Web取引ガイド

相対力指数

相対力指数
出来高は「トレンド追随型指標」や「オシレーター系指標」の補完として用いられるテクニカル指標です。 ⇒テクニカル分析を始める前の基礎知識 これを知らずに指標を扱うのは無理 もくじ 出来高とは出来高の見方 .

Pocket Optionで相対力指数を設定してRSIを使用する方法

Pocket Optionで相対力指数を設定してRSIを使用する方法

Pocket Optionで相対力指数を設定してRSIを使用する方法

強いトレンドの方向に取引することは、リスクを減らし、潜在的な利益を増やします。相対力指数は、トレーダーが情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。トレンドトレーディングは、特定の方向への資産の勢いの分析を通じて利益を獲得しようとします。

相対力指数(RSI)は、最近の価格変動の大きさを測定して、株式の価格の買われ過ぎまたは売られ過ぎの状態を評価する勢いの指標です。

移動平均線が上向きの場合、上昇トレンドが進行中です。 ただし、移動平均では、株式の将来価値を予測することはできません。 それらは単に、ある期間にわたって平均して価格が何をしているのかを明らかにします。


RSIを設定する方法は?

ほとんどのトレーダーは、ローソク足チャートと、EUR / USD、EUR / JPY、株式、暗号通貨などの通貨ペアを好みます。 取引プラットフォームでRSIインジケーターをアクティブにします。 15分以上の時間枠を使用する場合は、期間14をお勧めします。ターボオプションを下取りする場合は、期間を24〜26に増やして、市場ノイズの悪影響を減らします。

Pocket Optionで相対力指数を設定してRSIを使用する方法

すべてのオシレーターと同様に、相対力指数は価格チャートの下にあります。 レベルと信号線で構成されています。 通常、ゾーンを横断する際の信号をチェックするために使用されます。 ただし、別のことを試してみましょう。

実際、ローソク足チャートとRSIシグナルラインの形状に注意を払うと、それらが部分的に重複していることに気付くでしょう。 ただし、それらは同一ではありません。 RSIは別の期間に構築されており、短期的な価格の急上昇には反応しません。 したがって、RSIシグナルラインは価格チャートのトレンドのよりスムーズなバージョンです。 そのため、インジケーターにテクニカルラインをプロットしましょう。

  • まず、誤った信号に反応しないでください。
  • 第二に、RSIは傾向をより明確に示しています。
  • 第三に、RSIはトレンドの強さと方向を示しているため、リバウンドとブレイクアウトをより適切に特定できます。


相対力指数を使用した取引オプション

インディケータは、トレンドトレードシグナルを提供し、反転に関する警告を提供することに加えて、価格情報を簡素化することができます。 インジケーターはすべての時間枠で使用でき、ほとんどの場合、各トレーダーの特定の好みに合わせて調整できる変数があります。 トレーダーは指標戦略を組み合わせることができます-または独自のガイドラインを考え出すことができるので、取引の開始基準と終了基準が明確に確立されます。

RSI(相対力指数)とは何か? 逆張りを行う場合には、使ったほうが良いのではないか?

この計算式は以下のことを示しています。例えば計算期間を10日間と仮定した場合、まずはこの10日間を相場が上昇した日と下落した日の2グループに分けます。そして、この10日間の変動幅を合計します。これが分母になります。次に分子ですが、分子には上昇した日の変動幅を合計します。これだけです。そのため、RSIという指標は必ず0~100の間の数値をとります。つまり、相場が上昇すればするほど、多くの投資家がその資産を購入すればするほどRSIは100に近づいていき、逆に相場が下落すればするほど、多くの投資家がその資産を売却すればするほどRSIは0に近い数値をとるようになります。
一般的には、このRSIが30を下回った場合には、相場が売られすぎなサインであり、逆に70を上回ったときには買われすぎのサインであると言われています。なので、RSIが「高くなってきたなぁ」と感じたら、今後は相場が下落するだろうから、売りポジションをとるようにしたり、逆にRSIが「低くなってきたなぁ」と感じたら今後相場は上昇するだろうから買いポジションをとるようにしたりすることができます。このようにRSIを主に利用した取引は基本的には逆張りになる傾向があります。もちろん、このRSIだけを利用して取引をするのは危険な方法になるので、やめた方が良いと思います。
ただ、移動平均線を利用した順張りの取引の場合には、ポジションを変更するサインが出た時には、ある程度底や天井から乖離した値をつけています。なので、大きな利益は獲得しにくいという特徴があります。まさに投資の格言であるように、「頭と尻尾はくれてやれ」の状況を体現した投資法です。それに対して、RSIを利用した投資法は積極的にその部分を取りに行こうとする取引です。つまり、RSIは価格に先行する指数なのです。価格に先行するからこそ、投資行動をいち早く行い誰よりも先に動きに築こうとすることができるのです。逆に、移動平均線は価格に遅行します。トレンドはある程度日数が経ってからでないと分からないので、当然と言えば当然です。
こういった投資手法は、良い面があります。もみ合い相場が続いているときにはかなり大きな効果を発揮します。逆に、移動平均線を利用した取引の場合、もみ合いが続いているときには、大きな利益が狙いにくい上に、勝つことが非常に難しいです。このように移動平均線を利用した投資手法にはないメリットがRSIを利用した投資手法にはあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる