バイナリーオプション取引

FX初心者必見

FX初心者必見
FX

【初心者必見】FXトレードルールの作り方を徹底解説

FX

  • FXにトレードルールはなぜ必要?
  • FXのトレードルールがあると何がいいの?
  • FXトレードルールの作り方を知りたい

トレードルールは、相場がどういう状況にあっても、自分が取るべき行動を決めてくれます。
FXトレーダーにとっては、トレードルールこそが道標でありコンパスなのです。

  • 某大手IT企業でコンサルをやっています
  • 投資歴は10年以上です
  • FX(デイトレ)・株式(主に米国)・仮想通貨のトレードをしています

FXトレードルールはなぜ必要か

FXの証券口座を開設すると「億り人におれはなる!」という勢いでいきなりトレードを始めてしまう人がいます。

FXにおいてなぜトレードルールが必要か。
それは次の理由です。

  1. トレードに再現性が生まれ、自信を持ってトレードできる
  2. ルールをブラッシュアップしていくことで勝率を上げていける
  3. ルールがあることで無駄打ちを減らせる

FXはチャートの動きを観察するテクニカル分析が主流です。
チャートの値動きは常に1/2の確立で上下にランダムに動いているわけではありません。

つまり、 テクニカル分析とはチャートに現れる投資家心理を読み解く分析手法なのです。

FXトレードルールの作り方

FXトレードルールの作り方は2つしかない

このどちらかです。
私のおすすめは、人に教えてもらったものを自分用にカスタマイズしていく、というやり方です。

FX初心者必見!6つのエントリーポイントと精度を上げる2つのコツ

FX手法

湊

明日香

さくら

  • エントリーポイントが重要な理由
  • FX初心者におすすめのエントリーポイント
  • エントリーポイントの精度上げるコツ
  • エントリーをする際の注意点
  • エントリーポイントに関するよくある質問

正しいエントリーポイントを知っていれば、勝率を上げることも可能 なため、是非参考にしてください。

FX取引でエントリーポイントが重要な理由とは?

FX初心者必見!6つのエントリーポイント

上昇トレンド中の押し目買い

上記のチャートでは、右肩上がりに上昇トレンドを形成しており、上下に動きながら上昇していることが分かります。

FX入門〜初心者におすすめ!円と米ドルの特徴と比較 、アノマリー

まずは円について、有事の円高について述べられていますが、残念ながら現在は死語になりつつあります。日本経済の地位の低下により、貿易黒字から赤字体質に変わりつつあり、有事のドル高が復活しています。ウクライナ紛争後にも、下図のSBIFXの米ドル/円の月足チャートの右端にあるように、開戦時の2月は十字線ですが、3月には5円以上の円安ドル高が進んでいます。そして4月28日のブルームバーグの記事にあるように日銀が毎日の指値オペを行い金融政策に変化がないと分かると、なんと誰も予想もできなかった20年ぶりの130円台に突入しました。2ヶ月で115円から130円へと15円もの円安が進んだのです。鈴木財務相の円安は行き過ぎ発言よりも、4月25日の日経の記事にあるように安倍元首相の円安は日本経済に良いという発言に反応しなかった相場感のなさが悔やまれます。

米ドル円月足 出典:SBIFX

円高の際の為替介入も黒田総裁就任以降、全く行われていません。FRBの利上げ発言に対して金利の現状維持発言に加え、国債の指値オペを初めて実施したことで、3月28日には一気に3円以上の円安ドル高となり、125円をつけました。インフレ懸念はないと言い切っており、庶民が困るインフレよりも富裕層が困る株安には向かわせたくないようです。民主党政権時代の70円台の円高など全く想像もできない状況であり、市場介入は130円に達した際の円安介入となりそうです。

そして3月の期末による日本企業の海外からの資金流入によるレパトリも、黒田総裁のマイナス金利政策に比べれば影響力はなく、2020年3月は非常に長い髭の十字線、2021年3月は上髭を含めると10円以上の円安となっており、アノマリーとして機能しなくなっています

米ドルについては有事のドル高が復活し、12月のレパトリによるドル高も2021年には起きたことが上図から読み取れます。ドルインデックスが上昇を続けており、やはり、米ドルこそが有事の際に世界中が欲しがる基軸通貨であるということが証明されました。米国の国際競争力がが落ちていると言われて久しいですが、中国は共産主義国家ですし、民主主義陣営では消去法ではやはり1番ということなのでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる