為替ニュース

弱気相場での取引

弱気相場での取引
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • 前場に注目すべき3つのポイント~インデックスに絡んだ商いが中心だが次第に3月高値が意識されてくる~
  • 今朝の注目ニュース! ★トラースOP、クミアイ化、インスペックなどに注目!
  • 話題株先取り【寄り付き】:クミアイ化、鈴茂器工、カクヤスGなど
  • 本日の【ストップ高/ストップ安】 寄付 S高= 4 銘柄 S安= 1 銘柄 (6月8日)
  • ステムリム---大幅に反発、塩野義製薬へ導出済みの再生誘導医薬開発品の治験で患者組み入れ完了
  • コマツ、日立建機などへの買い続く、米キャタピラー株上昇に連動
  • トラースOPは水準切り上げる、2~4月期営業黒字転換がサプライズに

米株価指数先物 時間外取引 ダウは400ドル超安、ナスダックは約2年ぶりに弱気相場入りに

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment 弱気相場での取引 Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

なぜジム・ロジャーズは弱気相場ばかり探すのか?「これからの時代に勝つ」投資術=菅下清廣

アフターコロナに急成長する3大テーマとは?注目株を無料公開 (PR:マーチャントブレインズ投資顧問株式会社) 弱気相場での取引

セブンイレブン、業績好調なのに大量閉店の闇~月収26万円で疲弊するオーナーたち=栫井…

近づく令和大恐慌と「預金封鎖」なぜアメリカのために日本国民が血を流すのか?

「個別株はヒントが多いから簡単」元為替ディーラーの投資顧問が注目される理由 (PR:ファイネストアドバイザリー)

結婚できないおじさんに共通する「相手が変わるべき」という負の態度=午堂登紀雄

40代のリストラ加速。人手不足は大嘘で、超低賃金の単純労働者だけを求める日本社会=今…

ヤマト赤字転落、株価は1年で半減へ。Amazonに媚びない3つの改革で業績復活なるか?=栫…

Suica離れが加速か。交通系電子マネーの冴えないキャッシュレス還元に消費者が失望=岩田…

なぜジム・ロジャーズは日本株を全部売った?天才投資家が警告する日本衰退の元凶とは=…

リンガーハット、20億円赤字・大量閉店から完全復活。わずか数年で改革できた3つの要因=…

なぜジム・ロジャーズは弱気相場ばかり探すのか?「これからの時代に勝つ」投資術=菅下清廣

編集部のオススメ記事

人気コーナー

シェアランキング

マネーボイスをほどよくメールで。

専門家と個人投資家の本音でつくる、
総合金融情報メールマガジン。
マネーボイス受信はこちらから

広告募集・お問い合わせ

タグクラウド

最新の記事

  • 東京為替:日経平均上げ幅縮小もドル・円は底堅い動きを保つ
  • ステムリム—大幅に反発、塩野義製薬へ導出済みの再生誘導医薬開発品の治験で患者組み入れ完了
  • コラム【新潮流2.0】:教養としての数学(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)
  • 日経平均は156円高でスタート、フジクラやバンナムHDなどが上昇
  • シリコンスタ—年初来高値、マツダに自動運転技術開発用合成データ生成・編集ツール提供

【免責事項】
「MONEY VOICE」で提供している記事は、情報の提供を目的としており、投資やその他の行動を勧誘、または推奨する目的としたものではありません。
銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

【市況】 弱気相場の株高は終了との指摘も=米国株

アップル 177.40(+3.09 +1.77%)
マイクロソフト 313.31(+3.89 +1.26%)
アマゾン 3337.77(+66.57 +2.04%)
アルファベットC 2871.83(+57.83 +2.06%)
テスラ 1128.82(+44.23 +4.08%)
メタ・プラットフォームズ 232.93(+8.08 +3.59%)
AMD 109.65(+1.46 弱気相場での取引 +1.35%)
エヌビディア 274.02(+6.90 +2.58%)
ツイッター 49.77(+10.46 +26.60%)

  • ・NY他市場 1時台 ダウ平均は小幅高 ナスダックが1.5%高 (22/04/05)
  • ・[ドル・円通貨オプション]変動率低下、ドル・円の上昇を受けたOP買いが後退 (22/04/05)
  • ・NY外為:ドル・円心理的節目123円近辺では利食いも、米10年債利回り2.43% (22/04/05)弱気相場での取引
  • ・IPCC、気温上昇幅の1.5度抑制には温室ガス排出ピーク25年までに (22/04/05)
  • ・NY他市場 0時台 ダウ平均は前日付近 ナスダックは1.4%高 (22/04/05)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • 前場に注目すべき3つのポイント~インデックスに絡んだ商いが中心だが次第に3月高値が意識されてくる~
  • 今朝の注目ニュース! ★トラースOP、クミアイ化、インスペックなどに注目!
  • 話題株先取り【寄り付き】:クミアイ化、鈴茂器工、カクヤスGなど
  • 本日の【ストップ高/ストップ安】 寄付 S高= 4 銘柄 S安= 1 銘柄 (6月8日)
  • ステムリム---大幅に反発、塩野義製薬へ導出済みの再生誘導医薬開発品の治験で患者組み入れ完了
  • コマツ、日立建機などへの買い続く、米キャタピラー株上昇に連動
  • トラースOPは水準切り上げる、2~4月期営業黒字転換がサプライズに

人気ニュース【ベスト5】

  • 今朝の注目ニュース! ★トラースOP、クミアイ化、インスペックなどに注目!
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月7日発表分)
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月8日記)
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く

お薦めコラム・特集

  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月8日記)
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 大谷正之氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(2) <相場観特集>
  • 訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ特集>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

弱気相場とは何ですか?

弱気相場とは何ですか?

他の注目すべき弱気相場の例は株式市場から来ています。 大恐慌、2008年の金融危機、またはコロナウイルスのパンデミックによる2020年の株式市場の暴落はすべて注目に値する例です。 これらの出来事はすべてウォール街に大きな損害を与え、全面的に株価に影響を与えました。 弱気相場での取引 ナスダック100、ダウジョーンズ工業株30種平均(DJIA)、SP 500指数などの市場指数は、このような時期に大幅な価格下落を経験する可能性があります。

弱気相場と強気相場の違いは何ですか?

注目すべき違いの1つは、クマ市場が長期間の統合、つまり横向きまたはレンジング価格アクションを持つ可能性があることです。 これらは、市場のボラティリティが非常に低く、取引活動がほとんど行われていない時期です。 同じことが強気市場にも当てはまるかもしれませんが、この種の行動は弱気市場でより一般的である傾向があります。 結局のところ、長期間にわたって価格が下落することは、ほとんどの投資家にとってあまり魅力的ではありません。

他に考慮すべきことは、そもそも資産のショートポジションに入ることが可能かどうかです。 証拠金やデリバティブを使用して資産をショートさせる能力がない場合、トレーダーは現金または安定したコインで売ることによってのみ市場で弱気な見方を表明することができます。 これは、購入意欲がほとんどない、より長く引き出された下降トレンドにつながる可能性があり、その結果、ゆっくりとした問題のない横向きの価格行動が発生します。

弱気相場で取引する方法

弱気相場の場合、これはバウンスでロングポジションに入るでしょう。 この動きは、弱気相場ラリーまたはデッドキャットバウンスと呼ばれることもあります。 多くのトレーダーが短期的なバウンスを長くする機会に飛びつく可能性があるため、これらの逆トレンドの価格変動は、悪名高いほど不安定になる可能性があります。 ただし、弱気相場全体が終了したことが確認されるまでは、バウンス直後に下降トレンドが再開すると想定されています。

これが、成功したトレーダーが(最近の高値付近で)利益を上げ、弱気トレンドが再開する前に終了する理由です。 そうでなければ、弱気相場が続く間、彼らはロングポジションで立ち往生する可能性があります。 そのため、これは非常にリスクの高い戦略であることに注意することが重要です。 最先端のトレーダーでさえ、落下するナイフを捕まえようとすると大きな損失を被る可能性があります。

結びの考え

弱気相場とは何か、トレーダーが自分自身を守り、弱気相場から利益を得る方法について説明しました。 要約すると、最も簡単な戦略は、弱気相場で現金を維持し、より安全な取引機会を待つことです。 あるいは、多くのトレーダーはショートポジションを構築する機会を探します。 私たちが知っているように、取引に関しては市場動向の方向に従うのが賢明です。

「強気相場」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

強気相場はその言葉の通り、株価が力強く右上がりに上昇していく相場となります。しかし、日本経済ではあまり使われる事が少なく、アメリカなど世界経済全般を指す際に用いられます。
「最近の日経平均は強気相場だ」というのも間違いではなく、意味も通じますが、それよりは「アメリカの強気相場はあと数年続く」などの使われ方が多く、読んでいる方もしっくりきます。
その背景には、日経平均や個別株価、先物などもアメリカや世界経済で大きく左右されるので、迂闊に強気相場という表現を使っても実際にはどう動くか分からないからでしょう。
それより、もう少し表現を濁した「○○景気」、言葉を短くして「強気」や「弱気」などの言葉が用いられます。

強気相場の意味とは

強気相場は別名「ブルマーケット」や「ブル」と呼ばれます。ブルは雄牛の意味で、角を振り上げる事から”相場の上昇”となり、反対に弱気相場を「ベアマーケット」や「ベア」と呼びます。ベアは熊の意味で、前足を振り下ろす事から”相場の下落”となります。
好景気になると強気相場だと思われがちですが、実際には必ずしもそうではなく、景気が良くても相場に反映されない事も多々あります。また、日経平均や株価は強気相場が分かり易いですが、為替の場合は円安と円高でどちらもメリットデメリットがあるので、あまり強気相場や弱気相場を使用しませんが、それでも最近は短期的な意味として、使用される事もあります。
それと、日本人の風習的に牛や熊を投資用語に用いる事に抵抗感があり、そこがアメリカなど欧米との違いとして、あまり強気相場や弱気相場が使われない理由の一つでもあります。
投資格言では、「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感で消える」という有名なものがあります。これを踏まえると、強気相場の誕生には、相場が低調や軟調など大きく下がっている時にこそ誕生すると物語っています。もし、現在が右肩上がりで相場環境が良い時は、強気相場が弱気相場に変わる転換期なのかも知れません。

強気相場の由来

強気相場がブル、弱気相場がベアであるのは説明済みですが、その由来は諸説ありますが、その中でも信ぴょう性が高いのは、昔のアメリカ取引所のトレーダーの手サインというものです。
証券会社も昔はコンピューターなどはなく、トレーダーは売買を注文するのに頭上に手を出し、その動きがサインとなっていたそうです。相場環境が良いと、牛が角を上げる動きに見えた事から「ブルマーケット」となったそうです。
他にも投資の世界では諸説が入り乱れていますが、いつから使われ始めて、日本で広まった時期などは不明です。

強気相場の文章・例文

例文1. トランプ政権になり強気相場となっていたが、最近は弱気相場になった
例文2. 強気相場で相場の地合いが良い
例文3. 強気相場ほど見極めが重要になる
例文4. 買い圧力が高まると強気相場に入る
例文5. 弱気相場から強気相場への転換が儲けるチャンス
強気相場はあまり日本では使われないので、例文も似たような意味となります。個別銘柄や日経平均だけでなく、より全体的な視野から相場を判断する際に用いるのが適しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる