デモ取引

スポットの定義

スポットの定義
太陽光発電をおこなう際に発生する可能性のある「ホットスポット」という現象をご存知でしょうか。
太陽光発電システムのパネル部分には駆動部分というものがないため、基本的にメンテナンスの必要はありません。しかし、落ち葉などがパネルに付着しその部分に影ができてしまった場合、その箇所が発熱することがあります。それが「ホットスポット」現象です。
「ホットスポット」ができてしまうと、セルが破損するなどの問題が発生するため、注意する必要があります。
ここでは、太陽光発電における「ホットスポット」についてご紹介します。

ホットスポットとは?- WiFi スポットの定義 ホットスポットの定義と詳細

ホットスポットを安全に使用して、モバイルデバイスから Wi-Fi* 経由でインターネットにアクセスする方法など、ホットスポットについて説明します。[d:604].

ホットスポットを安全に使用して、モバイルデバイスから Wi-Fi* 経由でインターネットにアクセスする方法など、ホットスポットについて説明します。[d:604].

毎日、数百万人もの人々が、データを求めて公共のホットスポットに接続します。世界中には約 2 億カ所のホットスポットがあり、2018年までに地球上の 20 人に 1 つの割合でホットスポットが存在するようになるという推定もあります。最近の常時接続デジタル・ライフスタイルにより、人々は常に接続されていることを求めています。こうしたニーズを満たすために、公共の Wi-Fi* アクセスポイントがホットスポットのグローバル・ネットワークへと拡大しています。

用語

ホットスポットに接続する方法と関連するセキュリティーの問題について詳しく説明する前に、用語の定義を確認しましょう。「ホットスポット」と「モバイル・ホットスポット」の スポットの定義 2 つの用語を区別せずに使用している人もいますが、それぞれ意味は異なります。

    スポットの定義
  • ホットスポット: ホットスポットは、インターネット・サービス・プロバイダーに接続されたルーターを使用したワイヤレス・ローカル・エリア・ネットワーク (WLAN) 経由で、通常は Wi-Fi* を使用してインターネットにアクセスできる物理的な場所です。ほとんどの人は、この場所を「Wi-Fi* ホットスポット」または「Wi-Fi* 接続」と呼んでいます。簡単に言うと、ホットスポットは、ユーザーがスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスをインターネットにワイヤレス接続できる物理的な場所です。 スポットの定義
    ホットスポットは、プライベートな場所にある場合もあれば、コーヒーショップ、ホテル、空港、飛行機などの公共の場所にある場合もあります。多くの公共ホットスポットでは、オープン・ネットワーク上で無料のワイヤレスアクセスを提供していますが、有料のサービスもあります。この記事の後半で、モバイルデバイスを Wi-Fi* ホットスポットに接続する方法を説明します。
  • モバイル・ホットスポット: モバイル・ホットスポット (ポータブル・ホットスポットと呼ばれることもあります) は、文字どおり移動可能なホットスポットです。「通常の」Wi-Fi* ホットスポットは物理的な場所に結び付けられていますが、モバイル・ホットスポットは、ノートブック PC をインターネットに接続するために、スマートフォンのデータ接続を使用して作成できます。このプロセスは「テザリング」と呼ばれます。このプロセスについては後ほど詳しく説明します。
    Wi-Fi* ホットスポットについて話をするときには、次の用語も知っておく必要があります。
  • アクセスポイント (ワイヤレス・アクセス・ポイント): ワイヤレス・アクセス・ポイント (WAP) とは、Wi-Fi* 対応デバイスが有線ネットワークに接続できるようにするネットワーキング・デバイスです。WAP は、ルーターに物理的に接続されている場合もあれば、ルーター自体に統合されている場合もあります。WAP はホットスポットではありません。ホットスポットは、WLAN への Wi-Fi* アクセスを利用できる物理的な場所を指します。
  • Wi-Fi*: Wi-Fi* は、スマートフォンや PC がワイヤレス接続を介してインターネットにアクセスできるようにするテクノロジーです。Wi-Fi* では、無線信号を使用して対応デバイスと WAP 間でデータを送受信します。
  • SSID:スポットの定義 サービスセット識別子 (一般に SSID と呼ばれます) は、各ワイヤレス・ネットワークを区別する固有の名前です。ワイヤレス・ネットワークに接続するには、そのネットワークの名前を知っている必要があります。PC やスマートフォンで、利用可能なワイヤレス・ネットワークを検索できます。多くの場合、簡単に識別できるように、ネットワークには「Bob’s phone」、「hotel guests」、「Get off my LAN」のような名前が付けられています。

Wi-Fi* ホットスポットに接続する方法

オフィスや自宅、またはコーヒーショップや空港など公共の場所でも、1 日を通して複数の Wi-Fi* ホットスポット経由でスマートフォンやノートブック PC をインターネットに接続していると思います。ホットスポットの利用は、多忙な生活の中で接続を維持する簡単な方法です。

  1. デバイスでワイヤレスアイコンをクリックして、近くのワイヤレス・ネットワークの名前を表示します。ワイヤレス・ネットワークを選択します。[接続] のクリックが必要な場合もあります。
  2. セキュリティー・キーまたはパスワードを入力します。ほとんどのワイヤレス・ネットワークはセキュリティーで保護されているため、接続の許可にはパスワードが必要です。セキュリティーで保護されていない、オープンでパスワード不要のネットワークもあります。このようなネットワークではセキュリティー・リスクが発生する可能性があるため、アクセスする際には注意が必要です。
  3. ネットワークの種類 (スポットの定義 Windows* デバイスの場合は、ホーム、社内、またはパブリック) を選択します。ネットワークの種類を選択すると、現在の場所に適したセキュリティー・レベルが確立されます。「ホーム」または「社内」を選択した場合、自分のデバイスをほかのデバイスが検出できるようになります。コーヒーショップ、ホテル、レストラン、空港などの公共の場所にいる場合は、必ず「パブリック」を選択してください。

現在の場所と近くのホットスポットの種類によっては、セキュリティーで保護されていないオープン・ワイヤレス・ネットワークや有料 / 商用ワイヤレス・ネットワークに接続される場合があります。アカウントのサインアップを求められたり、Boingo* や iPass* などの有料サービスの利用を確認される場合もあります。有料サービスでは、インターネットの利用時間に応じて、さまざまな Wi-Fi* アクセスプランが提供されます。

では、近くに Wi-Fi* ホットスポットが見つからない場合はどうしたらよいでしょう。次に、スマートフォンをポータブル・ホットスポットとして使用する方法を説明します。

スマートフォンをモバイル・ホットスポットとして使用する

ホットスポットがない場所にいるときに、ノートブック PC をインターネットに接続する必要がある場合は、「テザリング」というプロセスを通じて、スマートフォンをモバイル Wi-Fi* ホットスポットとして使用できます。これにより、ノートブック PC からインターネットにアクセスし、スマートフォンのデータ接続を共有できます。

セットアップ手順は、お使いのスマートフォンとインターネット・サービス・プロバイダーによって異なりますが、通常はスマートフォンの設定メニューまたは接続の管理メニューで手順を確認できます。セキュリティーを確保するため、テザリングの親機となるスマートフォンやノートブック PC に近くのインターネット・ユーザーからアクセスできないように、Wi-Fi* パスワードを必ず使用してください。また、ノートブック PC をスマートフォンにテザリングすると、スマートフォンの通信データ容量が消費されることに注意してください。超過料金が発生しないように、使用量に気を付ける必要があります。

これで接続できました。そうですよね?実は、そういうわけでもないのです。Wi-Fi* スポットの定義 ホットスポットの利用は、職場や家族、友人とのつながりを保つ便利な方法ですが、 ホットスポットへの接続には、セキュリティー・リスクもともないます。

ホットスポットのセキュリティー

インターネットに接続するリスクの 1 つは、仕事や個人生活で役立つテクノロジーそのものが、ハッカーや ID 窃盗犯の攻撃対象になりやすいという点です。

公共の Wi-Fi* ホットスポットを探すときは、スマートフォンやノートブック PC を、信頼できるプロバイダー (ホテルやコーヒーショップのワイヤレス・ネットワークなど) 以外には接続しないでください。Boingo* ではなく Bongo などのスペルミスがあるホットスポットへの接続には注意が必要です。ハッカーは、こうした一見無害な名前を使用して、細心の注意を払わない多忙なユーザーをおびき寄せることがあるためです。

特に、同じネットワーク上でファイル共有プログラムを使用している場合、ハッカーはセキュリティーで保護されていない Wi-Fi* 接続を介してマルウェア (PC に害を与えたり、使用不可にするソフトウェア) を拡散する可能性もあります。

仮想プライベート・ネットワーク (VPN)

公共の Wi-Fi* ホットスポットの使用に関してセキュリティー上の懸念がある場合は、暗号化された接続を介してインターネットを利用できる、仮想プライベート・ネットワーク (VPN) の作成を検討します。VPN ではデータが暗号化されるので、ハッカーを阻止することができます。ただし、転送されるデータを暗号化および復号するための処理能力が必要となるため、インターネット・アクセスの速度が低下することに注意してください。

有効な VPN ソリューションを見つける

  • 月額サービスに加入する。これは、最も一般的に使用されるソリューションの 1 つです。購入前に必ず調査してください。
  • VPN 対応ルーターの購入を検討する。市場には、専用の VPN を簡単に構築できるモデルがいくつかあります。

Wi-Fi* 対応モバイルデバイスの利用が年末には 90 億台を超えると予測され、日常生活におけるホットスポットと Wi-Fi* の重要性は、実際には語りきれません。

HubSpot(ハブスポット)とは?インバウンドマーケティングと主な機能を徹底紹介!

デジタルの進歩により、これまでさまざまなチャネルが生まれているのと同時に、消費者の購買行動やインサイトは変化し続けています。
これまでマーケティングの世界では、テレビや紙媒体、電車などの広告がメインでしたが、デジタルの進歩によりWebサイトやアプリなど、消費者との接点は多方面に広がりました。それにより、企業の情報をただ受け取る側だった消費者が、自ら情報を検索・選択出来るようになったのです。
消費者自ら情報を取りに行くようになると、必要のない広告は消費者から嫌厭され、避けられるようになります。
つまり、到来のマーケティング手法であったCMやDMなど、企業側から一方的に情報を発信するやり方では、消費者の購買行動の中に深く入り込むことが困難になったのです。

時代と共に消費者が求めるものが変化する中、これまでの企業から情報を送るアウトバウンドマーケティングではなく、検索エンジンやソーシャルメディアなどを通して消費者自身に見つけてもらい、引き寄せるインバウンドマーケティングを取り入れる必要があるでしょう。

【Attract】ユーザーを惹き付ける

インバウンドマーケティングのフェーズ1はAttract(惹き付ける)です。
ターゲットに合わせた適切なブログを作成、UI/UXを意識した魅力的なサイトへ最適化、ペイドサーチなどを活用し、検索結果からリードへつながるトラフィックを引き込みます。
全ての人々を集客する必要は無く、企業の見込み顧客に合わせたコンテンツを作成し、より適切なトラフィックを獲得することでより効率的、かつ効果的に成果を出すことが可能になります。

【Convert】トラフィックをリードへと転換

フェーズ2は惹き付けたトラフィックをリードへと導くConvert(転換)です。
トラフィックをリードへと転換させるためには、ランディングページを作成し、適切なCTAを設置、サンクスページを最適化しリードを優良なコンテンツへと誘導するなどの手法があります。

【Delight】顧客を満足させ喜んでもらう

フェーズ3はDelight(喜び)です。
トラフィックから転換したリードに、Eメールとマーケティングオートメーションを使用し、それぞれに合わせてパーソナライズされた情報を適切なタイミングで提供します。リードが喜ぶコンテンツを配信することにより、企業とリードとの関係性はより継続的で信頼性のあるものとなっていくでしょう。

HubSpotの機能

それは、ひとつのプラットホームに必要な機能が揃っていることです。

デジタルが普及するにあたり、世の中にはさまざまなツールが存在するようになりました。
CMSやSEOツール、ソーシャルメディアのアプリケーションからマーケティングオートメーションツールまで、現在では多くのツールがあります。
それぞれのツールを個別に見ると素晴らしいものばかりです。しかし、沢山のツールが存在することは、インバウンドマーケティングを行うにあたって便利なことばかりなのでしょうか?
実は、多くのツールがあることにより、ツール選定やデータ統合の難しさ、ツールについて学ぶことが多すぎるなどの問題が起こり、それらがインバウンドマーケティングを成功させる足かせになっている場合もあります。

学ぶべきプラットホーム、パスワード、請求書、全てがたったひとつ。

ここからは、実際にどんな機能があるのか、HubSpotの代表的な機能を詳しく説明していきましょう。

MarketingHub

Marketing Hubは、リード作成から育成まで幅広くサポートするマーケティングプラットフォームです。
HubSpotが推奨するインバウンドマーケティングを行う為に必要な機能をひとつにまとめ、クラウド型サービスとして提供しています。

集客アップ

プロスペクトの期待に応えるコンテンツ作りをサポートする機能です。
多くのトラフックを惹き付け、企業サービスの認知向上へと繋げます。

  • ランディングページの作成/管理/ホスティング
  • A/Bテストによる最適化
  • SEOガイド
  • ブログ作成とパフォーマンス分析
  • ソーシャルメディアの投稿/効果測定
  • HubSpotCOCを使用したWEBサイト作成機能(アドオン)

リード転換の促進

コンバージョン率向上をサポートする機能です。
訪問者ごとにカスタマイズされた魅力的なメッセージやオファーでトラフィックをリードへと導きます。 スポットの定義
データ測定や分析も可能なので、より効率的な戦略立案ができます。

  • 見込み顧客の情報をリスト管理
  • カスタマイズ可能なCTAとコンバージョン測定
  • Webサイト/コンテンツ/ベンチマークなどのマーケティング分析
  • リードスコアリング

成約数の拡大

業務の効率化により成約数向上をサポートする機能です。
理想的なフォローアップでリードを次のステップへ導きます。

  • Salesforceとの連携
  • マーケティングオートメ―ション
  • ウェブチャット/チャットボット

満足度の向上

既存顧客の満足度向上をサポートする機能です。
コンテンツやキャンペーンを最適化し、アップセルや顧客を推奨者へと促します。

  • Eメールのデザイン/パーソナライズ/自動送信
  • マーケティングオートメ―ション
  • ソーシャルメディア管理

HubSpot CRM FREE

完全無料のCRM(顧客管理)プラットホームです。
プロスペクトの情報を自動で入手し面倒な入力時間を削減。
リードや顧客情報、取引の進捗や売り上げフォーキャストを管理してセールスチームの効率化をサポートします。
また、Eメール配信や内部通知、顧客フォローメールなど、セールス担当者の作業を営業ステージに合わせて自動化します。

Sales Hub

セールスチームに向けて開発された、営業力強化サポートプラットフォームです。
メールパフォーマンスを測定し、Eメールの成功率を導き出します。また、リードや顧客が添付ファイルを開いた時間なども追跡可能。それにより、効果的な戦略立案を立てることができ、セールスチームの生産性や成約率の向上に繋がります。

Service Hub

Service Hubは顧客サポート業務を支援するプラットフォームです。
顧客からのサポートリクエストをコンタクト情報と結び付け、過去の履歴を確認したうえで最適な対応を行えます。
また、サポートのノウハウをナレッジべ―スとして顧客に公開することで、顧客自ら解決する手助けとなります。
顧客満足度の向上の為、より高いカスタマーサービスを提供できます。

HubSpotが企業にもたらすものとは

顧客アンケートと顧客Webデータから作成された2016年のレポートでは、HubSpot顧客の79%が収益の増加を報告しています。
HubSpotは企業のインバウンドマーケティングからセールスまで統合的にサポートし、あなたの企業のカスタマーエクスペリエンスをより高いものへと導いてくれるでしょう。

HubSpot導入を360°サポートするスパイスファクトリーのサービス

スパイスファクトリーでは、HubSpot導入支援を行っております。
「新しくHubSpotでサイトを作成したい」「既存システムとHubSpotを繋ぎたい」などの課題に、システム開発会社として培った高度なソフトウェア開発技術でHubSpot導入をサポート。また、メルマガやブログやソーシャルメディアのコンテンツ作成など、インバウンドマーケティング運営まで幅広くご対応します。
マーケティングからテクノロジー、そしてクリエイティブ制作まですべて内製化可能な「360°Digital Integrator」である私たちがHubSpotの導入効果を最大化いたします。何かお困りのことや弊社に対するご質問がございましたら

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる