株取引

逆三尊よりもダブルトップ

逆三尊よりもダブルトップ
逆三尊よりもダブルトップ ダブルトップとは無関係に見えますが、ラインチャートを重ねると、

【簡単】フォーメーション分析【テクニカル分析】

今回はローソク足の見方をわかりすく解説するよ ローソク足? それより自動売買とかインジゲーターとか、 簡単お手軽アプリで稼げるものないのー? その考え方、危険だよ! えー?なんで? そういうので詐欺も .

2-2、ダブルトップ(毛抜き天井)

ダブルトップとは無関係に見えますが、ラインチャートを重ねると、

2,トリプルボトムとトリプルトップ

2-1、トリプルボトム

2-2、トリプルトップ

3ヘッドアンドショルダー(三尊・逆三尊)

3-1、ヘッドアンドショルダーズトップ

3-2、ヘッドアンドショルダーズボトム(逆三尊)

4,スパイクボトムとスパイクトップ

4-1、スパイクボトム

4-2、スパイクトップ

5,ラインボトムとライントップ

5-1、ラインボトム

5-2、ライントップ

6,ソーサーボトムとソーサートップ

6-1、ソーサーボトム

6-2、ソーサートップ

comment コメントをキャンセル

【初心者向け】コインチェック(Coincheck)の口座開設方法を3ステップ解説

仮想通貨を始めたい! コインチェックって使いやすい? 実際口座開設の手続きってむずかしそう. このような疑問について、わかりやすく徹底解説していきます。 結論、初心者におすすめな仮想通貨取引所は、 .

【最新】Binance(バイナンス)の口座開設方法を画像付きで徹底解説!

Binance(バイナンス)を使う際、注意することはある? Binance(バイナンス)は海外取引所だから、口座開設方法がわからない。 Binance(バイナンス)への入金方法を教えてほしい。 Bin .

Bybit(バイビット)の口座開設方法とは?お得な特典と特徴も徹底的に解説! 逆三尊よりもダブルトップ

仮想通貨でレバレッジ取引を始めたい! 逆三尊よりもダブルトップ 国内取引所にはない草コインを取引したい! でも海外取引所の口座開設って難しそう。 このような疑問について、わかりやすく徹底解説していきます。 Bybit(バイビッ .

【負け方をうまくする】チャートパターンとは一体なに⁉️

金ちゃん

この三尊が出現した場合、キーポイントになってくるのが
この ネックラインと呼ばれる下部の平行のライン です🔑

ショートをこの3つめの山 (右ショルダー) からしていた場合は
この ネックラインを抜け落ちるかどうかが焦点
になってきますし、ロングを持っていた場合はこのネックラインを割り込み、
さらには 1つ前のローソク足の陰線下ヒゲを抜けたところで切るべきポイント になってきます👏

とは限らず、この三尊を「否定」することもありうるわけです😳

例えば、このように下のネックラインで下落がとどまり、反転し上昇、
更には左肩と右肩の水平線を易々と超えていった場合、
これは「 三尊否定 」と言われ、 強く上昇が起こるサイン なのです📈

三尊による下落を狙ったショートたちが諦める
ということなので、

これがシーソーのように 買い に一気に傾き
強く上昇する可能性がある ということです。

このように ラインとローソク足の確定も見定めながら相場を見ていく必要があります 👀🔍

逆三尊とは

下落してきたのちに、この画像のように2回底値をついたあとの 3発目が真ん中の1番の安値よりも上で反発 し、
ネックラインを超えると逆三尊の完成 です。

金ちゃん

しかし先ほどの三尊と同じように、
ネックラインで抜け切ることができず、
再度下落方向に流れてきた場合は「逆三尊否定」とされ、

それまで「 逆三尊で強く上昇する 」と予想してロングを入れていた
トレーダーたちのポジション解消で一気に相場が傾き
逆三尊を否定した場合は強い下落サインとなるのでこれもまた注意が必要です😮⚠️

ダブルトップ/ダブルボトムとは?

ダブルトップは高値圏で出た場合、その後、 下落の可能性が高いチャート形状 です📉

そして、三尊と同じように、強い下落が起こりやすいチャートパターンとされていて、

ダブルトップの特徴は、同じ価格帯で2度弾かれて
綺麗かつ同じような形の山を形成している時です。

よく金ちゃんも、「 天井を確認してから2番天井でショートをする
とよく言っていますが、その内訳は、1度目の天井は誰にもわかりませんし、
当てにいくのは難しいのですが、

その 弾かれた1番目の天井を目安にして 2番目の天井は狙いやすいのです👀✨

金ちゃん

「この価格帯でみんな意識するんだな、
よっし!次この価格帯に近づいてきたらエントリーしよう!」

ダブルボトムは安値圏で出た場合、その後、 上昇の可能性が高いチャート形状 です。

金ちゃん

同じ価格帯で2度安値をつけて反発しその後大きく上昇していった のが見て取れると思います。

ダブルボトムで、1つ目の安値よりもやや上で反発したときはより強い上昇が起こるチャートパターンです。

理由は、「 1つ目の安値を割ろうとしたけど、そこまでのパワーが無かった 」と言えるからです。

三角保ち合いとは

レジスタンスとサポートによって形成されます。

相場がだんだんと縮小していき、
三角の先っぽのところまで煮詰まっていた後に、
どちらかの方向に大きく抜ける可能性のあるチャートパターン です🗣

この場合、どちらに抜けるのか、三角保ち合いの中で判断するのではなく、
抜けたあとに、再度ライン際まで戻ってきたところで
順張りで同方向にエントリーするのが吉です。

金ちゃん

トレードに自信があるよ!って人は、サポートまで落ちてきたところでロング、
レジスタンスまできたらショート、しかしラインを抜けたら即カットする、
という方法で利益を出すことも可能でしょう😳✨

三角保ち合いの抜けた時の上昇、下落はすさまじいものがあるので、
逆のポジションを持っていた場合、
損切りが遅れると大きな損失につながりかねないので注意が必要です⚠️

まとめ

チャートパターンとラインの引き方を覚えて、
組み合わせるだけでも十分にトレードをすることが可能です。
覚えるべきチャートパターンは基本中の基本のこれらのこと
だけでも頭に入れておけばgood👍

必ず相場にエントリーする際は、
出口 (損切り箇所) を確認してから トレードをするようにしましょう😉

仮想通貨チャートパターンの三尊天井・逆三尊とは?だましや否定の見極め方

仮想通貨トレード

三尊天井・逆三尊とは

三尊天井・逆三尊とは、チャートパターンから今後の値動きを予想する「テクニカル分析」のひとつ。 逆三尊は、三尊天井を逆さにした形です。

さて、 三尊はどちらも、トレンド転換のシグナルです。

これは、2つの山が形成されるダブルトップなどと比較すると、「 3度試してもトレンドが続かなかった 」ことを意味しており、より強い反転のシグナルとなります。

ちなみに、 仮想通貨の投資家は、三尊天井や逆三尊を重視する傾向にあります。

はっきりとした理由はわかりませんが、 ビットコインはボラティリティ(値動き)が高いため、三尊天井や逆三尊のシグナルが決まりやすい 傾向にあります。

以下、 「三尊天井」と「逆三尊」が出た場合、トレーダーはどうすればいいのか についてみてみましょう。

三尊天井は「売りサイン」

三尊天井は「 上昇トレンドが下落に転じるサイン 」です。

なお、 有名な画像に「空売りの構造」というものがありますが、これは典型的な三尊天井です。

割れる前から、「 ネックラインを割れたら売り三尊天井の売りシグナルだ 」と、割れた後の形を考えておくことが大切です。

逆三尊は「買いサイン」

三尊天井を逆の形にした逆三尊は、「 下落トレンドが上昇に転じるサイン 」です。

そのため、 「ネックラインを上抜けたら買い」が三尊天井の典型的なシグナル となります。

ただし、人間の心理として「上昇への期待」よりも「下落への恐怖」のほうが強いので、逆三尊のネックラインを上抜けても、 三尊天井のネックライン割れほどは一気に動かないことが多い です。

三尊天井・逆三尊の3種類

三尊天井や逆三尊には、 ネックラインが右肩上がりの「切り上げ型」、ネックラインが水平の「水平型」、ネックラインが右肩下がりの「切り下げ型」 があります。

切り下げ型

切り下げ型はネックラインを切り下げているので、下落圧力の強い形。 三尊天井で切り下げ型の場合は、ネックライン割れで強い売りシグナルとなります。

切り上げ型

切り上げ型はネックラインを切り上げているので、上昇圧力の強い形。 逆三尊で切り上げ型の場合は、強い買いシグナルとなります。

逆三尊/三尊天井/三山とは-FXで注意すべき否定(だまし)やチャートの読み方を解説

逆三尊とは

逆三尊とは、相場の底値圏などで3つの底をつけ、真ん中(2番目)の底(谷)が一番深くなっているのが特徴です。

逆三尊底となるチャートの動きに注目

逆三尊が出現する場合、相場は基本的に底値を探る展開となっており、売り圧力が強くなって価格が急落し、下げ過ぎた反動から買戻しの動きによって上昇するという動きを繰り返して自然に逆三尊が形成されます。

・価格が底値圏まで下落してくる
・すでに下落している価格がいきなり急落する
・売られすぎの反発から買戻しが入り、一時的に価格が上昇する

逆三尊のチャートの形とその後

注目すべきは、チャート上に逆三尊が出現した場合には、単なる反発ではなく、 下落トレンドから上昇トレンドに転換する 可能性が高いということです。

つまり、これでもかと下値を確認したうえでの上昇となりますので、下値不安が少なく買い安心感につながりやすく上昇トレンドが発生しやすくなります。

逆三尊のダマシ(否定)とは

逆三尊の否定(だまし)とは

多くの投資家が血眼になってその出現を監視している逆三尊ですが、逆三尊らしきパターンが出現したものの、トレンド転換することなく、つまりダマシに終わるケースもあります。

よくあるケースとしては、逆三尊から上昇トレンドに転換することなくレンジ相場に突入する形です。

最近では、逆三尊にボラティリティを組み合わせる手法がよく使われており、ボラティリティが高いままであればダマシの可能性が高く、低下していれば上昇トレンド転換の可能性が高まります

逆三尊を形成した実際の銘柄でチャートの動きを解説

逆三尊を形成した実際の銘柄でチャートの動きを解説

この時には、ビットコインは2018年12月の安値30万円台を目指すのではという不安もありましたが、逆三尊を知っていれば、強気に買い向かっていけたところです。

このチャートでは、ネックラインは2本あります。

しかし、すでにダブルボトムの形を成しており、逆三尊の出現を予測していた投資家も多かったのではないでしょうか?

青い矢印に注目してほしいのですが、2本目のネックラインにワンタッチして上昇しており、ここは絶好のエントリーポイントとなります。

つまり、2本目のネックラインがサポートラインとなったわけで、これでダマシの可能性も極めて少なくなり、上昇トレンド転換が大きく期待されます。

その後も緑色の矢印では押し目も比較的浅く、2020年2月に黒い矢印のある115万円弱まで上昇していくことになります。

今回の逆三尊からの上昇トレンドは2020年2月の115万円台で終了しています。底値から43万円以上の上昇ですので十分な上昇トレンドであったわけですが、この115万円というのは、フィボナッチリトレースメント61.8%の手前で頭をきれいに抑えられています。

つまり、今回の上昇トレンドが115万円で終わったことで、2019年12月の71万円台の底値は、2019年6月高値150万円からのエリオット波動修正(下落)a波の終わり、イコールb波の起点となったわけです。

2020年2月高値の115万円はc波の起点ということで、エリオット波動からはコロナショックとまではいわないまでも、下落トレンドが予想されていたのです。

三尊天井(三山)とは-3つの山を描き、2つ目の山が1番高いチャート

考え方は逆三尊とほぼ同じですが、それまでの 上昇トレンドから下落トレンドへの転換 を教えてくれますから、投資家にとっては最もおいしいサインといってもよいでしょう。

三尊天井とは

三尊天井とは

前述の通り、三尊天井とは逆三尊の逆パターンで、3つの山のうち真ん中の山が一番高いチャートの形で、高値圏内で形成されます。

三山とは

三尊天井と混同されることもありますが、三山とは、正確には3つの同じ高さの山が出現するチャートの形です。

三尊天井(三山)のチャートの形

三尊天井(三山)のチャートの形

とりわけ、エリオット波動や一目均衡表など他のテクニカル分析で高値をつけた可能性がある場合には、ネックラインブレイクから下落トレンドが始まる可能性が高くなります

三尊天井だまし(否定)とは

逆三尊同様、三尊天井にもダマシ(否定)は存在します。

三尊天井のダマシ(否定)とは、三尊天井からネックラインをブレイクしたものの、下落トレンドへ転換することなく、三尊の高値を更新し上昇トレンドが継続となります。

このようなケースで大きな損失を避けるためには、三尊の高値より少し上のところにストップロスを置くようにしましょう。

三尊天井を形成した実際の銘柄でチャートの動きを解説

三尊天井を形成した実際の銘柄でチャートの動きを解説

デイトレードなどで利用する15分チャートにもしっかりと三尊天井が形成されています。

15分という短いチャートですが、ダブルトップとしてもトレードできますし、三尊天井形成を確認することでより精度の高いトレードとなりました。

まず、6月24日早朝時間の矢印のポイントでネックラインをブレイクしたところがエントリーポイントとなります。

つまり、ネックラインがレジスタンスラインとなったことで、このポイントは絶好のトレードチャンスとなったわけです。

仮想通貨FXなどでの逆三尊・三尊天井のエントリーポイントや注意点

仮想通貨FXなどでの逆三尊・三尊天井のエントリーポイントや注意点

エントリーの基本はネックラインをブレイクアウトしたとき

エントリーの基本はネックラインをブレイクアウトしたとき

逆三尊・三尊天井ともに、エントリーポイントは「 ネックラインをブレイクアウトしたポイント 」となります。

ダマシに注意

特に、ブレイクしたネックラインを再び上抜く(下抜く)場合には、トレンド継続の可能性がありますので、前の高値あたりでは確実にロスカットするようにしましょう。

ダマシに引っかからないために高値圏でエントリーする方法もある

高値圏でエントリーする方法

ダマシに引っかからないために高値圏・底値圏でエントリーするという方法もあります。

この方法では、山や谷で価格が反発したタイミングでエントリーします。例えば、真ん中の山や谷で高値(安値)をつけたのに、MACDなどが逆行(ダイバージェンス)している場合など、三番目の山や谷で三尊・逆三尊を想定しエントリーします。

チャートパターンは大衆心理の塊。しっかりと理解して一手先を読め!!

画像21

三尊とは、上の図のように、まず高値(1)を付けた後に安値(1)逆三尊よりもダブルトップ まで下がりネックラインで再度上昇します。そしてそこから最高値(2)を付けて再度下がり再びネックライン到達し上昇するが最高値(2)にを超えることは出来ずに高値(3)止まりになってしまう。その後は今まで支えになってきていたネックラインを抜けていくことでトレンドは転換していきます。その為、ネックラインを抜けた所で売りを狙っていくと効果的でしょう。

というような説明でした。この説明見てわかることは図の形が出現したらネックライン抜けたところで売りに入ればいい。これだけしか理解できませんし図をそのまま説明しているだけなのでなんのためにもなりません。

・チャートパターンは大衆の思惑の現れ原理を理解しよう。

チャートパターンには、大衆心理の現れ買いと売りの膠着によって出現するパターンの一つです。このパターンがよくあらわれる理由は買い勢の『高値を目指したい更新したい思いの現れ』と売り勢の『ここが終点だろう。逆張り狙いの売りなどの両者が現れ』で膠着を繰り返して三尊やダブルボトムなどの形が現れるわけです。これらの基本的な原理を理解することで初めて役に立ちますしもっと早い段階で見切りだって付けられるようになります。

画像21

画像21

画像21

画像21

画像21

・チャートパターンが出来る仕組み

つまりは、前提として買い勢より売り勢の方が圧倒的に多いというわけです。買いたいと思う人より売りたいと思う人の方が多い状態。
よって下落トレンドの状態で戻りが入って上昇した後に売ってくる(戻り売り)方が多いので、再度上げてくれば売りの圧力がかかる

画像21

画像21

画像21

画像21

画像21

画像21

画像21

・チャートパターンは形を覚えているだけでは使えない

相場というのは常にたくさんのトレーダーによって動かしていますそのため必ずしも教科書通りに綺麗に動くとは限りません。当然ダブルボトムを作る過程で値動きはジグザグに不規則に動きサポートとなる場所がネックからずれることがあるからです。何度も言いますがチャートパターンは買いと売りの膠着によって作り出されるので当然ごちゃごちゃした動きになるのは当たり前です。

画像21

結局、下落トレンドは継続した

画像21

・大衆心理は複数時間足チャートを使いこなすことで制度は上がる(逆三尊よりもダブルトップ フラクタル構造)

画像21

画像21

画像21

画像21

画像20

・マルチタイムフレーム分析は、フラクタル構造で出来ている。

【ここまで、読んでいただいた方へ重大告知】

大衆心理を使ってどのように相場を見て判断しエントリーから決済までの流れを決めているのか?私目線で実際のトレード履歴と一緒に解説した記事を限定公開する予定です。

※その記事は無料ではなく有料となってしまいます。販売価格5500円と予定しています。

私の手法の一部といっても過言ではないくらいの大切な知識となります。
有料にするのは安く学んでほしくないと言う思いから有料とさせていただいておりますのでご理解いただけたらと思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる