FXトレード

マーケット情報

マーケット情報

「大引成行売り」は前場終了以降に執行条件「引け」を選択して成行きの売付で発注すると簡単です。

マーケット情報

© SBI VC Trade Co., Ltd. マーケット情報

暗号資産を利用する際の主な注意点
暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。お取引を始めるに際してはサービスごとの「サービス総合約款 」(新VCTRADE)、「暗号資産取引サービス約款」(旧VCTRADE)、「暗号資産取引説明書(契約締結前交付書面)」(新VCTRADE)、「暗号資産の売買等に関するご説明(契約締結前交付書面)」(旧VCTRADE)、等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。
PDF書面のご確認には、当社が推奨いたしますブラウザソフト、ならびにPDFファイル閲覧ソフトが必要となります。

手数料について
口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくは「手数料」をご確認ください。

商号等SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者)
登録番号関東財務局長 第 00011 号
加入協会一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点
暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料 、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(新VCTRADE)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引 を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、 ETH、XRP、LTC、BCH、LINK、DOT)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(新VCTRADE)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。 当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率(法人レバレッジ倍率)です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。「暗号資産取引説明書(契約締結前交付書面)」(新VCTRADE)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。

日経不動産マーケット情報


日々行われる取引情報はニュースサイトで速報!
戦略立案に役立つ調査・分析レポートは紙面で詳報!
投資先の選定に、新規案件の発掘に、競合の動向把握に---
不動産投資ビジネスに従事する方のための情報サービスです
『日経不動産マーケット情報』は、投資用・事業用不動産の売買や賃貸借に関わる方に向けて、[売買事例][企業移転][新規開発]といった通常では入手困難な取引情報の詳細を実務に役立つ形で、毎日Web上で配信します。
また、毎日のニュースに加えて、成約賃料調査やアナリスト予測、開発動向など市場分析や戦略立案に欠かせないマクロ情報も月刊のニューズレターでお届けします。 市況の変化をいち早く捉えると共に、不動産ビジネスを成長へと導く取引実現のために『日経不動産マーケット情報』をご活用ください。
ニュースサイト( https://xtech.nikkei.com/kn/NFM/ )では、日々の取材で得た取引情報を速報。全文を閲覧できるのは読者に限ります。メールマガジンでは全ニュースのヘッドラインを毎週配信。ご多忙な方が重要情報を見逃さないよう、お知らせします。

■『日経不動産マーケット情報』が提供する充実のサービスラインアップ
1) ニュース配信(平日毎日、年間1000本以上)
日々行われる売買や移転の詳細、未公開の開発計画などをWeb上で速報。
2) ニューズレター(月1回、年12冊)
豊富なデータを掲載し、最新トレンドや注目トピックスを徹底解説。
3) メールマガジン(週1回、原則月曜日)
重 要な情 報を見 逃さないように、全ニュースのヘッドラインを毎週配信。
4) 登記情報ダウンロードサービス(ほぼ毎日)
売買ニュースで取り上げた物件の登記情報をPDFで提供。
5) 開発プロジェクトデータ提供サービス(年4回、3月・6月・9月・12月)
オフィス、店舗、ホテル、住宅などの開発動向をExcelに集約。


■ニュース配信
投資用・事業用不動産の動きが見える---
年間1000本以上の取引情報をWeb上で速報!
「いつ」「だれが」「何を」「いくらで」「どんな目的で」
「日経不動産マーケット情報」のニュースサイトでは、独自の取材ルートで入手した、売買情報・移転情報・開発情報を日々配信。取引の裏側に隠された重要情報を明らかにしています。また創刊以来、数々のスクープも配信してきました。他社に先駆けて、正確な取引情報を入手することで貴社のビジネスチャンスを一気に広げます。


■月刊ニューズレター
豊富な調査データと分析レポートを掲載---
市場動向の把握や戦略立案に役立つ情報源!
独自の調査・分析で市場の実態に迫る!
経営戦略の立案、投資先の選定に必須のレポートを毎月お届けします

「日経不動産マーケット情報」はニュース配信に加えて、市場分析や経営戦略の立案に欠かせないマクロ情報を月刊のニューズレターでお届けしています。売買事例分析や成約賃料調査、またアナリスト予測や注目エリアレポートなど、日々の業務で活用できる独自企画が満載。また、定期的に主要エリアの賃料や空室率などを追いかけて、市場分析に役立つ形でレポートしています。ニュースサイトと併せてご活用いただくことで、貴社の意思決定のスピードと精度を高めます。

「日経不動産マーケット情報」をお申し込みいただくと、メールマガジン「日経不動産マーケット情報メール版」の配信と、購読者限定ウェブサイトのアクセス権を設定させていただきます。 同サービスは登録認証基盤として日経IDを利用しており、「日経ID利用規約」 および「日経不動産マーケット情報購読者限定サービス利用規約」を必ずお読みいただき、ご同意の上お申し込みください。メールマガジンにつきましては、お届けしますメールマガジンに記載の「メール配信サービス登録情報の確認や変更」より、いつでも停止いただけます。

お支払い・お届け方法などについて

【ご購読について】

「日経不動産マーケット情報」は、毎月末日までにお客様から解約のお申し出のない限り、翌月も引き続きのご購読とさせていただきます。中途解約の場合は1冊定価(税込)×送付済冊数で精算させていただきます。
購読料金のお支払い(一括前払い)は、後日別便にてお送りする専用払込用紙で、銀行振込またはコンビニ、郵便局からお支払いください。

ご購読の開始号について
お申込いただいた時点での最新発送号からお届けします。
お手元にDM・E-mail等で購読のご案内をお持ちの方は、そちらに記載されております開始号でお申し込みいただけます。インターネットでお申し込みの際は、正確にお届けするため、上記の「参照メディア」にお申し込みコードを必ずご入力ください。

お問い合わせ・予約購読のご契約について
「年間購読の契約について」もご一読ください。
お届け・お支払い方法などのお問い合わせは、「日経BP社Q&A」をご参照ください。

マーケット情報

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT マーケット情報 FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

マーケット情報

経済カレンダー レート一覧

(原油・石油製品)
10日の中東産原油は海外原油の下落を嫌気して急反落。11時時点でドバイ原油の中心限月11月限は前日比840円安の8万7890円。
上海の一部でまたロックダウンが再開している。期間は2日間だが、先行き不透明。また、その他地域でのロックダウンのリスクも警戒され、非鉄が急落している。当然、中国での石油需要の拡大観測は後退し、海外原油の圧迫要因になっていた。NY石油製品は急伸したが、原油の支援材料になり切れず。この海外原油の下落の一方、円安が進行したため、国内の原油の下げは限定的。ただ、日中取引で円高が進行したため、下げ幅を大きくしていた。10時に入って海外原油の一段安を嫌気して、ドバイ原油11月限は8万8000円割れをみせ、さらに下げ幅を拡大し、夜間取引の安値も大きく更新している。

エクスプレスコメント (石油製品・原油レポート(海外原油は急騰しWTIの7月限は高値更新))

石油製品・原油レポート(海外原油は急騰しWTIの7月限は高値更新)
  • 2022/06/09

WTI原油・NY石油製品・北海ブレント市況

海外原油は急騰を演じておりWTI期近7月限は123ドル台まで急伸する場面をみせた。期近7月限としては一代の高値更新であるが、期近ベースとしては3月9日以来の123ドル台である。
米EIAの週間石油在庫統計(下記参照)を好感して海外原油が大きく買い進まれることになった。特に旺盛なガソリン需要が注目されていた。価格高騰による需要後退をみせてもおかしくはないが、ガソリン需要が拡大し久しぶりに日量900万バレル台に乗せている。このためガソリン価格の高騰を許容しているとの見方が拡大し、一部では5ドルまでの上昇の可能性も指摘されるほどだった。6月のドライブシーズンに合わせて、今後の価格上昇を見据え需要が拡大したとみるべきといえるが。
本日は原油主導で急伸したが米国の原油生産の低迷、OPECプラスの消極姿勢、中国の石油需要の拡大が期待されたためである。WTIやブレントが上げ一服の局面でNYガソリンが急伸するなど、相乗効果による上昇も期待されている。
清算値決定間際にWTI期近7月限は123ドル台を再度、回復してから一気に122ドル割れをみせた。高値警戒がくすぶっており、突然の値崩れには今後とも警戒。値崩れをみせながら下値確認の動きとみる。

・米EIAの週間石油在庫統計
米EIAは8日、3日現在の週間石油在庫統計を明らかにするが、ロイター通信が集計したアナリストの事前予想平均の暫定値は下記の通り。
原油在庫は前週比200万バレル増(事前予想平均は190万バレル減)、ガソリン在庫は同81.2万バレル減(同110万バレル増)、中間留分在庫は同260万バレル増(同110万バレル増)、製油所稼働率は94.2%(同93.1%)。WTI原油の認証在庫であるクッシング在庫は前週比159万バレル減。
前日発表された米APIの在庫統計で、原油在庫は前週比180万バレル増、ガソリン在庫は同180万バレル増、中間留分在庫は同340万バレル増 クッシング在庫は同180万バレル減。
3日までの一週間の石油需要は日量平均で2022.7万バレル(前週1951.2万バレル、前年1771.3万バレル)、ガソリン需要は919.9万バレル(前週897.7万バレル、前年848.0万バレル)、中間留分需要は同365.0万バレル(前週396.9万バレル、前年341.3万バレル)。
原油生産は日量平均で1190.0万バレル(前週1190.0万バレル、前年1100.0万バレル)、原油輸入は同615.4万バレル(前週621.8万バレル、前年663.8万バレル)。

東京石油製品・原油の相場見通し

AMコメント (海外原油安を嫌気してドバイ原油は急反落)

海外原油安を嫌気してドバイ原油は急反落
  • 2022/06/10

(原油・石油製品)
10日の中東産原油は海外原油の下落を嫌気して急反落。11時時点でドバイ原油の中心限月11月限は前日比840円安の8万7890円。
上海の一部でまたロックダウンが再開している。期間は2日間だが、先行き不透明。また、その他地域でのロックダウンのリスクも警戒され、非鉄が急落している。当然、中国での石油需要の拡大観測は後退し、海外原油の圧迫要因になっていた。NY石油製品は急伸したが、原油の支援材料になり切れず。この海外原油の下落の一方、円安が進行したため、国内の原油の下げは限定的。ただ、日中取引で円高が進行したため、下げ幅を大きくしていた。10時に入って海外原油の一段安を嫌気して、ドバイ原油11月限は8万8000円割れをみせ、さらに下げ幅を拡大し、夜間取引の安値も大きく更新している。

デイリーコメント (金標準はNY金の軟調地合いと円高の動きによって反落、白金標準は続落)

金標準はNY金の軟調地合いと円高の動きによって反落、白金標準は続落
  • 2022/06/10

(東京石油市場)
10日のドバイ原油は海外原油の下落と為替の円高の動きによって急反落。ドバイ原油の10月限は前日比840円安の8万9580円、11月限は同790円安の8万7940円。 マーケット情報
夜間立会の時間帯で海外原油は上海の一部のロックダウンによる中国の需要拡大の後退による売り材料とNY石油製品の強調地合いが買い材料によって乱高下の展開となった。この売り買い交錯する動きの中でWTIの7月限は120ドル台から122ドル台のレンジの動きを見せた。この海外原油の動きを受けてドバイ原油は序盤は為替の円高基調によって8万7690円まで売られる動きを見せたが、その後は為替の円安方向の戻りによって8万8850円まで買い直された。日中立会はWTIが120.10ドル割れまで下落するとドバイ原油は8万7380円まで売り込まれる動きとなったが、その後はWTIが120.90ドル台まで戻るとドバイ原油は8万8000円まで下げ幅を縮小した。しかしドバイ原油の8万8000円台は一時的な動きになり引けにかけては8万7600円台から8万7900円台の間での動きとなった。日中の海外原油は軟調地合いとなりWTIは120.09ドルまえ売られる動きを見せている。上海の一部のロックダウンによって中国の石油需要の後退観測から売られる動きとなっているが、米国の石油需要のを背景にNY石油製品の堅調地合いは続くと見られ海外原油の下げも限定的と見たい。目先は120ドルを割れるか注目したいが、下押し場面では再び買われる動きも想定したい。ドバイ原油は日中に8万7380円まで売られる動きとなっている。まだ海外原油の下振れも警戒されるが、海外原油の底堅い動きも想定され、ドバイ原油も安いところは買い拾われる動きになるとみたい。

(貴金属市場)
10日の金標準はNY金の軟調地合いと円高の動きによって反落、白金標準は続落。金標準の中心限月4月限は前日比27円安の7911円、白金標準の中心限月4月限は同73円安の4057円。
夜間立会の時間帯でNY金の8月限は今晩発表される米国のCPIを警戒する動きと米長期金利の上昇によって1841.9ドルまで反落する動きとなったが、安値をつけてからはインフレヘッジの買いが相場の下支えとなり1850ドル台まで戻りを見せた。NY金の乱高下の動きに対して金標準の中心限月は序盤に為替の円高の動きによって7885円まで売られる動きを見せたが、その後は為替の円安基調とNY金の安値からの戻りによって7957円まで続伸した。日中立会は為替が円高方向に動きNY金が1847ドルまで売られると金標準は7923円まで反落する動きとなったが、その後は為替の円高が一服し再び円安方向に戻ると金標準は7941円まで買い直された。しかし為替の円安の戻りは一時的となり再び為替が円高方向に進みNY金が1845ドル台まで下がると金標準は7899円まで日中立会の安値を更新した。日中のNY金は続落し1845.5ドルまで売られる売られる動きを見せている。今晩は米国のCPIの発表が予定されており、強気な内容となればNY金の一段の下落も警戒したい。ただインフレ懸念は引き続きNY金の支援材料になると見て下値も限定的と見たい。まずはCPIの発表を見極めNY金は臨機応変に見て行きたい。金標準は7899円まで売られる動きを見せたが、NY金の不安定な動きを警戒して臨機応変に対処したい。まずは米CPIの結果を見極めてからの仕掛けが無難としたい。
白金標準は夜間でNY白金の7月限は整理商いの動きによって一段の急落を見せ969.4ドルまで売り込まれる動きを見せた。このNY白金の値崩れを受けて白金標準の中心限月は為替の円安基調の中で4061円まで売られる動きとなった。日中は為替が円高方向に動きNY白金が965ドル台まで売られると白金標準は4028円まで下げ幅を拡大する動きとなったが、その後はNY白金が971ドル台まで戻りを見せると白金標準は4059円まで買い直された。日中のNY白金は965.5ドルまで売られる動きを見せている。前日の安値を下回る動きを見せており、引き続き整理商いによる軟調地合いが続くと見たい。白金標準は日中に4028円まで売られる動きを見せており、NY白金の弱い動きから白金標準の下値水準の切り下げも想定したい。

(ゴム市場)
10日のゴムRSS3号の中心限月は乱高下の展開の中で小幅反落。ゴムの中心限月11月限は前日比0.9円高の264.0円。
夜間立会の時間帯でゴムRSS3号の中心限月は反落し263.1円まで売られる動きとなった。日中立会は上海の一部のロックダウンとNY株価や非鉄の下落を受けてゴムは下げ幅を拡大し261.6円まで売られた。しかしその後は下げ一服の動きから出直りの展開となり265.4円まで戻りを見せたが、戻りは一時的な動きから再び263円台まで売り直された。前日に267円台まで上昇してから下落基調を見せている。上海の一部のロックダウンが引き続き売り材料になると見て上海ゴムと国内のゴムの軟調地合いが想定される。ゴムは日中に261円台まで売られる動きを見せているが、上海のロックダウンの状況次第では260円割れも警戒したい。

(トウモロコシ市場)
10日のトウモロコシの中心限月は小幅続落。トウモロコシの中心限月5月限は前日比70円安の5万5840円。
夜間立会の時間帯でシカゴコーンは引き続き現物相場の上昇とシカゴ大豆の急騰によって上昇し7月限は7.82ドルまで急伸する動きを見せたが、引けにかけては米国の豊作観測によって上げ幅を縮小した。このシカゴコーンの動きを受けてトウモロコシの中心限月は為替の円安基調もあって5万6900円まで上昇したが、シカゴコーンの高値からの値崩れによって5万6300円まで上げ幅を縮小した。日中立会は為替の円高方向の動きよってトウモロコシは5万5500円まで売られる動きを見せたが、その後は為替の円高が一服するとトウモロコシは5万6030円まで買い直された。しかしトウモロコシの5万6000円台回復は一時的な動きになり再び5万5700円台まで下がる動きも見せた。日中のシカゴコーンはプラス圏とマイナス圏を行き来する動きを見せている。今晩は米農務省の需給報告が予定されており、シカゴコーンは需給報告の発表次第と見たい。今回の発表では米国コーンのイールドが良好な作柄状況によって上方修正されるか注目される。上方修正となれば新穀12月限を中心に一段の下落が想定される。まずは米農務省の需給報告を見極めたい。トウモロコシは日中に5万6000円を挟んだ動きを見せているが、米農務省の結果次第と見て臨機応変に対処していきたい。

マーケット情報

決算関連を見る

決算スコアとは
QUICK社が独自に算出するデータを元に決算や業績予想修正の発表が株価に与える影響を評価し、株価の変化率を測る参考指標です。
決算発表された実績数値に対し、「前期の実績値」「直近の予想値」「直近のQUICKコンセンサスの値」などを評価基準対象として、株価の動きの過去データに基づき、機械的に算出するスコアです。
数式的に瞬時に算出するため、期待や不安などの不確定情報が除外されるため、平等な評価であるといえます。

  • ”+”のときは上昇マインドが働くと判断して現物株であれば買、信用取引であれば新規買建て。
  • ”-”のときは下落マインドが働くと判断して信用取引であれば新規売建て。

決算スコア・信用取引

決算スコア・現物取引


「大引成行売り」は前場終了以降に執行条件「引け」を選択して成行きの売付で発注すると簡単です。

  • ※「決算スコア」タイトル冒頭表示は、TDnet発表の時間が表示され、実際にニュース一覧が更新されるのは、ほぼリアルタイムで最大2分程度のタイムラグが発生することもあります。
    上記取引時間は実際に「決算スコア」タイトルが表示されてからの取引時間となっています。

【ご参考までに】[市況・情報]タブ>[マーケット情報][マーケットニュース]の「QUICKニュースを見る」
毎営業日07:35掲載の 「今日の決算発表予定・・・-時刻順-」で発表予定時間をチェック!!

マーケットニュース使用手順

本情報はあくまでもマーケット情報の活用方法の一例として掲載しております。
これらの方法による取引および特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。
投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。
又、その正確性、安全性等について保証するものでもありません。
投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いいたします。

No. 項目 内容
ニュース QUICKニュース(株価格付、株価レーティング更新銘柄一覧、来週・今週の決算発表予定、今日の決算発表 全市場・全決算期、株価材料、SGX日経平均先物、大口注文、他)、AI市況速報(寄り前注文、寄り前成り行き注文、材料発生、決算サプライズ、注目アクション、他)、AI企業開示速報(日本取引所グループのTDnetから決算・業績予想修正等の適時開示資料の概要、金融庁のEDINETから有価証券届出書、大量保有報告書等の法定資料の概要)
→サービス概要とご留意事項
株式スクリーニング 市場・業種・投資金額、
基本条件:株価、時価総額、売上高(実績・会社予想)、経常利益(実績・会社予想)、純利益(実績・会社予想)、一株利益、BPS、株主資本比率
見込別条件:PER(実績・会社予想)、PBR(実績)、PSR、売上高伸率(実績・会社予想)、経常利益伸率、純利益伸率、EPS伸率(実績・会社予想)、ROE(実績・会社予想)、売上高経常利益率(実績・会社予想)、売上高当期純利益率(実績・会社予想)マーケット情報 マーケット情報 マーケット情報 、ROA、一株配当金、配当利回り(実績)、配当性向(実績)
財務条件(連結優先):PER、PBR、ROE、売上高経常利益率、売上高純利益率、売上高伸率、売上高、経常利益、純利益
株主構成:外国法人持株比率、国内個人持株比率、合計株主数、国内個人株主数、株式保有比率合計(上位1社・3社合計・5社合計・10社合計)、自社株保有比率
テクニカル条件:騰落率(直近5日基準・直近20日基準)、株価移動平均、株価移動平均乖離率、出来高移動平均(60日)、RSI(12日)マーケット情報 、ストキャスティックス(12日)、RCI(13日)、サイコロジカル・ライン(12日)、ボリュームレシオ(12日)、ヒストリカル・ボラティリティ(20日)、ボリンジャーバンド(20日)、パラボリック、信用倍率
※基本条件、見込別条件、財務条件、株主構成、テクニカル条件から10項目選択した結果を表示できます。
マーケットビュー 国内指標、海外指標・為替、先物時価、オプション時価、新高/安値、特別気配の一覧表示。指標チャート表示。
取引注意銘柄 上場廃止、整理、監理、売買停止、売買停止予定、特設注意、即日徴収、安定操作期間の銘柄一覧表示。
信用取引規制 日々公表、貸株注意喚起、制度信用銘柄選定、制度信用銘柄除外、貸借銘柄選定、貸借銘柄除外、委託保証金率変更、情報注意喚起、逆日歩、株不足の銘柄一覧表示。
ランキング サマリー(東証プライム・スタンダード・グロースの値上り率・値下り率・出来高上位3銘柄表示、業種別指数騰落率)、信用残増、信用残減、値上り率、値下り率、出来高、売買代金、出来高急増(5日平均・25日平均)、低PERの上位50位。

操作マニュアル

ご利用料金、お申し込みは

本サービスは、当社ストックハウス口座開設のお客様に、 無料 でご提供いたします。

投資に際してのご留意点等

  • 弊社取扱商品は、商品・取引・銘柄ごと等に所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、商品・取引・銘柄ごとに価格変動・金利変動・為替変動・発行体の財務状況等による損失リスクがあり、商品・取引によっては、投資元本を超える損失が生じることがあります。
  • 投資に際しては、取扱商品・手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面・目論見書等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

情報サービス

0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221 マーケット情報
平日8:30~17:00(土日祝日除く) 新型コロナウィルスの影響の為、当面の間、 【短縮営業】8:30~16:30(土日祝日を除く)とさせていただきます。

WEBからのお問い合わせはこちら

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

0120-66-3303

カスタマーサービスにご相談ください。

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く) 新型コロナウィルスの影響の為、当面の間、 【短縮営業】8:30~16:30(土日祝日を除く)とさせていただきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる