:61.8%

もっともメジャーな数値であり、それなりに 深い押しが発生した際に機能 するケースが多いラインです。

そのため、トレンドが強いときはあまり機能せず、もっと小さな逆行だけで反転する場合も多いです。

3.押し目・戻りのポイントを図る

次は実際にどのラインが押し目・戻りとして機能するかですが、これは トレンドの強さなどの状況によって違う ため、経験を積んで感覚をつかむしかありません。

効果的なフィボナッチの使い方4つ

フィボナッチの使い方4つを解説

この分析を実際の取引で使う際に有効な方法は以下の4点です。

  1. 「押し目」と「戻り」を予測する
  2. トレンド転換を極める
  3. サポートラインやレジスタンスラインとして見る
  4. 逆張りで使う

1.「押し目」と「戻り」を予測する

この手法はトレンドが出ているときに働くのは上でも述べましたが、それを利用して調整の深さを予想し、トレンドに乗るようなトレードの際に非常に役に立ちます。

トレンドが強い場合

トレンドが強い場合は、調整は弱くなる傾向にあり、この手法でいうと 23.6%などが反転のポイント となりやすいです。

2.トレンド転換を見極める

それに対し、50.0%などの大きな調整の後は反発も幅も大きくなりやすく、トレンド転換となりやすいと判断できます。

このように、どのラインで反発したかを見ると 反発の幅もある程度の予想が可能 です。

3.サポートラインやレジスタンスラインとして見る

大きな時間軸で目立った高値安値を付けた後、その間でレンジのように推移するようなケースでは、 反落したライン で、 抵抗線や支持線として機能する 場合が多いです。

ラインと交差するポイントはより強い抵抗/支持帯になる

この手法はシンプルであるがゆえに、 他の手法とも合わせやすい 点が特徴の1つです。

たとえば、意識される安値高値の水平ラインや、チャネルラインなどとこの手法のラインが重なるような価格帯は、より強い抵抗/支持帯になるといえます。

4.逆張りで使う

トレンドが発生しているときに、調整のタイミングでエントリーを狙うのがこの手法の一般的な使い方です。

機能しそうなラインにタッチするときに 反対方向にエントリー すると、優位性のあるトレードが可能となります。

フィボナッチをFXに利用する際の注意点3つ

フィボナッチをFXで活用する上での注意点

この手法には以下の3つの注意点があります。

1:ラインは正確に引く必要はない

ラインはあくまで 黄金比の比率にあたる価格がどこにくるか の水準を見極めるものであるため、神経質になるほど正確に引く必要はありません。

また、ぴったりライン上で反発する場合はまれであるため、大体の目安として活用する 点が重要です。

2:フィボナッチを信用しすぎない

大きな時間軸から大局を読み、押し目や戻りとして反発する場面であるのかしっかり見極めてから使用するようにしましょう。

3:時間差なくラインに触れた場合はNG

ほとんど時間差がなく、 複数のラインに触れるほどの急変動が起きている 相場では、機能しない場合が多いです。

勢いが強すぎるがゆえにラインを突き破ってしまうケースが多いためです。

フィボナッチ・リトレースメントは他テクニカルと併用しよう

リトレースメントの問題点とポイント

この手法はシンプルすぎるゆえに、単体ではトレードの根拠として薄くなってしまう傾向にあります。

・フィボナッチ・リトレースメントの2つの問題点

問題点1:この手法だけでは見えない

それらは、たとえばボリンジャーバンドのような他のテクニカルが示す反発ポイントであったり、過去の目立った水平ラインであったりとさまざまです。

問題点2:トレンドの強弱をはかれない

トレンドの強弱を計りたいときは、次に紹介するような RSI を使用します。

インジケータ&フィボナッチ・リトレースメントの組み合わせがよいでしょう。

・フィボナッチを補えるテクニカル分析はRSI!

リトレースメントと相性を補完するため、 RSIはとても相性のいいインジケータ です。

RSIとは、値動きの値上がり幅と値下がり幅から計算され、価格が買いと売りのどちらに勢いがあるのかを計るインジケータです。

FXでのフィボナッチまとめ

フィボナッチを活用して利益を出そう

上記で紹介した手法を実践すると、今後は押し目・戻りの判断に関する分析で悩むことは一切なくなり、トレードにおいて成功することができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる