オプション取引方法

EPS(1株当たり利益)とは

EPS(1株当たり利益)とは

EPSを見て企業の経営状態や株の割安感などを判断するには、当期EPSだけではなく前年や過去のEPSを見て比較することも大切です。
前年との比較やこれまでの推移を知ると、 その企業の経営状態がどのような流れにあるか、そして今後は成長が期待できるのか予測 できます。

「earnings per share」を日本語に翻訳する

I said then that we had two missions, the first being to maximize earnings per share and increase shareholder value and the other to lay the foundation for our 100th anniversary.

AMETEK's objective is double-digit percentage growth in earnings per share over the business cycle and a superior return on total capital.

To calculate earnings per share, the company's net income is divided by the number of shares in issue.

The acquisition is expected to be accretive to pro-forma earnings per share (EPS) already in the fiscal year of closing.

Income statements present the results of operation for an organization for EPS(1株当たり利益)とは specific periods of time. Income statements report revenues, expenses, net income, and earnings per share.

Additionally, the acquisition is targeted to be accretive to Cree's non-GAAP earnings per share in its first full quarter of operations with Cree (which will be Cree's EPS(1株当たり利益)とは fiscal fourth quarter ending June 24, 2018).

The 2015 roadmap aims to deliver earnings per share EPS(1株当たり利益)とは of $20 or better, with revenue from growth markets approaching 30 percent of IBM's total revenue.

These KPIs will include return on equity (ROE) and earnings per share (EPS), which are both indicators that have been selected based on our emphasis on improvements to medium-to-long-term corporate value.

A business process is a defined sequence of tasks that runs according to a specified schedule and generates data for reporting and analysis. For example, the process of computing EPS(1株当たり利益)とは projected earnings per share every EPS(1株当たり利益)とは month can be considered a business process.

As indicators of quantitative results, net sales, profit attributable to EPS(1株当たり利益)とは owners of the Company, and basic earnings per share (EPS) stated in the Consolidated Financial Statements EPS(1株当たり利益)とは of the Company have been EPS(1株当たり利益)とは adopted.

You only want calculated output at a certain level. For example, if you expect the business process to compute earnings per EPS(1株当たり利益)とは share for the Total Company member only (you do not want to compute it for every member of the Organization dimension), then you can specify the output selection for this calculated line to EPS(1株当たり利益)とは be the Total Company member.

By changing from a patchwork of EPS(1株当たり利益)とは home grown solutions to EMC's Automated Network Storage solution, you will reduce your total cost of ownership by $100M, which represents a 20% increase in Earnings Per Share.

社内開発ソリューションの組み合わせからEMCのAutomated Networked Storageソリューション に移行することにより、TCO(総所有コスト)の1億ドル削減 、つまり1株あたり利益の20%向上 を実現できます。

EPS(1株当たり当期純利益)とは?PBR・PERなど関連指標と合わせて用語解説!

業績グラフ

EPSとは1株当たり当期純利益のことです。株式投資の指標として認識されているイメージが強く投資家目線で語られることが多いEPSですが、企業側ではどんな場合に使うのでしょうか。
管理部門にいると決算報告書や招集通知などの業務でふれることがあります。連結のグループ会社の管理や事業継続の判断ではEPSの推移をみて経営判断がくだされることもあります。投資家目線のEPSが割安・割高とは少しちがう使い方です。
この記事では財務会計や管理会計の業務だけでなく、総務として株主総会の手続きにも携わった経験のある筆者がEPSについて詳しく解説します。

EPSとは

EPSイメージ

EPS(イーピーエス)とは「Earnings Per Share」の頭文字をとった指標で 「1株当たりの当期純利益」 の ことです。ファンダメンタルズ分析の基本的な指標であり、決算報告書をもとに企業の業績や財務情報などのデータを分析し収益性や成長力を知るために使います。
実務的には会計期間のEPSの推移を追うことで自社の成長性を知ることができます。企業の状況を規模に関係なく同業他社と比較することもでき、業界別に比較することで成長している業界を知ることもできるため、管理会計や経営企画では身近な指標でしょう。
将来的な業績景気や金利などの動向とあわせて投資家が長期投資するときの判断材料ともなります。
EPSは次の計算式で算出します。
EPS(1株当たり当期純利益) = 当期純利益 ÷ 普通株式の期中平均発行済株式数
近年、計算に使う発行済株式数は「自社株を含めた発行済株式数」から「自社株を除く発行済株式数」で計算する方法が主流となりつつあります。
例えば税引後の当期純利益100万円で発行済普通株式数1,000株の企業のEPSを計算すると
EPS:100万円÷1,000株=1,000円
1株当たりの当期純利益は1,EPS(1株当たり利益)とは 000円となります。年度ごとにEPSを計算して推移をみていけば成長性がわかります。

参考:企業会計基準|1株当たり当期純利益に関する会計基準

EPSと各指標

・PER(Price Earnings Ratio)

株価収益率で収益に対する株価の大きさを示します。収益性を知る場合に最初にみる指標です。低ければ低いほど株価が割安と判断します。
計算式:時価総額÷純利益
EPSを利用して「株価÷EPS」でも計算できます。

・PBR(Price Book-value Ratio)

株価純資産倍率で純資産に対する株価の大きさを示します。もし「1」以下であれば会社の存在価値を検討することもあり得ます。株主に分配される資産の金額であるため「解散価値」ともいいます。
計算式:時価総額÷純資産
株価をBPSで割って計算することもできます。

・ROA(Return On Asset)

総資産利益率で総資産に対する利益の大きさを示します。総合的な収益性の指標です。高いほど資本がうまく活用されて収益につながっていると考えます。
計算式:当期純利益÷総資産

・ROE(Return On Equity)

自己資本利益率で自己資本に対する利益の大きさを示します。経営の効率性を示す指標です。高いほど株主資本がうまく活用され収益につながっており、成長性も見込めると考えます。
計算式:当期純利益÷自己資本
EPS÷BPSでも計算することができます。

・BPS(Book-value Per Share)

1株当たりの純資産で資産から負債を差し引いたものです。安定性をみる指標で高いほど安定性も高くなります。PBRの計算にも使います(PBR=株価÷BPS)。
計算式:純資産÷発行済株式数

管理部門がEPSを使う場合はどんなとき?

(1) 有価証券報告書

短信個別

有価証券報告書は自社が有価証券を発行している場合に情報を開示するために作成します。このなかには業績の項目があり「1株当たりの当期純利益(EPS)」を記載します。上場企業では四半期(クオーター)ごとに決算短信で「1株当たりの四半期純利益」も発表します。

引用:株式会社リクルートホールディングス|2020年3月期 決算短信〔IFRS〕(連結) P.2 (参考) 個別業績の概要

(2) EPS(1株当たり利益)とは 株主総会の招集通知

財産および損益の状況

株主総会の招集通知には事業報告があり「財産および損益の状況」を記載します。一覧表となっているのが一般的でEPSも「1株当たりの当期純利益」として推移を載せます。

引用:三井住友信託銀行|株主総会招集通知、事業報告作成上の留意点「財産および損益の状況」 P.12

(3) 業績管理

近年活発なM&Aの際の株式交換比率の計算にもEPSを利用します。他業種とのM&Aだけでなく同業種でも株価はちがいますから、さまざまなアプローチで企業価値を算出して株式交換比率を決めていきます。そのなかに収益性をみるインカムアプローチがありEPSも参考のひとつです。
株式交換比率は合併する前に完全親会社A社・完全子会社B社の株式交換比率を1:0.2などと算出して進めます。仮に1:0.2の交換比率ならB社株式5株を持つ株主にA社株式1株を割り当てます。
これらはEPSを利用する代表的なものですが、他にも広報部門ではリリースや業績見通しの発表などで目にする身近な指標です。

EPSの動きと原因を理解しよう!

EPSは株式数と連動するため会社の意思を反映して業績とはことなる動きをすることがあります。その場合は単純に推移を追っていても正しい状況は把握できません。
自社株買いをして自己株式の消却で発行株式数を減らしたり、株式併合によって発行済株式総数が減るとEPSは増加します。
資産売却などの特別益がでても利益があがるので同じように動きます。本業以外で得た収入は収益性があがったわけではありませんが数字には影響してきます。
逆に株式分割や増資による新株発行は発行済み株式数が増えますのでEPSは減少します。
このような場合はEPSが指標としては機能しなくなることがあるので注意しましょう。

比べてみようEPS

EPSは推移をみることが多いのですが、収益性を見るときは会社規模に関係なく、競合する他社や業界平均の数字と比較することが可能です。
一般の企業の決算数字や発行済株式数は信用調査をしないとわかりませんが、東証などを運営するJPX(日本取引所グループ)が上場企業の平均値を毎月発表していますのでご紹介しましょう。
コロナの影響が顕著な現状では過去の実績推移をみるより意味があるかもしれません。
【2020年7月 市場別 EPS(連結)】

初心者でもわかるEPSの意味と使い方とは


EPSは、企業の価値を知るひとつの指標として投資家が重視しているものです。また、企業同士の吸収合併などの際にも企業価値を知るために使うことがあります。

EPSを知ることは、投資家や上場企業の関係者でなくともビジネス上の判断や景気を読むためなどに役立ちます。
数値の上昇や下降がどのような意味を持つのか理解し、活用できるようにしておくことが大切です。
EPSの意味や正しい読み方・計算方法を解説します。

EPS(1株当たり純利益)とは


EPSは、正式名称はEarnings Per Shareといい、「1株当たり純利益」と訳されます。株主の保有している1株に対して、企業が稼いだ利益を示すものです。
基本的には投資判断で使われる指標であり、 その企業の株価が割安か割高かを見る ことができます。
ただし、EPSは変化するものであり、そのほかの指標とも深く関わっているため、EPSだけを見ていれば良いわけでもありません。

EPSは投資判断の基準ともなる指標

EPSは、 1株に対して企業が稼いだ金額がわかる ものです。
1株あたりの稼いだ金額が高ければ、その分収益性が高いと見られることが原因のひとつですが、投資家がEPSを重視する理由はもうひとつあります。

投資家がEPSを重視する理由

投資家がEPSを重視するのは、 企業がどれだけ利益を株主に還元しているかをチェック するためでもあります。
企業は株主に対して保有株数に応じた配当を行い、株主にとっての配当金は投資を行う上での大きなメリットのひとつです。

配当性向が高い会社は、配当を重視する会社として見られるでしょう。
ただし、配当金を高くすればいいとは限らず、安定的な経営のための内部留保を蓄えることにも利益を使わなければいけません。
日本企業は内部留保重視の傾向が高いため、欧米の企業と比較すると配当性向は低い傾向にあります。

EPSとPER(株価収益率)の関係

PERは「株価収益率」と訳され、EPSと並んで投資家の投資判断や上場企業の経営計画で注目される指標のひとつです。
PERは、 株価がEPSの何倍であるかを示す指標 で、「PER=株価÷1株当たり純利益(EPS)」で計算できます。

EPSの計算方法


EPSの計算方法は、1株当たりの純利益という意味からも、「EPS=当期純利益÷発行済み株式数」であることがわかります。
当期純利益とは税引き後の利益のことです。単位は「円」で、純利益を割る発行株数には、自社株は含まれません。

例えば、当期の税引き後利益が6,000万円、発行済み株式数が200万株の場合、
6,000万円÷200万株=30円です。
つまり、この会社の1株当たりの純利益は30円です。
純利益が多くなればなるほどEPSは高くなり、株式数が多くなるほどEPSは低く なります。

EPSが変動するケース


EPSを見て企業の経営状態や株の割安感などを判断するには、当期EPSだけではなく前年や過去のEPSを見て比較することも大切です。
前年との比較やこれまでの推移を知ると、 その企業の経営状態がどのような流れにあるか、そして今後は成長が期待できるのか予測 できます。

EPSが増加するタイミング

ただし、 EPSは企業の成長や収益の増加だけでなく、発行株数の影響も受けます 。そのため、企業の成長と関係なくEPSが増加することもあります。
EPSが増加したからといって、それだけで好調だと判断するのは早計です。

自社株買い

自社株買いとは、自社の発行済みの株式を買い戻す方法です。
「A社の株をA社が買う」というように、発行した株をその企業が取得し消却すると、発行済み株式数を減らすことができます。
自社で発行した株式を買い戻すことで発行済み株式数は減りますが、 会社の純利益は変わらないため、おのずとEPSは増加する ことになります。

株式併合による発行済み株式数の減少

株式併合も、 発行株数が減少するため、EPSが増加する 原因のひとつです。
株式会社では、ひとつの株式を分割したり、反対に複数の株式を併合したりして、株式数を変えられます。
株式の分割や併合で発行済み株式数が変動しますが、会社の純利益は変わらないのでEPSが変動します。

EPSが減少するタイミング

EPSが減少するのは、企業の利益が減った時 です。EPSが増加していれば企業は成長性が期待され、減少すると経営状況の悪化が危ぶまれます。
しかし、EPSの増加のタイミングと同様に、経営状況に関わらず、株式の発行数によってEPSが一時的に減少することもあります。

株式分割によって発行済み株式数の増加

株式分割を行うことで発行済み株式数が増加すると、EPSは減少します。これは、株式併合とは逆のパターンです。
また、株式併合と同じく、実施する際には株主総会での特別決議が必要となります。
株式分割で発行済み株式数が増加によるEPS増加は、 企業の経営状況の悪化とは関係がありません 。

純利益の減少

純利益の減少によるEPSの減少があった場合にも、減少の原因に目を向けることが必要です。
新規事業の立ち上げや大規模な設備投資など 、大幅に費用がかかることがあって利益が減った場合、長期的に見れば回復かそれ以上の増加が見込めるかもしれません。

EPSの活用方法


EPSは、正しい読み取り方ができれば、投資判断、経営判断に役立ちます。また、ほかの指標を算出するためにも使われます。
EPSの意味や増減の仕方を知ったら、次はEPSを活用する方法を考えましょう。

有意義な増資をしているか判断する

EPSは、企業が株式を増やし資金調達をした際に、増資が有意義なものであるかどうかを判断するために使えます。
増資によって 一時的に下がったEPSが回復し、株価上昇などにつながるか EPS(1株当たり利益)とは EPS(1株当たり利益)とは が見どころです。

企業は、新規事業の参入や事業規模の拡大などをする際に、新株発行によって資金調達するものです。
新株を発行すれば、発行株数は増え、EPSは一時的に増加します。
しかし、その増資によって企業が新規事業や規模拡大を成功させることで、利益は上がり、EPSも回復します。
ただし、発行済み株式数ばかりが増え、利益が上がらないと、株式の価値が希薄化し、増資が有意義に使われていないと判断せざるを得ません。

将来の株価の上昇・下落を予想する

現在の株価は「EPS×PER」で表せますが、PERが上昇したことを仮定して計算することで、将来の株価がいくらになるかも考えられます。
例えば、同じくらいの規模の同業他社のPERがその企業より上だった場合、 その企業も同業他社と同程度のPERまで株価は伸びる可能性がある ということです。

M&Aの株式交換比率の計算に利用する

M&Aでは、どちらかの企業の株式をもう一方の株式に交換することで企業を子会社化します。
A社がB社を子会社化するには、B社の株式をA社の株式に交換しなければいけません。
その時、B社の株式1株当たり、A社の株式をどれだけ割り当てるかをEPSを使って決めます。

ほかの指標を計算する際に活用する

M&Aで買収する企業が優良かどうかを判断する

EPSは、M&Aで企業を買収する過程の株式交換比率の計算でも使われますが、そもそも買収するかどうかを判断する材料にもなります。
EPSの推移を見れば、企業の成長性を確認し、 見た目の売上だけでない収益性を見定められる EPS(1株当たり利益)とは でしょう。

EPSを見るときの注意点


EPSを見る時は、様々な面に考慮し総合的な判断が必要となります。注目すべき点や深読みしたい点など、EPSを見る上で押さえておきたい点をチェックしておきましょう。

「EPS成長率」も重視

EPS成長率を計算する方法は、「(当期EPS-前期EPS)/前期EPS×100」です。 0%を超えれば成長が見られ、超えられなければ後退している と考えられます。

EPS以外の判断基準も併用する

EPSは、 投資やM&Aの判断材料のひとつですが、絶対的なものではありません 。また、現状のEPSだけを見て、過去や推移を検討しないのも危険です。
EPSを判断材料とする際には、EPSを唯一の指標とせず、ほかの指標も検討してトータルで判断してください。

上昇と下落の理由を見極める

EPSは単純に会社の利益が上がれば高くなるというものではありません。
保有している株式や投資を考えている株式、またはM&Aのターゲットなどを見極める際には、単純に数値の上下だけでなく、 その背景にある理由や原因を見極め、将来的にどのような変化が見られるかまで判断 すべきです。

EPSは投資判断や経営判断として様々なことがわかる指標です。 投資家の目も厳しく向けられ、EPSの下落が続くと経営不安を予想 される場合もあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる