トレーダーが解説

リスクの定義

リスクの定義
リスクの定義
教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドラインより

PMBOK ® ガイド 第5版紹介シリーズ 第9回 リスク・マネジメント

PMBOK ® ガイド 第5版 紹介シリーズ
第9回 リスク・マネジメント

はじめに

プロジェクトにおけるリスクとは何でしょうか?
PMBOK ® ガイド には、「リスクとは、それが発生すれば少なくともスコープ、スケジュール、コスト、品質といったプロジェクト目標に影響を与える不確実な事象・状態」とあります。
必ず発生するもの、すでに発生してしまったものはリスクとはいいません。これらは、問題や課題として対応していきます。

では、発生するかどうかわからないのだから、発生したらそのときに考えればいいのでしょうか? リスクというものを何にも考えていない状態の時にリスクが顕在化したらどのように対応するのでしょうか?
有識者を集め、影響を分析し対応策を検討、対応策を実行するために予算を計上し承認を得て・・、とやっているうちに状況は刻々と変わり、プロジェクト目標への影響が大きくなり、もしかしたら手遅れになるかも知れません。
手遅れにならないようにするために、リスクについて、いつ検討を行えばいいのでしょうか?

PMとしてやるべきこと

あなたは、新システム開発プロジェクトで要件定義フェーズが終了したあとの、設計、開発・実装、テスト・フェーズのプランニングから担当することになりました。
要件定義フェーズはコンサルティング会社が行っており、一見、要件定義書は完成しているようです。ただ、過去の経験では、この会社が要件定義を行ったプロジェクトには、要件の不備から問題を抱えたプロジェクトが多々ありました。
PMに任命されたあなたは、リスク・マネジメントの観点からどのような対応をとればいいのか、考えてみましょう。

まず、どのようなリスクがあるか考えます。
リスクを考えるときには、プロジェクト・メンバーだけでなく部門や会社の有識者を入れて、プロジェクトを進めていくときのプロセスをイメージし、契約、環境、リソース、技術、外部、マネジメントの観点で、気をつけなくてはいけないことは何か、もし、こうなったらどうなるだろう、と進めていきます。その際に、PMBOK ® ガイド 第5版対応 テンプレート集のリスク・チェックシートを参考にしてください。

PMBOK ® ガイド 第5版対応 テンプレート集、11131RiskManagementPlanV5R1.doc より
(注: テンプレート集は支部会員専用ページでダウンロードいただける資料です)

「既知の未知」と「未知の未知」

リスクでマネジメントするもの

以上、今回はPMBOK ® ガイド 第5版「リスク・マネジメント」について概略を解説しました。
プロジェクト目標を実現するためにリスクを早期に特定し、対応策を立案することが重要になってきます。リスクの可視化を早期に実施、ステークホルダー間で共有し、プロジェクト成功への一歩を踏み出しましょう。

保育のリスクとハザードの定義(リスクマネジメントの基礎知識)

保育施設で多く用いられている安全点検用のチェック表もリスクマネジメントの視点が必要です。たとえば「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン」に掲載された年齢別のチェックリストにある『1 子どもの周囲に鋭い家具、玩具、箱などがないかを必ず確認し、危険なものはすぐに片づけている(か否か)」にチェックする場合も、 通り一遍に鋭いものを除くだけでなく、保育対象である0歳児にとって、ハザードが周囲にあることがそのほかの不利益を考慮してもベネフィットにつながる要素が高いか を見極めてチェックします。

「15 よだれかけを外してから、子どもを寝かせている」と比べると、『よだれかけを外したかどうか(リスクの回避)』を確認するのに対して、前述の項目は、鋭さというハザードの危険性のひとつについて確認(リスクの軽減)はしても、家具や玩具が子どもの周囲にあることそのもので生じるリスクは別に確認する必要があります。これらをチェック項目にすると際限がなくなる上に、増えた項目にチェックすることが目的にならないよう注意することも大切です。


教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドラインより

リスクを回避、転嫁、軽減、受容して保育を安全にする

安全点検とは、有るか無いか、やったか・やってないかといった白か黒かを確認するだけではなく、保育のあそぶ・ねる・たべるといった活動全般に伴うリスクを洗い出す作業をいいます。リスクを把握することに加えて保育を実践するにあたっての対応をも決めます。たとえば前述の「よだれかけを外しているか?」は、よだれかけをしたまま眠ると首が締まる危険性がとても大きいため、そのリスクを回避して消失させる対策を確実に実施する意味をもっています

  1. 軽減:その事象が発生するリスクを低減したり、発生した場合の影響を軽減すること。
  2. 回避:その事象が発生しない方法を選択して、リスク自体をなくしてしまうこと。
  3. 転嫁:その事象の発生する可能性があることを他者に任せたり、発生した影響を他者に負担させること。
  4. 受容:その事象の発生した結果を受け入れること。

保育実践を通じて発見・評価・対策・修正をくり返す

保育中も状況は刻々と変わります。子どもが傷病を負った場合も時間が経つほど悪化に向かいます。繰り返し点検していて、または偶発的でも、それ以前とくらべて少しでも状況が変化していることを発見したら、すぐさま発生する被害の大きさを評価して対策を実施します。このようにして保育環境の修正を繰り返して保育計画の進行を見守っていく必要があります。

これらの定義からわかるように、リスクの定義としては、 生命、環境、社会活動に対して不確かな影響を与え る危険性と認識されることが多かったようです。 リスクの定義
しかし、最新のリスクマネジメント規格ISO31000 では、 リスクは「目的に対する不確かさの影響」と定義されて いて、その影響は期待されることから「好ましい影響」 と「好ましくない影響」があるとされています。
この定義によると、リスクは好ましくない影響のみを扱 うのではなく、好ましい影響と好ましくない影響の双方 を取り扱うことになります。また、リスクを目的との関係 で定義されたことにより、目的を決定しないと「何がリ スク」かも決定できないことになっています。 リスク共生を考える際の「リスク」は、この定義を採用し ています。

このリスクの採用により、社会に投入される技術や施 リスクの定義 策は、社会に対して好ましい影響と好ましくない影響 をもたらす可能性があり、リスクの影響として、その双 方の影響を考えることになります。リスクのもたらす好 ましくない影響を変えようとすると、好ましい影響も変 化することになる、これがリスク共生の基本となります。

多様なリスクに対する
新たなコンセプトの必要性

従来、リスクは、小さくするものと考えられその対応が行われてきました。 しかし、あるリスクへの対応は、他のリスクへも影響を もたらすことから、個々のリスクを小さくするということで は、社会の最適化は図れません。

その上、社会が高度化し対応すべき問題が複雑に関 与しあうため、これまでの対応方法の限界が明らかに なってきており、新たな対応のコンセプトが求められて います。この新たなコンセプトの一つが「リスク共生」と いう考え方です。

リスク共生の基本概念

リスク共生の基本は、潜在する多様なリスクから社会 や組織目的に応じて受け入れるリスクを選択していくことです。
また、社会に潜在するリスクは互いに関係しており、あるリスクへの対処が他のリスクにも影響を与えます。つまり、社会に潜在するリスクは、独立ではなく、あるリスクを小さくすれば、 あるリスクは大きくなるという関係にあるのです。

リスクの定義

失敗は挫折でしか無いのか 「クリスピー・ドーナツ神話」を産み出した男の法則とは

失敗は挫折でしか無いのか 「クリスピー・ドーナツ神話」を産み出した男の法則とは

ミスをしない人になりませんか

コンサルタントの薦める至高の1冊『経営者になるためのノート』

コンサルタントの薦める至高の1冊『経営者になるためのノート』

孫子の兵法を戦略に活かし敗れたリーダーたちは何に失敗したのか

孫子の兵法を戦略に活かし敗れたリーダーたちは何に失敗したのか

文鎮型組織とは?メリットやデメリット、機能しない文鎮型組織の危…

【作るべき?】レポートラインとは?意味、守らないといけない理由…

株式会社識学 代表取締役 社長 安藤広大の執筆した書籍『数値化の鬼』がなんと発売約1か月で12万部を突破しました!

書籍『数値化の鬼』図解要約資料

この感謝を皆様にも還元すべく、株式会社識学では、『数値化の鬼』 の図解解説資料を を作成いたしました!

サイト内検索

カテゴリー

記事ランキング

リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍 「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

カントリーリスクとは | カントリーリスクの定義・分類・対応方法・指標を解説

 国際収支の悪化等から外貨不足に陥り、個別事業・取引に関わる元本・配当・利息や代金の国外送金が制限されるか、あるいは不可能となる。
 急激なインフレーションや為替相場の変動などで、個別事業・取引に関わる元本・配当・利息や代金の受取金額が大幅に目減りする。
 革命などによる政権交代で、新政権が債務の継承を拒否する。個別事業・取引の相手先の資産に対し、国有化や、国家権力による収容・没収等の危険性が増大する。
 内乱、暴動、外国の侵略、戦争等により、現地における個別事業・取引の遂行に支障を来たす。
 国際関係、国際情勢の変化により、個別事業・取引の円滑な推進・遂行が困難になる。

2. カントリーリスクの重要性

なぜ海外進出および海外投資においてカントリーリスクは重要なのか?

3. カントリーリスクの要因と分類

カントリーリスクの要因は大きく4つに分類できる

① 政治リスク

② 経済リスク

③ 社会リスク

④ 自然リスク

4. カントリーリスクの対応方法

① カントリーリスクを事前に認識しておく

② 貿易保険を活用する

貿易保険の基礎知識 | 海上保険との違い / 貿易保険の種類と対象 / 貿易保険法改正案の提出見送りについて…ほか

③ 為替予約を活用する

④ リスクの定義 リスクを分散させておく

5. カントリーリスクの指標について

① カントリーリスクの調査項目

② 格付会社それぞれのランクについて

■日本貿易保険(NEXI)
日本貿易保険(NEXI)はOECDカントリーリスク専門家会合において決定されるOECDの評価をもとにして国や地域の評価を決めています。「A」から「H」までの8段階となっており、最上位は「A」、最下位は「H」です。

■スタンダード&プアーズ(S&P)
アメリカの大手格付会社であるスタンダード&プアーズ(S&P)では、最上位を「AAA」とし、「AA」「A」…とランクが続きます。S&Pにおいて、格付けの最下位は「D」となっています。

■ムーディーズ
S&Pと肩を並べるアメリカの格付会社ムーディーズでは、最上位を「Aaa」とし、「Aa1」「Aa2」…とランクが続きます。ムーディーズの格付けにおける最下位ランクは「C」です。

6. 優良な海外進出サポート企業をご紹介

カントリーリスクを知り、正しく対応することが重要

カンタン15秒!無料相談はこちら

(当コンテンツの情報について)
当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。
海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

この記事が役に立つ! と思った方はシェア

海外進出相談数 2,000 件突破!!
最適サポート企業を無料紹介

この記事をご覧になった方は、こちらの記事も見ています

日本企業の海外進出国ランキング【2021年度版 vol.1】アメリカと中国の2大国がトップ |『海外進出白書(2021-2022年版)』より

オススメの海外進出サポート企業

YCP&nbspGroup 

YCP Group 

YCP&nbspGroup 

ご利用企業からの評価

<主要サービスメニュー>
・海外展開完全代行:
事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行

サイエスト株式会社

サイエスト株式会社

サイエスト株式会社

ご利用企業からの評価

全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。
サイエストは、日本の優れた人材、企業、サービス、文化を世界に幅広く紹介し、より志が開かれた社会を世界中に作り出していくための企業として、2013年5月に設立されました。
近年、日本企業の国内事業環境が厳しい局面を迎える中、アジアを筆頭にした新興国が世界経済で存在感を増しています。
それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。
サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。
ただ、海外市場開拓の可能性はあるものの、その実現に苦労している企業も少なくありません。
我々はその課題を

(1)海外事業の担当人材の不足
(2)海外事業の運営ノウハウの不足
(3)海外企業とのネットワーク不足

と捉え、それぞれに本質的なソリューションを提供してまいります。
また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。
そうして、活発で明るい社会づくりに貢献することで、日本はもちろん、世界から広く必要とされる企業を目指します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる