お取引ガイド

暗号資産速報

暗号資産速報
© Reuters.

リップル(XRP)の今後は期待できる?2022年最新情報から見通しを予想!

リップル 今後

リップルのメリット

¥¥

・送金スピードが非常に速い
・多くの金融機関と提携している
・「Ripple Inc.」が企業として管理をしている

送金スピードが非常に速い

前述したように、リップル(XRP)は「取引スピード」と「コストの低さ」が大きく評価されています。

一方リップル(XRP)では「即時グロス決済システム(RTGS)」を採用。この方法は3〜5秒での承認作業が可能となっているため、多くの中央銀行でも使われています。

このように、仮想通貨(暗号資産)的ではなく、中央銀行に近いシステムを利用していることで「取引速度」や「送金コスト」を優れたものにしているのですね。

多くの金融機関と提携している

中央集権的なシステムや企業向けのプロダクトが多いという特徴があるため、金融機関との相性が良く、他の仮想通貨(暗号資産)よりも決済方法として選ばれやすくなっています

「Ripple Inc.」が企業として管理をしている

前述したように、リップル(XRP)は「Ripple Inc.」という企業が管理、運営しています。
多くの仮想通貨(暗号資産)では、中央機関を使った管理をしていないため、大きな特徴と言えるでしょう。

このような管理方法によるメリットには、取引やアップデートなどを企業として決定し、実行することが挙げられます。

現在、発行はすでに上限の1,000億枚まで済んでいるため、発行の管理はしていませんが、流通の管理は「Ripple Inc.」がしている状態です。発行済み枚数のうち630億枚を「Ripple Inc.」が保有し、流通する量を管理しているのです。

リップル(XRP)の3つのデメリット・注意点

リップルのデメリット

・取引・マイニングに規制をかける国が出ている
・裁判に負けるリスクがある
・リップル(XRP)が普及しても価値が上がらない可能性がある

取引・マイニングに規制をかける国が出ている

裁判に負けるリスクがある

リップル(XRP)が普及しても価値が上がらない可能性がある

国際送金などの実用化をメインに考えており、流通量を増やすために発行上限の1,000億枚まで発行済み。2022年3月時点の価格は1コイン当たり88円となっています。

今後リップル(XRP)の取引におすすめの取引所

Coincheck(コインチェック)

・国内暗号資産取引アプリダウンロード数No,1
・取り扱い通貨数国内最大級
・取引所の取引手数料無料
・関東財務局登録済みの暗号資産交換業者

Coincheck(コインチェック)は、リップルを含む17の暗号資産を購入できる取引所です。取引所の取引手数料は無料なので、初診者の方にもおすすめのサービスだといえます。

コインチェックはマネックスグループを親会社に持っており、セキュリティー対策もしっかりしている取引所です。

コインチェックアプリのダウンロード数は、国内暗号資産取引アプリの中でNo.1。操作性が高い証拠だと言えますね。

  • 取り扱い銘柄数:17種類
  • 取引所手数料:無料
  • 運営会社:コインチェック株式会社

※1 2020年1月 - 12月(データ協力:App Annie)
※ 22020年12月金融庁暗号資産交換業者登録対象、コインチェック調べ
※出典:公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

・ビットコイン取引量6年連続No.1 ※1
・業界最長7年以上ハッキング0

  • 取り扱い銘柄数:15種類
  • 入金手数料
    クイック入金手数料(住信SBIネット銀行から):無料
    クイック入金手数料(住信SBIネット銀行以外から):330円
  • 出金手数料
    三井住友銀行 の場合
    3 万円未満の出金:220 円
    3 万円以上の出金:440 円
    三井住友銀行 以外の場合
    3 暗号資産速報 万円未満の出金:550 円
    3 万円以上の出金:770 円
  • 運営会社:株式会社bitFlyer

※上記の金額は税込表示です。
※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

GMOコイン

GMOコイン

・取り扱い銘柄数国内No.1 ※公式参照
・オリコン顧客満足度No.1 ※公式参照

ビットコイン3万ドル割れ、米4月CPI受けFRBの引き締め加速観測強まる【フィスコ・暗号資産速報】

株式 2022年05月11日 23:15

ビットコイン3万ドル割れ、米4月CPI受けFRBの引き締め加速観測強まる【フィスコ・暗号資産速報】

© Reuters.

国内外の注目経済指標:ECBの金融政策は現状維持の公算

マルマエが新中期計画を策定、前計画を達成できる見通しとなり8月の決算発表を待たずに開示

【注目銘柄】タカショーはファイナンス安織り込み1Q好決算を手掛かりに割安修正

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

日経平均株価27,761.暗号資産速報 57+347.69+1.27%
日経225先物 (暗号資産速報 F)27,575.0+115.0+0.42%
韓国総合株価指数2,暗号資産速報 670.65+11.66+0.44%
NYダウ32,899.70-348.58-1.05%
独DAX14,460.09-25.08-0.17%
S&P/ASX 2007,238.80+62.90+0.88%
米ドル指数102.185+0.353+0.35%
1,853.90-17.50-0.94%
原油 WTI120.26+3.39+2.90%
21.940-0.335-1.50%
米国綿花2番138.88-0.23-0.17%
排出権87.09+0.75+0.87%
米国シカゴコーン727.30-1.70-0.23%
米国コーヒー232.43-7.02-2.93%
ドル/円130.88+1.05+0.81%
ドル/ウォン1,251.83+10.65+0.86%
ユーロ/ドル1.0719-0.0026-0.24%
ユーロ/円140.27+0.77+0.56%
トルコリラ/円7.9717+0.0954+1.21%
豪ドル/円94.32+0.01+0.01%
ポンド/円163.47+0.21+0.13%
大塚ホールディングス4,341.0+24.0+0.56%
ソフトバンクグループ5,418.0+116.0+2.19%
トヨタ自動車2,165.0-28.0-1.28%
三菱UFJフィナンシャル・グループ739.7-1.2-0.16%
ブイ・テクノロジー3,040.0+5.0+0.16%
東芝5,779.0-143.0-2.41%
みずほフィナンシャルグループ1,533.0+5.0+0.33%

来週の相場で注目すべき3つのポイント:米5月CPI、景気ウォッチャー調査、ANYCOLORのIPOなど

為替週間見通し:底堅い動きか、米金融正常化への期待持続

米5月雇用39万人増、予想上回る 失業率横ばいの3.6%

米国株式市場=反落、利上げ停止期待に冷や水 堅調な雇用統計で

3日のNY市場は反落

暗号資産速報

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

最新ニュース・チャート速報

最新ニュース・チャート速報

MAStand

最新ニュース・チャート速報

MAStand

最新ニュース・チャート速報

MAStand

最新ニュース・チャート速報

MAStand

最新ニュース・チャート速報

MAStand

最新ニュース・チャート速報

MAStand

最新ニュース・チャート速報

MAStand

最新ニュース・チャート速報

MAStand

最新ニュース・チャート速報

MAStand

最新ニュース・チャート速報

仮 想通貨まとめ N ews

今話題のビットコインやイーサリアム・リップルなどの仮想通貨に関する情報やネタを速報で配信するまとめサイトです。

PICK UP

新着記事一覧

今注目されている仮想通貨KINGS(キングスコイン)についてまとめてみた

6月に注目したい仮想通貨ニュース・イベント CONNECTV 6月号

6月に注目したい仮想通貨ニュース・イベント 暗号資産速報 CONNECTV 6月号

 ビットコインETFなどの投資商品の保有額、20万BTC以上で過去最高に

ビットコインETFなどの投資商品の保有額、20万BTC以上で過去最高に 暗号資産速報

ステーブルコインのテザー(USDT)について知っておくべきこと

ステーブルコインのテザー(USDT)について知っておくべきこと

【第四次産業革命】人工知能と仮想通貨の経済学

【第四次産業革命】人工知能と仮想通貨の経済学

仮想通貨市場の時価総額、1.19兆ドルのサポート維持が重要に

仮想通貨市場の時価総額、1.19兆ドルのサポート維持が重要に

【仮想通貨】韓国発暗号資産の暴落にイーサリアム開発者「詐欺、実験は中断すべき」 [田杉山脈★]

【仮想通貨】韓国発暗号資産の暴落にイーサリアム開発者「詐欺、実験は中断すべき」 [田杉山脈★]

本日の注目記事

本日の注目記事

【5/28~6/3のトップニュース】

【5/28~6/3のトップニュース】

仮想通貨エコシステムを多くの人に開放するには規制が不可欠=米FRB理事

仮想通貨エコシステムを多くの人に開放するには規制が不可欠=米FRB理事

チェーンリンクがソラナをサポート DeFiに価格フィードを配信

チェーンリンクがソラナをサポート DeFiに価格フィードを配信

サイドカラム

GPIGの登録と運用

おすすめキーワード

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。

【6月最新】リップル(XRP)とは?今後がやばい理由と見通し、価格予想・将来性を解説

2020年12月に、米証券取引委員会(SEC)が米リップル社に対して提訴を一連の裁判を指します。
同委員会は、リップル社に対し『XRPを未登録証券として販売し、1300億円をこえる資金を調達』として提訴を行いました。
これに対しリップル社は『ビットコインやイーサリアムとの比較は重要である』ことや『SECがリップルに対し、有価証券である通知を事前にしてこなかった』などと反論し、
SECに対しXRPが有価証券である証拠の提出を求めています。
SECはリップル社の要求に対し、証拠提出の延期を幾度となく申し出ており、事態は拮抗しています。

今後のリップル(XRP)裁判の動向について、一連の事件に詳しい『James K . Filan』弁護士は自身のTwitterで裁判が今後長引くことを予想しています。

#XRPCommunity #SECGov v. #Ripple #XRP 1/7 Everything I say here is speculation, but based on my experience I have a 暗号資産速報 different take on what is happening in this case. I don’t think that anyone should expect a settlement anytime soon.

— James K. Filan 🇺🇸🇮🇪 (@FilanLaw) July 30, 2021

  • 一方で、開催中に下落に転じる傾向があるので開催時期は注視が必要
  • トレンドラインを大きく上昇に切るには、『米証券取引委員会(SEC)との裁判の動向』が今月も注目

リップルの今後はどうなる?これまでのチャートで価格予想

リップル_今後_やばい

その後、11月に行われたリップルSWELLの影響を受け、 147円台にのり最高値をクリア。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

5年間で200倍の価格の上昇を果たしたことになります。

リップルの今後は期待できると言える3つの理由

発行数量が上限に達しており、実用化が進むと希少性が上がる

新たにリップルが発行されないとなると、 リップルの希少性が高くなると考えられます。

各国有力金融機関が参加しているリップル送金ネットワークの普及が進んでいる

アジアを中心にリップルの実用化が進んでいる

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

リップルの価格が今後、高騰する3つのタイミング

リップル社によるIPOの実施

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

アジア送金への普及

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

クレジット決済の導入

まだ口座を持っていない方に一番オススメなのはDMMビットコインです。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

リップルは今後どこまで上がる?【AIの予想】

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

リップルは今後どこまで上がる?【専門家の予想】

CoinSwitchとCrypto Coin Societyの2パターンを挙げていくので、各々の違いを捉えるとリップルの評価も具体化しやすいです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる