仮想通貨で儲ける方法は

トレンドの定義

トレンドの定義
「持続可能な開発目標(SDGs)の実施指針を本日決定しました。日本は、これまで、持続可能な経済・社会づくりのため、国際社会のモデルとなるような優れた実績を積み重ねてきています。 今回決定した指針には、経済、社会、環境の分野における8つの優先課題と140の施策を盛り込みました。この指針で、世界に範を示し、持続可能な世界に向けて、国内実施と国際協力の両面で国際社会をリードしてまいります。 一点目は、国際保健の推進です。国際保健機関に対し、総額約4億ドルの支援を行う予定です。 二点目は、難民問題への対応です。今般、新たに5億ドル規模の支援を行います。 三点目は、『女性の輝く社会』の実現です。2018年までに総額約30億ドル以上の取組を行います。 来年7月には、国連で我が国の取組の報告も行う予定です。関係閣僚においては、今後も本実施指針の下、緊密に連携し、政府一丸で取り組むようお願いします。 」

今からでも抑えておきたい、国分グループが提案する2022食の10大トレンドとは

LanaSweet/istock

LanaSweet/istock

絶対的なトレンドから
提案で差別化するトレンドまで

トレンド1:「ゲーミングアイテム」

その展示によると、トレンドキーワードのトップは、半径 1 メートルの新世界「ゲーミングアイテム」。

「eスポーツ」が 2022 年9月開催のアジア競技大会(中国)で初めて正式種目に選出。競技人口も急速に拡大しており、 2023 年までに全世界で 30 億人に達するといわれている。今後、ゲーム愛好者をターゲットにしたゲーミング商品が続々登場し、 2022 年は大きな話題になるのではないかということから、同スペースでは「ワンハンド」、「栄養補給」に注目している。

以下、順を追って、トレンド 10 まで、キーワードを見ていこう。

トレンド 2 :「韓流パン」

最近の韓流食ブームのなか、チーズダッカルビ、チーズドッグ、ハットグ、キンパ、高級かき氷、いちごあめなどが、注目を集めていたが、 2022 年は、それらに続いて、「マヌルパン」「クァベギ」が熱くなるという。

「マヌルパン」は、韓国の人気屋台グルメになっている進化系ガーリックパン。たっぷりのガーリックバターを染み込ませたパンに、砂糖やはちみつで甘味を加えたクリームチーズを挟んでいるのが特徴だ。一方、「クァベギ」は揚げたドーナツに砂糖をまぶしたパン。ただそれだけでは見た目が地味なため、韓国では「映えクァベギ」が次のトレンドグルメとして注目されている。本オンラインでもすでに「 韓流パン 」トレンドの記事を出しているように、注目度は高まっている。セブン – イレブンが今年 2 月、ローソンが 4 月にマヌルパンを販売するなど、小売においても商品化の動きが進んでおり、スーパーマーケット( SM )店頭でお見掛けるする日も近いかもしれない。

トレンド 3 :「超越アレンジ」

トレンド 4 :「やさしい包材」

食品包装専門商社、折兼が提案するサステナブル包材、容器の展示

食品包装専門商社、折兼が提案する環境に優しい包材、容器の展示

これまでは、使いすぎを防いだり、鮮度を保ったりできる利便性を高める商品が数多く登場してきたが、 2022 年は「便利のその先へ……」ということで、商品から容器へとその関心の幅が広がる。「環境負荷低減への取り組み」として、二酸化炭素( CO2 )の排出量や使用資材を削減する容器にも注目が集まるだろう。

これについては、すでに SM 、総合スーパー (GMS) では大手、あるいは環境対応に力を入れる中小小売を中心にプラスチック使用量の削減に向けた取り組みが進む。従来の容器よりも割高で、かつ消費者の節約志向が高まるなかで、消費者の関心と理解をしてもらう提案が欠かせないだろう。

トレンド 5 :「サーキュラーフード」

国分グループ本社は、 JA 全農、セブン – イレブン・ジャパンと組んで地域限定で「大分県産完熟かぼすサワー」を販売しているが、これもサーキュラーフードのひとつ。完熟し黄色くなったかぼすは傷みやすいため広域での流通が難しく、ほとんどが大分県内での消費に留まっていたが、一般に広く見かける緑色のかぼすに比べ、甘味が増し、酸味が控えめになるという特性を生かして商品化したものだという。

第43回リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2022」に参加してきました。

第43回リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2022」に参加してきました。

今回は久々に活動報告になるのですが、2022年5月28日(土)に中央会計セミナールームで行われた「第43回リクリセミナー「Webデザイントレンド in 大阪 2022」」に参加してきました。
当日は2022年前半トレンド速報も含めた「Webデザイントレンド大阪版120分スペシャル」と「フリーランスでなくても知っておきたい! インボイス制度について」、「オフラインだから聞いてほしい&聞きたい!お悩み・質問相談会+感想戦」の3部構成の勉強会でした。
当日の様子は以下でも確認できます。
https://twitter.com/hashtag/resem43

Webデザイントレンド大阪版120分スペシャル

まず、今回のメインでもあるデザイントレンドの本編です。
デザイントレンドという言葉からイメージするものは、最新のデザインや流行のデザインを追うものだと捉えられがちですが、Webデザイントレンドでのデザイントレンドの定義は「トレンドとは最先端ではない、時代に最適化されつつある現象」と定義し、すでに多くのサイト内で同様の傾向が見て取れる内容を取りまとめて考察するという内容なので、定量的な内容が含まれるために一過性の流行を追うようなものではないという点が面白いポイントです。
また、トレンドのデザイン要素をパターンで見るという特性上、実際に運営しているサイトにピンポイントで取り入れることもできそうなアイデアのヒント的な側面もあるので、サイトを運営する側でも「これを取り入れてみたら面白いかも」という刺激もあります。
個人的に、今回の内容の中でこれは面白いなと思った3点をかいつまんで紹介します。もちろん他にも面白い内容はありましたが全部書くと大変な量になるので…。

流れる文字

昨年のトレンドからもでてきていた流れる文字なんですが、技術的にはwebの初期からあるマーキーになります。 トレンドの定義 トレンドの定義
webの黎明期では一般的に取り入れられていたマーキーですが、一時期はあまり見ることがありませんでした。
そんなマーキーが今の時代に使われるというのも流行の回帰的な意味でノスタルジックな感じなんですが、さすがに以前と同じような使い方ではなく、デザインのあしらい的な要素として背景に使用されるというような使われ方をしているのが印象的でした。
背景動画とかもそうなんですが、画面内で動きを取り入れることで、アイキャッチができるので、ページの離脱率を下げるような効果も期待されているように思います。
また、スピンマーカーとして紹介されていた円窓型のアイコンのようなマーキーとかも、読むためのものというよりも装飾的な意味合いで使用されている感じかなと思いました。
もちろん使いすぎはNGですが、サイト内に取り入れる要素という切り口で考えると手軽で実用的なtipsかなと思いました。

スタートアップ企業のトレンドの中で紹介されていたモデル図の部分が個人的なはけっこう印象が強くて、スタートアップ企業のような商品やサービスの抽象度が高い場合、
直感的なイメージが作りづらいという特徴があります。そういう特性を持った内容を紹介するための手法として、モデル図でわかりやすく表現するというアプローチは効果がありそうだと感じました。
他のコーナーで紹介されていた「早わかり」にも共通することではありますが、ユーザーがサイトで情報を取得するための可処分時間が減っている環境下で、「よりはやく」「より効果的に」情報を伝えるためには、文字だけの情報ではなく動画や図形、具体的な数値データなどで理解を深めてもらうというのは効果的だと思います。

UI stack

あと気になったのが、UI stackです。UI stack自体は結構前からある概念なんですが、名前を聞くまでその存在をすっかり忘れてしまっていました。
UI stackが何かというと、画面を5つの状態に分類し、それぞれの画面の状態を想定して作っておくという概念です。
UI stackは基本的にアプリを作成する場合に最も効果が出る手法かと思いますが、webでもその考え方を取り入れることでチェックの精度が上がるので取り入れたい考え方でもあります。
また、今回のセミナー参加者には登壇された矢野さんが実際に使っているシートを提供してもらえるという特典もあったので、実践できる環境を用意してもらったというもうれしいポイントでした。

フリーランスでなくても知っておきたい! インボイス制度について

第2部になるインボイス制度の紹介については、会場の中央会計の饒村さんがお話されていたんですが、専門家視点で見るインボイスの紹介が非常にわかりやすく、かつ面白い内容でした。
インボイスの対象はフリーランスというイメージがあってあまり詳しく調べてなかったんですが、今回の話を聞いて色々と見る視点が変わりました。
詳細内容については書きませんが、この話を聞いて感じたのは「これから先のフリーランスや消費税の非課税事業者は肩身の狭さ」です。
インボイスに登録している事業者かどうかが取引をするための条件の一つになった場合、インボイスに対応していないという時点でディスアドバンテージになるので、その時点で結構きついんですよね。
もう一ついうと登録事業者になる時点で実質的に収入が減るということも意味するので、その点での負担も大きいです。
なんにせよ状況はけっこう厳しいなと。でもこの情報は知っておくに越したことはないので、この機会に話が聞けて非常によかったと思います。

オフラインだから聞いてほしい&聞きたい!お悩み・質問相談会+感想戦

まず面白いなと思った質問が、値下げ交渉の話。
提案時に定価よりも安くで提案したのに、そこからさらに値下げされた場合どうするのが望ましいのかという趣旨の質問でした。
この話題はデザインとは直接関係はないのですが、登壇者のそれぞれの皆さんの仕事に対するスタンスが聞けたので非常に面白いテーマだったと思います。
個人的には、まず値引きありきで仕事をすすめるようなことはしてませんが、予算の都合で結果的に価格交渉になるケースというのはそこそこあるパターンだったりもするので、その際の選択肢にこういう対応もありかなという発見はありました。
次に面白いなと思ったのが、年上のおっさんデザイナーの教育についての話。
僕の場合は会社勤務ではないので、自分の意志で雇用しない限りこのシチュエーションになることはないのですが、会社員として働いている場合は自分の意志とは関係なくこういう場面に遭遇するケースもあるかもしれません。
ここで面白いなと感じたのは、登壇者のみなさんが皆一様にどう返事をするのがいいのか困っていた感じだった点です。
もちろん「おっさんデザイナー」という存在自体が定義が難しいですし、そもそも「人による」という答えがある以上、ケースバイケースなのが答えだったりすると思うので、はっきりとした答えはないと思う質問だったかと思います。
しかし、そうは言っても何かしらの答えを提示したいという意図で考えている様子がとても真摯にこの質問に対している感じで、その点が非常によかったです。

今回は久々のオフラインの勉強会で、参加自体も久々ではありましたが、参加してよかったと思います。
オンラインの勉強会が悪いということではないんですが、オフラインのよさを再確認できました。
個人的に感じたのは、「テーマへの継続的な集中」で、実際に席に座ってその話を集中して聞くことという物理的な制約によって、テーマに集中できるのがいい感じでした。
オンラインだとついつい意識が散漫になりがちなので、個人的にはオフラインのほうがテーマに集中できていい感じです。
コロナの影響はまだありますが、オフラインのイベントは今後も増えていくと思うので、積極的にでていこうと思います。
登壇いただいた皆さん、企画と運営をされた皆さん、ありがとうございました。

SDGsとは?


UN Photo/Cia Pak

SDGsの17の目標

SDGsの169のターゲット

トレンドの定義 トレンドの定義
1.1 2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。
1.2 2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。
1.3 各国において最低限の基準を含む適切な社会保護制度および対策を実施し、2030年までに貧困層および脆弱層に対し十分な保護を達成する。
1.42030年までに、貧困層および脆弱層をはじめ、すべての男性および女性の経済的資源に対する同等の権利、ならびに基本的サービス、オーナーシップ、および土地その他の財産、相続財産、天然資源、適切な新技術、およびマイクロファイナンスを含む金融サービスへの管理を確保する。
1.5 2030年までに、貧困層や脆弱な立場にある人々のレジリエンスを構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的打撃や災害に対するリスク度合いや脆弱性を軽減する。
1.a あらゆる次元での貧困撲滅のための計画や政策を実施するべく、後発開発途上国をはじめとする開発途上国に対して適切かつ予測可能な手段を講じるため、開発協力の強化などを通じて、さまざまな供給源からの多大な資源の動員を確保する。
1.b 各国、地域、および国際レベルで、貧困層やジェンダーに配慮した開発戦略に基づいた適正な政策的枠組みを設置し、貧困撲滅のための行動への投資拡大を支援する。

世界におけるSDGsと達成状況

SDGsがパワフルなところは、この数値目標を定期的にモニタリングしていくことです。その進捗をモニタリングしていく枠組みとして、国連ハイレベル政策フォーラム(HLPF:High Level Political Forum)というものがあります。

OECD 各国 アフリカ トレンドの定義

日本におけるSDGs

「持続可能な開発目標(SDGs)の実施指針を本日決定しました。日本は、これまで、持続可能な経済・社会づくりのため、国際社会のモデルとなるような優れた実績を積み重ねてきています。

今回決定した指針には、経済、社会、環境の分野における8つの優先課題と140の施策を盛り込みました。この指針で、世界に範を示し、持続可能な世界に向けて、国内実施と国際協力の両面で国際社会をリードしてまいります。

一点目は、国際保健の推進です。国際保健機関に対し、総額約4億ドルの支援を行う予定です。

二点目は、難民問題への対応です。今般、新たに5億ドル規模の支援を行います。

三点目は、『女性の輝く社会』の実現です。2018年までに総額約30億ドル以上の取組を行います。

来年7月には、国連で我が国の取組の報告も行う予定です。関係閣僚においては、今後も本実施指針の下、緊密に連携し、政府一丸で取り組むようお願いします。 」

  1. SDGsと連携する「Society(ソサエティー)5.0」の推進
  2. SDGsを原動力とした地方創生、強靭かつ環境にやさしい魅力的なまちづくり
  3. SDGsの担い手として次世代・女性のエンパワーメント

① 経済、ビジネスにおけるSDGs

ちなみにSociety5.0とは以下で表現されています。
狩猟社会(Society1.0)
農耕社会(Society 2.0)
工業社会(Society 3.0)
情報社会(Society 4.0)
超スマート社会(Society 5.0)

EYメガトレンド

将来の指針を再構築する

EY is a global leader in assurance, consulting, strategy and transactions, and tax services. The insights and quality services we deliver help build trust and confidence in the capital markets and in economies the world over. We develop outstanding leaders who team to deliver on our promises to all of our stakeholders. In so doing, we play a critical role in building a better working world for our people, for our clients and for our communities.

EY トレンドの定義 refers to the global organization, and may refer to one or more, of the member firms of Ernst トレンドの定義 & Young Global Limited, each トレンドの定義 of which is a separate legal entity. Ernst & Young Global Limited, a UK company limited by guarantee, does not provide services トレンドの定義 to clients. For more information about our organization, please トレンドの定義 visit ey.com.

© 2020 EYGM Limited. All Rights Reserved.

This material has been prepared for general informational purposes only and is not intended to be relied upon as accounting, tax, or other professional advice. Please refer to your advisors for specific advice.

EY.comへようこそ

本ウェブサイトを運用する上で不可欠なクッキーに加え、利用者の利便性とEYのサービス向上のために、次の種類のクッキーを使用しています。機能性クッキー:利用者の操作性を向上させるために使用します(例:選択した設定の記憶)。パフォーマンスクッキー:ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、利用者のサイト上での利便性を向上させるために使用します。広告/ターゲティングクッキー:広告キャンペーンを行う第三者の広告サービス提供者により設定されるもので、利用者に関連性の高いコンテンツを提供することができます。

withコロナで食に対する価値観はどう変化した?食品業界のホワイトペーパーまとめ

You can find non-alcohol beers displayed crammed in convenience stores in Japan. Even though “Strong” was the trends a トレンドの定義 トレンドの定義 little while ago, why トレンドの定義 are non-al and fine-al becoming the trend now? Let’s take a closer look at these from the behavior trends of keywords search users.

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

How have we faced the COVID-19 pandemic? A look back over the past three years.

In Japan, the spread of the COVID-19 has transformed social life and the environment surrounding consumers. We used the the online activity log analysis tool named “Dockpit”, to find out how much impact the COVID-19 has had on Japanese consumers.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる