超初心者向け

アプリ版のFXチャートおすすめを6社比較

アプリ版のFXチャートおすすめを6社比較
SBI FXトレードの「新スマートフォン取引アプリ SBI FXTRADE」は、同社のサービス開始以来使用されているスマートフォン取引アプリを大幅にバージョンアップさせた最新版である。

FX初心者におすすめチャートソフト5つを現役プロが紹介

DMM FXのチャート


FXチャートソフトのおすすめ第3位は、DMM FXです。

DMM FXは、国内最大手のFX会社なので、多くのユーザーがDMMでFXを利用しています。

ただし、今まで紹介したFX会社と異なり、最小取引単位が1万通貨からなので、 ある程度の資金(最低10万円以上が目安)が必要 です。

ラインの王道

FXチャートソフトおすすめ第4位:FXブロードネット

FXブロードネットのチャート

FXチャートソフトで次におすすめはFXブロードネットのチャートです。

数多くある国内FX業者の中でも使いやすいチャートシステムであり、また、 テクニカル分析の機能も豊富に装備 されています。

ラインの王道

FXチャートソフトおすすめ第5位:セントラル短資FX

セントラル短資FXのチャート

FXチャートソフトのおすすめ第5位は、セントラル短資FXです。

セントラル短資FXのチャートは、各種テクニカル分析はもちろんのこと、 高値・安値に上図のようにレートが表示される ので分かりやすいですね。

また、セントラル短資FXには今後の値動きを予測する「みらいチャート」なるものがありますので、初心者の方にもおすすめです。

ラインの王道

FXチャートを選ぶ際の3つのポイント

  • 複数のチャートを試して比較する
  • 操作がしやすいかどうか確認する
  • チャート分析をどこまで必要か決める

複数のチャートを試して比較する

FXチャートは、FX会社の口座開設をすれば誰でも 無料で使用できます。

デモ口座でもチャートは使えますが、機能などに制限がある場合があるため、実際に自分で試し、納得のいくチャートを選ぶのが一番でしょう。

操作がしやすいかどうか確認する

PCのスキルレベルにもよりますので、一度実際に自分の手で使ってみて、 操作は簡単か、ストレスは無いかどうかなどを確認 しましょう。

チャート分析をどこまで必要か決める

テクニカル分析で、例えば、オリジナルのインジケーターを作ったり、あまり有名ではないインジケーターを使いたい場合には、MT4が一番おすすめです。

一方、移動平均線やボリンジャーバンドなど、代表的なテクニカル分析インジケーターなら、どのチャートにも標準搭載されています。

また、トレーダーの中には、チャートのテクニカル分析はMT4で行うが、実際のFXの取引注文は他のFX会社の口座で行うという方も多いです。

つまり、 MT4はテクニカル分析を行うチャートソフトとしてのみ使用し、実際の注文はDMM FXやブロードネットを使う という、用途に応じて使い分けをしているということです。

FX初心者におすすめチャートソフト5つを現役プロが紹介

DMM FXのチャート


FXチャートソフトのおすすめ第3位は、DMM FXです。

DMM FXは、国内最大手のFX会社なので、多くのユーザーがDMMでFXを利用しています。

ただし、今まで紹介したFX会社と異なり、最小取引単位が1万通貨からなので、 ある程度の資金(最低10万円以上が目安)が必要 です。

ラインの王道

FXチャートソフトおすすめ第4位:FXブロードネット

FXブロードネットのチャート

FXチャートソフトで次におすすめはFXブロードネットのチャートです。

数多くある国内FX業者の中でも使いやすいチャートシステムであり、また、 テクニカル分析の機能も豊富に装備 されています。

ラインの王道

FXチャートソフトおすすめ第5位:セントラル短資FX

セントラル短資FXのチャート

FXチャートソフトのおすすめ第5位は、セントラル短資FXです。

セントラル短資FXのチャートは、各種テクニカル分析はもちろんのこと、 高値・安値に上図のようにレートが表示される ので分かりやすいですね。

また、セントラル短資FXには今後の値動きを予測する「みらいチャート」なるものがありますので、初心者の方にもおすすめです。

ラインの王道

FXチャートを選ぶ際の3つのポイント

  • 複数のチャートを試して比較する
  • 操作がしやすいかどうか確認する
  • チャート分析をどこまで必要か決める

複数のチャートを試して比較する

FXチャートは、FX会社の口座開設をすれば誰でも 無料で使用できます。

デモ口座でもチャートは使えますが、機能などに制限がある場合があるため、実際に自分で試し、納得のいくチャートを選ぶのが一番でしょう。

操作がしやすいかどうか確認する

PCのスキルレベルにもよりますので、一度実際に自分の手で使ってみて、 操作は簡単か、ストレスは無いかどうかなどを確認 しましょう。

チャート分析をどこまで必要か決める

テクニカル分析で、例えば、オリジナルのインジケーターを作ったり、あまり有名ではないインジケーターを使いたい場合には、MT4が一番おすすめです。

一方、移動平均線やボリンジャーバンドなど、代表的なテクニカル分析インジケーターなら、どのチャートにも標準搭載されています。

また、トレーダーの中には、チャートのテクニカル分析はMT4で行うが、実際のFXの取引注文は他のFX会社の口座で行うという方も多いです。

つまり、 アプリ版のFXチャートおすすめを6社比較 MT4はテクニカル分析を行うチャートソフトとしてのみ使用し、実際の注文はDMM FXやブロードネットを使う という、用途に応じて使い分けをしているということです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる