投資基礎講座

ボラティリティって何

ボラティリティって何
そして、気になるのは決算日のローソク足の長く伸びた「ヒゲ」や。

こんな形してるやろ? ボラティリティって何
赤い四角に赤い線が上に伸びてるな。
1日の値段の動き(高い安いの差)は大きかってんけど、1日終わったらさほど動かんかったってことや。
こういう形は「売りたい気持ちが強い」っていう証拠やねん。. 〆(・ω・。)メモメモ
決算良かったからどんどん買われて、高安差が大きくなってんけど、途中でどんどん売られて、
結局なんかあまり株価上がらなかったね、っていう感じ。(´∀`; )
赤いから大丈夫っていう見方もあるけどな。

II .保険監督上の評価項目

なお、保険会社が、「区分等を定める命令」第3条第1項の規定により、そのソルベンシー・マージン比率を当該保険会社が該当する「区分等を定める命令」第2条第1項の表の区分に係るソルベンシー・マージン比率の範囲を超えて確実に改善するための合理的と認められる計画を提出した場合であって、当該保険会社に対し、当該保険会社が該当する同表の区分に係るソルベンシー・マージン比率の範囲を超えるソルベンシー・マージン比率に係る同表の区分に掲げる命令を発出するときは、上記及びのソルベンシー・マージン比率を改善するための所要期間には、下記 II -2-2-3のソルベンシー・マージン比率が当該保険会社が該当する同表の区分に係るソルベンシー・マージン比率の範囲を超えて確実に改善するための期間は含まないものとする。

II -2-2-3 「区分等を定める命令」第3条第1項に規定する合理性の判断基準

II -2-2-4 命令区分の根拠となるソルベンシー・マージン比率

II -2-2-5 計画の進捗状況の報告等

II -2-2-6 「区分等を定める命令」第3条第3項の運用について

II -2-2-7 その他

II -2-3 早期警戒制度

II -2-3-1 意義

II -2-3-2 監督手法・対応

II -2-4 生命保険会社の区分経理の明確化

II -2-4-1 意義

II -2-4-2 主な着眼点

II -2-4-3 監督手法・対応

II -2-5 商品開発に係る内部管理態勢

II -2-5-1 意義

II -2-5-2 主な着眼点

保険商品の開発等に係るシステム開発時のチェック及びシステム開発後のチェック・管理については、「II -3-13-2 システムリスク管理態勢」も参照のこと。

II -2-5-3 監督手法・対応

サイトマップ

金融庁/ Financial Services Agency, The Japanese Government (法人番号6000012010023)

予測不能な時代「VUCA(ブーカ)」ってなに?

VUCAは「Volatility(ボラティリティ:変動性)」「Uncertainty(アンサートゥンティ:不確実性)」「Complexity(コムプレクシティ:複雑性)」「Ambiguity(アムビギュイティ:曖昧性)」の頭文字を並べたもの。もとは冷戦後より戦略が複雑化した状態を示す軍事用語であったが、2010年ごろより、「VUCAワールド」「VUCA時代」のようにビジネスでも用いられるようになった。

●「VUCA」時代、企業に求められているものは
VUCA時代、企業には人材マネジメントの刷新やステークホルダーへの積極的な情報発信が求められる。

・日本型人材マネジメントからの脱却
いわゆる日本型の雇用システムを継続している企業の成功は今後難しくなってくるだろう。組織の根幹を担うのは人材だ。

・ステークホルダーに対する積極的な情報発信と対話
VUCA時代に企業の競争力を向上させるために、これからの経営戦略の中心は人材戦略となることをステークホルダーに理解してもらう必要がある。

「VUCA」に対応する4つの組織づくりのポイント

(1)「VUCA」の情報収集と分析
まずは自社にとって何がVUCAの要素となっているのかを知り、それら不安定要素に関する情報を収集する。

・Volatility(変動性)に関する情報とは
IT技術の進歩によって新規市場が生まれたSNS等、変動性の高いサービスによってマーケティングの手法が変わるといった変化が、経営に大きな影響をおよぼす可能性がある。新規ビジネスが生まれては消えるVUCA時代、変わりゆく技術やサービスに関する情報収集を怠ることはできない。

・Uncertainty(不確実性)に関する情報とは
大規模な自然災害、人口動態は予測できない経営におけるリスク(不確実性)である。東日本大震災のような大規模な自然災害が起こった際にどのような影響が考えられるのか、停電等が発生した際の体制をどうするのか、過去の事例から学ぶ必要があるだろう。

・Complexity(複雑性)に関する情報とは
ビジネスの推進を阻害する複雑な情勢を紐解くための情報収集も欠かせない。ビジネスのグローバル化が進む今、国内の政治・経済の動向をチェックしているだけではビジネスを拡大できない。

・Ambiguity(曖昧性)に関する情報とは
曖昧性の事例として、消費者の価値観が挙げられる。以前はマスメディアが主導してブームを作り上げ、消費者を意図的に誘導するようなマーケティングも可能だった。現在では、インターネットの登場によって消費者の意識が多方に分散し、消費者それぞれが独自の価値観を持ち、消費活動にも影響を与えている。

(2)「VUCA」に対応できる施策を立案する
VUCAに関する情報を収集し分析を行うと、自社が行うべき対策が見えてくる。VUCA時代に対応すべく、不確定要素に対する施策を立案しよう。収集した情報と分析結果を社内全体で共有し、経営陣だけでなく従業員とともに具体的な施策を考えよう。

(3)日常的に施策を実行する
立案した施策は、日常的に実行することが大切だ。よりリスクが高まったときや実際に問題が生じたときのみ施策を実行するのでは、施策が適切かどうかわからない。

(4)定期的に「VUCA」について考える
情報の収集・分析、施策立案を1度行っただけではVUCAに対する意識は根付かない。日々変化する状況に対応できる人材を増やし、競争力を高めるためにも、VUCAに関する会議や勉強会を開くなどしてVUCAについて定期的に考える機会を設けよう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる