バイナリー オプション

損益の計算における発生主義

損益の計算における発生主義
税理士 :表示上の対応も求められますが、その前提として一定期間の収益としれに対応する費用を厳密に対応させ、適正な利益を算出するための原則です。

Accrual / Reserve

発生主義会計においては正しい期間損益計算を実現するため、Revenue(収益)は現金の収受に関係なく、Realized and earned(実現、獲得)の要件を満たした時点で計上し、Expenseは現金の支出に関係なくIncurred(発生)した時点で計上します。これを経費の支払という取引を例にみると、支払がまだなされていない状態であっても、サービスの費消があった時点で、費用を認識することになり、貸借対照表の貸方には負債が計上されます。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

  • オフィス検索 kpmg.findOfficeLocations
  • お問合せフォーム kpmg.emailUs
  • ソーシャルメディア kpmg.socialMedia
  • twitter. Opens 損益の計算における発生主義 in a new window
  • facebook. Opens in a new window
  • linkedin. Opens 損益の計算における発生主義 in a new window
  • instagram. Opens in a new window

メールマガジン登録

© 2022 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All 損益の計算における発生主義 rights reserved.

第46号テーマ: 期間損益計算と発生主義会計の歴史的考察

1,期間損益計算と発生主義会計の意義
近代会計の大きな特徴は、継続企業を前提とした期間損益計算と発生主義会計である。期間損益計算の意義は、企業の利益計算を、期間を区切って行う事によって継続的な経営活動の成果を正しく把握することを可能にしたことである。発生主義会計の意義は、企業活動における費用の認識に経済価値の減耗と、将来の権利及び義務を取り入れる事で、収益と費用を対応させ正しい利益計算を可能にしたことである。
現代企業は、営利を目的とした社団法人である、社団法人とは一定の目的をもった集団であって、企業は継続的に運営されることを前提としている。そのために企業活動の成果である「利益」の計算を正しくするために、期間を定め、その期簡の収益と費用を対応させたと考えられる。
期間損益計算と発生主義会計は、期間を区切って収益と費用を対応させる事で、損益計算を正しく測定する事を可能にした法則であると思うのである。

3、発生主義会計の成立
(1)現金主義と非現金主義
現金主義は。損益を現金収支の事実を持って認識する会計の事をいい、非現金主義とは、現金主義から発生主義会計に移行する過程の、半発生主義会計及び発生主義会計をいう。今日の企業は、継続を前提とした継続企業形態で、損益計算は永続的な時間を人為的に区切った期間計算である。その期間計算は、企業会計の原則である費用収益対応の原則によって利益計算がされる。その費用収益対応の原則の基になっているのが非現金主義である。
現金主義は、現金の収入・支出と収益・費用とを同時点で把握し、現金収入を収益として処理し、現金支出を費用として処理して、その比較計算で損益計算を行うものであるため、現金の収支と費用、収益の認識が一致する事が必要である。非現金主義は、現金主義の利益計算に、将来収支計算及び固定資産の経済的減耗を反映させて利益計算を行う事で、より正しい利益計算をしようとするものである。

■参考文献
*新新・会計学 「著者 大友賛」(慶応義塾大学出版)
*簿記の歴史「著者 損益の計算における発生主義 上原孝吉」(一ツ橋出版)
*ルカ・パチョリ簿記論「著者 片岡義男」(森山書書店)
*近代会計制度の成立「著者 大友賛」(有斐閣)

勘定科目「前受金」の定義とは?いつ「売上金」に変更する?

(参考)適切な期間損益計算と経過勘定科目
前受収益を会計用語では「経過勘定科目」としています。経過勘定科目とは、適切な期間損益計算(一定期間内の正確な業績を把握すること)を実施するために用いるもので、未払費用や未収収益、前受収益、前払費用の4つが存在します。
例えば、8月から継続してサービスを提供する契約をしていて、7月に代金を受け取った場合、7月に売上処理してしまうと正確な業績把握が出来なくなってしまいます。そこで7月に受け取った代金は前受収益として処理し、8月に売上に振り替えることで正確な業績把握を実施します。

売掛金と前受金との関係は?

現金主義会計と前受金

何を前受金として処理するのか?

小売店

  • 店舗に在庫が無く、注文代金を受け取ってから商品を買い付ける場合に、先に受け取る注文代金
  • 新しい商品が発売される場合に予約代金を受け取り、入荷後に販売する際の予約代金

飲食業

  • 店舗を貸し切ってのパーティを予約したクライアントから受け取る手付金
  • 式典などでケータリングを依頼された際に受け取る手付金
  • 法人向けにお弁当を提供している場合に販売する回数券の代金

サービス業

  • 回数券を販売している場合の回数券の代金
  • 研修会などを実施する際に開催前に受け取る前受代金

前受金は「負債」としなければならない理由

前受金に関するよくある質問

Q1.【キャンセルのケース】飲食業を経営しているのですが、店舗貸切パーティの依頼があり、代金の一部として11万円を先に受け取りましたが、その後キャンセルの連絡がありました。予め契約でキャンセルの場合でも50%は返金できないとお伝えしていたので、50%(5万5,000円)を返金しました。この場合の会計処理はどのようにすればいいのでしょうか?

A1.代金の一部を受け取った際には会計勘定科目の取扱いです。

勘定科目 税区分 金額 勘定科目 税区分 金額
現金預金 対象外 110,000円 前受金 対象外 110,000円

勘定科目 税区分 金額 勘定科目 税区分 金額
前受金 対象外 110,000円 雑収入 対象外 55,000円
現預金 対象外 55,000円

Q2.損益の計算における発生主義 【一部納品遅れのケース】3月決算の小売業を営んでいます。商品代金として3月の初旬に120万円受け取ったのですが、3月末までに全商品の納品が間に合わず、10%相当分が4月の納品となりました。この場合どのように処理すれば良いでしょうか?

A2.3月の代金受け取り段階において、以下の会計処理を行います。

勘定科目 税区分 金額 勘定科目 税区分 金額
現金預金 対象外 1,200,000円 前受金 対象外 1,200,000円

そして、決算時に原則として未納品分だけが前受金として残るように以下の会計処理を行います。
(3月末では90%納品済 120万円×90%=108万円……売上に振り替え)

勘定科目 税区分 金額 勘定科目 税区分 金額
前受金 対象外 1,080,000円 売上高 課税 1,080,000円

Q3.【回数券のケース】個人でリラクゼーションサロン業を営んでいます。10回分の回数券を販売しており、代金を一括で貰う代わりに通常価格よりも安い価格で一回分の施術を受けられるように料金設定をしています。回数券を一回利用してもらうごとに会計処理が必要でしょうか?

A3.たくさんのクライアントが回数券を利用している場合に、一件ずつ処理するのが煩雑という話はよく聞きますが、原則としては一回利用ごとに前受金から振替が必要になります。ただし毎回の処理が面倒であれば、日々の集計で回数券を棚卸して売上に振り替えることも可能です。

『会計』って何?~誰でもわかる会計のいろは~

『会計』に対して苦手意識を持っている方が非常に多いようです。そもそも算数や数学が苦手(数字アレルギー)であったあり、簿記を勉強してみたもののよく分からないまま終えてしまったり・・・また、普通の生活や仕事をするうえで、会計に接する機会が極端に少ないことも1つの原因のようです。 損益の計算における発生主義
このような苦手意識ですが、『会計』に対する誤解があります。会計で計算は必要になりますが、計算だけが全てではありません。また、会計と簿記は同じものではなく、簿記は会計の中の一部分に過ぎません。
会計は、会社の状態を知るために必要な知識となります。 会計を知らないと、会社の良し悪しが判断できませんので、社会人として最低限の知識は持っておかなければなりません。今回は、会計初心者でも分かるように、会計とはどのようなものなのかを分かり易く説明します。
※本ブログは、分かりやすさを優先するため、意図的に異なる表現を用いていますのでご注意ください。

会計は何のためにあるのか?

『会計』と聞いて真っ先に思い浮かぶのが『簿記』だと思いますが、会計と簿記は異なります。簿記は、会計を行う上で必要な記録方法を指していますので、会計の中のほんの一部分に過ぎません。では、会計とは一体何なのでしょうか? 会計は、会社の状態(会社の良し悪し)を分かるようにするための手法です。 会社の状態を分かるようにするためには、商品の販売や仕入れ、給与の支払い等といった日々の取引を金額で数値化し、記録する必要があります。記録した内容を取りまとめ、 会社の成績表として公表することで、投資家や銀行といった外部の関係者は客観的にその会社の「良し悪し」が判断できるようになるのです。

会計を行うことで、会社の状態が分かるようになるわけですが、会社ごとに異なるルールを使ってしまっては、会社同士の比較が適切にできなくなってしまいます。例えば、ある会社は円、別の会社はユーロやドルと違う通貨で公表した場合、わざわざ換算しなければなりませんので、比較が大変になってしまいます。このようなことにならないよう、 会計には決まったルール(法律や会計基準)が存在し、このルールにしたがって自社の成績表を作成することが求められます。また、株式会社は、作成した成績表を最低限1年に1回は公表しなければなりません。 成績表には、「貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)」や「損益計算書(そんえきけいさんしょ)」といったものがあり、総称して「財務諸表」と呼びます。

会社の成績表~損益計算書と貸借対照表~

■損益計算書
英語で「Profit and Loss Statement」と記載することから、 略してP/L(ピーエル)と呼びます。 損益計算書は、 一定期間における企業の経営成績を表す財務諸表です。 一定期間とは、一般的に1ヶ月、3ヶ月(四半期)、6ヶ月(半期)、1年(年度)といった期間を指します。

■貸借対照表
英語で、「Balance Sheet」と記載することから、 略してB/S(ビーエス)と呼びます。 貸借対照表は、 一時点における企業の財政状態を表す財務諸表 です。一時点とは、一般的に決算日を指します。

『会計処理』の流れ

1.取引の発生
会社が日々行う取引が発生します。取引とは、「商品の販売」、「商品の仕入れ」、「お金を借りる」、「給料を支払う」などといった会社が行う行為のことです。
2.取引内容の記録
発生した取引の内容を記録します。記録する際は、一般的に簿記(複式簿記)というルールを使います。この簿記というルールは、基本的に全世界共通で使われています。
3.記録した取引のまとめ(決算)
記録しただけでは会社がどのような状態かわかりませんので、集計したり調整したりします。この集計や調整を『決算』と呼びます。決算は、月次決算、四半期決算、年度決算といったものがありますが、会社の状況(上場しているかなど)によって求められる決算は異なります。
4.成績表の作成
決算の結果をもとに会社の成績表(損益計算書や貸借対照表等)を作成します。ここで作成した成績表を銀行や投資家が見て、会社の状態を判断します。
5.第三者のチェック
4で作成した成績表ですが、自社の状況を自社で評価するという自己評価になってしまいますので、税理士さんや会計士さんといった専門家のチェックを受けます。このチェックですが、会社の規模や上場/未上場といった会社の種類によって異なります。
6.成績表の公表
会社の成績表を外部の人が見れるように公表します。上場/未上場に関わらず、全ての株式会社は「決算公告」として公表することが法律で定められています。

会計と税務は何が違うのか?

『会計』と同じようなもので、『税務』があります。会計と税務は共通のルールがあったり、決算を行う必要があったりと、非常に似ている部分が多いので、この2つを混同する方がいますが、実は考え方や目的が全く違います。 会計は、会社の成績表の作成を目的としたルールですが、税務は会社が納める税金の計算を目的としたルールとなっています。

■取引が発生したタイミングで記録する『会計』
会計の場合は、 取引が発生したタイミングで記録することがルール になっています(これを「発生主義」と呼びます)。例えば、1月1日に10,000円の商品をクレジットカードで購入し、その支払いを2月28日にした場合、以下の記録を行います。
1月1日 10,000円の商品を購入
2月28日 10,000円をカード会社に支払い

■現金の受領・支払が発生したタイミングで記録する『税務』
税務の場合は、 現金を受領したり、支払をおこなったタイミングで記録することがルール になっています(これを「現金主義」と呼びます)。先ほどの例を参考にすると、以下のように記録します。
1月1日 何も記録しない
2月28日 商品の購入と現金の支払いを記録

■会計は何のためにあるのか?
・会計は、会社の状態を分かるようにするための手法で、法律や会計基準といったルールが存在する。
・株式会社は、会計のルールにしたがって自社の成績表を作成し、最低限1年に1回は公表する必要がある。

■会社の成績表~損益計算書と貸借対照表~
・損益計算書は、略してP/L(ピーエル)と呼び、一定期間における企業の経営成績を表す。
・貸借対照表は、略してB/S(ビーエス)と呼び、一時点における企業の財政状態を表す。

■『会計処理』の流れ
・会社が日々行っている活動(取引)を簿記のルールにしたがって記録する。
・記録した取引情報を集計・調整して成績表(損益計算書や貸借対照表等)を作成し、外部に公表する。

■会計と税務は何が違うのか?
・会計は、会社の成績表の作成を目的としており、取引が発生したタイミングで記録することがルール(発生主義)となる。
・税務は会社が納める税金の計算を目的としており、現金の授受のタイミングで記録することがルール(現金主義)となる。

決算の基本の「き」を学ぶ<損益計算書作成の4つの原則>

当社は12月末日が決算日です。実地なたな卸は、毎年12月28日の業務終了後に行います。得意先A社から12月28日に100万円の商品の注文がFAXで届きました。納品の指定は1月2日午前9時になっています。直ちに倉庫から運送会社を通じて納品日指定で出荷しました。

【問】この商品の売上はいつ計上すればよいでしょうか?

(A)当期の売上として計上する。
(B)来期の売上として計上する。
(C)どちらでもよいが、今年は儲かっているので来期の売上として計上する。

12img_06.jpg

経理担当者 :日々の経理処理が入口で、決算書が出口につながっているということなんですね。

損益計算書から自社の成長をイメージしよう

損益計算書作成の4つの原則

12img_05.jpg

税理士 :表示上の対応も求められますが、その前提として一定期間の収益としれに対応する費用を厳密に対応させ、適正な利益を算出するための原則です。

【答】当社の収益の計算基準が出荷基準であれば(A)の当期売上、引渡基準や検収基準であれば(B)の来期の売上、として売上を計上します。
(B)の場合、運送中の商品の原価を期末たな卸に加えることをわすれないでください。
合理的な理由なく収益の計上基準を変更して利益調整する(C)は認められません。税務調査においても指摘の対象になります。

― CONTACT ―
ご相談は初回無料!
お気軽にお問合せください

T&A税理士法人
〒194-0013
東京都町田市原町田3丁目2番1号 原町田中央ビル5F
TEL:042-720-3120 | FAX:042-720-3121
Email : [email protected]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる