テクニカル分析

バイナリーオプション海外業者比較

バイナリーオプション海外業者比較
みんなのFX 高機能版「FXトレーダー」

バイナリーオプション おすすめ業者ランキングサイト

当サイトはこれからバイナリーオプションを始める方の「失敗しない業者選び方」と「勝てる方法」をサポートします。

当サイトがおすすめする海外バイナリーオプション業者

海外バイナリーオプションを始めるなら 稼げてなおかつ安全な業者で取引をしたい ですよね。でも、いざ業者を選ぼうと思っても何を基準にして選べば良いのか分からないこともあると思います。

そこで、当サイト管理人只松美咲、通称「ただみさ」が 以下5つのポイントを比較 しおすすめのバイナリーオプション業者をランキング形式で紹介!

  1. ペイアウト率が高く稼げるか
  2. 金融ライセンスがあるか
  3. 運営歴が長く信頼できるか
  4. 出金が早く安心できるか
  5. キャンペーンが充実しているか

2022年5月26日 最新版バイナリーオプション業者ランキング

こちらの表はバイナリーオプション業者をランキングした結果となっています。 1位はずっと変わらずハイローオーストラリア です。

業者ランキング運営歴ペイアウト最低取引額入金額キャンペーン出金日数ライセンス
第1位 ハイローオーストラリア2010年~最大2.30倍1,000円~5,000円~5,000円キャッシュバック最短翌日マーシャル諸島共和国
第2位 ザオプション2017年~最大2.00倍1,000円~5,000円~12,000円キャッシュバック最短2日エストニア共和国
第3位 ゼン・トレーダー2018年~最大1.95倍500円~5,000円~5,000円キャッシュバック未検証セントビンセント及びグレナディーン諸島
第4位 ファイブスターズ2014年~最大1.80倍500円~10,000円~毎月1%キャッシュバック最短当日

ランキング1位の画像ハイローオーストラリア

ランキング1位ハイローオーストラリア

運営歴2010年サービス開始
ライセンスマーシャル諸島共和国
出金日数最短翌日検証してみた記事
ペイアウト最大2.30倍
キャンペーン5,000円キャッシュバック(出金条件無し)
公式サイトhttps://trade.highlow.com/

ハイローオーストラリアは運営が2010年からと長く、ユーザー数は他の業者よりも圧倒的に多いです。最大の特徴は バイナリー業界で1番高いペイアウトを誇る最大2.30倍 で稼げるスピードが早いこと!

そして出金するときは手数料もかからずに 最短翌日に口座反映 できるためこまめに現金化したい人にもおすすめです。

管理人のコメント ハイローオーストラリアは 5年連続1位に君臨してる業者 !やっぱり他よりもペイアウトが圧倒的に高いところやサービスが安定している点を評価しています。あと 初めての方は入金すると5,000円分のキャッシュバックがもらえるから5,000円分はノーリスクで取引できる 。バイナリーをやるならまずここはマストですね!

バイナリーオプション取引の違法性

(1)担保文言

日本国内の投資者が当該サービスの対象とされていない旨の文言が明記されていること。
上記措置が十分に講じられているかを判断する際には、以下に掲げる事項に留意する必要がある。
①当該担保文言を判読するためには、広告等を閲覧する以外の特段の追加的操作を要しないこと。
②担保文言が、当該サイトを利用する日本国内の投資者が合理的に判読できる言語により表示されていること。

(2)取引防止措置等

日本国内にある投資者との間の有価証券関連業に係る行為を防止するための措置が講じられていること。
上記措置が十分に講じられているかを判断する際には、以下に掲げる事項に留意する必要がある。
①取引に際して、投資者より、住所、郵送先住所、メールアドレス、支払い方法その他の情報を提示させることにより、その居所を確認できる手続を経ていること。 バイナリーオプション海外業者比較
②明らかに日本国内の投資者による有価証券関連業に係る行為であると信ずるに足る合理的な事由がある場合には、当該投資者から注文に応ずることのないよう配意していること。
③日本国内に顧客向けのコールセンターを設置する、或いは国内投資者を対象とするホームページ等にリンクを設定する等を始めとして、日本国内にある投資者に対し有価証券関連業に係る行為を誘引することのないよう配意していること。

また、以上に掲げる措置はあくまで例示であり、これらと同等若しくはそれ以上の措置が講じられている場合には、当該広告等の提供は、国内投資者向けの「勧誘」行為に該当しないものとする。

(3)なお、以上に掲げるような合理的な措置が講じられていない場合には、当該広告等の提供が国内投資者向けの「勧誘」行為に該当する蓋然性が極めて高いことから、当該外国証券業者は、日本国内の投資者との間で勧誘を伴う実際の有価証券関連業に係る行為が行われていない旨を証明すべきである。

バイナリーオプション海外業者比較

X-1-2 外国証券業者によるインターネット等を利用したクロスボーダー取引

機関投資家向け業務の登録免除

IBの適法性

アフィリエイトの適法性

取引被害の法的保護

海外無登録業者に対して日本の金融当局が規制監督をすることは不可能です。そのため、無登録業者に対しても、警告を発するに留まっています。また、金融商品取引法違反であっても現実的に被疑者を逮捕、起訴することは不可能に近いです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる