投資

少額投資の銘柄や証券口座を解説

少額投資の銘柄や証券口座を解説
手数料について詳しくはこちら

少額投資の銘柄や証券口座を解説

お問い合わせ

証券投資とNISAを学ぶ

証券会社に相談

  • 証券投資ってなに?3つのキホン
  • 『証券投資』についてもっと学ぶ
  • NISAの3つのいいさ!
  • 知っておきたいNISAのポイント
  • 私はこんな理由でNISAを始めました!
  • 非課税期間終了時のご注意
  • つみたてNISAの5つのいいさ!
  • 一般NISAとつみたてNISA
  • 知っておきたいつみたてNISAのポイント
  • つみたてNISAのTVCMをご紹介
  • つみたてNISAで証券投資デビュー!
  • ジュニアNISAの4つのいいさ!
  • 一般NISAとジュニアNISA、それぞれいいさ!
  • 知っておきたいジュニアNISAのポイント
  • 一般NISAとジュニアNISAで家族みんなにいいさ!
  • ジュニアライフシミュレーター

よくある質問 NISA(少額投資非課税制度)に関するよくある質問をまとめました。疑問がある場合は一度下記よりご確認ください。

NISAのキホン

対象となる商品

口座をつくる

売買時の注意点

配当金・分配金

金融機関の変更

その他

つみたてNISAに関するよくある質問

ジュニアNISAに関するよくある質問

NISAのキホン

NISA(ニーサ)は、証券会社や銀行、郵便局などの金融機関で、NISA口座を開設して上場株式や株式投資信託等を購入すると、本来20.315%課税される配当金や売買益等が、非課税となる制度です。購入できる金額は年間120万円までで、非課税期間は5年間です。
なお、2018年以降は、各年においてNISA(ニーサ)と「つみたてNISA(ニーサ)」のどちらかを選択して利用することができるようになりました(注)。
2024年以降は、これまでのNISAに代わって、積み立てを行っている場合には別枠の非課税投資を可能とする2階建ての制度の開始を予定しています(Q7参照)。

NISA(ニーサ)は、少額投資非課税制度の愛称です。証券会社や銀行、郵便局などの金融機関では、少額投資非課税制度を多くの方にご理解いただき、親しみをもって利用していただけるよう、NISA(ニーサ)という愛称で呼び、広報活動や説明等で使っています。
NISAは、イギリスのISA(Individual(インディヴィジュアル) Savings(セイヴィングス)Account(アカウント))をお手本に導入された制度で、イギリスでは国民の約5割がISAを利用し、広く国民の資産形成・貯蓄の手段として定着しています。
NISAのNは、NIPPON(日本)のNを意味するもので、日本で、ISAが広く普及・定着するようにとの願いが込められています。

(3)非課税期間5年間の終了後、翌年の非課税管理勘定の非課税枠を利用してNISA口座での保有を続ける場合には、保有を続ける上場株式等の非課税期間終了時の時価の合計額が120万円を超えている場合であっても、その全てを翌年の非課税枠に受け入れることができます。
例えば、2014年中に90万円で買付けた上場株式がその非課税期間の終了時(2018年末時点)で時価150万円になっていた場合であっても、その全てを2019年の非課税枠に受け入れることが可能です。
なお、この場合には、2019年の非課税枠(120万円)を使い切ったことになるため、2019年中に他の上場株式等を買付けた場合であっても、2019年の非課税枠に受け入れることはできません。(注3)

(3)非課税期間5年間の終了後、翌年に、2階建てのNISA制度における特定非課税管理勘定(2階部分)の非課税枠を利用してNISA口座での保有を続ける場合には、保有を続ける上場株式等の非課税期間終了時の時価の合計額が102万円を超えている場合であっても、その全てを翌年の非課税枠に受け入れることができます。
例えば、2019年中に90万円で買付けた上場株式がその非課税期間の終了時(2023年末時点)で時価150万円になっていた場合であっても、その全てを2024年の非課税枠に受け入れることが可能です。
なお、この場合には、2024年の非課税枠(特定非課税管理勘定(2階部分)の102万円と特定累積投資勘定(1階部分)の20万円)を全て使い切ったことになるため、2024年中に他の上場株式等を買付けた場合であっても、2024年の非課税枠に受け入れることはできません(注3)。

(注4)特定口座をお持ちの方は、特段の手続をすることなく、NISA口座内の非課税管理勘定の上場株式等は非課税期間終了時に特定口座に移管されます。特定口座をお持ちの方で、一般口座への移管を希望される場合には証券会社に所定の依頼書を御提出ください。なお、特定口座に移管する場合は、同一年分の非課税枠に係る同一銘柄の上場株式等(翌年の非課税管理勘定(特定非課税管理勘定)の非課税枠を利用してNISA口座での保有を続ける上場株式等を除きます。)は、その全てを特定口座に移管しなければなりません。
特定口座をお持ちでない場合は、特段の手続をすることなく、一般口座に移管されます。
また、非課税期間終了後、翌年の非課税管理勘定(特定非課税管理勘定)の非課税枠を利用してNISA口座での保有を続ける場合には、証券会社に所定の依頼書を御提出ください。

少額投資の銘柄や証券口座を解説

先ずは少額で投資を手軽に行っていただくなら
主要ネット証券最安となる
1日約定代金の合計が 100万円まで無料 の
アクティブプランがおすすめです。

  • ※「国内株式現物取引」、「国内株式制度信用取引」、「国内株式一般信用取引」の「約定代金合計額」・「手数料」は各々別口として計算いたします。1日「現物100万円+信用(制度)100万円+信用(一般)100万円=合計300万円」まで手数料0円となります。
  • ※取引時間中は、本来の1段階上の手数料を暫定的に拘束し、翌日朝未明、本来のアクティブプラン手数料体系に基づく手数料を反映いたします。
    具体的な処理の流れは「アクティブプラン(現物取引)の詳細」をご確認ください。

手数料について詳しくはこちら

  • ※当社が指定する国内上場ETFの現物取引手数料は無料です(インターネットコースのインターネット取引が対象)。ただし、注文発注時に、ご注文毎に見積りでの約定代金に応じた税込手数料金額を、手数料分として買付余力より拘束させていただきます。翌日朝未明に、当該取引にかかる取引手数料は0円となり、拘束しておりました金額を買付余力にお戻しいたします。銘柄の詳細はこちら
  • ※比較対象範囲は、主要ネット証券5社(SBI証券、auカブコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順))となります。そのうち表中には3社のみ掲載しております。各社の大口取引優遇、期間限定等による割引手数料は除きます。(2021/7/13現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)
  • ※SBI証券は300万円超は100万円増加毎に295円(税込)ずつ増加
  • ※アクティブプラン選択のお客さまは、上記当社が指定する国内上場ETFの売買代金を1日の約定代金の計算に含めず手数料を算出します。
    なお、注文発注時に、ご注文毎に見積りでの約定代金に応じた税込手数料金額を、手数料分として買付余力より拘束させていただきます。翌日朝未明に、当該取引にかかる取引手数料は0円となり、拘束しておりました金額を買付余力にお戻しいたします。

主要ネット証券 最安の手数料 に加え
ポイントで 手数料の1.1% 還元!!

手数料について詳しくはこちら

  • ※比較対象範囲は、主要ネット証券5社(SBI証券、auカブコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順))のうち、1注文の約定代金に応じてかかる手数料体系を設けていない松井証券を除く4社の比較となります。そのうち表中には2社のみ掲載しております。(2021/7/19時点、各社公表資料等より、SBI証券調べ)
  • ※当社が指定する国内上場ETFの現物取引手数料は無料です(インターネットコースのインターネット取引が対象)。ただし、注文発注時に、ご注文毎に見積りでの約定代金に応じた税込手数料金額を、手数料分として買付余力より拘束させていただきます。翌日朝未明に、当該取引にかかる取引手数料は0円となり、拘束しておりました金額を買付余力にお戻しいたします。詳細はこちら
  • ※各社の大口取引優遇、期間限定等による割引手数料は除きます。当社では、月間合計手数料(税抜)に対して1.1%相当をポイントとして付与しており、端数は切り上げとなります。当社のポイントサービスについての詳細はこちら

  • ※ポイントの獲得には、口座開設後、お取引の前にSBI証券ポイントサービスの申込みが必要です。

  • ・ポイントを使って投資信託のスポット買付ができます。
  • ・街でのお買い物等で貯めたポイントも利用できます。
  • ・1ポイントから利用可能!少額から気軽にご活用いただけます。

NISA

  • 投資信託なら、なんと100円から始めることも可能!
  • 積立頻度が毎月・毎週・毎日から選べる
  • 非課税となる期間はなんと20年!
  • 少額投資の銘柄や証券口座を解説
  • 「つみたてNISA」はいつでも引き出せる

iDeCo

  • 運営管理手数料が無料 ※1
  • 加入者数No.1 ※2
  • 商品選びに使える「SBI-iDeCoロボ」
  • ※1 国民年金基金連合会等にお支払いいただく手数料は発生します。
  • ※2 2021年4月 SBI証券調べ。
  • 毎月 100円~5万円 までクレカ積立可能
  • 毎月10日締め切り で翌月1日に買付
    • ※お客さまのカードのお支払い日は翌月10日または26日となります。
    • ※ジュニアNISA口座(特定/一般預り含む)/法人口座は対象外です。
    • ※クレカ積立に対応する三井住友カード発行のクレジットカードをお持ちの未成年のお客さまも対象です。

    クレカ積立の3つのメリット

    SBI証券 株 アプリ

    さまざまな情報・サービスを手のひらで!
    便利な機能と豊富な情報量で、お取引をサポート。
    投資初心者の方から経験者の方、デイトレードから長期保有タイプの方まで、幅広く便利にお使いいただける、SBI証券の国内株式取引アプリです。

    かんたん積立 アプリ

    お好きなタイミングで投資信託の保有状況の確認や積立設定を行うことができます。
    家計簿の管理が苦手な人でも大丈夫。初心者にも使いやすく設計していますので、 無理なくこつこつ続けられます。投信積立を始めたい方におすすめです。

    少額投資の銘柄や証券口座を解説

    LINE証券で積立nisaを始めるメリット

    2018年に金融庁主導で始まった「つみたてNISA(ニーサ)」は、 少額による「長期・積立・分散投資」を支援するための非課税制度 です。

    毎年40万円まで積み立てが可能 で、 最大20年間、合計800万円までの投資で得た利益と、投資信託から出る分配金が非課税 になります。

    ■LINE証券でつみたてNISAを始めるメリット

    1. 商品が厳選されているので迷いが少ない
    2. 手数料無料の投資信託がネット証券で唯一買える
    3. 毎月1,000円の少額から始められる
    4. LINEポイントで投資できる
    5. すべてスマホで完結する

    1.1. 商品が厳選されているので迷いが少ない

    ■LINE証券のつみたてNISA対象の銘柄

    1. eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
    2. eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
    3. eMAXIS 少額投資の銘柄や証券口座を解説 Slim 少額投資の銘柄や証券口座を解説 米国株式(S&P500)
    4. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
    5. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
    6. eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
    7. ひふみプラス
    8. コモンズ30
    9. 野村スリーゼロ先進国株式投信

    少ないと思うかもしれませんが、 低コストで人気のインデックスファンド「eMAXIS Slim(イーマクシス・スリム)」シリーズを中心に扱っているので、着実に資産形成をしたい個人投資家には問題ありません (おすすめ銘柄は 第5章 で解説)。

    1.2. SBI証券や楽天証券でも買えない手数料無料の投資信託が買える

    これまで野村證券のつみたてNISAでしか購入できませんでしたが、LINE証券が野村證券とサービス連携していることから、今回初めて買えるようになりました。つみたてNISAの商品ラインナップが豊富な SBI証券 や 楽天証券 でも買えません。

    『野村スリーゼロ』は、運用中の手数料を徹底的に削減して、運用利回りを最大化したい人に特におすすめです (ただし、信託報酬0%は2030年12月31日まで)。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる