外国為替取引

ディナポリ式MT4

ディナポリ式MT4
メンター

グランビルの法則の精度を圧倒的に高め移動平均線でFXを攻略する方法

グランビルの法則と移動平均線でFXを攻略する

メンター

エイク

お悩みトレーダー

これは、メンターに手法を教わったときに、実際に行われた会話です。
私は、移動平均線の手法は、たくさん知っていましたが、『グランビルの法則』すら知らない、もちろん、その法則がいかに重要なのかも理解していない素人トレーダーでした。 ディナポリ式MT4
周りのトレーダーにも笑われたのを今でも覚えています。

そう、 『グランビルの法則』

今回は、 『グランビルの法則』を分かり易く解説 するだけではなく、

『グランビルの法則』を理解すると、トレードポイントが分かるようになるだけでなく、相場観や相場分析のレベルも飛躍的に向上するでしょう。

移動平均線を使うなら絶対にグランビルの法則を知らなければいけない理由

まず、はじめに 『なぜ、この法則を理解することが、トレードする上で強い武器になるのか?』 を解説していきます。

世界中のトレーダーが知っているグランビルの法則

つまり、 「世界中の腕利きトレーダーで、グランビルの法則を知らない人はいない」 と断言できる程の超メジャーな法則だということです。

つまり、この法則を知った上で移動平均線を使用しているのか?
それとも、何も知らずに移動平均線を使用しているのか?
では、雲泥の差が生まれるというわけです。

移動平均線を使った手法はすべてグランビルの法則を使っている

相場を分析するために、世界中のトレーダーたちはチャート上に、インジケーターを表示させています。
しかし、そのインジケーターの数は、数え切れないほど存在しています。
そんな中、初心者から熟練トレーダーまで、愛用されているのが移動平均線です。

極めつけに、 移動平均線を使った手法のほとんどは『グランビルの法則』が利用されている と言っても過言ではありません。

グランビルの法則|8つの売買サイン

「移動平均線を利用してトレードする際に、8つの売買ポイントが存在する。」

グランビルの法則|図解

青丸①~④が、4つの買いサイン で、 赤丸⑤〜⑧が4つの売りサイン になります。

それでは、 サインの特徴と注意点、精度の高めた活用方法をひとつずつ解説していきます。

グランビルの法則|4つの買いサインと精度を高める方法

グランビルの法則|4つの買いサイン

買いサイン①|移動平均線が横ばいまたは、上昇転換時にローソク足の終値が上抜きしたポイント

グランビルの法則|買いサイン①は、移動平均線が下落した後に、上昇、もしくは横ばい状態になり、ローソク足が移動平均線の上で終えたポイントになります。

メンター

買いサイン②|移動平均線が上昇している時に、ローソク足の終値が下抜きしたポイント

グランビルの法則|買いサイン②は、移動平均線が上昇している時に、ローソク足の終値で、移動平均線を下抜いたポイントになります。

移動平均線が上向きなので、価格も上昇する可能性は、もちろん考えられます。
しかし、 移動平均線が上向いているからと言っても、価格がそのまま下落することも十分考えられます。

買いサイン③|上昇している移動平均線に、ローソク足がタッチ&反転したポイント

グランビルの法則|買いサイン③は、ローソク足が移動平均の上で推移していて、下落(調整)の動きを見せるが、移動平均線を下回ることなくタッチまたは、反転したポイントになります。

こちらも、 必ず反転を確認してからエントリーする ようにしましょう。

◆ジリジリと下落している調整の動きをしている
(フラッグやペナントなどの調整のチャートパターン)
◆移動平均線にタッチした時に、反転のローソク足のプライスアクションを確認する
◆下位足で、トレンドが転換するのを確認する

メンター

買いサイン④|下落している移動平均線より乖離しているポイント

グランビルの法則|買いサイン④は、移動平均線が下落している時に、ローソク足が大きく下離れ(乖離)しているポイントになります。

買いサイン④で注意しなければいけない点は、 移動平均線の回帰性を利用した、短期的な超逆張りの買いだということを理解する ことです。
(※回帰性|元の位置に戻ること。それを繰り返すこと。)

このサインはトレーダーを選びます。
逆張りトレーダーにとっては、絶好のエントリーポイントになりますが、トレンドフォローをしているトレーダーは無視しても良い買いサインです。

◆強いサポートがある
◆下位足でトレンド転換を確認する
◆利確で活用する
◆ノーエントリー

グランビルの法則|4つの売りサインと精度を高める方法

グランビルの法則|4つの売りサイン

売りサイン⑤|移動平均線が横ばいまたは、下降転換時にローソク足の終値が下抜きしたポイント

グランビルの法則|売りサイン⑤は、移動平均線が横ばい、もしくは下降転換したときにローソク足の終値が下抜いたポイントになります。

もしも、 少しでも移動平均線が上昇方向であれば、買い②が成立してしまうので、注意が必要 です。

メンター

売りサイン⑥|移動平均線が下降している時に、ローソク足の終値が上抜きしたポイント

グランビルの法則|売りサイン⑥は、移動平均線が下降している時に、ローソク足の終値で、移動平均線を上抜いたポイントになります。

移動平均線が下向きなので、価格も下降する可能性は、もちろん考えられます。
しかし、 移動平均線が下向いているからと言っても、価格がそのまま上昇することも十分考えられます。

売りサイン⑦|下降している移動平均線に、ローソク足がタッチ&反転したポイント

グランビルの法則|売りサイン⑦は、ローソク足が移動平均の下で推移していて、いったん上昇(調整)の動きを見せるが、移動平均線を上回ることなくタッチまたは、反転したポイントになります。

こちらも、 必ず反転を確認してからエントリーする ようにしましょう。

◆移動平均線に向かって、ジリジリと上昇している調整の動きをしている。
(フラッグやペナントなどの調整のチャートパターン)
◆移動平均線にタッチした時に、反転のローソク足のプライスアクションを確認する。
◆下位足で、トレンドが転換するのを確認する。

メンター

売りサイン⑧|上昇している移動平均線より乖離しているポイント

グランビルの法則|売りサイン⑧は、移動平均線が上昇している時に、ローソク足が大きく上離れ(乖離)しているポイントになります。

売りサイン⑧で注意しなければいけない点は、 移動平均線の回帰性を利用した、短期的な超逆張りの売りだということを理解する ことです。
(※回帰性|元の位置に戻ること。それを繰り返すこと。)

このサインはトレーダーを選びます。
逆張りトレーダーにとっては、絶好のエントリーポイントになりますが、トレンドフォローをしているトレーダーは無視しても良い売りサインです。

◆強いレジスタンスがある
◆下位足でトレンド転換を確認する
◆利確で活用する
◆ノーエントリー

移動平均線というインジケーターが効果的な理由

さて、あなたは、 移動平均線とはどのようなインジケーターがご存知でしょうか?

そして、 なぜ移動平均線がチャート上で価格が反応するかご存知でしょうか?

移動平均線の計算式

移動平均線の計算

n日の終値の平均をとった価格を線で結んだインジケーターが、移動平均線ってことです。

移動平均線

移動平均線と大衆心理

ローソク足の終値とは、ローソク足が確定したときの値です。
終値はローソク足の期間の投資家たちの売買の結果です。
つまり、終値は、ローソク足の期間の正しい評価と判断できます。

ということは、 投資家たちの売買の正しい評価を平均して描写したものが、移動平均線 ということになります。

20日移動平均線を例に解説していきます。

移動平均線と大衆心理

20日移動平均線より上にローソク足があるときは、
・過去20日間で買い方が儲かり、売り方が損をしていることがひと目で分かります。

・買い方が優勢であることを確認したトレーダーが、続いて買いで仕掛けてくる可能性があります。
⇒買いサイン②③

・しかし、あまりにも平均より乖離したポイントでは、利確の反対売買が入ります。
⇒売りサイン⑧

その後、20日移動平均線より下にローソク足が割り込むと、
・過去20日間で売り方が儲かり、買い方が損をしていることになります。
・今までの買い方は、ポジションを決済して、ポジションを売り払い、さらに売りが加速します。
⇒売りサイン⑤

そして、そこに 大衆心理が生まれるからです。

移動平均線のベストな設定は何日設定?

『グランビルの法則と大衆心理はよく分かったが、移動平均線のベストな期間設定はあるのか?』

ディナポリ式MT4 5MA、10MA、20MA、25MA、50MA、75MA、100MA、200MA

実際のチャートからグランビルの法則を確認してみる

グランビルの法則|図解

グランビルの法則買いサイン

冒頭でも記述していますが、 『グランビルの法則』を知って移動平均線を活用しているトレーダーと、何も知らずになんとなく手法で使うから、という理由だけで移動平均線を活用しているトレーダーでは、相場観に雲泥の差が生まれるからです。

Macで投資しよう!

ケータイ用アドレス


携帯にURLを送る

相互リンク


    システムトレードで負けないFX(更新休止中)
    ボラが微笑むから
    ディナポリ分析(D-levels)でFXトレード(更新停止)
    サラリーマン大家さん記録(更新再開!)

最近の記事

バックナンバー

カテゴリー

おすすめの本

豊嶋久道: FXメタトレーダー実践プログラミング (現代の錬金術師シリーズ)

林 輝太郎: 林輝太郎相場選集〈2〉ツナギ売買の実践 (林輝太郎相場選集 2)

林 輝太郎: 林輝太郎相場選集〈2〉ツナギ売買の実践 (ディナポリ式MT4 林輝太郎相場選集 2)
目からウロコが落ちるどころか、目ん玉が落ちるくらいの衝撃を受けました。 持株のコスト(取得金額)をマイナスにするとは、どういうことなのか。 当て物ではない相場での生き延び方とは、どういう方法なのか。 株式と商品先物の知識がないと、内容が難しいかもしれませんが、相場師必読の書。 (★★★★★)

羽根英樹: サヤ取り入門[増補版

羽根英樹: サヤ取り入門[増補版
サヤ取りをするなら、まずは読んでおかなければいけない本です。リスク管理についても触れられています。 より今の情勢に合わせて書かれた待望の増補版です。 前よりお安くなっていて、分かりやすくなってお買い得。 (★★★★★)

新井 邦宏: エクセルでやる株価チャートの読み方―儲かる買い時・売り時がわかる!緊張感と臨場感、これで市場で勝負ができる

林 輝太郎: 林輝太郎相場選集〈3〉商品相場必勝ノート (林輝太郎相場選集 3)

上野 ひでのり: 株式サヤ取り入門―確率論に基づく「上野式」でシンプル投資 (現代の錬金術師シリーズ (59))

佐々木 英信: 一目均衡表の研究

明地 文男: 勝率98%3点チャージ投資法完全攻略ワークブック―売られすぎ銘柄の底値がズバリわかる

明地 文男: 一発自動判定!3日で3万円 明地式3Days投資法

増田 正美: 定年後の株、小さく儲け続ける必勝法―進化するMM法を公開

最近のコメント

  • RobertGep on MetaTrader4で様々なテクニカル指標をZeroLag化
  • べー on MetaTrader4でMTFのPIVOTを作りました(7/28訂正あり)。
  • neuromancer on MetaTrader4でMTFのPIVOTを作りました(7/28訂正あり)。
  • neuromancer on MetaTrader4でMTFのPIVOTを作りました(7/28訂正あり)。
  • べー on MetaTrader4でMTFのPIVOTを作りました(7/28訂正あり)。
  • shv on MetaTrader4で様々なテクニカル指標をZeroLag化
  • shvn on MetaTrader4で様々なテクニカル指標をZeroLag化
  • neuromancer on MetaTrader4で様々なテクニカル指標をZeroLag化
  • shv on MetaTrader4で様々なテクニカル指標をZeroLag化
  • ディナポリ式MT4
  • neuromancer on MetaTrader4でRSIのボリンジャーバンドを表示するインジケーターを作りました。

2014年6月14日 (土)ディナポリ式MT4

MetaTrader 4でサマータイムかどうか判定する関数

そこで作った関数、IsSummerTime() が以下です。
パラメータとして、結果をプリントするかどうかのboolをデフォルト値falseで持っています。
結果はboolで返し、trueならサマータイム、falseならサマータイムではない、となります。

bool IsSummerTime(bool _prt = false) bool _ret;
string StartTime="03.01";
string EndTime="11.01";

datetime cTime = TimeCurrent();
int cDoW = TimeDayOfWeek(cTime);
string cYear = IntegerToString(TimeYear(cTime));

datetime sTime = StrToTime(StartTime);
int sDoW = TimeDayOfWeek(sTime);
switch(sDoW) case 0:
sTime = StrToTime(cYear+"."+"03.08");
break;
case 1:
sTime = StrToTime(cYear+"."+"ディナポリ式MT4 03.14");
break;
case 2:
sTime = StrToTime(cYear+"."+"03.13");
break;
case 3:
sTime = ディナポリ式MT4 StrToTime(cYear+"."+"03.12");
break;
case 4:
sTime = StrToTime(cYear+"."+"03.11");
break;
case 5:
sTime = StrToTime(cYear+"."+"03.10");
break;
case 6:
sTime = StrToTime(cYear+"."+"03.09");
break;
>

datetime eTime = StrToTime(EndTime);
int eDoW = TimeDayOfWeek(sTime);
switch(eDoW) case 0:
eTime = StrToTime(cYear+"."+"11.01");
break;
case 1:
eTime = StrToTime(cYear+"."+"11.07");
break;
case 2:
eTime = StrToTime(cYear+"."+"11.06");
break;
case 3:
eTime = StrToTime(cYear+"."+"11.05");
break;
case 4:
eTime = StrToTime(cYear+"."+"11.04");
break;
case 5:
eTime = StrToTime(cYear+"."+"11.03");
break;
case 6:
eTime = StrToTime(cYear+"."+"11.02");
break;
>

if(sTime = sTime && cTime = eTime && cTime 投稿者 neuromancer 日時 2014年6月14日 (土) 外為取引 | 固定リンク
Tweet

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる