トレーディング手法

ローソク足1本で次の相場展開が予測できる

ローソク足1本で次の相場展開が予測できる
必勝法

FINTOS!編集部が野村のリサーチレポートの中から、厳選レポート3本を紹介いたします(※プレミアムプラン限定公開)。 本日の編集部厳選レポート3本 ①日本株ストラテジー – 参院選に向けて海外勢はリオープンに注目 先週来、米個人消費に対する見方が不安定化した。小売関連企業の決算ではディスカウントストアが不調だったが、ダラーショップ、デパートは堅調だった。業態によってバラつきはあるものの、マクロベースの3~4月の小売売上は…続きを読む ②半導体製造装置業界 – チップレット考察 我々はチップレット用製造装置市場が今後大きく拡大し、後工程装置の需要を牽引すると考える。テスタ最大手のTeradyneは、2月に開催されたSemicon Koreaで、20年に数億ドル規模だったチップレット市場は…続きを読む ③週刊マクロの視点 – 日本のリオープン需要の再点検 5月中旬以降、米国で長期金利低下と株安が進行するなかで、日本株が相対的に堅調に推移してきた背景には「リオープン需要」への期待があろう。リオープン需要の本命はサービス消費と目され、同消費が既往のトレンドに…続きを読む ご投資にあたっての注意点

【最新銘柄レポート10】ソニーG、デンソー、豊田通商、出光興産、大成建設…

【特集】米国の利上げを織り込めば、株価反転となるか?6月の投資戦略を解説

利上げ加速による景気減速懸念で株価は調整したが・・・ 米国で金融引き締めが加速する中、景気減速への懸念が浮上し、テクノロジー株を中心とした株価調整が起きています。エネルギー価格の高止まりや中国のロックダウン(都市封鎖)も、景気の不透明要因です。一方、足元でインフレが和らぐ兆しもみられます。我々は、インフレがピークを迎え、米国の利上げに対する市場の織り込みが一巡した後、業績拡大が続く業種を中心に業績相場に戻ると予想します。 エネルギー価格の高止まり エネルギー価格はボラティリティー(変動率)を拡大させながら高止まりが続いています。主要国の対ロシア制裁が強化される中、報復措置としてロシアによる石油や天然ガスの輸出が突然止まる場合、欧州を中心とする輸入国の代替措置は十分な準備ができていません。小麦価格も急上昇しており、世界的なインフレの一因にもなっています。一方、金属資源価格は落ち着き始めており、資源価格全てが急騰している状況ではありません。 米国利上げ加速の織り込みが一巡すれば株価反転のタイミング 米国では堅調な雇用環境による旺盛な消費の他、生産性上昇や供給能力の拡大に向けた設備投資の高まりがみられます。インフレ率の上昇は続いていますが、物価への影響の大きい中古車価格に頭打ちがみられるなど、変化も見られます。金利先物から計算される利上げの着地点は、3%程度に収れんしつつあります。FRBが予想する中立金利の2.4%を上回りますが、今後の利上げがインフレ抑制に資する程度の景気下押し圧力に止まり、業績拡大が続くならば、株式市場にいずれ反転のタイミングが訪れるでしょう。 ローソク足1本で次の相場展開が予測できる 米国テクノロジーセクターの業績は堅調 米国企業業績は、ウクライナ紛争や金融引き締め加速の中でも上方修正が続いてきました。テクノロジーセクターの企業業績は、株価と異なり、他よりも安定的に高い伸び率で拡大しています。米国企業の2022年の利益の伸び率は、コスト増などの要因で鈍化したとしても、2023年にはテクノロジーセクターを中心に増益が加速すると市場では予想されています。 中国政府は安定を追求 中国では、オミクロン株の感染者数は減少していますが、ゼロコロナ政策の徹底のため、強い防疫措置が採られています。景気への悪影響は鮮明ですが、中国政府は経済の安定を図るため、財政・金融政策による景気下支えを行い、自国発の景気悪化は許容しないでしょう。 日本企業の増益基調は変わらず 日本の製造業のサプライチェーンの混乱は続いており、挽回生産の勢いは十分ではありません。しかし、企業における将来の増産や効率化に向けた設備投資への意欲は強まっています。岸田政権は、エネルギー価格上昇の悪影響を軽減するために、国費6.2兆円規模の経済対策を発表しました。参院選後には第2弾の経済対策を取りまとめる予定です。日本のインフレ率も上昇していますが、日本銀行の物価目標である2%を安定的に維持できるだけの経済状況にはなく、金融緩和は長期化するとの見方が大勢です。日米金利差の拡大と貿易赤字の拡大より、米ドル円相場は円安が続いています。2021年1-3月期決算発表では、見通しを含めて業績悪化が懸念されていましたが、実際の下方修正は小幅に止まり、2桁増益が続くとの見方は変わっていません。野村證券は2022年末の日経平均株価の見通しを31,000円と予想します。 投資戦略 投資戦略については、いずれ業績相場に戻るとの見方は変わらず、外部環境が変化したとしても独自の製品・サービスの提供により、業績拡大への信頼感の高い企業やセクターは相対的にパフォーマンスが優位とみています。 (投資情報部 小髙 貴久) ※野村證券投資情報部「Nomura 21 Global 6月号」(発行日:2022年5月23日)の「投資戦略の概要」より 業種分類、Nomura21 ローソク足1本で次の相場展開が予測できる ローソク足1本で次の相場展開が予測できる Globalについて ご投資にあたっての注意点

「米国の実質金利プラス」は本来、正常な状態 (野村のオピニオン)

米国10年国債利回りは5月に入り、一時3.2%台へ上昇し、2018年11月以来の高水準となりました。足元では2.7%台へと上昇が一服しています(5月26日現在)。米国の主要株価指数であるNYダウ、S&P500指数、ナスダック総合指数は5月に入り、年初来安値を更新し、不安定な状況が続いています。ウクライナ紛争を契機に原油、穀物など商品価格の高騰、中国の主要都市封鎖によるサプライチェーンの目詰まり、米国における人件費の上昇などインフレ加速が長期化し、不透明感が続いています。 株価のバリュエーション面では、インフレのピークアウトはいつ訪れるのかという大前提もさることながら、政策金利であるFFレート(フェデラルファンド・レート)の着地点と、それを受けて長期金利(10年国債利回り)がどこまで上昇するのかという不透明感が株価のボラティリティー(変動性)を高める要因となっています。 6月14~15日に開催される次回のFOMC(米連邦公開市場委員会)において、参加者の政策金利見通し(いわゆるドッツ・チャート)がアップデートされます。ここで示される政策金利見通しの中央値の着地点がある程度の目途となることが考えられます。 こうした市場環境の中、5月に入って注目される現象が「実質金利」がプラス域へ浮上した点です(下図)。実質金利はほぼ「名目金利-期待インフレ率」と同義です。差分をあらわす「実質金利」は長期的には潜在実質GDP成長率を示すことになります。例えば、米国において潜在名目GDP成長率が4%、長期的なインフレ率が2%とすると、潜在実質GDP成長率は4%ー2%=2%≓実質金利、となります。 従って、実質金利がプラスの状態は平時であれば正常な環境と言えます。2008年のリーマンショック後、2020年の新型コロナ感染拡大後にFRB(米連邦準備理事会)は大規模なQE(量的緩和)を実施しました。この政策により、名目金利は意図的に押し下げられ、実質金利がマイナス域で推移しました。この局面ではお金の実質的な価値が減価するため、消費や投資が活性化することになります。まさにFRBによるQEの狙いはそこにありました。金融市場では株式などのリスク性資産にとって「大規模な金融相場」となります。 長期的には正常化に向かう過程ですが、実質金利がマイナスからプラスへ転換する局面は金融相場の終了を意味しますので、株式市場にとって重石となります。「インフレのピークアウト」という条件付きですが、市場は実質金利プラス状態を徐々にこなしてゆくものと思われます。なお、5月25日に公開された5月のFOMC議事録によれば、インフレに関して「もはや悪化していないかも知れないことを示す経済指標が出始めた。ただ、インフレがピークに達したと確信するには時期尚早である」と指摘しています。 【FINTOS!編集部発行】野村オリジナル記事配信スケジュールはこちら 業種分類、Nomura21 Globalについて ご投資にあたっての注意点

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

ロウソク足とても難しいです。 ボリンジャーなんとか なんて ローソク足1本で次の相場展開が予測できる いったいなんだかわかりません。 チャートを読める人がすごいし不思議です。 わたしも経験を積んだらわかるようになりますか。

ロウソク足とても難しいです。
ボリンジャーなんとか なんて いったいなんだかわかりません。

チャートを読める人がすごいし不思議です。

わたしも経験を積んだらわかるようになりますか。チャートの勉強はまずはロウソク足からがいいですか。

いつかチャートが読めるようになりたいです。

ベストアンサーに選ばれた回答

全てのチャートや指標は全て起きたことに対する結果を表示しているにすぎません。

チャートからかすかなシグナルを見つけ相場の急変を予測したりできることもありますが、長いスパンでみるとあたっていたり外れていたり結局フィフティーに近くなっていることに気づくでしょう。

どんな指標でもこのときにこうなりやすい。。
このときはこうなりやすい。。など様々ありますが、実際のトレードで収益を上げることはなかなかできないのが現状です。
なぜなら全ての値動きはバランスのもとに成り立っているからです。

よくこの後相場は下がるか上がるか?といったローソク足を例題に出す本や広告が有りますが、無限のパターンを持った相場の次の展開は常にランダムなのです。

確率の高いパターンは獲得ティック数が少なく同じ手法をとり続けているつもりでも負けるのは、そのパターンがバランスにより大負けする手法になる値動きが来る時が必ずあるからです。

ローソク足を難しく考える必要はありません。
相場は自分自身ですから、自然に見続けていればチャートは読めるようになります。

もし本腰を入れて勉強するなら移動平均線、エリオット波動、フィボナッチ数列、黄金比、その他あなたの気になる指標、に絞りましょう。

もし相場で勝つことが出来なくても素晴らしい知識が手に入る分儲けです。

みなさんご回答ありがとうございました。
ローソク足のリストを見ながら 考えても いつも逆方向に行っちゃうのです。。。。(悲)
だから難しいと思いました。

でもがんばりま~す (*'▽')

バイナリーオプションで勝つための4つのプライスアクションを徹底解説!

必勝法

  • プライスアクションが有効な理由がわかる
  • ローソク足の基本がわかる
  • プライスアクションのパターンがわかる

いつも当たり前のように見ている相場で、ローソク足が「値動きのサイン」を出していることをご存知ですか?

バイナリーオプションの世界では、ローソク足の動きにより、今後どのように相場が動くかを予想できると言われており、ローソク足の動きから相場を予測する手法を「 プライスアクション 」と呼びます。

  • 1 プライスアクションとは?
  • 2 プライスアクションが相場分析に有効な理由
    • 2.1 世界中のトレーダーがローソク足を利用している
    • 2.2 市場心理
    • 2.3 テクニカル指標よりもエントリーサインが早い
    • 3.1 サポート・レジスタンスラインで反発する
    • 3.2 サポート・レジスタンスラインを抜けた場合
    • 3.3 レンジ相場とトレンド相場
    • 4.1 サポート・レジスタンスを示すプライスアクション
    • 4.2 トレンドの発生・継続を示すプライスアクション
    • 4.3 値動きが停滞していることを示すプライスアクション
    • ローソク足1本で次の相場展開が予測できる
    • 4.4 トレンド転換を示すプライスアクション

    プライスアクションとは?

    プライスアクションとは、その名の通り「price(値段)」「action(動き)」を組み合わせた言葉で、「値動き」のことです。

    プライスアクションを利用すれば、バイナリーオプションで狙っていきたいポイントである「押し目買い・戻り売り」や「トレンド転換」というポイントをローソク足のパターンから予測できるようになるんです。

    プライスアクションが相場分析に有効な理由

    世界中のトレーダーがローソク足を利用している

    つまり、ローソク足が示す「 高値 」「 安値 」「 始値 」「 終値 」は、世界中のトレーダーが注目しているポイントだということです。

    値動きは多くのトレーダーが注目しているポイントで起こる傾向があるため、ローソク足を見ていれば他のトレーダーたちがどのポイントに注目しているのかが分かり、値動きを予測しやすくなります。

    ETHUSDTの予測

    ETHUSDT: 今日のETH(・ω・)ノ

    エントリーポイントを赤丸しました。参考にしてください(*‘ω‘ *) ギャンの見方として円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなります。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、斜めの白線、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この3つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定めることが出来ます。

    ETHUSDT: ギャンでETH(・ω・)ノ

    ここのギャンでサポートされた様に過去に同じギャンでサポートされている場合(赤丸)は再びサポートされやすい傾向があります。 ギャンの見方として円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなります。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この2つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント.

    ETHUSDT: 今日のETH(・ω・)ノ

    ETHはキレイに動いてくれるから読みやすいここのギャンを少しの目安にしたら大丈夫そう(゚Д゚)ノ 円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなる。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この2つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定まる。

    ETHUSDT: 今日のETH(・ω・)ノ

    今ノーポジの人はここがポジポイント(゚Д゚)ノ 円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなる。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この2つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定まる。

    ETHUSDT: 今日のETH(・ω・)ノ

    赤丸で超えられなかったから弱いですねショートできずに見てるだけの人は次の斜めの白線次第でポジションを考えてもいいと思います。 円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなる。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この2つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定まる。

    ETHUSDT: 今日のETH(・ω・)ノ

    ここの斜めの白線を超えるのと下のギャンを落ちないのを確認してポジションを取りたいけど戦争の動きにも注目 円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなる。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この2つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定まる。

    ETHUSDT: 今日のETH(・ω・)ノ

    ここの赤マーカーが分岐点になりそうな感じです。 円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなる。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この2つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定まる。

    ETHUSDT: 今日のETH(・ω・)ノ

    円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなる。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この2つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定まる。

    ETHUSDT: 2月のETH戦略

    11月から続く下降トレンドもやっと強めの反発が起こり簡単にはショートができない環境になった 3300の水平線と2785の水平の間をしばらく推移していくと考えられる。 現状は下がれば買い このままスイスイと上がっていくのであれば3300付近の値動きを確認して売り

    ETHUSDT: 今日のETH(・ω・)ノ

    円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなる。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この2つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定まる。

    ローソク足1本で次の相場展開が予測できる ETHUSDT: 今日のETH(・ω・)ノ

    円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなる。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この2つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定まる。

    ETHUSDT: 今日のETH(・ω・)ノ

    ETHはキレイにギャンが効くからレンジかなと思った時はスキャしやすい。 ローソク足1本で次の相場展開が予測できる 円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなる。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この2つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定まる。

    ETHUSDT: ETHUSD 安値ブレイクショート

    暗号資産はボリバンよりラインブレイクかなぁ といいつつ日足のチャートに週足のボリバン表示させてます。 まだ週足は確定してないけどとりあえず週足ボリバン21センターを下にブレイクしました。 日足では―2σ確定で終値確定と ETH/BTCも見てますがこちらもショートなので今のところ最弱通貨はETHといった感じ。 まぁみてるのはBTC,ETH,LTC,BTHだけですが(汗

    ETHUSDT: 今日のETH(・ω・)ノ

    ETHはキレイにギャンが効くからレンジかなと思った時はスキャしやすい。 円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなる。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この2つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定まる。

    ETHUSDT: イーサリアム下降三角形完成 〜 上昇開始か

    こんにちは。ネオです。本日も考察をアップしていきたいと思います。 今日アップする銘柄ですが、イーサリアム です。 イーサリアム が下降三角形が完成したように判断できるので詳細をお伝えし、今後の予想される展開をシェアしていきたいと思います。 ローソク足1本で次の相場展開が予測できる はじめにアルトコインでは今上昇チャンスと判断できるコインから下降しそうなコインまで数多くが存在しています。 その中でもイーサリアム は上昇に向けてすばらいい構造を構築しています。 それでは、4時間足を使ったチャートをご覧ください。 私のチャートを見てもらうとわかるように、イーサリアム.

    ETHUSDT: イーサリアムに対する将来の見方

    ビットコインの成長の持続と仮想資産市場の細分化によるファンド資金の流入増加などにより、来年も良い流れを継続すると予想します。 現在、時価総額2位のイーサリアムがビットコインを押すという一部の見方は実現しにくいでしょう。 その理由としては、ビットコインという取引手段を代替する資産はまだなく、イーサリアムはスマートコントラクト(条件付き自動契約締結)のために作られたため、2つを比較することが意味がないということです。 ソラやアヴァラン体のような仮想資産ネットワークが急速に成長しており、イーサリアムの地位が脅かされています。 ローソク足1本で次の相場展開が予測できる また、2019年、世界のスマートコントラクトプラットフォーム全体の時価総額のうち、イーサリアムが占める割合が80%から60%に下落したという点も根拠となっています。

    ETHUSDT: 今日のETH(・ω・)ノ

    ここを落ちたら終わりかと思ってたので一応耐えてくれてよかった。でもまだロングは怖いので斜めの白線を超えるまでは様子見。 円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなる。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この2つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定まる。

    ETHUSDT: 12月中旬のETH分析

    今ETHはとても重要な位置にいます。 黄色の水平線を割ってから一度反発してます。黄色の水平線を超えるかどうかの位置で反発できる日足を二本作ったのでここで素直に上昇できるのか、また折れてしまうのか非常に重要なポイントです。 戦略としては本日の4032を背にショート。 ここを超えてくるとしばらくの間上で推移する可能性が高くなると思います。このショートが生きるならしばらく握れる展開も十分考えられるのでリスクリワードもよいと思います。

    【特集】 ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (7)有望株の選別はチャートがキモ!

    【タイトル】


    図1 まずポップアップウィンドウでミニチャートを表示

    【タイトル】

    図2 大きなチャートを表示、しっかり分析しよう!

    【タイトル】


    図3 ローソク足の基本形、陽線と陰線

    【タイトル】


    図4 相場の動きを表す、さまざまな形のローソク足

      ローソク足1本で次の相場展開が予測できる
    • ・ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (6)有望株発掘は業績評価が決め手! (10/04)ローソク足1本で次の相場展開が予測できる
    • ・横山利香のゼロから始める「株探」の歩き方 <全シリーズ一覧>
    • ・ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (5)決算速報は有望銘柄の宝庫 (09/20)
    • ・ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (4) 有望銘柄の発掘は決算速報で! (09/06)
    • ・ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (3) 人気の銘柄はランキングに潜んでいる! (08/23)
    • ・ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (2) 意中の銘柄は検索機能で調べよう! (08/09)
    • ・ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (1) 株達人への第一歩 (07/23)
    • ・「株探の歩き方」第1回 ─トップページ活用術(前編) (04/30)
    • ・「株探の歩き方」第1回 ─トップページ活用術(後編) (04/30)
    • ・「株探の歩き方」第2回 ─“決算の株探”の真骨頂(前編) (05/01)

    株探からのお知らせ

    • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

    お気に入りがいっぱいです!
    もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
    初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
    ※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
    ※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

    このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
    登録もしくは削除する機能となっております。
    お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)ローソク足1本で次の相場展開が予測できる が必要です。
    無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

    • ダウ平均は下げ続く IT・ハイテク株が下落=米国株後半
    • 株主総会で社長を凝視していたら元本18倍、億り人に
    • 来週の株式相場に向けて=リベンジ消費が東京市場を救うか
    • 10万円以下で買える、増収増益&低PER 23社【プライム】編 <割安株特集>
    • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月03日)
    • 「商社株」に長期上昇の追い風、エネルギー高騰に防衛関連の側面もオン <株探トップ特集>
    • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Uアローズ、ABCマート、ファストリ
    • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月3日)

    人気ニュース【ベスト5】

    • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月3日)
    • 10万円以下で買える、増収増益&低PER 23社【プライム】編 <割安株特集>
    • 来週の株式相場に向けて=リベンジ消費が東京市場を救うか
    • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Uアローズ、ABCマート、ファストリ
    • ★本日の【イチオシ決算】 アインHD、日本駐車場、トミタ電機 (6月3日)

    お薦めコラム・特集

    • 10万円以下で買える、増収増益&低PER 23社【プライム】編 <割安株特集>
    • 来週の株式相場に向けて=リベンジ消費が東京市場を救うか
    • 均衡表【買いシグナル】低PER 22社選出 <テクニカル特集> 6月3日版
    • 株主総会で社長を凝視していたら元本18倍、億り人に
    • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月3日記)

    ■関連サイト ※外部リンク

    当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる