暗号資産速報

証拠金規制について

証拠金規制について
FX口座へ振替をする

法人のお客様における証拠金規制について

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 証拠金規制について 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。 証拠金規制について
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

証拠金規制について

例:取引日が12月2日の場合は翌営業日12/3の取引終了時間30分前までに証拠金不足額が解消されない場合、全建玉を強制決済します。

保有建玉の一部または全部を決済して必要証拠金を減らす

FX口座へ振替をする

証拠金不足解消時の注意点

相場変動等により、証拠金維持率が100%以上に回復した場合でも、上記の①、②または③の対応をされなかった場合は、強制決済の対象となります。解消するには翌営業日取引時間終了30分前までに総合取引口座へ入金後、FX口座への振替入金が必要です。
総合取引口座へご入金を行った場合でも、国内株式の日計り取引等 (同一資金における異なる銘柄への連続した乗換売買)により、入金金額分の振替可能金額が発生しない場合がございますので、ご注意ください。
また、異名義入金、入金エラー、 金融機関の休業日等により期限までに総合取引口座への金額の反映が間に合わず、FX口座への振替ができなかった場合、証拠金不足は解消されません。
証拠金不足額を入金によって充当する場合は、小数点以下を切り上げた金額を充当して解消する必要があります。 証拠金規制について
(例えば、100.2円の不足の場合は、切り上げて101円の証拠金不足額を入金することによって証拠金不足の解消となります)
両建 (※) をしている場合、売建玉または買建玉のどちらか数量の少ない建玉を決済しても、証拠金不足は解消されません。

売100通貨、買600通貨保有中 → 必要証拠金は600通貨分となる。
売100通貨を決済 証拠金規制について → 証拠金不足の解消とならない。
買300通貨を決済 → 上記②の例により、300通貨分が充当される。

よくある質問

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)証拠金規制について 、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】 証拠金規制について
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

JFSA – Public 証拠金規制について 証拠金規制について Comment on Margin Regulations

A summary of what became clear in the public comments for Margin regulation on Dec. 11 th , 2015 is as follows:

1. Entities subject to regulation are:

VM: Financial institutions holding 300billion yen average balance 証拠金規制について of OTC derivatives. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments 証拠金規制について Business, etc. article 123 (10)

IM: Entities subject to VM regulation and holding 1.1 trillion yen average balance of OTC derivatives in the group. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (11))

2. You 証拠金規制について can include other derivative products (e.g. FX forward etc.) which are not subject to regulation at this time, 証拠金規制について 証拠金規制について if both counterparties agree, in margin calculation for products which are subject to regulation. Thanks to this, it 証拠金規制について is not needed to prepare another CSA for the new products. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (7))

3. Weather derivatives, catastrophe derivatives, etc. are included in the regulation. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1))

4. Internal trades in the same group are excluded from the calculation of notional amount of derivative products held to check if the financial institution is subject to the IM regulation. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (11 ) )

5. VM should be managed daily. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1)XXI)

6. IM should be calculated at least monthly unless there is a material change, such as rules on the 証拠金規制について rights and duties. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1)XXI)

7. Minimum Transfer Amount is 70 million yen or less calculated by sum 証拠金規制について 証拠金規制について of the margin needed both for IM and VM. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (証拠金規制について 1))

8. Threshold is 7 billion yen or less calculated by sum of the margin in the same group. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1)

9. Assets you can use as collateral for both VM and IM are authorised by JFSA as follows; (You cannot use gold.)

  • Cash
  • Notes issued by Government, Central bank, BIS, IMF, ECB, EU, IDB, etc. or Japanese local public body, etc. with the rate of 1-4 or higher in credit risk category regulated by Capital Adequacy Notice
  • Notes issued by entities other than above with the rate of 2-2, 4-3, 5-3 or 証拠金規制について higher in credit risk category regulated by Capital Adequacy 証拠金規制について Notice
  • Stocks used for primary Index in the countries designated by JFSA
  • Others

(Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (8) and JFSA Notice)

  • 現金
  • 中央政府、中央銀行、国際決済銀行、IMF、EU、国際開発銀行他、または地方公共団体によって発行された債券
  • 上記以外の発行体で、銀行自己資本告示の定める信用リスク区分が2-2、4-3、5-3以上のものが発行する債券他
  • 指定国の主要な株価指数を構成する株式等
  • その他

10. There are two kinds of hair-cut. One is related to the type of the collateral asset. The other is if the collateral is in a different currency to the margin exposure (8%). For example, if you use an asset as collateral with 4% hair-cut and it is different currency with the derivative, then the total hair-cut is 12%. If you use 証拠金規制について cash for VM the latter is 0. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (9))

JFSA-PC-1

JFSA-PC-2

11. Financial institutions that are not subject to “Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc.”, such as small banks. still have to do the followings;

  • Calculation of MTM for their position of OTC derivatives
  • Delivery of VM 証拠金規制について 証拠金規制について with adequate frequency in accordance with trade volume, risk, or etc. (Guideline for supervision)

12. You have to consider 証拠金規制について diversification for illiquid securities in collateral management. (Guideline for supervision)

Summary for IM Calculation Method

Calculation method for “Estimation of Potential Loss Etc.” is as follows (JFSA Notice)

The calculation methods are (1) Method by using quantitative model and (2) Method by using standard table.

Method by using 証拠金規制について quantitative model:

  • Using 99% one tail confidence level 証拠金規制について with holding period 10 days. Or using its holding period if less than 10days.
  • Estimation of Potential Loss is calculated by the following categories, which are the main reasons for the fluctuation of PV;
    • Change of credit condition of transferee
    • Change of price of the product
    • Change of price of the stock
    • Change of foreign exchange rate or interest rate
    • Other changes
    1. The period is more than 1 year and less than 5 year
    2. The period includes the stress period
    3. The period includes the most recent market data
    4. At least yearly updated
    5. Others

    Method by using standard table:

    • Using the following formula;

    IM = 0.4 * Gross IM + 0.6 * NGR * Gross IM

    IM: Estimation of Potential Loss Etc.

    NGR: Net current exposure / Gross current exposure, which if Gross current exposure is 0, then NGR =1

    Net current exposure: NPV of the derivatives (if NPV is less than 0, then 0)

    Gross current exposure: Total 証拠金規制について of PV of the derivatives (if PV of the derivatives is less than 0, then the PV is 0)

    証拠金規制について

    2007年施行のMiFID I(金融商品市場指令)下の市場への改革である、MiFID IIへの更新が、投資銀行、ポートフォリオマネジャー、ブローカーなど、投資サービスを提供する金融業者に適用されます。MiFID IIは、それに関連する規制である金融商品市場規則(MiFIR)とともに、市場の安定性と信頼性を高め、かつ消費者保護を強化することを目指しています。

    ブルームバーグのソリューション
    ブルームバーグは、引き続き規制当局や市場参加者の協力の下、MiFID IIやMiFIRがデリバティブ取引の執行に及ぼす影響の見極めに努めています。またブルームバーグは、参照データ・サービスの一環として取引主体・顧客分類データを提供するほか、BVALデリバティブ機能を通じて、独立した立場の第三者によるデリバティブ商品の評価もお届けします。MIFID IIやMiFIRの要件を漏れなく遵守する取引執行プラットフォームの開発も進めています。ブルームバーグのセルサイド向け債券取引・デリバティブ取引ソリューションであるトレードオーダーマネジメントソリューション(TOMS)の一環として、ブルームバーグの取引報告サービスもご利用いただけます。

    クライアントをサポートするブルームバーグのサービス・機能 MiFID II

    ブルームバーグのソリューション
    包括的なソリューションがあれば、計算エンジンから「実際の価格」のデータ・レポジトリにいたるまで、FRTBの要件のあらゆる側面を充足できます。ユーザーが必要としているのがFRTB対応のデータか、信頼性が高いリスク分析エンジンか、またはエンド・ツー・エンドのワークフロー全般かに関係なく、ブルームバーグならば、ご自身のニーズに応じたパッケージをカスタマイズできます。また、ブルームバーグの価格データや市場データをベースにして、標準的手法と内部モデル手法双方による規制上の自己資本の計算、リスク要因のマッピング、モデルの作成も可能なリスク要因判定などの新機能も追加しました。

    クライアントをサポートするブルームバーグのサービス・機能 FRTB規制対応

    ブルームバーグのソリューション
    ブルームバーグは、包括的な一連のデータ、分析およびポートフォリオ・ソリューションを提供し、リスク・フリー・レート移行に際しての影響を査定、分析します。また、業界トップクラスのプラットフォームで提供するすべての商品について、リスク・フリー・レートの採用をサポートし、透明性を確保します。

    クライアントをサポートするブルームバーグのサービス・機能 LIBOR 移行

    ブルームバーグのソリューション
    ブルームバーグは、バーゼルIIIで義務付けられた自己資本や流動性の充足所要額を計算し管理するための包括的なツール、データ、分析機能を提供しています。適格流動資産(HQLA)、流動性評価(LQA)、主要国中央銀行の適格担保、簡易指定関数方式(SSFA)に関連する要件も網羅しています。

    ブルームバーグのソリューション
    ブルームバーグのリスク管理ソリューションは、市場をリードするブルームバーグのデータと分析機能をベースにしています。そのプラットフォームが提供するプロセスの自動化、拡張性、およびデータ共有機能は、BCBS 239遵守コストの大幅削減に役立ちます。TOMS機能とMARS機能を併用するお客さまは、フロントオフィス用とリスク分析用双方に同一のデータベースからポジションのデータを取り込むため、照合の負担を軽減できるだけでなく、BCBS 239の原則3(データの正確性と統合性)の要件充足にも役立ちます。フロントオフィス用とリスク管理用の市場データが同じであることが保証されている上、フロントオフィス用とリスク分析用に同一の価格ライブラリーが使用されることから、一貫性も確保されます(原則4の一貫性と原則5の適時性の充足にも役立ちます)。原則6(適応性)に沿って、ストレステストを簡単に設定してリスク報告に追加したり、日々のポジション管理を目的に、同一のストレステストをトレーダーと共有したりすることも可能です。

    ブルームバーグのソリューション
    ブルームバーグは、金融機関がドッド・フランク法に基づく取引執行、清算、報告関連の要件を充足する上で役立つ一連のソリューションを提供しています。ブルームバーグSEFは市場内屈指のSEFで、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)、金利スワップ(IRS)、および為替(FX)やコモディティのデリバティブをサポートしています。ブルームバーグSEFは注文板機能を装備しているため、参加者は確定値と気配値双方の売り買い呼値を提示して、他の参加者全員に明らかにすること、また2人以上の参加者にクオート・リクエスト(RFQ)を募ることができます。ブルームバーグはドッド・フランク法で義務付けられた清算のワークフロー・プロセスもサポートしており、報告のため独自のスワップ識別子(USI)の生成と伝送が円滑に進むようお手伝いします。

    ブルームバーグのソリューション
    ブルームバーグのMARSコラテラル・マネジメントは、エンド・ツー・エンド型の担保管理・処理ハブで、エクスポージャーや担保ポジションを総合管理しモニターするための合理的な自動化ソリューションを提供します。これは、さまざまな金融商品や資産に対応する担保・証拠金管理アプリケーションで、関連機能をあまねく揃えています。それに加えて、別のソリューションであるコラテラル・タギングは、中央清算機関で清算されない店頭デリバティブに関する世界各地の証拠金規制における担保の適格性要件を判定、分類、遵守するための効率的な仕組みを提供します。

    ブルームバーグのソリューション
    ブルームバーグのSEC規則22e-4関連のソリューションは、ベストプラクティスに基づく流動性分析に加えて、お客さまがマルチアセットクラス型ポートフォリオの流動性リスクを一貫して管理し報告できる全社的規制遵守の環境を提供します。このソリューションは受賞歴を誇るブルームバーグの流動性評価(LQA)方法を基盤にして、出来高が限られている金融商品に関しても市場流動性を定量的に評価できる機能を提供します。LQA機能は、世界の規制要件の遵守とリスク管理プロセスや投資プロセスへの付加価値を意図して、設計されています。

    ブルームバーグのソリューション
    ブルームバーグのソリューションであるIFRS 9 SPPIテストは、IFRS第9号で更新された後の分類・測定モデルが求める契約上のキャッシュ・フローのテスト実施時に、クライアントをサポートします。つまり、70種類を超える独自の有価証券の属性を金融商品ごとにスキャンして、「元本および利息の支払いのみ(SPPI)」という要件を満たしていない可能性がある特性やキャッシュ・フローを特定することで、個別有価証券の目論見書や法定文書のレビュー・プロセスを自動化します。

    イタリアの銀行グループIntesa Sanpaoloは、新規会計基準の適用を合理化するためブルームバーグのIFRS 9 SPPIデータを選択しています。この件のプレス・リリースについては、こちらをクリックしてください。

    ブルームバーグのソリューション
    ブルームバーグのEMIR報告ソリューションを利用すれば、参照データ・サービスを通じて取引主体分類データを、BVALデリバティブを通じて独自のデリバティブ評価を提供するほか、複数の取引情報蓄積機関への複雑な接続を構築または維持する必要なしに、取引情報蓄積機関にシームレスに接続することができます。これを実現しているのが、ブルームバーグのストレート・スルー・プロセッシング(STP)、および担保と評価の報告ソリューションです。これらは、ひとつのワークフローで(ブルームバーグまたは貴社独自の)評価を取引情報蓄積機関にシームレスに送信できるもので、高品質のデータと各種デリバティブ・プライシング・モデルを用いて、さまざまなアセットクラスや金融商品の種類に対応しています。

    ブルームバーグのソリューション
    ブルームバーグの全社的なソリューションを利用すれば、銀行は最小限の手間をかけるだけで、迅速かつ効率的に対象ファンドを特定できます。すなわち、証券化やCLOの関係文書から関連する詳細を自動抽出して、対象ファンドを特定するとともに、所有者の内訳、案件の種類、トランシェ、担保に関する詳細を提示します。また、明確に文書化できない場合には、法的に精査する必要性を示すフラグを設定することも可能です。ブルームバーグのソリューションにより、銀行は最も複雑な評価にリソースを集中させること、対象ファンドのスポンサー状況を追跡調査すること、および持分に関連するTier 1資本の限度額を計算することができます。バイサイドの金融機関は、市場流動性や価格差を見極めて、対象外のファンドの需要を左右することも可能です。

    ブルームバーグのソリューション
    ブルームバーグは高品質の参照データと価格データを提供して、保険会社がソルベンシーIIの重要な要件を満たすようお手伝いします。ソルベンシーIIデータ・パッケージは、ソルベンシーIIの定量報告テンプレート(QRT)で必要とされる必須の補足IDコード(CIC)や欧州経済活動統計分類(NACE)だけでなく、取引主体識別子(LEI)、最終親会社、有価証券のID、デュレーション、格付、証券種類も表示します。それに加えてブルームバーグの評価サービスであるBVALは、債券およびデリバティブ証券に関して透明性が高く妥当な価格を表示します。

    ブルームバーグのソリューション
    ブルームバーグのAPAC規制(AREG)は、アジア・太平洋地域の市場および進化し続けている域内の店頭デリバティブと資本市場に関する規制について、情報を提供します。AREGでは、域内規制動向の今でも流動的で細分化している性質を後押ししている4大ポイント、すなわちリスク管理、デューデリジェンス、規制当局への報告、取引のコンプライアンスに対応しています。

    • 欧州オルタナティブ投資ファンド運用会社指令(AIFMD)
    • 米国の外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)
    • 証拠金規制について
    • 米国のフォームPF
    • 欧州銀行監督局(EBA)の健全な評価に関する規制
    • 米国の会計基準編纂書(ASC)トピック820
    • IFRS第13号
    • 米国内国歳入法第871(m)条
    • EUの金融取引税(FTT)
    • BCBS 239

    Scroll left

    このページ

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる