安定した取引システム

FXのおすすめスマホアプリ比較ランキング

FXのおすすめスマホアプリ比較ランキング

こちらが遷移したチャート画面です。「一見して、上昇が継続していると思われる状態」というヒントを元に、チャート分析をして「今後も上昇トレンドは続きそうなのか」「そろそろ下落するのではないか」など、さまざまなシナリオを考えることができます。

楽天FXの評判は?損切設定やスマホアプリの使い方も解説

ロスカット方法

楽天FXでは自由に損切(ロスカット)水準を変更することができます。ここではパソコンでのロスカット水準の変更方法を紹介します。

※取引画面より筆者作成
楽天FXにログインし、1.口座→2.各種設定をクリックしましょう。

ロスカット


3.レバレッジ設定をクリックし、4.レバレッジコースとロスカット率を選択します。コースとロスカット率の設定を終えたら5.確認をクリックしましょう。

ロスカット


6.設定をクリックすれば、ロスカット水準の変更完了です。1分もあれば変更することができますよ。

3.楽天FXのアプリの使い方

iSPEED FX


上記がiSPEED FXの各画面です。レート一覧やスワップポイント、ニュース、建玉照会などFXに欠かせない情報を表示させることができます。スワイプをしながら、チェックしたい情報を適宜確認しましょう。

iSPEED FX


「どの通貨ペアにトレードチャンスがありそうなのかわからない。」と迷う方は「チャートの形状」という機能を利用してみてください。この機能では、楽天FX取り扱いの全28通貨ペアのチャートの形を分析し、トレンドを分類しています。

ユーロ/円(日足)のチャートの形状


例えば、上記はユーロ/円(日足)のチャートの形状です。一見して、上昇が継続していると思われる状態と分析されています。上記赤枠をタップすればチャート画面に遷移します。

ユーロ/円(日足)のチャート


こちらが遷移したチャート画面です。「一見して、上昇が継続していると思われる状態」というヒントを元に、チャート分析をして「今後も上昇トレンドは続きそうなのか」「そろそろ下落するのではないか」など、さまざまなシナリオを考えることができます。

チャートの使い方


チャート分析に必須のテクニカル指標は、「1.上記赤枠の歯車のマークをタップ→2.該当のテクニカル指標を選択」することで、チャート上に表示させることができます。

マイページ


またチャートやニュースなど、自分の好きなコンテンツを好きな場所に配置できる「マイページ」も便利です。例えば上記は、赤枠→ニュース、緑枠→チャート、青枠→注文照会を配置したものです。

マイページ使い方


まずはマイページ上の右上にある1.編集をタップします。続いて2.パネルを選択→3.チャート(小)をタップしましょう。

マイページ使い方


次に4.歯車を選択し、5.通貨ペアやチャート種などチャートの設定をすれば、6.マイページ上にチャートが表示されます。チャート以外を配置したい場合も要領は同じです。

4.楽天FXの評判

  • レバレッジを選べてリスク管理がしやすい
  • スワップポイントは高くはない
  • スマホアプリ「iSPEED FX」の操作がわかりやすく、注文も出しやすかった
  • MT4が使える点は評価できる
  • 楽天FXはすごく評価の割れるサービスだが、個人的にはPC用取引ツールが他社と比べて一番使いやすい
  • スプレッドの水準は標準的だと思う
  • 取引量に応じてもらえる楽天ポイントが地味に嬉しい
  • 電話がなかなか繋がらない
  • 情報量は非常に豊富だと感じる

上記のとおり、スマホアプリ「iSPEED FX」に関する良い評判も確認することができました。続いて、「iSPEED FX」に関する評判と、上記評判でも言及されていた楽天FXの「情報量」について補足をしていきます。

4-1.スマホアプリ「iSPEED FX」の評価は高い

例えばApp Storeの評価(星4.1/5※)となっており、スマホアプリ「iSPEED FX」は高評価であることがわかります。以下、iSPEED FXの口コミを見てみましょう。
※2022年5月時点

FXのおすすめスマホアプリ比較ランキング

trayaout

  • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

店舗型証券会社ランキング!大手5社の口座数や手数料を一覧で紹介

店舗型証券会社ランキング!大手5社の口座数や手数料を一覧で紹介

株式投資をするなら何から始めるのがオススメですか? 自分の好きなジャンルにまつわる銘柄に投資してみましょう。例えばゴルフが好きならゴルフ用品店を運営する「アルペン<3028>」や「ゴルフ・ドゥ<3032>」、サイクリングが趣味なら部品メーカーの「シマノ<7309>」や自転車専門店を展開する「あさひ<3333>」などが選択肢です。 株式投資はその企業を深く知っておくことが望ましいですが、興味がわかない分野のリサーチは苦痛に感じるかもしれません。関心のある分野の企業なら楽しく調査できるのではないでしょうか。

店舗型証券とネット証券はどちらの方がメリットがありますか? 一概にはいえません。店舗型証券会社とネット型証券会社には一長一短あります。 店舗型の証券会社は営業担当者に投資相談できるほか、さまざまなサポートを受けられる点がメリットです。その分、取引手数料はネット型よりも多く支払わなければいけないでしょう。 ネット型の証券会社は安い手数料がメリットです。手数料無料で取引できるケースもあるでしょう。しかし営業担当者は付かないため、投資の判断や手続きはすべて自身で行わなければいけません。

投資信託の売買でオススメの証券会社はどこですか? 店舗型証券会社なら「SMBC日興証券」がおすすめです。店舗型5大証券会社のなかで最も多くの投資信託を取り扱っており、つみたてNISAでも最多の銘柄を取り扱っています(2022年1月8日時点)。 相談しながら投資信託を選びたいならSMBC日興証券が有力な候補といえるでしょう。 ネット型証券会社なら「SBI証券」か「楽天証券」がおすすめです。両社ともに2,600本を超える投資信託を取り扱い、つみたてNISAの取扱本数も170本を超えています(2022年1月8日時点)。 SBI証券と楽天証券の取り扱いはほぼ互角のため判断に迷いますが、ポイントプログラムで決めてみてはいかがでしょうか。SBI証券は「Tポイント」「Vポイント」「Pontaポイント」のいずれかが貯まり、楽天証券は「楽天ポイント」が貯まります。もちろん両社で口座開設しても構いません。

少額で株を買える証券会社はどこですか? 少額で株式を買えるサービスを「単元未満株・ミニ株」といいます。通常は100株単位で取引しますが、これらのサービスを利用すると100株に満たない株数で取引が可能です。 店舗型5大証券会社のなかでは「SMBC日興証券」と「野村證券」、「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」が単元未満株・ミニ株取引に対応しています。 ネット型5大証券会社のなかでは「SBI証券」と「auカブコム証券」、「マネックス証券」が単元未満株・ミニ株取引に対応しています。

株のスマホアプリでオススメはありますか? SBI証券の「SBI証券 株アプリ」がおすすめです。「決算進捗率」や「アナリスト予測」など、個別銘柄について豊富な情報を集約させた「分析の匠」機能が搭載されており、スマートフォンでも本格的な分析ができるでしょう。取引機能も搭載されているため、分析から取引までアプリで完結できます。 楽天証券の「iSPEED」もおすすめです。日経新聞(楽天証券版日経テレコン)が無料で読めるほか、東京証券取引所(東証Arrows)から毎日マーケット速報を2分程度の動画で解説する「楽天証券マーケットNEWS」も閲覧できるため、市況をスピーディに確認したい方にも向いているでしょう。米国株式の取引にも対応しているため、日本株式と米国株式の両方を取引したい方にもおすすめです。

米国株が買える証券会社はどこですか? 店舗型5大証券会社はすべて米国株式を取り扱っています。ネット型5大証券会社の場合、「SBI証券」「楽天証券」「マネックス証券」で米国株式の取引が可能です。 「auカブコム証券」と「松井証券」と、それぞれ2022年の1月と2月に米国株式を取り扱う予定です。本記事で紹介した証券会社なら、いずれも米国株式を売買できるでしょう。 ただし米国株式の場合、取扱銘柄は証券会社ごとに異なります。ネット型5大証券のなかでは「SBI証券」が2021年12月に米国株式の取り扱いが5,000銘柄を突破しました。「楽天証券」や「マネックス証券」も4,000銘柄以上の米国株式を取引可能です(2022年1月8日時点)。店舗型証券会社の場合は店舗に問い合わせましょう。

FXのおすすめスマホアプリ比較ランキング
特定口座 利益の計算を証券会社が代行する口座です。さらに税金の徴収まで自動的に行う「源泉徴収あり口座」があります。「源泉徴収なし口座」の場合、納めるべき税金がある場合は自身で確定申告を行わなければいけません。
一般口座 利益の計算を自身で行う口座です。納めるべき税金がある場合は自身で確定申告を行わなければいけません。
特別口座 証券会社ではなく信託銀行などにある口座です。2009年に実施された「株券電子化」の際に手続きが行われなかった株式は、特別口座で自動的に管理されています。
特別口座の株式は、その株式ごとに指定された「株主名簿管理人」の信託銀行などで手続きを行うと証券会社の口座に振り替えることが可能です。

【株主名簿管理人の例】

  • トヨタ<7203>:三菱UFJ信託銀行
  • NTT<9432>:三井住友信託銀行

自分の証券口座へ入金するにはどんな方法がありますか?

じっくり相談したいなら店舗型の証券会社をパートナーに

店舗型の証券会社は手数料が高いデメリットがありますが、その対価として営業担当者に投資相談できるメリットがあります。特に「店舗型5大証券会社」は商品力・情報力に優れており、資産運用のパートナーとして申し分ないでしょう。

【2022年版】FXおすすめスマホアプリ5選&徹底比較!FXアプリの選び方を解説

おすすめのFXスマホアプリを機能別に徹底比較!FXアプリの選び方を解説

トレンドラインやフィボナッチ・リトレースメントなど、描画ツールの機能が充実しているFXアプリをご紹介します。ここ数年で格段に機能が向上した各社のFXアプリですが、実は意外と描画機能が揃っているツールは少ないです。しかし、以下の4社はスマホアプリでありながら、10種類以上もの描画ツールを搭載。テクニカル指標の項目で紹介したアプリと同様、ここでも純粋に搭載数の多い順に4つのアプリをピックアップしています。描画機能を重視される方は要チェック。

描画ツールの搭載数が多いFXスマホアプリ4選

スマホアプリ・FX業者描画ツール搭載数搭載描画ツールの内訳公式サイト

IG証券
19種類トレンドライン、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・エクステンション、ギャン・ファン、ギャンライン、ポイントライン、レクタングル、トライアングル、チャネル、エリオット波動(1波、2波、3波、4波、5波)、エリオット波動(A波、B波、C波)、オーバル、ピッチフォーク、ヘッド・アンド・ショルダー、テキスト、矢印、計測ツール

サクソバンク証券
20種類トレンドライン(セグメント)、トレンドライン(レイ)、トレンドライン(エクステンド)、平行線、水平線、縦線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・プロジェクション、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・エクステンション、アンドリュース・ピッチフォーク、線形回帰直線、長方形(正方形)、楕円(円)、矢印、測定、バーカウンター、テキスト、コールアウト

GMOクリック証券
12種類トレンドライン、チャネル(平行線)、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・タイムゾーン、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・アーク、フィボナッチ・エクスパンション、四角、三角、楕円

外為どっとコム
12種類トレンドライン、チャネル(平行線)、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・タイムゾーン、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・アーク四角、三角、楕円、五角形(ペンタゴン)

OANDA Japan
11種類トレンドライン、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・アーク、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・タイムゾーン、ベクトル、スピードライン、ピボット、分割線

描画ツールで選ぶなら「IG証券」のアプリがおすすめ!

描画ツールの搭載数が多いスマホアプリは?

描画ツールの豊富さで選ぶなら「IG証券」のスマホアプリがおすすめです。描画ツールの揃っているFXアプリが少ない現状の中、IG証券のアプリはなんと19種類も描画ツールを搭載。もちろんすべて無料でお使いいただけます。トレンドラインや水平線といった定番のものから、エリオット波動、テキストや矢印も描画できます。

また、描画したラインは他の時間軸チャートにも反映されるのがポイント。例えば日足で描画したラインが1時間足チャートにも表示されます。他社のFXアプリだと、他の時間軸チャートに反映されなかったり、そもそも時間軸を切り替えるだけでラインが消えてしまうといったことが多いです。ちなみに、IG証券のアプリではラインの色とデザイン、パラメーターの変更も可能です。

「IG証券」スマホアプリのキャプチャ画像

「IG証券」スマホアプリのキャプチャ画像

アラート・プッシュ通知機能で選ぶなら?

スマホアプリならではの便利機能はいろいろありますが、中でもアラート・プッシュ通知機能を重宝している方は多いのではないでしょうか。指定したレートへの到達や急な相場変動、経済指標の通知などをスマホで受信することができれば、取引チャンスをうっかり逃してしまうといったミスを防止できます。ここでは、そんな通知機能で選ぶならおすすめの3つのアプリを厳選しました。スマホをトレードの補助ツールとして利用される方も、気になるものがあればぜひチェックしてみてくださいね。

アラート・プッシュ通知機能がおすすめのFXアプリ3選

FXアプリ・業者レート通知相場変動通知経済指標通知特徴・ポイント公式サイト

FXプライムbyGMO
・プッシュ通知対応
・相場変動通知が便利

ヒロセ通商
・プッシュ通知対応
・経済指標の結果通知が迅速

IG証券
・プッシュ通知対応
・売買シグナル通知も対応

通知機能で選ぶなら「FXプライムbyGMO」のアプリがおすすめ!

アラート・プッシュ通知機能で選ぶなら?

プッシュ通知機能が特におすすめなのが「FXプライムbyGMO」のスマホアプリ。FXプライムbyGMOのFXアプリはレート通知、レート変動幅通知、経済指標通知の3つの通知機能に対応しています。レート通知に対応しているのはさほど珍しくないのですが、ここで注目していただきたいのはレート変動幅通知と経済指標通知。

「FXプライムbyGMO」スマホアプリのキャプチャ画像

「FXプライムbyGMO」スマホアプリのキャプチャ画像

FXアラート対応のおすすめスマホアプリ5選!

分割チャート対応のおすすめFXスマホアプリは?

「複数のチャートを見たいけど、チャートをいちいち入れ替えるのが面倒…」という悩みを抱えている方、けっこうおられるのではないでしょうか。PCツールであれば複数のチャートを表示できるものが多いですが、スマホだとやや限られてきます。ここでは、スマホでも複数のチャートを並べて表示させたい!という方のために、分割チャート機能がおすすめの3つのFXアプリをご紹介。なんと、スマホでありながら10種類ものチャートを並べられる業者も…。要チェックです。

チャートの分割表示ができるおすすめのFXアプリ3選

スマホアプリ・FX業者最大分割数分割チャート機能の特徴公式サイト

楽天証券
最大10分割マイページのカスタマイズにより最大10個のミニチャートを併記可能。ただし表示できるテクニカル指標は単純移動平均線とボリンジャーバンドのみ FXのおすすめスマホアプリ比較ランキング

FXプライムbyGMO
最大4分割分割チャートを個別に細かく設定可能。テクニカル指標は17種類を表示可能。分割時も拡大縮小ができる

ヒロセ通商
最大4分割通貨ペア・足種・テクニカルを一括切替できる。テクニカル指標は9種類を表示可能

チャート分割機能で選ぶなら「楽天FX」のアプリがおすすめ!

分割チャート対応のおすすめFXスマホアプリは?

とにかくたくさんのチャートを並べたい、という方には「楽天FX(楽天証券)」のスマホアプリがおすすめです。なんと、楽天FXのスマホアプリでは最大10個のミニチャートを並べることができます。まともに見れるのは8つのチャートにはなりますが(残り2つは画面外にはみ出ます)、それでもスゴいです。

これは、楽天FXのアプリに搭載されている「マイページ機能」を活用したもの。楽天FXのアプリではスマホ環境でありながら、画面表示のカスタマイズ機能を搭載。ここでミニチャートだけを並べると、最大10個のチャートを併記させることが可能なのです。ただし、表示できるテクニカル指標が単純移動平均線とボリンジャーバンドの2つだけなのは残念…。

「楽天FX」スマホアプリのキャプチャ画像

「楽天FX」スマホアプリのキャプチャ画像

情報コンテンツが充実しているFXスマホアプリは?

最後にピックアップするのは情報コンテンツが充実しているFXアプリです。外出先でチャートをチェックするのも大切ですが、隙間時間に相場分析のレポートを読んだり、動画コンテンツを見たりできるとトレードの参考にも勉強にもなりますよね。以下に紹介する3社は、スマホ環境でも豊富な情報コンテンツにアクセスできるFX業者。情報面を重視される方はぜひご確認を。

情報コンテンツが充実しているおすすめのFXアプリ3選

スマホアプリ・FX業者おすすめのポイント公式サイト
外為どっとコム・DZHフィナンシャルリサーチ、フィスコ、ロイターの最新ニュースを閲覧可能
・経済指標カレンダー、各国の政策金利一覧を表示
・情報配信サイト「外為情報ナビ」では外為どっとコムユーザーの注文情報(外為注文情報)などが見れる
FXプライムbyGMO・マーケットウィン24、FXi24の最新ニュースを閲覧可能
・マーケット情報サイト(会員限定)にアクセス可能。売買戦略やレポートなどを提供
・FXプライムbyGMOは毎月オンラインセミナーを開催中
ヒロセ通商・Klug、fxwave、ダウ・ジョーンズ、ロイターの最新ニュースを閲覧可能
・小林芳彦氏のマーケットナビ(音声解説)にアプリからアクセス可能
・自分の取引を振り返れる「LION分析ノート」を利用可能

情報コンテンツで選ぶなら「外為どっとコム」のアプリがおすすめ!

情報コンテンツが充実しているFXスマホアプリは?

「外為どっとコム」スマホアプリのキャプチャ画像

「外為どっとコム」スマホアプリのキャプチャ画像

トレイダーズ証券のFXアプリに「ヒートマップ」導入!

Apple Watch専用アプリが使えるFX業者特集

わずかではありますが、国内にはApple Watch対応アプリを提供しているFX業者があります。 Apple Watchで為替レートやチャートの確認、経済指標カレンダーの表示、発注まで行える業者も存在 します。

FXスマホアプリのおすすめチャートはこれ!FX会社8社の分析ツール比較

USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPY、
NZD/JPY、CHF/JPY、CAD/JPY、ZAR/JPY、
TRY/JPY、CNH/JPY、KRW/JPY、HKD/JPY、
EUR/USD、GBP/USD、AUD/USD、NZD/USD、
USD/CAD、USD/CHF、EUR/GBP、EUR/AUD、
EUR/NZD、EUR/CHF、GBP/AUD、GBP/CHF、
AUD/NZD、AUD/CHF

SBI FXトレードを辛口評価!スマホアプリの評判・口コミとデメリットも!

外為オンライン

外為オンライン

チャート(横画面)

ドラムロール式のUI

外為オンライン スペック

USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPY、
NZD/JPY、CAD/JPY、CHF/JPY、AUD/CHF、
AUD/NZD、AUD/USD、EUR/AUD、EUR/CAD、
EUR/CHF、EUR/GBP、EUR/NZD、EUR/USD、
GBP/AUD、GBP/CHF、GBP/NZD、GBP/USD、
USD/CAD、USD/CHF、ZAR/JPY

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる