FX口座開設

最高の暗号取引プラットフォーム

最高の暗号取引プラットフォーム
▲筆者より統計、作成

5年の2022つの最高の暗号通貨取引プラットフォーム!

外国為替シグナル-EightCap

暗号化トランザクション

今日、市場には多数の暗号通貨があります。 ただし、最も支配的なXNUMXつのコインは ビットコイン 及び イーサリアム。 最高の暗号取引プラットフォーム ほとんどの暗号通貨はによって刺激されます Blockchain テクノロジーであり、それぞれに異なるボラティリティレベルがあります。 現在、それらの可能性は金融市場に広範囲に影響を及ぼし、あらゆる形態の人々に投資と取引の機会を提供すると推定されています。 サイズ。 暗号通貨の取引の仕組みは他のものと同じかもしれませんが、市場の動きを予測する背後にある戦略はまったく異なります。 これは、暗号が他の取引市場に影響を与える動きの影響を受けないためです。 たとえば、国の経済的地位が米ドルや英国ポンドに大きな影響を与える可能性がありますが、暗号通貨に影響を与えることはめったにありません。

一方、セキュリティの欠陥や暗号通貨の法的な禁止などの要因を見ると、それは 可能性 問題のコインの投資状況に影響を与える可能性があります。

暗号通貨取引プラットフォームとは何ですか?

暗号通貨取引プラットフォームにより、投資家は暗号通貨取引に参加できます。 アカウントを開設して取引を実行することで、これらの暗号通貨を売買できます。 取引したい暗号がわかったら、その情報を取引プラットフォームに渡します。これにより、基本的に取引が容易になります。

投資家はXNUMXつの方法で暗号通貨取引に取り組むことができます。 XNUMXつ目は、元の形式でデジタル通貨を購入することです。 暗号は完全にデジタルであるため、暗号ウォレットに保存します。 他の選択肢は、を使用して取引を実行することです CFD取引、これにより、所有権を取得せずに、選択した暗号通貨を長くまたは短くすることができます。

暗号通貨取引はまだ投資セクターにとって比較的新しいため、すべての取引サイトが規制されているわけではないことがわかります。 これは、暗号通貨に投資し、原資産を真の形で購入したい場合に特に当てはまります。 そういうものとして、あなたが喜んでするなら 最高の暗号取引プラットフォーム トレード CFDを介した暗号通貨の場合、FCAやCySECなどの規制機関を通じてライセンス供与されている取引サイトが不足することはありません。

従来の証券会社の仕組みと同じように、選択した取引プラットフォームで手数料と手数料を支払う必要があります。 これは、取引サイトと投資の規模によって異なります。 ただし、競争力のある料金体系とともに取引の手数料がゼロである取引プラットフォームを見つけることはそれほど難しくありません。

なぜあなたは暗号通貨取引サイトで取引する必要がありますか?

暗号通貨の分野では直接購入が可能ですが、 CFD取引 地点。 一つには、これらの取引サイトの多くは、他の資産へのアクセスも提供します。 したがって、他の金融商品で取引を続けながら暗号通貨で運試しをしたい場合は、両方の拠点をカバーする取引サイトを選択できます。

  • 暗号通貨取引業界へのアクセスを取得します。
  • CFDを使用してロングとショートの両方を行うオプション。
  • 24時間運用。
  • さまざまな支払い方法が利用できます。
  • 簡単な登録プロセス。
  • 競争力のある料金体系。
  • 規制された投資プラットフォームで作業するという選択。

反対に、暗号通貨取引は依然としてリスクがあると見なされています。 あなたが暗号通貨と投資業界の両方について完全な知識を持っていない限り、利益を得るのはかなり難しいかもしれません。 暗号通貨のより広い価格に大きな影響を与える可能性のあるセキュリティ違反のケースも時折ありますので、これを覚えておいてください。

暗号通貨取引プラットフォームの種類

1.暗号通貨を所有する

トレーダーはいつでも購入でき、 それらを取引するための独自の暗号通貨 後で。 投資家は、将来的に価格が上昇することを期待して、市場の長期的な傾向を見ています。 暗号通貨はまだ11年しか経っていませんが、価値を倍増させるために前向きな方向に進んでいます。

この場合、資産の100%の所有権を受け入れ、個人のウォレットに保存します。 これらがあなたの財布に残っている限り、あなたは取引プラットフォームの崩壊の影響を受けません。 ただし、プライベートウォレットは常にセキュリティハッキングの影響を受けやすいため、資産の保護には特別な注意を払う必要があります。

専門家は、暗号通貨をハードウェアウォレットに保管することを推奨しました。 より安全ですが、ビットコインとの取引を行うプロセスが少し難しくなる可能性があります。 頻繁に取引したい場合は、より効率的なより良い代替手段が必要です。

2.CFDを介した暗号通貨の取引

暗号通貨取引-CFD

たとえば、ビットコインについて推測し、強気を感じているとしましょう。 コインを購入して利益を得るために販売する代わりに、価格が上がることを期待してコインに投資するだけです。 CFDを使用することの重要な利点のXNUMXつは、暗号をショートセルできることです。 さらに、暗号通貨に関連するほとんどの規制された取引プラットフォームは、コインを所有する代わりにCFDを介した取引を奨励しています。

暗号通貨取引プラットフォームにお金を預ける方法は?

最近まで、法定紙幣を介した暗号通貨取引へのアクセスはほぼ不可能なシナリオでした。 これは、規制対象のブローカーでは特に困難でした。 そのため、規制されていない取引プラットフォームにアプローチし、詐欺を回避する準備をしなければなりませんでした。

現在、暗号通貨業界が飛躍的に進んでいるため、移行を支援するために、より多くの取引プラットフォームが法定紙幣と安全な支払い方法をサポートしています。 他の取引プラットフォームと同じように、預金口座を持っているとあなたの取引がより便利になります。 現在、利用可能な支払い方法には、銀行カード、地方銀行振込、電信送金、さらには次のような電子財布が含まれます。 Skrill, PayPal, ネッテラー.

あなたが世界のどこにいても、あなたは資金を預けたり引き出したりする手段を見つけることができます。 ただし、取引を容易にするために少額の手数料を支払う必要がある場合があります。 さらに、一部の取引プラットフォームでは、アカウントに最低入金額を維持する必要があります。

暗号通貨取引プラットフォームでの手数料と手数料

スプレッド

世界 広がる は、暗号通貨取引プラットフォームの大部分で見られる間接的な料金です。 これは、資産の購入価格と販売価格の間の変動として計算されます。 暗号通貨に関しては、CFDを介して取引している場合にのみスプレッドを考慮する必要があります。

  • あなたは暗号通貨に投資するために取引サイトにサインアップします。
  • 50,000ドルで購入注文します。
  • 売り注文は51,000ドルの価値があります。

コミッション

取引プラットフォームによっては、取引ごとに手数料を支払う必要があります。 手数料は取引の両端で請求されます。つまり、販売だけでなく購入にも手数料を支払う必要があります。 手数料はパーセンテージで表され、金額は取引資本に基づいています。

  • あなたの取引サイトの手数料率は1%です。
  • 100ドル相当のビットコインを購入すると、1ドルが請求されます。
  • 同じビットコインを200ドルで販売すると、さらに2ドルが請求されます。

入出金手数料

どの暗号通貨を取引できますか?

デジタル通貨市場は現在、何千もの暗号通貨をホストしています。 これらはビットコインの成功に続いて発売され、今日では一般に「アルトコイン」として知られています。 alt-coinは、Bitcoinと比較して依然として非常に不安定であると考えられていますが、取引が難しい場合もあります。

暗号通貨取引-貿易

そうは言っても、Ethereum、Ripple、StellarLumensなどのコインは投資家からますます注目を集めています。 これらのアルトコインも高リスクのカテゴリーに分類されるため、それらをどのように推測するかに注意する必要があります。

暗号通貨をショートセルする方法は?

  • あなたはビットコインレートがまもなく下がっていると推測しています。
  • まず、ブローカーに売り注文を出します。
  • あなたは$10,000の賭け金で売っています。
  • ビットコインの価格は2%下がります。
  • 10,000ドルの賭け金では、これは200ドルの利益に相当します。
  • あなたはあなたの利益を固定して取引を終了するために買い注文を出します。

実際のシナリオでは、資産を所有する前に資産を売却することはできません。 そこでCFDが登場します。 言い換えれば、CFDを使用することにより、投資家は最初にそれらを販売するために暗号通貨を所有する必要はありません。 むしろ、あなたはその将来の価格についてのみ推測しています。

暗号通貨でレバレッジは可能ですか?

ビットコインやビットコインのような暗号通貨を取引しようとする人々がますます増えているという事実から逃れることはできません イーサリアム。 これを念頭に置いて、暗号通貨取引プラットフォームはそれ以来、投資家がレバレッジを利用できるようにしています。 繰り返しになりますが、レバレッジはCFDを介して取引する場合にのみ適用されます。

あなたが利用できるレバレッジの範囲は、投資家としての経験と選択した暗号通貨取引プラットフォームのポリシーによって異なります。 各国には、暗号通貨取引に関する一連の異なる規制もあります。 これは、適用できるレバレッジの量にも大きな影響を及ぼします。 このような規制は、個人投資家が大量に取引して巨額の損失を被ることを防ぎます。

  • 5:1のレバレッジで取引できるとしましょう。
  • これは、預金口座にある金額の5倍で取引できることを意味します。
  • したがって、残高が100ドルの場合、レバレッジを適用することで500ドルの株式と取引できます。
  • 利益または損失は、選択した倍数とともに増幅されることに注意してください。

より高いレバレッジが必要な場合は、それらを提供している規制されていないブローカーをいつでも見つけることができます。 初心者のトレーダーにとって、レバレッジと暗号通貨の両方を組み合わせると、両方の面で高いリスクが伴うため、致命的な組み合わせになる可能性があります。 そのため、現金を手放す前に、リスク管理の詳細を確認してください。

暗号通貨取引プラットフォームはどのくらい安全ですか?

暗号通貨はハッカーから完全に安全というわけではないため、投資家はお金を失う可能性を決して無視することはできません。 ハッキングを含む以前のイベントでは、いくつかの取引サイトがクライアントに返済することができました。 ただし、それはスペース内のすべてのブローカーの場合ではありません。

規制されていない取引プラットフォームと規制されている取引プラットフォームを比較する場合、これが最初に検討する必要のある要素です。規制されているプラ​​ットフォームを使用している場合は、保護される可能性が高くなります。 あなたが英国に拠点を置いているなら、あなたは探しています FCA オーストラリアでの認定 ASIC、およびキプロス CySEC。 ライセンスを保持することは確かに信頼性と取引サイトの評判を高めます。

ホットストレージとコールドストレージ

暗号通貨は、ホットストレージまたはコールドストレージのいずれかに保存できます。 ホットストレージとは、ウォレットがインターネットに接続されることを意味します。 冷蔵の場合はそうではありません。 ホットウォレットの方がセットアップに便利ですが、コールドウォレットの方が安全です。 できれば、資産を冷蔵保管する取引サイトが必要です。 これにより、アカウントが外部のセキュリティ脅威から保護されます。

認証

多くの取引プラットフォームは、XNUMX要素認証に切り替えています。 これには、アカウントを電話または電子メールに接続し、その後、取引アカウントに別の保護レイヤーを追加する必要があります。 通常、サイトにログインするときに入力する必要のあるワンタイムパスワードを携帯電話で受け取ります。

マルチシグウォレット

データの暗号化

暗号通貨取引プラットフォームの使用を開始する方法

ある種の取引の経験がある人にとって、暗号通貨に挑戦することはあなたのポートフォリオに別の資産を追加することを意味するだけです。 一方で、初心者はもう少し助けが必要になるでしょう。 これを念頭に置いて、今日暗号通貨取引サイトで取引を開始する方法のステップバイステップガイドを以下に示します。

1.取引サイトを選択します

あなたが持っている場合 何百ものプラットフォーム 選択するために、どのブローカーがあなたに適しているかを知ることはますます難しくなります。 まず、探している機能の種類と、興味に最も合ったサイトを見つける必要があります。 取引スタイルに関係なく、規制されたWebサイトと、競争力のある料金とアクセス可能なカスタマーサポートを提供するWebサイトを選択する必要があります。

2.アカウントを登録して確認します

暗号通貨取引-登録

ただし、取引を開始するには、サイトは最初にあなたの詳細を確認する必要があります。 住所を証明するものとともに、政府発行の有効な身分証明書を提示する必要があります。 一部のサイトでは、住所の証明として賃貸銀行の明細書または公共料金の請求書を受け付けています。 本人確認が完了すると、プラットフォームとその機能に完全にアクセスできるようになります。

3.最高の暗号取引プラットフォーム アカウントに資金を追加します

すべての暗号通貨プラットフォームでは、取引資本をアカウントに預ける必要があります。 これにより、ブローカーは数秒で注文を実行できるようになります。 前に説明した支払い方法のXNUMXつを使用してお金を追加できます。

4.取引を開始します

取引口座に応じて、フィアットからクリプトおよびクリプトからクリプトの両方の形式で、いくつかの暗号通貨にアクセスできます。 技術的な調査を行った場合は、すぐに取引を開始できます。 必要なのは、取引したいペアを選択し、買い注文または売り注文を出すことだけです。

5.コインの引き出し

直接所有でコインを購入する場合は、購入した暗号通貨を引き出すオプションがあります。 一部の投資家は、コインをサイトのウォレットに保管することを好みます。 ただし、セキュリティ上の懸念から、これはお勧めしません。

【2022年5月最新】仮想通貨取引所おすすめランキング!510名調査からわかった暗号資産の取引会社8選

勝田健太郎の保有資産

最高の暗号取引プラットフォーム
▲著者の保有資産。

そもそも「仮想通貨取引所」とは『法定通貨』と『仮想通貨』の売買ができる場所のこと

  • 日本円などの法定通貨と仮想通貨の交換
  • ある仮想通貨と別の仮想通貨との交換
  • 仮想通貨の売買

「仮想通貨取引所」では、1,000円以下から仮想通貨やビットコインを購入できる

  • コインチェック:0.001BTC
  • DMM Bitcoin:0.0001BTC(※) ※BitMatch注文は除く
  • bitFlyer: 最高の暗号取引プラットフォーム 0.00000001BTC
  • GMOコイン:0.0001BTC
  • bitbank:0.0001BTC

仮想通貨取引をする際、初心者ならいくら用意するべき?

  • 初めて仮想通貨で勝つ確率:50%
  • 2回連続勝つ確率:25%
  • 10回連続勝つ確率:0.097%

仮想通貨のプロは、「いつか負けるので負けたときに損失を最初限にする損小利大」という考え方をします。

Q「仮想通貨取引所」で取引を始めるには、まずは何からしたらいいですか?必要なものは何ですか?

安全で使いやすい仮想通貨(暗号資産)取引所を選ぶポイント5つ

安全で使いやすい暗号資産の取引所を選ぶポイント

安全で使いやすい仮想通貨取引所を選ぶポイントは以下の5つ です。

  1. 取引手数料が安いか
  2. 取引所のセキュリティが高いかどうか
  3. 取引アプリが使いやすいか
  4. 金融庁が認可した安全性の高い運営元か
  5. 取り扱う通貨数が豊富か

ポイント1.取引手数料やスプレッドが安いか

取引手数料が高いとせっかく、売買で得た利益が減ってしまいます。

ポイント2.取引所のセキュリティが高いかどうか

なぜなら、仮想通貨取引で大きな利益を出しても、安全性が低い取引所で取引をしていた場合、 個人情報や大切な資産を盗まれる可能性があるから です。

ポイント3.取引アプリが使いやすいか

ポイント4.金融庁が認可した安全性の高い運営元か

仮想通貨の取引をする際は、 金融庁が認可済みの取引所を利用する方が安心 でしょう。

ポイント5.取り扱う通貨数が豊富か

よって、 取引所を選ぶ際は取り扱う通貨数や種類が豊富な取引所を利用するのがおすすめ です。

おすすめの国内仮想通貨取引所8選

おすすめの国内仮想通貨取引所は以下の8社 です。

1.最短当日から取引できる!初心者におすすめの「DMM Bitcoin」

DMM Bitcoin

  • 24時間即日取引が可能!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能!
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

さらに銘柄は19種類と豊富なので、まだどの暗号資産に投資しようか迷っている人にとってもオススメです。

2.マネックスグループの傘下で信頼性が高い「Coincheck」

coincheck

  • 初心者でも 圧倒的に使いやすいアプリ 画面!
  • 取り扱い通貨は 日本最大級の17種類 で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

Coincheckは国内のダウンロード数が308万で、2020年上半期でのアプリダウンロード数が国内NO1です。

3.取引画面が見やすく、初心者でも取引しやすい「bitbank」

bitbank

  • 仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!
  • リップルの取引量が世界一!
  • 取引手数料キャッシュバック中!

またセキュリティが高く、 2018年10月3日 ICORating調べにおいて国内NO1を獲得 しています。

4.最短10分で取引を開始できる「GMOコイン」

GMOコイン

  • 安心の 大手GMOグループ が運営!
  • 手数料が ほぼすべて無料 !
  • アプリが使いやすい ので、初心者でも楽々操作可能!

取引ツールが使いやすいと定評があるので、取引初心者はもちろん、取引経験者も利用しやすいで しょう。

5.100円から取引をスタートできる「bitFlyer」

bitflyer

bitFlyerは100円から仮想通貨を売買できるだけでなく、 ビットコイン取引量も国内NO1で、取り扱い通貨数が15種類と豊富 です。

6.世界統一のセキュリティ基準を採用していて、安全性が高い「SBI VC Trade」

SBIVCtrade

  • SBIグループが運営する仮想通貨取引所
  • 入金手数料と現物取引手数料が無料!
  • シンプルで使いやすい取引ツール

SBI VC Tradeは世界統一の厳格な審査基準で発行されているEV SSL証明を獲得しています。

よって セキュリティ体制が万全で、初心者でも安心して取引できる でしょう。

7.LINE Payで取引口座の入出金ができる「BITMAX」

bitmax

よって、 口座開設に必要な面倒な手間が削減されるでしょう。

8.日本円以外の法定通貨8種類で仮想通貨を売買できる「Liquid」

liquid

また、 最高の暗号取引プラットフォーム Liquidでしか取り扱いのない独自通貨「QASH」の売買も可能 です。

暗号資産取引を始める流れは3STEP

  1. 暗号資産取引所で口座開設をする
  2. 取引口座に日本円を入金する
  3. 取引所または販売所で暗号資産を購入する

一方で取引所の場合、 利用者同士のやり取りなので、希望額分の暗号資産を購入できない場合がありますが、相場に近い価格で購入しやすい でしょう。

\キャッシュバックキャンペーン中/

自分に合う仮想通貨取引所を選ぶコツ

  • お得に取引できるキャンペーンがある
  • 用途に合わせて、2つ以上の仮想通貨取引所に登録する
  • 自分の取引方法に合った取引所を選ぶ

コツ1.お得に取引できるキャンペーンがある

キャッシュバックキャンペーンを利用すると、その分だけ 多く暗号資産を買えるので長期的に見ると運用益に差が出る でしょう。

コツ2.用途に合わせて、2つ以上の暗号資産取引所に登録する

なぜなら、 複数の取引所に口座があることで取引所のシステムトラブルで売買できないリスクを避けられる からです。

コツ3.自分の取引方法に合った取引所を選ぶ

  • 今すぐに通貨を買いたい人:販売所形式で通貨を買える取引所
  • 相場に近い価格で通貨を買いたい人:取引所形式で通貨を買える取引所
  • 少ない資本金でレバレッジをかけて取引したい人:レバレッジ取引ができる取引
  • 仮想通貨の積立投資をしたい人:積立投資サービスがある取引所

仮想通貨取引所を選ぶ際は 自分の取引方法に合った取引所を選ぶことが大切 です。

仮想通貨取引所を利用する際の注意点3つ

仮想通貨取引所を利用する際の注意点

仮想通貨取引所を利用する際の注意点は以下の3つ です。

  1. 購入した通貨を取引所にそのまま放置しない
  2. 複数の取引所で同じパスワードを使わない
  3. 英語が苦手なら、無理に海外の仮想通貨取引所を利用しない

注意点1.購入した通貨を取引所にそのまま放置しない

たとえば、以下のような 仮想通貨専用のウォレットに入れて保管する必要 があります。

  • 専用ディバイスで管理する「ハードウェアウォレット」
  • ネットと完全に切り離されている「コールドウォレット」

注意点2.複数の取引所で同じパスワードを使わない

なぜなら、 仮想通貨の盗難は個人の口座に不正アクセスをしてデータを盗むという手口が大半 だからです。

注意点3.英語が苦手なら、無理に海外の仮想通貨取引所を利用しない

  • 英語力に自信があり、ビジネスでも利用している
  • 仮想通貨の取引に慣れている
  • 日本の金融庁の認可がない取引所でも良いので、知名度が低いマイナーな通貨を取引したい

安全で安心な仮想通貨取引をしたい人や知名度があり、時価総額が高い仮想通貨を取引したい人は国内取引所を利用する ととよいでしょう。

おすすめの仮想通貨取引所に関するQ&A

おすすめの仮想通貨取引所に関するQ&Aは以下の通り です。

Q1.仮想通貨取引所の販売所形式と取引所形式って違いはなに?

販売所形式と取引所形式の違いは以下の通り です。

  • 販売所形式:仮想通貨を店から購入する「売店」
  • 取引所形式:仮想通貨を客同士が売買する「市場、・バザー」

Q2.スプレッドを比較して、仮想通貨取引所を選んだ方がいい?

スプレッドとは販売所の取引仲介手数料あり、これが販売所が得る利益 です。

Q3.未成年におすすめの取引所はある?

なぜなら、海外取引所は 基本的に英語で取引をするので、トラブルがあった際に対応できないケースが考えられる からです。

DeFiの基本を解説--ブロックチェーンを活用した新たな形の金融サービス

「APM」「Prometheus」「SLO/SLI」--システム監視に急増する新ワード

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from 最高の暗号取引プラットフォーム A Red Ventures Company., Fort Mill, 最高の暗号取引プラットフォーム SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the 最高の暗号取引プラットフォーム copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) 最高の暗号取引プラットフォーム A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

【現地取材】他と異なる中国版NFT、ビジネス誕生となるか

openseaで発行された上海ロックダウン関連の動画NFT(筆者より撮影)

技術的な価値はともかく、中国版NFTにどのくらいの価値があるか、それはNFTユーザーが何を求めているのかによると考えられる。オープン的なのか、規制され一部の機能しか利用できないのかはさておき、14億もの人口を持つ中国は、一般的なNFTと異なる中国版NFTとして、大きな市場を生み出す可能性が高い。

■中国NFTのビジネス活用

・IP所有者がNFTを販売

NFT技術は現在、デジタルアート分野で最も活用されている。中国の壁画や油絵の著作権を持つ博物館・著名アーティスト、またはIP所有者がIPを提供。そして、プラットフォーム側はそれをNFT化し販売する。そこで儲かった収益を両者で分配するという仕組みだ。

鯨探(アリババ)で販売されていたの敦煌の壁画(筆者より撮影)

幻核(テンセント)で販売されていたゴッホとモネの代表作のNFT(筆者より撮影)

このような形で販売されるNFTアートが売れるかどうかは、そのIP自体の影響力のほか、中国人の美学に合うかどうかも関係する。十二支や春夏秋冬の季節をモチーフにしたNFT画像は海外では評価されないが、中国人の美学には合っており、受けが良い」(張西鵬)

・NFTを通じてブランドのプロモーションを行う

新興ブランドのみならず、贵州茅台のような老舗白酒ブランドもNFT関連のプロジェクトをリリース。若い世代ほど NFT の認知があり、ブランドも若者消費者を獲得するため、相次いでNFTプロジェクトが打ち出されている状態だ。

▲筆者より統計、作成

ブランドから見ると、NFTを自社の会員サービスや商品などとリンクさせ、そのNFTに価値を与えることは、試す価値のあるNFTの活用方法だ。例えば、NFTを購入したら所持者がそのブランドの商品クーポンをもらえたり、オフライン展覧会のチケットとして使えたりと、所持者に様々な権利を与えることよって、集客が行える。」(張西鵬)

・メタバースのプロジェクトとリンクさせる

そのため、中国でもNFTをメタバース世界への第一歩として捉えられ、NFTをメタバース関連のプロジェクトとリンクさせることにより、さらなる話題性を生み出そうとしている。

Synamon、Astar Networkとパートナーシップを締結【フィスコ・ビットコインニュース】

facebook-share

メタバース市場の普及・発展に取り組む株式会社Synamonは23日、日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Networkとパートナーシップを締結したと発表した。
Synamonは、リアルとデジタルの融合を加速させるため、メタバース領域で法人向けにサービス提供を行う。現在は、スマートフォンを含むマルチデバイスからアクセスができ、NFT活用を含む幅広いユースケースに対応可能なメタバース総合プラットフォームの開発を行っている。

今回、Astar Networkが注力するNFT(非代替性トークン)領域における活用を中心に連携を行っていくようだ。連携の背景には、メタバース領域においても重要なコミュニティがとても活発なことや、NFTへの対応への注力も掲げられていることが挙げられた。そのほか、Ethereumを用いたNFTでは各種やり取りに必要なGas代の高騰が問題視されているなか、Astar NetworkのGas代の安さも強みとして挙げられた。

Astar Network は、2021年の12月にポルカドットのパラチェーンとなった。Astar Networkは、Polychainのほか、Crypto.com Capital、Alameda Research、などの大手暗号資産ファンド、Ethereum及びPolkadotを創業したGavin Wood氏、プロサッカー選手の本田圭佑氏、などから資金を調達している。ガバナンストークンである「ASTR」は、大手仮想通貨取引所のBinance、Huobi GlobalやGate.io、OKEx、に上場している。

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●テレワーク ●オンライン教育 ●マスク/防護服
●巣ごもり消費 ●臨床検査 ●医療廃棄物処理
●ゲーム ●金(ゴールド) ●金鉱株
●高配当株 ●インフルエンサーマーケティング
●直近IPO銘柄 ●赤外線サーモグラフィー
●米国株(好決算企業) ●米国株(薬・ワクチン) ●米国株(巣ごもり消費ほか)

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

松井証券の口座開設はこちら!

SREHD、ラクス、セルムなど(2022.05.30)
ヒガシ21---3PL業務の新規受託に伴い愛知県小牧市に新たな物流拠点を開設(2022.05.30)
前澤友作氏、Web3及びメタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」を組成【フィスコ・ビットコインニュース】(2022.05.30)
ブロードエンター---インターホン設備設置事業のプログレスと業務提携(2022.05.30)
ソニーG---大幅続伸、事業説明会を受けて見直しの動き強まる(2022.05.30)

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

    ザイ編集部(2022.5.25) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) 最高の暗号取引プラットフォーム ザイ編集部(2022.5.20)
    ザイ編集部(2022.5.25) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ編集部(2022.5.20)
    ポイ探ニュース(2022.5.29) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.5.27) 最高の暗号取引プラットフォーム ザイ・オンライン編集部(2021.12.23)
  • SREHD、ラクス、セルムなど
  • ヒガシ21---3PL業務の新規受託に伴い愛知県小牧市に新たな物流拠点を開設
  • 前澤友作氏、Web3及びメタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」を組成…
  • ブロードエンター---インターホン設備設置事業のプログレスと業務提携

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる