トレーダーが解説

運用者が知っておきたい仮想通貨

運用者が知っておきたい仮想通貨
あっきん / 元公務員*投資家 Follow @_akkin_nara

ビットコインとは何か? 改めて確認しておきたいその概要

◆ビットコインのしくみ
ビットコインはいかなる銀行や政府にも関連づけられていないデジタル通貨であり、ユーザーは匿名でお金を使うことができる。ユーザーがビットコインを採掘(マイニング)することで、ビットコインは新たに発行される。マイニングとは、他のユーザーの取引を検証するためにコンピューターの計算能力を貸し出すことである。つまり、コンピューターの計算能力を提供してくれたユーザーへ、その見返りとしてビットコインが支払われる。ビットコインは米ドルや他の通貨との両替も可能だ。

◆ビットコインの価値は?
ビットコインの価格を監視しているウェブサイトであるコインデスクによると、2016年11月末には11,000米ドルを越える価格で取引されていたが、その日の後半にはおよそ9,800米ドルにまで価格が急落した。2017年の初め、1,000米ドルにも満たない価格で取引が開始された時に比べ、およそ10倍もの値上がりを記録している。

◆ビットコインに人気が集まる理由
基本的にビットコインはある所有者から別の所有者に移動するたびにデジタル署名されていくコンピューター上のコード行だ。ビットコインを使った取引は匿名で実施することができ、自由主義者、ハイテク愛好家および投機家の間で人気となった通貨であり、時に犯罪者によって悪用されたりもした。

◆ビットコインでの取引は本当に匿名なのか?
ある程度はそのとおりだ。取引とアカウントは追跡可能だが、アカウントの所有者が誰であるかは必ずしもわからない。しかし、ビットコインが通常の貨幣に換金される時、調査員は所有者を特定することも可能ではある。

◆誰がビットコインを使うのか?
ビットコインに関するマスコミの報道が過熱するさなか、その勢いに乗じて一部の企業はビットコインによる取引を始めた。Overstock.comがビットコインによる支払いに応じるようになったのはその一例だ。米国金融先物取引場のCME Groupグループは昨年10月、規制当局の承認が得られ次第、年末までに先物市場を開設する予定である、と述べた。ビットコインの人気は現金やカードに比べてまだ低く、多くの個人や企業はビットコインによる支払いに対応していない。

◆ビットコインを所有するべきか?
個人がビットコインを購入したいと思う基本的な理由が2つある。1つは新しい支払い方法とするため、そしてもう一つは、価値の保存を目的とした投資を行うためだ。

◆ビットコインの安全性の確保
ビットコインのネットワークは、集団の利益のために個人の欲求を利用することで機能している。採掘者(マイナー)と呼ばれる技術に長けたユーザー達のネットワークは、コンピューターの計算能力をブロックチェーンに注入し、ビットコインのすべての取引をグローバルに集計することによってこのシステムを公正かつ透明に保持している。ブロックチェーンは不正行為を働こうとする者が同一のビットコインを2回使うことを防止し、採掘者たちは自らの努力に対し、時折ビットコインが贈与されることで報酬を受けている。採掘者たちがブロックチェーンを安全に保っている限り、偽造の恐れはないと考えて良い。

◆ビットコインの生い立ち
ビットコインの起源は謎に包まれている。ビットコインは、「サトシ・ナカモト」と名乗る人物もしくはグループによって2009年に提唱され、開始された。そしてビットコインを熱狂的に支持する一部の小さなグループが運用を開始した。その後、ビットコインが広範な注目を浴びるようになって、ナカモトサトシは人知れず姿を消した。しかし、ビットコインの支持者は、それは大きな問題ではない、と言う。通貨は、それぞれ独自の内部論理に従う。

【仮想通貨DeFi用語集30選】DeFi運用するなら知っておきたい重要単語を解説!

DeFi用語集

Metamask(メタマスク)の使い方!送金/トークン追加/BSC・Polygon接続/アカウントの復元方法まで徹底解説 | . 「メタマスクの使い方が難しくて分からない. 」 そうお考えではありませんか? DeFiを触る上で欠かせない存在であるMetamaskですが、はじめは使い方がわからず困惑してし.

DeFi重要単語集⑬TVL

「TVLとは」Total Value Lockedの略で、DeFiプロトコルへ預けられた仮想通貨のロックされている量を示すものです。

DeFi重要単語集⑭イールドファーミング

「イールドファーミング」とは、分散型取引所などのDeFiサービスに自分の資産を貸し出すことで流動性を提供し、金利や手数料を受け取る運用方法です。

DeFi重要単語集⑮インパーマネントロス

「インパーマネントロス」とは、分散型取引所に流動性を提供した際に、預けた2種類のトークンの価格差が開き過ぎてしまうことによって生じる損失のことです。略して「インパロス」とも言われています。

DeFi重要単語集⑯エアドロップ(=プロトコル給付金)

​エアドロップを簡単に言うと、無料で暗号資産(仮想通貨)やトークンがもらえるイベントのことをいいます。

DeFi重要単語集⑰オーダブック形成

「オーダーブック形成」とはいわゆる板のことで、分散型取引所ではAMM式を採用しているところとオーダーブック形式を採用しているところがあります。

(分散型取引所Raydium|画面右側が板)

DeFi重要単語集⑱オラクル

オラクル」とはブロックチェーンの外部にある情報と、ブロックチェーンの情報をつなぐシステムのことを言います。

DeFi重要単語集⑲カストディ

カストディ」とは保管を意味する単語で、金融機関などで資産を管理・保管する業務のことをカストディ業務といったりします。

DeFi重要単語集⑳ガス代

「ガス代」とはイーサリアムなどのプラットフォームを使用した際に支払う手数料のことで、ガス代は固定ではなく市場の状況によって変動します。

DeFi重要単語集㉑スマートコントラクト

スマートコントラクト」とはあらかじめプログラムしておいた動作がされると、自動で契約が実行される技術のことです。

身近なものには自動販売機があげられます。

DeFi重要単語集㉒ソフトペグ

まずペグとは、ある通貨と価格が連動することを指します。身近な例がUSDTとUSDです。

「ソフトペグ」とは簡単に説明すると緩く連動することで、例えばUSDの価値が急落した場合USDTの価値も同じく急落しますが、ソフトペグしている通貨の場合価格が急落するのではなく緩やかに下がっていくため、急な価格変動を防ぐことができます。

DeFi重要単語集㉓トークン規格変更

「トークン規格変更」とはあるトークン規格に通貨を対応させることを言います。

DeFi重要単語集㉔ファーミング

ファーミング」はイールドファーミングと同じ意味合いで使用されます。

DeFi重要単語集㉕フラッシュローン

フラッシュローン」とはAAVEによって開発された、スマートコントラクトにより実行される無担保ローンのことです。

フラッシュローン

DeFi重要単語集㉖プロトコル

プロトコル」とはIT業界で使われる言葉で、ある事項を実行するための手順を規定したもののことを言います。

DeFi重要単語集㉗ペグトークン

「ペグトークン」とは価値が元の資産に紐付けられているトークンのことでラップドトークンもペグトークンの一つです。

DeFi重要単語集㉘レンディング

「レンディング」とは仮想通貨取引所を介して、第三者に仮想通貨を貸し付けることで利息を受け取るサービスのことです。

DeFi重要単語集㉙流動性スワップ

「流動性スワップ」とは、2種類の仮想通貨を組み合わせて流動性を提供することで金利を受け取ることができる仕組みのことを言います。

DeFi重要単語集㉚流動性プール

「流動性プール」とはイールドファーミングの際に自分の資産を預ける場所のことで、流動性プールに資産を預けて金利を受け取ることをイールドファーミングと言います。

DeFi重要単語集㉚流動性プール

(分散型取引所PancakeSwapのpool)

【17ヶ月目】仮想通貨ビットコインをコインチェックで毎日積立した結果をブログで公開中!

【9ヶ月目】仮想通貨ビットコインをコインチェックで毎日積立した結果をブログで公開中!

あっきん

知っておきたいビットコインの値動きの特徴

そのせいもあり、上げ幅、下げ幅がとても大きいので 一般常識、固定概念を捨て、フラットな目線で過去の事実から未来を見通すのが良い と考えています。

半減期のサイクルで見る

半減期毎のサイクル

この記事を最初に書いた2021/1/5では31,000ドルなのですでに 3.6 倍になっています。

「ストック・フロー比率」による予想

ビットコイン暴落の黒歴史

ビットコイン暴落の歴史

ビットコイン暴落の歴史

見方を変えると 80 %程度の暴落はビットコインにとっては 異常ではなく通常 運用者が知っておきたい仮想通貨 なのです。

注目すべきは 過去4回の暴落全てで、暴落後に最高値を更新してきている という事実です。

前回の最高値は下回らない

ビットコイン長期チャート

このサイクルを繰り返しているのですが、注目すべきは 暴落時は前回の最高値を下回らない ということです。

このサイクルがもし繰り返されるのであれば 今後ビットコインは最高値をしばらく更新し、暴落するけど20,000ドル(約200万円)は下回らない ということです。

一括投資か積立投資か?

ビットコイン一括投資か積立投資か?

ぼくは人にビットコインの買い方を聞かれたときは積立投資をおすすめしてきました。

一括投資の場合は何を買うか?ではなくいつ買うか?を見定めなければいけないので難しいんです。

一括投資の場合

一括投資の場合

2017/12/7に投じた 100 万円は2020/12/31終値では 129 万円になっていました。

積立投資の場合

積立シミュレーション1

シミュレーション結果2

332 万円でした!

積立シミュレーション

  • リリース日:2020/2/25
  • 積立開始日:2011/8/18〜が指定可能

ここからはコインチェックの毎日つみたてについて解説します。

ブログで仮想通貨の積立実績を公開!

利益と含み損の推移

コインチェックでは月に最低 1 万円の仮想通貨積立が可能です。

コインチェックの積立スケジュール

最速だと 6/11 までに申込むと 6/27 に引き落としがあって 7/7 から買付が始まります。

コインチェック積立の申込手順

月1回の積立か毎日か選べるのですが、毎日の細かい値動きを捉えたほうが積立してる感がでるのでまいにちつみたてプランにしました。

\口座開設はココから(最短即日)/ 運用者が知っておきたい仮想通貨

【47日目】トライオートETFあっきんの設定と実績をブログで公…

【243日目】マネースクエアのCFDトラリピでNYダウに200…

【最新】トラリピ学習の決定版!

【注目】確かな実績の秘密とは!?

あっきんのトラリピ戦略の秘密が!

あっきんプロフィール

あっきん / 元公務員*投資家 Follow @_akkin_nara

トレーダー14年生ブロガー5年生の38歳。 子育てと仕事を両立するために11年勤めた県庁を早期退職しました。15年前に30万で始めたFXもほったらかしですが気付けば3,000万の運用資産になってました。 妻と子供2人/金沢出身/奈良在住

ひろこ / 元銀行員ブロガー兼FP Follow @hiroko_akilog

当サイトは投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性に ついて保証するものではありません。閲覧者が当サイトの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても当サイト運営者は一切の責任を負いません。 FXや投資信託はリスクや損失が存在する金融商品です。取引は閲覧者自身の判断によって、リスク を十分に理解したうえで自己責任で行ってください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる