オプション取引方法

レンジとトレンドを見分ける3つの方法

レンジとトレンドを見分ける3つの方法
必勝法

バイナリーオプションは「N波動」でトレンドを見極めて勝率を上げる

必勝法

  • 具体的なトレンドの見極め方がわかる
  • トレンドの見極めにより、不要な負けを防ぐことができる

トレンドの見極め方

ハイローオーストラリアの レンジとトレンドを見分ける3つの方法 口座開設 がまだの方は以下のリンクから完了させておきましょう(口座の開設・維持費は無料で3分程度で完了します)。

トレンドの種類

  • 上昇トレンド:相場の流れが上昇(上方向に進んでいる)している
  • 下降トレンド:相場の流れが下降(下方向に進んでいる)している
  • レンジ相場:相場が、上昇でも下降しているわけでもなく、横ばいの状態

価格が上昇しているから上昇トレンド

価格が下がっているから下降トレンド

トレンドの見分け方

  • チャート上に「N」を形成する
  • 上昇トレンドの場合、高値・安値が切り上がっている(下降トレンドの場合は高値・安値が切り下がる)

チャート上に「N」を形成する

上昇または下降トレンドでは、チャート上に「 N 」が現れます。

このチャートでは、わかりやすいように「 ZigZag 」というインジケーターを表示させています(上の図でうっすらと見える赤色の線です)。

高値・安値が切り上がっている

上昇トレンドの場合、 高値・安値が切り上がっていき、下降トレンド場合は反対に高値・安値が切り下がっていきます。

トレンドの終焉

高値もしくは安値が更新されなかった時

下のチャートでは、安値・高値共に順調に切り上がっており、上昇トレンドを形成していましたが、 どんどん上昇の力が弱くなり(相場がどちらの方向に進むか迷っている)、最終的に安値が切り下がっています。

マンション間取り図の読み方、見方とチェックポイント

【図1】間取り図の例

部屋の広さの確認方法

窓や扉の位置と開き勝手、バルコニー形状

【図2】扉の種類

ウォークインクローゼットの引き戸

浴室の方に90度開く開き戸

和室とリビングを仕切る3本引き戸(写真左)

家具や家電を置く場所のチェック

【図3】家具や家電を置く場所

洗濯パン参考

間取り図のチェックポイント1:動線(どうせん)

間取り図のチェックポイント2:家具のレイアウト

ノムコムのVRホームステージングではモデルルームのように家具をバーチャルコーディネートしている

トレンド相場とレンジ相場の見分け方、判別方法は?どちらの相場でも利益を上げる方法も解説

LINE

送る

そして、この2つの相場をどう攻略するかで勝敗は大きく変わります

トレンド相場とレンジ相場の見分け方

トレンド相場

レンジ相場

移動平均線を使った見極め方法

1つめは、その移動平均線を2本以上使用し、線の向きや角度によって相場を分析する方法です

ボリンジャーバンドを使用する方法

2つめは、ボリンジャーバンドの収縮と拡大によって相場を分析する方法です

マルチタイムフレーム分析を取り入れる

マルチタイムフレーム分析とは、複数の時間足を用いてチャート分析をおこなう分析手法のことです。
複数の時間足を用いることで、より正確に相場の状況を判断することが可能になります

トレンド相場とは

トレンド相場とは、為替相場の大きな流れのことを指し、上昇・下降のどちらかに勢いのある相場環境のことです
トレンド相場には、上昇トレンド・下降トレンドがあります。

上昇トレンド

下降トレンド

為替相場は一度ある方向に動き出すと、しばらくはその方向に動き続けるという特性があるため、トレンドを把握して、その流れに逆らわないトレードを心掛けることが大切です

ダウ理論でのトレンドの条件

  • 高値と安値が切り上がっていれば「上昇トレンド」
  • 高値と安値が切り下がっていれば「下降トレンド」

トレンド相場でのトレード基本戦略

押し目買い・戻り売り

基本戦略としては、押し目買い・戻り売りをしていくことが有効です

上昇トレンド中の一時的な調整のことを”押し目”と言います。
この押し目で、買いエントリーする手法のことを、「押し目買い」と言います。
この場合、相場はトレンド ⇒ 調整(押し目) ⇒ トレンド ⇒ 調整(押し目)と波を描きながら進んでいきます。

逆に、下降トレンド中の一時的な調整のことを”戻り”と言います。
この戻りで、売りエントリーする手法のことを、「戻り売り」と言います。
この場合、相場はトレンド ⇒ 調整(戻り) ⇒ トレンド ⇒ 調整(戻り)と波を描きながら進んでいきます。

押し目買い・戻り売りを見るチャートパターン、「エリオット波動」

タイミングを判別する方法は、もう1つあります。
それは、移動平均線トレードを取り入れることです

レンジ相場とは

レンジ相場には、ペナント型(三角持ち合い)とフラッグ型(平行チャネルレンジ)があります
コンティニュエーションパターンというトレンドが継続していく際によく見られるチャートパターンになります。

レンジ相場でのトレード基本戦略

基本戦略は、水平線を使ったブレイクアウト手法をおすすめします

ブレイクアウトからの戻りを待って、その後の上昇・下降を狙うと、勝率も高くリスクリワードも良いトレードができます

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる