安定した取引システム

海外FXの移動平均線乖離率とは

海外FXの移動平均線乖離率とは

海外FX比較.com

移動平均乖離率のインジケーター

移動平均乖離率×逆張りエントリーの手法でどれくらい勝てるのか実際に試してみた

ちなみに今回管理人が利用した海外FXブローカーはXMです。

この手法で確実に利ザヤを稼ぐためには、エントリーや目標利幅での指値(損切の逆指値)の注文がちゃんと処理されるかが重要だということ言うまでもありませんね。

これまで利用してきた海外FXブローカーの中で、約定力に最も信頼を置いているXMを利用することにしました。(XMは公式ページで「オーダー執行率100%、99.35%の注文が1秒以内に決済」を謳っています。)

取引の前提条件

  • 用意した資金10万円
  • 20枚(20万通貨)のポジションで取引(レバレッジ200倍)(※1)
  • ドル円通貨ペアで取引
  • スプレッドは一律1.海外FXの移動平均線乖離率とは 8pips(※2)

取引手法の実践結果を1つ1つ細かく見ていこう!

実践①7月6日(水)12時36分頃

12時36分頃のドル円のチャート

12時36分に急激な円安が発生して、インジケーターは0.318にまで跳ね上がりました(手順②を確認)。またレートが急騰してから3分後にはレートが戻り始めた(手順③を確認)ので12時39分にエントリーしました。

チャートからレート急変前後の底値は100.51、天井は101.04だとわかるので、その差53pipsの半値、26.5pipsが目標利幅です。

チャートを見ればわかるように、予想通りにレートが順調に下がり13時23分に指値がささって決済完了。目標利幅に届いてから決済することができました。

スプレッドを加味すると、今回の取引で抜いた利幅は26.5pips-1.8pipsで24.7pips

収益は24.7pips×20万通貨で+4万9400円です。

実践②7月27日(水)12時05分頃

7月27日(水)12時05分頃のドル円チャート

12時05分頃にかけてレートが急激に上がり始め、インジケーターの値は0.607(手順②を確認)にまで上がりました。

そこで3分後(手順③)となる12時08分に売り注文20万通貨を発注。今回も約定に遅れなくエントリーできています。

チャートからレート急変前後の底値は105.24、天井は106.04だとわかるので、その差80pipsの半値、40pipsが目標利幅です。

しかしチャートを見て分かるように、その後すぐにインジケーターの値とともにレートが再度急上昇してしまいました。

スプレッドを加味すると損失は41.8pips(40pips+1.8pips)分。

損益は41.8pips×20万通貨で-8万3600円でした。

【今回の敗因について分析してみた】

この取引で肝になったのは、12時08分のまさにポジションを取るタイミングでレート少し上向き始めた点です。

仮に12時08分の時点で「まだレートが戻る気配がない」ことに気づき、もう1分様子を見るという判断ができれば今回の損失を回避することができたでしょう。

実践③7月27日(水)14時06分頃

7月27日(水)14時06分頃のドル円のチャート

14時06分にレートが急上昇してインジケーターの値は0.530(手順②を確認)まで上がりました。

このときはすぐに反落の動きが発生し、14時09分の時点で105.86まで下落(手順③を確認)。この流れに乗るため、20万通貨の売り注文を出しました。

チャートからレート急変前後の底値は105.12、天井は106.11だとわかるので、その差99pipsの半値、50pipsが目標利幅です。

この瞬間はもう少し早く発注しておけば(②の件があったため確実に逆方向に動くのを確認したかった・・・。)と思いましたが、結果としてその後じり安となり、14時34分に指値が刺さって決済完了

スプレッドを加味すると50pips-1.8pipsで48.2pips分の利幅を抜いています。

損益は48.2pips×20万通貨で+9万6400円です。

チャート画像を見て分かる通り、指値にギリギリ触れたという感じでXMの約定力を実感した結果になりました。

実践結果まとめ

  • 実践①+4万9400円
  • 実践②-8万3600円
  • 実践③+9万6400円

結果は2勝1敗、トータル収支は+62.200円 です。

元手が10万円なので収益率は約60%とあまり芳しくなかったですが、3回中2回はインジケーターの分析通りにレートが動いたので、そこそこ勝率が高い手法だと言っていいのではないでしょうか。

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,海外FXの移動平均線乖離率とは 000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,海外FXの移動平均線乖離率とは 300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

海外FX比較.com

移動平均乖離率のインジケーター

移動平均乖離率×逆張りエントリーの手法でどれくらい勝てるのか実際に試してみた

ちなみに今回管理人が利用した海外FXブローカーはXMです。

この手法で確実に利ザヤを稼ぐためには、エントリーや目標利幅での指値(損切の逆指値)の注文がちゃんと処理されるかが重要だということ言うまでもありませんね。

これまで利用してきた海外FXブローカーの中で、約定力に最も信頼を置いているXMを利用することにしました。(XMは公式ページで「オーダー執行率100%、99.35%の注文が1秒以内に決済」を謳っています。)

取引の前提条件

  • 用意した資金10万円
  • 20枚(20万通貨)のポジションで取引(レバレッジ200倍)(※1)
  • ドル円通貨ペアで取引
  • スプレッドは一律1.8pips(※2)

取引手法の実践結果を1つ1つ細かく見ていこう!

実践①7月6日(水)12時36分頃

12時36分頃のドル円のチャート

12時36分に急激な円安が発生して、インジケーターは0.318にまで跳ね上がりました(手順②を確認)。またレートが急騰してから3分後にはレートが戻り始めた(手順③を確認)ので12時39分にエントリーしました。

チャートからレート急変前後の底値は100.51、天井は101.04だとわかるので、その差53pipsの半値、26.5pipsが目標利幅です。

チャートを見ればわかるように、予想通りにレートが順調に下がり13時23分に指値がささって決済完了。目標利幅に届いてから決済することができました。

スプレッドを加味すると、今回の取引で抜いた利幅は26.5pips-1.8pipsで24.7pips

収益は24.7pips×20万通貨で+4万9400円です。

実践②7月27日(水)12時05分頃

7月27日(水)12時05分頃のドル円チャート

12時05分頃にかけてレートが急激に上がり始め、インジケーターの値は0.607(手順②を確認)にまで上がりました。

そこで3分後(手順③)となる12時08分に売り注文20万通貨を発注。今回も約定に遅れなくエントリーできています。

チャートからレート急変前後の底値は105.24、天井は106.04だとわかるので、その差80pipsの半値、40pipsが目標利幅です。

しかしチャートを見て分かるように、その後すぐにインジケーターの値とともにレートが再度急上昇してしまいました。

スプレッドを加味すると損失は41.8pips(40pips+1.8pips)分。

損益は41.8pips×20万通貨で-8万3600円でした。

【今回の敗因について分析してみた】

この取引で肝になったのは、12時08分のまさにポジションを取るタイミングでレート少し上向き始めた点です。

仮に12時08分の時点で「まだレートが戻る気配がない」ことに気づき、もう1分様子を見るという判断ができれば今回の損失を回避することができたでしょう。

実践③7月27日(水)14時06分頃

7月27日(水)14時06分頃のドル円のチャート

14時06分にレートが急上昇してインジケーターの値は0.530(手順②を確認)まで上がりました。

このときはすぐに反落の動きが発生し、14時09分の時点で105.86まで下落(手順③を確認)。この流れに乗るため、20万通貨の売り注文を出しました。

チャートからレート急変前後の底値は105.12、天井は106.11だとわかるので、その差99pipsの半値、50pipsが目標利幅です。

この瞬間はもう少し早く発注しておけば(②の件があったため確実に逆方向に動くのを確認したかった・・・。)と思いましたが、結果としてその後じり安となり、14時34分に指値が刺さって決済完了

スプレッドを加味すると50pips-1.8pipsで48.2pips分の利幅を抜いています。

損益は48.2pips×20万通貨で+9万6400円です。

チャート画像を見て分かる通り、指値にギリギリ触れたという感じでXMの約定力を実感した結果になりました。

実践結果まとめ

  • 実践①+4万9400円
  • 実践②-8万3600円
  • 実践③+9万6400円

結果は2勝1敗、トータル収支は+62.200円 です。

元手が10万円なので収益率は約60%とあまり芳しくなかったですが、3回中2回はインジケーターの分析通りにレートが動いたので、そこそこ勝率が高い手法だと言っていいのではないでしょうか。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる