取引ルール

ストップオーダーとリミットオーダー

ストップオーダーとリミットオーダー
こうすることで、 相場を見ていなくても買い注文から利益確定の決済まで自動で行う ことができます。

ストップリミット注文とは?

BNBを285BUSDで買い、今は$300になっていると想像してみてください。損失を防ぐために、価格がエントリーした価格まで下がったらBNBを売るというストップリミット注文を使用することにしました。ストップ価格を$289、指値を$285 (BNBを購入したときの価格) に設定して、売りのストップリミット注文を出します。価格が$289に達した場合、$285でBNBを売る指値注文が出されます。$285以上の価格で注文が成立する場合があります。

バイナンスでストップリミット注文を行う方法

あなたは、価格がまもなく上昇し始めると信じて、$31,820.50 (BUSD)で5 BTCを購入したとしましょう。

$31,820が信頼できるサポートレベルであると考えた場合、この価格のすぐ下に (サポートラインが守られない場合に備えて) ストップリミット注文を設定するのも良いでしょう。この例では、ストップ価格を$31,790、指値価格を$31,700として、5 BTCのストップリミット注文を行います。それでは、ここからは1つ1つ順を追って説明していきます。

[Sell BTC] をクリックすると、確認画面が表示されます。内容に間違いがないか確認し、[Place Order] を押して確定します。ストップリミット注文の発注が完了した場合、メッセージが表示されます。下にスクロールして、オープンオーダーを表示および管理することもできます。

ストップリミット注文のメリット

ストップリミット注文を使用するデメリット

ストップリミット注文は、指値注文と同様に、実行される保証がないというデメリットがあります。指値注文は、 指定した価格以上になったときに初めて約定を開始します。しかし、その価格で約定しないかもしれません。指値とストップ価格の間にギャップを作ることができても、ギャップが十分でない場合もあります。変動性の高い資産は、注文時に設定したスプレッドをオーバーシュートする可能性があります。

ストップリミット注文の戦略

1. ストップリミット注文を出す資産のボラティリティを調べましょう。ストップ注文と指値注文の間に小さなスプレッドを設定して、指値注文が満たされる可能性を高めることは、すでにお勧めしました。ただし、取引する資産が変動しやすい場合は、スプレッドを少し大きめに設定する必要があります。

2. 取引している資産の流動性について考えてみましょう。ストップリミット注文は、ビッドアスクスプレッドが大きい資産や流動性の低い資産を取引する際に特に有効です (これは、スリッページによる不本意な価格を避けるためです)。

3. テクニカル分析で価格水準を判断しましょう。ストップ価格を資産のサポートやレジスタンスレベルに設定するのは良いアイデアです。この水準を判断する一つの方法として、テクニカル分析があります。例えば、重要なレジスタンスラインのすぐ上にストップリミット注文を設定した買いのストップリミット注文を使用することで、ブレイクアウトを利用することができます。あるいは、サポートレベルのすぐ下に売りのストップリミット注文を出せるようにすることで、市場がさらに下落する前に確実に脱出ができます。

ECN ストップオーダーとリミットオーダー トレード

TradeMaster をご使用になることで、ブローカーを通さないダイレクトなインターバンク取引が可能になります。クリアで確かな市場洞察をサポートするため、このツールは 10以上の大銀行の取引レートを提供しています。もちろんディーラーによる介入やレートを入手できない状況(re-quot)はありません。ス トップ・リミットオーダーまたは新規指値注文をご希望に応じて狭幅で設定して頂くことができますので、アルゴリズム、ニュース、スキャルピング戦略におけ る制限がありません。また、オーダーはあくまでも匿名ですので銀行に知られることはありません。

ダイレクトなインターバンク取引


売買・ヘッジ

ポジションの決済と途転(どてん)| 新規指値注文

口座情報と取引統計

通貨ペア画面について

二つの大きなウィンドウでは取引通貨をリアルタイムでご覧いただけます。その際、左側が売値bit 、右側が買値ask ストップオーダーとリミットオーダー となります。

お好みの画面設定と取引レートアラーム

市場最新情報

ショートカットキー

センティメントCoT分析

例えば個人の「買い」側が「売り」側に対して80% 対20% と激しく増し、同時に金融機関の「買い」が減少したとします。

「大衆が損をするのは大衆が判断を誤るからである。そして大衆は流れに身を任せているので迷うのである。」 Fred C. Kelly

© 2001 - 2019 TradeMaster は adblue financial systems GmbH - の製品であり、すべての権利が当社に帰属します。
JJosef-Orlopp-Str. 42 ▪ 10365 Berlin - Germany ▪ 電話 : +49 (0)30/ 243 42-0 ▪ Fax: +49 (0)30/ 243 42-29
adblue ®, Problue ®, TradeMaster ® その他これに属するロゴは国際的に登録された登録商標です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる