入門講座

レバレッジの意味を分かりやすく解説

レバレッジの意味を分かりやすく解説
違い

レバレッジの意味を分かりやすく解説

記事のカテゴリー

Copyright (c) Resona Bank, Limited All Rights Reserved.

ROEとレバレッジの関係

  • 第1回 無借金経営のメリットとデメリット
  • レバレッジの意味を分かりやすく解説
  • 第2回 レバレッジの意味を分かりやすく解説 ROEとレバレッジの関係
  • 第3回 「現在価値」が分かればファイナンスの基本が分かる
  • 第4回 財務会計と管理会計の違いって何?

1 ROEを高めるための方策

ROE(Return On Equity:自己資本利益率)が重要な指標であることは、皆の知るところです。ROEとは、企業が株主から信託された自己資本を使用し、どれだけ効率よく利益を稼いだかを示す指標であり、「当期純利益÷自己資本」で求めます。

ROEの計算方法とROEを上げるための方法を示した画像です

2 レバレッジを効かせる

A社、B社、C社のROEなどを比較した画像です

A社、B社、C社のROEなどを比較した画像です

メールマガジンの登録ページです

3 レバレッジとの相性

主な業界別の負債比率を比較した画像です

4 負債との付き合い方

  • 第1回 無借金経営のメリットとデメリット
  • 第2回 ROEとレバレッジの関係
  • 第3回 「現在価値」が分かればファイナンスの基本が分かる
  • 第4回 財務会計と管理会計の違いって何?

執筆:グローウィン・パートナーズ株式会社
「プロの経営参謀」としてクライアントを成長(Growth)と成功(win)に導くために、(1)上場企業のクライアントを中心に、設立以来400件以上のM&Aサポート実績を誇るフィナンシャル・アドバイザリー事業、(2)「会計ナレッジ」「経理プロセスノウハウ」「経営分析力」に「ITソリューション」を掛け合わせた業務プロセスコンサルティングを提供するAccounting Tech® Solution事業、(3)ベンチャーキャピタル事業の3つの事業を展開している。
大手コンサルファーム出身者、上場企業の財務経理経験者、大手監査法人出身の公認会計士を中心としたプロフェッショナル集団であり、多くの実績とノウハウに基づきクライアントの経営課題に挑んでいる。

「現物取引」と「レバレッジ取引」の違いとは?分かりやすく解釈

「現物取引」と「レバレッジ取引」の違い

違い

この記事では、 「現物取引」 と 「レバレッジ取引」 の違いを分かりやすく説明していきます。

「現物取引」とは?

「現物取引」 とは、 「株・外貨・仮想通貨などの保有資産と手持ち資金で実際に売買する取引」 のことです。

そのため、 「現物取引」 は 「手持ち資金以上の損失がでないリスクが限定された取引」 であると解釈できます。

「レバレッジ取引」とは?

「レバレッジ取引」 とは、 「株・為替・仮想通貨などの市場で、証拠金を入れることで手持ち資金の何倍もの取引ができる信用取引」 のことです。

「レバレッジ取引」 とは 「テコの原理を効かせたハイリスク・ハイリターンの信用取引」 で、価格が上昇すれば大きな利益になりますが、 「価格下落時には手持ち資金以上の損失が出て借金になるリスク」 もあります。

「現物取引」と「レバレッジ取引」の違い!

「現物取引」 と 「レバレッジ取引」 の違いを、分かりやすく解説します。

「現物取引」 と 「レバレッジ取引」 はどちらも 「株・為替・仮想通貨など価格が変動するリスク資産の取引方法」 ですが、 「現物取引」 とは 「保有資産と手持ち資金で実際に売買する取引、手持ち資金以上の損失がでない取引」 を意味しています。

「現物取引」 に対して 「レバレッジ取引」 とは、 「証拠金を入れることで手持ち資金の何倍もの取引ができるハイリスク・ハイリターンの取引、手持ち資金以上の損失が出て借金になる恐れがある信用取引」 のことを意味している違いがあります。

「現物取引」 と 「レバレッジ取引」 の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「現物取引」 とは 「株・為替・暗号資産などを実際に(手持ち資金で)売買すること」 を意味していて、 「レバレッジ取引」 は 「手元にある自己資金(証拠金)の何倍もの金額の売買ができるテコの原理を効かせた取引」 を意味している違いがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる