仮想通貨で儲ける方法は

仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは

仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは
金融商品の多様化には目を見張るものがありますが、その象徴が、金融派生商品(デリバティブ)取引ではないでしょうか。
日本のデリバティブ市場として世界的に注目されるのが大阪取引所。金融・商業の街としての歴史を持つ大阪は、デリバティブの街として認知されつつあります。

仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは

「暗号資産」(クリプトアセット、Crypto Asset)とは、ブロックチェーンや電子署名といった「暗号技術」の組み合わせでインターネット上でなら使えるデジタルデータのことです。
また、特定の国家が発行しているものでもないということが大きな特徴です。日本円やアメリカドルは、それぞれの国の中央銀行が価値を保証し、貨幣として発行していますが、暗号資産の発行には、そのような特定の国や金融機関が関わっていません。
また、「電子通貨」はプリペイドカードに代表される電子マネーのことで、暗号資産とは別物です。

暗号資産の種類

世界で流通している暗号資産の種類は 2,000 以上と言われており、各暗号資産の特徴も様々です。
そのなかでもSBI VCトレード(旧TAOTAO)では比較的取引が盛んに行われている下記の暗号資産の取引が可能です。

BTC(ビットコイン) Bitcoin

ビットコインは2008年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がインターネット上に公開した論文(Bitcoin: A 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは Peer-to-Peer Electronic Cash System)の中で構想が示され、2009年にビットコインネットワークがスタートし現在に至ります。
ビットコインは暗号技術や分散システムの研究の集大成ともいえ、最初の暗号資産ともいわれています。
暗号資産=ビットコインといえるほど、取引高・時価総額ともに大きく、最もポピュラーな暗号資産といえるのがビットコインです。ビットコインから分裂や派生した暗号資産も多く、「基軸通貨」の役割も果たしつつあります。
また、暗号資産の発行上限が2,100万枚と決められており、将来的に暗号資産がインフレーションを起こすことがないよう、設計されているのも大きな特徴です。

ETH(イーサリアム) Ethereum

イーサリアムは2015年7月に登場し、代表的なアルトコインの1つとして知られています。ブロックチェーン技術を、暗号資産システムとしてだけでなく、広い範囲で応用することを目的に創設されたプロジェクトから誕生した暗号資産です。イーサリアムは、正式には暗号資産の名称ではなく、プロジェクトの名称です。正式な暗号資産名称はイーサですが、暗号資産システム名称としてもイーサリアムという言葉が一般的にも使われています。 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは
ビットコインがブロックチェーンを利用して取引記録を管理することに特化しているのに対して、イーサリアムは公的な発行主体や管理者なしにユーザーが独自に定義した契約を扱えるブロックチェーン上にサブプログラムを書き込める「スマートコントラクト」と呼ばれる機能が実装されています。
一定の条件を満たすかどうかをシステムが判断し、自動的に暗号資産発行などを行えるため、応用範囲が広いことが特徴です。

XRP(エックスアールピー)

エックスアールピーはブロックチェーンやマイニングが存在しない珍しいタイプの暗号資産です。
独自に開発されたマイニングアルゴリズムを採用していることから、国際送金が低コストになることや、送金スピードが速いのが特徴です。海外のクレジットカード会社や銀行では、送金時に活用されています。決済手段としての役割以外にも、Ripple Labs Inc. が提供するシステムRTXP上で法定通貨同士の両替を簡略化するブリッジ通貨としての役割もあり、暗号資産に対し嫌疑的な多くの銀行でも採用が決定しています。

LTC(ライトコイン) Litecoin

ライトコインは2011 年 10 月に登場し、ビットコインのシステムを基盤として生まれた暗号資産で、採掘(マイニング)にかかる時間が短くストレージの効率性に優れているという特長があります。数多く存在する暗号資産の中でも老舗コインであるため、知名度も高い暗号資産の一つです。
ビットコインの欠点を改良することが、ライトコイン開発の目的のため、ビットコインと似ている特徴が多くありますが、ライトコインは比較的高速な取引が可能かつ暗号資産発行枚数の上限がビットコインの約 4 倍の 8,400 万枚といった違いがあります。発行暗号資産量が4倍となることで、新規暗号資産発行を伴うブロックの生成間隔は短く設計されていて、ビットコインの短所であった送金時間の問題を克服しようとしています。

BCH(ビットコインキャッシュ) Bitcoin Cash

ビットコインキャッシュは、2017 年 8 月にビットコインからハードフォークして誕生した暗号資産で、ビットコインの課題である「スケーラビリティ問題」をブロックサイズの拡大により克服しようとした暗号資産です。
「スケーラビリティ問題」を一言で説明すると、「取引処理能力の問題」のことです。ビットコインを使用する人が増えれば増えるほど、取引処理が追いつかず送金時間が長くなり、手数料も高騰するなどの多くの問題が生じます。
ビットコインと比べてブロックサイズが 32 倍に拡大することで「スケーラビリティ問題」を改善し、それにより手数料の減少にも繋がり、日常的な決済に使いやすい暗号資産となっています。

LINK(チェーンリンク) Chainlink

DOT(ポルカドット) Polkadot

暗号資産と税金

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え、330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え、695万円以下 20% 427,仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは 500円
695万円を超え、900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え、1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え、4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

暗号資産を利用する際の主な注意点 暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。
お取引を始めるに際してはサービスごとの「取引約款」(旧VCTRADE)「サービス総合約款」(旧TAOTAO)、「契約締結前交付書面」(旧VCTRADE)、「取引説明書」(契約締結前交付書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み(旧VCTRADE)、取引内容や仕組み(旧TAOTAO)、リスク等(旧VCTRADE)、リスク等(旧TAOTAO)を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。 手数料について 口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくはサービス概要(旧VCTRADE)及び「手数料について」 (旧TAOTAO)をご確認ください。 商号等 SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者) 登録番号 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点 暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(旧TAOTAO)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、ETH、XRP)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(旧TAOTAO)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。取引説明書(契約締結前書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。 商号等 SBI VCトレード株式会社(金融商品取引業者) 登録番号 関東財務局長(金商) 第3247号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本STO協会 免責事項 当社ウェブページ遷移前に表示された情報は、当社が作成・管理しているものではありません。

商号:SBI VCトレード株式会社
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3247号
暗号資産交換業 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 一般社団法人 日本STO協会

「デリバティブ取引に関する定例市場報告」の解説

「デリバティブ取引に関する定例市場報告( Regular Derivatives Market Statistics )」は、国際決済銀行(BIS)および主要先進国 2 の中央銀行が、1998年6月末より作成を開始したグローバル・ベースのOTC 3 デリバティブ市場に関する残高統計 4 です。同統計は、BIS旧ユーロカレンシー・スタンディング委員会(現グローバル金融システム委員会)のワーキング・グループ(議長は当時日本銀行の吉国<よしくに>、通称:吉国委員会)が1996年7月に取り纏めた「グローバルなデリバティブ市場統計の改善に関する提案(吉国委員会報告書)」に基づいて作成されています。

  1. 2007年6月末分までは、「吉国委統計」との通称を併記していたものです。
  2. ここでは日本、米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ、ベルギー、オランダ、スイス、スウェーデンの11か国です。なお、2011年12月末調査よりオーストラリアとスペインが加わったほか、2016年12月末調査をもってベルギーが報告をとりやめたため、直近の参加国は12か国です。
  3. Over the counter (店頭)の略称。デリバティブ取引は、取引の形態によって、OTC取引と取引所取引に分けられます。OTCデリバティブ取引は、取引当事者が相対で行うデリバティブ取引を指します。一方、取引所取引は、取引所を通じて行う取引を指します。
  4. 日本銀行は日本分を集計・公表しています。BISが公表するグローバル・ベースの集計結果については、BISのホームページ(https://www.bis.org/statistics/index.htm(外部サイトへのリンク))をご参照ください。

2.作成方法

(1)調査対象先

(2)調査方法

1)報告基準時点: 半期末(6・12月末)時点 2)調査ベース: 本邦主要ディーラーの内外支店や現地法人等を含む連結ベース(本邦分の計数には本邦主要ディーラーが海外で行った取引も計数に含まれるため、東京市場の計数を表したものとはなりません)。 3)調査形式: 参加金融機関に予め調査票を送り、調査期間の終了後に回収します。

代替不可能なトークンを取り巻く規制の比較

Sujata Chaudhri, Sujata Chaudhri IP Attorneys

ブロックチェーン技術の実施は、現在の法律および規制の下で認められています。特に、2020年に発行されたインドネシアの標準的な産業事業分類コード(klasifikasi baku lapangan usaha Indonesia、またはKBLI)は、「ブロックチェーン技術の開発」を有効な事業活動として認識しています。さらに、ブロックチェーン技術は、ピアツーピア企業への資金貸付におけるサポートサービスの提供で認められています。

Muhammad Fernanda Dharmawan, Guido Hidayanto & Partners

2018年の貿易大臣規則第99号は、暗号資産先物取引の一般的な方針で、暗号通貨を先物商品として分類しました。インドネシアでの先物商品の取引は、商品先物取引局(Badan Pengawas Perdagangan Berjangka Komoditi、またはBappebti)によって管理されています。暗号通貨は暗号資産のサブクラスですが、すべての暗号資産が暗号通貨であるとは限りません。この点で、暗号資産は特定の商人を介してのみ取引することができ、インドネシアでは支払い手段として使用することはできません。

NFTの知的財産の側面

NFT市場

さらに、NFT市場は、知的財産の問題に関して同様の管轄の問題に直面しています。 NFT市場は分散化されているため、NFT取引に適用される法律は不明確です。 ただし、電子システムを介した取引に関する2019年の政府規制第80号では、外国企業がインドネシアの消費者と積極的に関わり、次の基準を満たしている場合、インドネシアの法律の対象となります。(1)取引量, (2)取引額, (3)出荷量, および/または(4)運送量。

インドネシアのデジタルビジネス

Guido Hidayanto & Partners

World Trade Centre 3, Level 27
Jl. Jend. Sudirman Kav.仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは 29-31, Kuningan
Jakarta – 12920 Indonesia
電話番号: +62 21 5011 0199
メールアドレス: [email protected]
www.lawghp.com

日本

ア ート、ゲーム、スポーツの分野での非代替トークン(NFT)は世界中で急速に人気を博しており、その結果、日本では大きな注目を集め、実際に発展しています。2021年4月の初めの頃から、NFT市場が国内に出現し始め、多くの企業が収集品、スポーツ、ブロックチェーンゲームなどでNFT関連事業に参入することを発表しました。 その結果、日本のNFT事業は今後も成長が見込まれます。

岩倉正和、TMI総合法律事務所

NFTの法的立場

五十嵐敦、TMI総合法律事務所

取引の法的重要性

成本治男、TMI総合法律事務所

取引における考慮事項

フィリピン

フ ィリピン中央銀行、またはBangko Sentral ng Pilipinas(BSP)による最近の手引きでは、代替不可能トークン(NFT)を、従来の暗号通貨とは対照的に、固有の物理的またはデジタル資産の所有権を確立する仮想資産のクラスを一般的に表す手段として簡潔に説明しています。デジタルアート、音楽、ゲーム内トークンなど、この任意の原資産は、同一で互換性があり、したがって代替可能である法定または暗号通貨とは対照的に、代替不可能になります。

Mark Gorriceta, Gorriceta Africa Cauton & Saavedra

世界的なブロックチェーンコミュニティでは、NFTはデジタルアートプロジェクトの爆発的な増加を通じて成長し、主にEthereumプロトコルを通じて創り出され、OpenSea などの人気のあるNFT市場で取引され、サザビーズやクリスティーズなどのエリートアートオークションハウスにも浸透しています。フィリピンでは、プレイヤーがAxiesと呼ばれる任意のデジタルキャラクターをNFTとして使用してネイティブトークンを獲得するAxie Infinityのようなプレイツーアーン(play-to-earn)ゲームの台頭により、NFTの採用がより主流になっています。これは、対応し、しばしば評価される法定通貨で暗号通貨に交換することができます。

Liane Stella Candelario, Gorriceta Africa Cauton & Saavedra

Richmond Montevirgen, Gorriceta Africa Cauton & Saavedra

これには、次の4つの要件を満たす必要があります。(1)お金の投資。 (2)一般的な企業で。 (3)利益を期待して。 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは (4)主に他の人の努力から。これらの要件は、ブロックチェーンテクノロジーを取り巻く複雑さ、すべてのNFTプロジェクトの追加された複雑さ、およびこれらのエコシステムで通常提供される固有の匿名性を考えると、困難な場合がある事実とケースバイケースの決定を当然必要とします。

ただし、投資家保護の義務に基づいて行動するよう求められた場合、SECは介入してSRCを施行します。例としては、SEC執行および投資家保護部門が発行した最近の勧告があり、これはPogiBreedsに対して警告を発しました。Pogi Breeds International または CoPartners Pogibreeds が参加するグループは、Axiesの購入または繁殖、Axie Infinity 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは でのプレイのために一般から資金を募り、一定期間後に清算される可能性のある利益を投資家に約束しました。

BIR 覚書通達No. 60-2020は、電子プラットフォームやメディアでのデジタル取引やその他のデジタル手段を通じてビジネスを行い、収入を得ているすべての人に通知し、それらがBIRに正式に登録されていることを確認し、そのようなデジタル取引に対応する納税義務を負うことをさらに強調しています。

仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは

「暗号資産」(クリプトアセット、Crypto Asset)とは、ブロックチェーンや電子署名といった「暗号技術」の組み合わせでインターネット上でなら使えるデジタルデータのことです。
また、特定の国家が発行しているものでもないということが大きな特徴です。日本円やアメリカドルは、それぞれの国の中央銀行が価値を保証し、貨幣として発行していますが、暗号資産の発行には、そのような特定の国や金融機関が関わっていません。
また、「電子通貨」はプリペイドカードに代表される電子マネーのことで、暗号資産とは別物です。

暗号資産の種類

世界で流通している暗号資産の種類は 2,000 以上と言われており、各暗号資産の特徴も様々です。
そのなかでもSBI VCトレード(旧TAOTAO)では比較的取引が盛んに行われている下記の暗号資産の取引が可能です。

BTC(ビットコイン) Bitcoin

ビットコインは2008年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がインターネット上に公開した論文(Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System)の中で構想が示され、2009年にビットコインネットワークがスタートし現在に至ります。
ビットコインは暗号技術や分散システムの研究の集大成ともいえ、最初の暗号資産ともいわれています。
暗号資産=ビットコインといえるほど、取引高・時価総額ともに大きく、最もポピュラーな暗号資産といえるのがビットコインです。ビットコインから分裂や派生した暗号資産も多く、「基軸通貨」の役割も果たしつつあります。
また、暗号資産の発行上限が2,100万枚と決められており、将来的に暗号資産がインフレーションを起こすことがないよう、設計されているのも大きな特徴です。

ETH(イーサリアム) Ethereum

イーサリアムは2015年7月に登場し、代表的なアルトコインの1つとして知られています。ブロックチェーン技術を、暗号資産システムとしてだけでなく、広い範囲で応用することを目的に創設されたプロジェクトから誕生した暗号資産です。イーサリアムは、正式には暗号資産の名称ではなく、プロジェクトの名称です。正式な暗号資産名称はイーサですが、暗号資産システム名称としてもイーサリアムという言葉が一般的にも使われています。
ビットコインがブロックチェーンを利用して取引記録を管理することに特化しているのに対して、イーサリアムは公的な発行主体や管理者なしにユーザーが独自に定義した契約を扱えるブロックチェーン上にサブプログラムを書き込める「スマートコントラクト」と呼ばれる機能が実装されています。
一定の条件を満たすかどうかをシステムが判断し、自動的に暗号資産発行などを行えるため、応用範囲が広いことが特徴です。

XRP(エックスアールピー)

エックスアールピーはブロックチェーンやマイニングが存在しない珍しいタイプの暗号資産です。
独自に開発されたマイニングアルゴリズムを採用していることから、国際送金が低コストになることや、送金スピードが速いのが特徴です。海外のクレジットカード会社や銀行では、送金時に活用されています。決済手段としての役割以外にも、Ripple Labs Inc. が提供するシステムRTXP上で法定通貨同士の両替を簡略化するブリッジ通貨としての役割もあり、暗号資産に対し嫌疑的な多くの銀行でも採用が決定しています。

LTC(ライトコイン) Litecoin

ライトコインは2011 年 10 月に登場し、ビットコインのシステムを基盤として生まれた暗号資産で、採掘(マイニング)にかかる時間が短くストレージの効率性に優れているという特長があります。数多く存在する暗号資産の中でも老舗コインであるため、知名度も高い暗号資産の一つです。
ビットコインの欠点を改良することが、ライトコイン開発の目的のため、ビットコインと似ている特徴が多くありますが、ライトコインは比較的高速な取引が可能かつ暗号資産発行枚数の上限がビットコインの約 4 倍の 8,400 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは 万枚といった違いがあります。発行暗号資産量が4倍となることで、新規暗号資産発行を伴うブロックの生成間隔は短く設計されていて、ビットコインの短所であった送金時間の問題を克服しようとしています。

BCH(ビットコインキャッシュ) Bitcoin Cash

ビットコインキャッシュは、2017 年 8 月にビットコインからハードフォークして誕生した暗号資産で、ビットコインの課題である「スケーラビリティ問題」をブロックサイズの拡大により克服しようとした暗号資産です。
「スケーラビリティ問題」を一言で説明すると、「取引処理能力の問題」のことです。ビットコインを使用する人が増えれば増えるほど、取引処理が追いつかず送金時間が長くなり、手数料も高騰するなどの多くの問題が生じます。
ビットコインと比べてブロックサイズが 32 倍に拡大することで「スケーラビリティ問題」を改善し、それにより手数料の減少にも繋がり、日常的な決済に使いやすい暗号資産となっています。

LINK(チェーンリンク) Chainlink

DOT(ポルカドット) Polkadot

暗号資産と税金

仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは

仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは
課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え、330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え、695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え、900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え、1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え、4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超45% 4,796,000円

暗号資産を利用する際の主な注意点 暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。
お取引を始めるに際してはサービスごとの「取引約款」(旧VCTRADE)「サービス総合約款」(旧TAOTAO)、「契約締結前交付書面」(旧VCTRADE)、「取引説明書」(契約締結前交付書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み(旧VCTRADE)、取引内容や仕組み(旧TAOTAO)、リスク等(旧VCTRADE)、リスク等(旧TAOTAO)を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。 手数料について 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは 口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくはサービス概要(旧VCTRADE)及び「手数料について」 (旧TAOTAO)をご確認ください。 商号等 SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者) 登録番号 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点 仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引とは 暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(旧TAOTAO)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、ETH、XRP)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(旧TAOTAO)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。取引説明書(契約締結前書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。 商号等 SBI VCトレード株式会社(金融商品取引業者) 登録番号 関東財務局長(金商) 第3247号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本STO協会 免責事項 当社ウェブページ遷移前に表示された情報は、当社が作成・管理しているものではありません。

商号:SBI VCトレード株式会社
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3247号
暗号資産交換業 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 一般社団法人 日本STO協会

世界から注目される大阪取引所のデリバティブ市場 | 会計・経理職転職支援・専門エージェント | ジャスネットキャリア

世界から注目される大阪取引所のデリバティブ市場

金融商品の多様化には目を見張るものがありますが、その象徴が、金融派生商品(デリバティブ)取引ではないでしょうか。
日本のデリバティブ市場として世界的に注目されるのが大阪取引所。金融・商業の街としての歴史を持つ大阪は、デリバティブの街として認知されつつあります。

東証との統合で、デリバティブに特化

市場のプレゼンス向上への課題

会計士の業務も活性化・多様化する?

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

転職・キャリアプランのご相談はこちら -->

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる